4月21日
愛知製鋼子会社のドアオープナーが新潟県燕市ふるさと納税返礼品に登録
丑の漢字をかたどった
ドアオープナー
牛の姿をかたどった
ドアオープナー
 愛知製鋼の国内子会社アイチ テクノメタル フカウミが製造するドアオープナーが、新潟県燕市のふるさと納税返礼品に4月から登録された。
 このドアオープナーは銅と真鍮を組み合わせたクラッド鋼を用いて、今年の干支にちなんだ牛をモチーフとした製品に仕上がっている。
 同社は高強度ステンレス鋼や意匠性の高いクラッド鋼の製造に長けており、既に同市のふるさと納税の返礼品として、ステンレス製の高級包丁、クラッド鋼製のコースター、ネクタイピンやカフスなどを登録している。
 同社は今後も全国有数のステンレス鋼加工業の集積地である燕三条の更なる発展に向け積極的に協力していくとともに、モノづくりで資源循環型社会と高度な素材技術の発展に貢献していく方針。

4月20日
山根商店、オリジナルのバッカン製作 引き取り対応強化
 金属スクラップディーラーの山根商店(本社=大阪府堺市、山根義照社長)は4月8日にオリジナルのバッカンを製作、発生場所に設置して引き取り対応を強化した。
 山根商店ではサービスの充実化に取り組んでおり、工場由来のスクラップの扱いが増加傾向にある。そんな中、レンタルのバッカンで対応していたが、長年の使用で劣化が激しくなり、引き取り作業に支障が出る可能性があった。今回、オリジナルを製作することで、迅速な作業に加えて、ユーザーへの配慮に繋げる狙いだ。
 山根卓也専務は「スクラップの管理が容易になることで、お客様の職場環境の美化に少しでも貢献できればと思う」と話す。

4月20日
豊田通商、水素燃料電池・水電解システムのエノア社に出資
 豊田通商はこのほど、水素を活用した再生可能エネルギーのサプライチェーン構築を目的に、水素燃料電池および水電解システムの設計・製造などを手掛けるエノア(愛知県豊田市)に出資した。
 日本政府はグリーン社会の実現に向け、2050年カーボンニュートラルを宣言し、水素をはじめとする、温室効果ガスを排出しない再エネの活用が加速している。燃料電池は水素などの燃料と酸素を化学反応させることで電力を生む発電装置で、従来のディーゼル発電機などの代替として注目を集めている。豊田通商は海外メーカー製燃料電池の輸入および国内販売を行っているが、燃料電池の用途多角化に伴い、顧客の使用環境に合わせて、仕様をカスタマイズする必要性が出ている。エノア社は長年にわたり燃料電池評価設備の製造・販売の実績があり、再エネの利活用における水素燃料電池システムの設計・組立をカスタマイズできる希少なシステムインテグレーター。
 今回の出資により豊田通商は、エノア社との協業を強化し、顧客のニーズに合わせた水素燃料電池システムの供給を行うことで、これまで活用されていない分野の水素燃料電池事業に取り組んでいく。特に自治体に向けたスマートコミュニティ事業の一環で、常用にも非常用にも利用可能な電力供給設備として水素燃料電池の活用を推進していく方針。

4月19日
大同特殊鋼が高熱伝導率3Dプリンタ用金属粉末を発売
HTC40を用いた模擬型造形例
 大同特殊鋼は3Dプリンタ用金属粉末DAP-AMシリーズの第一弾としてダイカスト金型、プラスチック射出成型金型に適した高熱伝導率のHTC45、HTC40(以下、HTC)を開発し、4月から販売を開始する。
 HTCは金型に広く用いられるSKD61(JIS鋼)を、薄く敷き詰めた金属粉末をレーザーで溶融・凝固させ積み重ねるSLM方式の3Dプリンタの造形に適した組成に調整し、金型造形時に発生する割れリスクを大幅に低減した。また、HTCの熱伝導率はSKD61の1.5倍、3Dプリンタによる金型造形で広く用いられるマルエージング鋼の2倍と高いため、金型温度の低下によるサイクルタイムの短縮と熱応力低減による金型表面の割れを抑制することにより金型寿命の向上に貢献する。既にダイカスター数社においてHTCで造形した金型の評価を実施し、良好な結果が得られている。
 アルミダイカストやプラスチック射出成型の分野では金型寿命の改善や製品品質の向上およびサイクルタイムの短縮を目的に、水冷孔を自由に配置できるSLM方式の3Dプリンタを活用した金型の造形が試みられている。一般的な金型に広く用いられているSKD61のようなダイス鋼は造形時に容易に割れが発生するため、3Dプリンタへの適用は困難だった。また3Dプリンタによる金型造形で用いられるマルエージング鋼は熱伝導率が低く、熱応力による水冷孔からの割れ発生の課題があるため、造形時の割れ発生を低減できる金型用の3Dプリンタ用金属粉末が求められていた。
 同社は3Dプリンタに適した金属粉末の開発を推進し、DAP-AMシリーズの商品ラインナップ拡充により3Dプリンタ技術の発展に貢献していく方針。

4月16日
銅建値が史上最高値更新、1`1060円
 16日、非鉄建値が以下の通り改定された。
銅 : 30円上げの1`1060円(史上最高値)、月間推定平均1043.0円。
亜鉛 : 15円上げの1`364円、月間推定平均361.8円。
鉛 : 3円下げの1`279円、月間推定平均277.4円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
1月平均 870.0 334.2 271.1
2月平均 918.1 340.2 279.0
3月平均 1022.1 354.2 276.4
 
4月1日 1020 364 276
7日 1040    
12日 1030    
13日   349  
16日 1060 364 279

4月16日
水野産業(刈谷)本社建屋のリフレッシュ工事が完了
工場外観
 水野産業(本社=愛知県刈谷市、水野雅明社長)は、年明けから行ってきた本社建屋のリフレッシュ工事がこのほど完了した。
 同社は製鋼原料・非鉄金属などを扱い、海上輸送やアルミ二次合金の製造も手掛ける地区有力ディーラーで2014年(平成26年)には本社工場のリニューアル工事を実施、建屋の拡張やレイアウトの改善によって近代的な工場へと変革を遂げたが、1989年(平成元年)より使用している建屋一部分はスレート板のままでかねてから補修の必要性を感じていた。
 工事ではスレートだった部分を全て鉄板で補強、あわせて建屋全面に高窓を設置して採光を取り入れることによる節電化も図った。スレートは台風等の強風で剥がれるリスクもあり工場周辺には歩道や民家もあることから落下による事故等を事前に防ぐ狙いもある。
 水野社長は「リサイクル企業として安全面は最優先に取り組むことが必要。また、近年業界は慢性的な大型ドライバー不足に悩まされており当社も例外ではない。当地区では自動車関連などの製造業が堅調に推移するなかで雇用基盤はしっかりしており、労働力不足は今後も変わらぬ課題として残り続ける。働きやすい職場づくりを実践することで人材を確保し企業の安定成長につなげていきたい」と話している。

4月16日
愛知製鋼・丸尾選手が50km競歩で優勝 五輪代表に内定
ゴールテープを切る丸尾選手
 愛知製鋼・陸上競技部の丸尾知司選手は今月11日、石川県輪島市で開催された「第105回日本陸上競技選手権大会」の男子50km競歩に出場し、大会新記録を更新する3時間38分42秒の大会新記録で初優勝し、東京オリンピックの日本代表に内定した。
 この大会は五輪代表選考会を兼ねて行われたもので、レースは序盤から世界記録に迫るハイペースで進み、中盤以降は丸尾選手と野田明宏選手(自衛隊体育学校)とのマッチレースとなった。42km地点で丸尾選手がスパートをかけてトップに立ち、最後は独歩状態でゴールし、五輪代表の最後の1枠を勝ち取った。丸尾選手は京都府出身、1991年11月28日生まれの29歳。176cm63kg。2016年4月愛知製鋼入社。2019年の全日本選手権高畠大会では惜しくも2位となり、大会前の合宿では20km競歩五輪代表の山西利和選手とともに練習を積み重ねた。

4月15日
新英エコライフ(四日市)の新工場竣工 グループの産廃拠点に
新工場内観
 新英金属(本社=愛知県安城市、金子豊久社長)のグループ企業で産業廃棄物処理部門を担う新英エコライフ(本社=愛知県安城市、織田健一郎社長)四日市工場は、三重県の事業拠点地に新工場を建設、9日に竣工式を執り行った。県からの許認可取得を待って5月の大型連休明け頃の本格稼働を目指す。
 同社は従来、新英グループで発生するギロチン加工後の残土(ギロチンダスト)を集荷選別し有価物の回収業務を行ってきた。一方で、取引先などからも産業廃棄物処理の依頼は多く、顧客ニーズに対応し有価物と廃棄物を合わせたトータルリサイクルの体制を構築するため工場建設及び許認可取得へと動いていた。
 今回は約4,700uの敷地に1,800uの工場建屋と3階建て事務所を新設。新建屋では混合廃棄物の処理を担い、破砕、振動振るい、磁力選別、手選別を経て光学式選別機(トムラソーティング製)によって金属や混合廃プラをより細かく分類する。また、既存建屋では、単品廃棄物の処理を行うため強力な破砕機や減容を目的としたプレス機を導入、破砕の難しいとされる漁網やゴムロールなども受け入れが可能となる。
 従業員は11名で稼働から3年以内に月間1,600d、10年以内に同3,000dの受け入れを目指す。投資額は約8億円。
 竣工式で挨拶に立った織田社長は「グループ内で構想が練られてから5年、本格的に事業準備を開始し3年の歳月を要し、その間には新型コロナウィルス感染症の拡大もあって苦心したが、着工以来事故もなく無事竣工を迎えられた。この地に産廃処理施設が完成したことで、中部圏を主な基盤とする新英グループが総合リサイクル企業としてまた一歩ステップアップ出来ると確信している」と話した。

4月15日
豊田通商、健康管理システム「からだステーション」がCCRCに採用
 豊田通商では、同社が展開するIoT活用健康管理システム「からだステーション」が、秋田不動産サービス、大京、ミサワホームの3社が開発する「秋田版CCRC拠点整備事業」分譲マンション「クロッセ秋田」の健康管理システムとして今年4月に導入された。
 CCRC(Continuing Care Retirement Community)は中高齢者が自立生活が可能なうちに入居し、必要に応じて介護・看護・医療などのサービスを受けながら、生活を送ることができるコミュニティ。IoTを活用した健康管理システムが日本のCCRCに導入されることは初めてのこと。
 高齢化が加速する日本では、日常生活における健康管理や介護予防の重要性が高まっている。
 昨年10月に秋田県秋田市に完成した「クロッセ秋田」は、「市街地の活性化」「地域住民の健康増進」「上質な住まいの提供」を事業目的としており、「地域住民の健康増進」には、個々人の健康データを収集・管理し、健康状態に合わせたサポート・指導を行うことが効果的。そのデータ収集・管理機能を持ち合わせる「からだステーション」が、「クロッセ秋田」の健康管理システムとして選ばれた。
 活用方法としては、「クロッセ秋田」の居住者、および地域住民に運動データを計測する専用ウエアラブル端末「Karamo(カラモ)」と専用測定機器(血圧計・体組成計)を提供し、日々の運動データと身体データを「からだステーション」のシステムで一元管理する。「からだステーション」利用者はデータを元に「クロッセ秋田」の商業エリア内にある健康相談センターで、健康増進に向けたアドバイスを受けることができる。専用アプリ・ウェブサイト上でのデータ閲覧が可能なため、離れて暮らす家族も利用者の健康状況を見守ることができる。
 また、商店街・百貨店と連携し、運動実施後にシステム上で取得できるポイントをクーポンに交換し、購買活動につなげていく予定だ。

4月14日
トムラソーティング、米ISRIオンライン展示会に出展
光学選別機「X-TRACT」
 光学選別機メーカーの世界大手トムラソーティングソリューションズは、米国スクラップ・リサイクル業協会(ISRI)のオンライン展示会に出展する。開催期間は4月20日〜22日および27日〜29日で、同社が誇る革新的な金属選別技術を紹介する。
 今回の展示会で特に注目されるのは効率的かつ実益性の高いアルミニウムのリサイクル。トムラは「Metal Sorting Without Compromise(妥協のない金属選別)」をテーマに、透過X線を搭載した選別機「X-TRACT」などを紹介しながらアルミニウムを含む様々な金属材料の再生工程に適した選別技術をPRする。
 展示会初日である4月20日の午後2時45分から3時5分(米国東部時間)には、トムラ技術者による選別デモンストレーションを行う。問い合わせなどはトムラソーティング日本法人(電話048-711-3135)まで。

4月14日
親和スチール、従業員の子供たちを対象に溶解体験学習会を開催
 ステンレススクラップの輸出を手掛ける親和スチール(本社=北九州市、守田幸泰社長)はこのほど、従業員の子供たちを対象に金属溶解についての体験学習会を開催した。当日は万全のコロナ対策のもと、幼児から小学生、中学生までの子供たちが参加し、知識を深めた。
 同社は子供たちの知識向上の一環として、メッキ剥離や金属の溶解実験についての体験学習会を企画し、第1回を今月2日に開催。大人たちが見守る中、子供たちはガスバーナーや特殊液体を使用した作業を直接体験するなど、普段触れることができない貴重な時間を過ごした。
 守田社長は「子供たちの『なぜ?ほんとに?』という思いを大切にし、考える力を育てたいとの思いから開催したものです。これからも子供たちの成長の手助けができるよう、安全最優先の催しを全社員で考えていきます」と述べ、子供たちの夏休みに合わせて第2回目の開催を行う予定だ。

4月13日
亜鉛建値、前回比15円下げの1`349円へ改定
 亜鉛建値が13日、15円下げの1`349円へ改定された。現在までの月間推定平均は355.0円。

4月13日
山畑コンテナ製作所 高耐久性コンテナを新発売
〜自社一貫生産体制で低価格・短納期〜
錆びにくい高耐食性コンテナ
 コンテナ製造販売の山畑コンテナ製作所(本社=三重県伊賀市、萬代修崇社長)は、このほど、錆びにくい高耐久性のコンテナを新発売、販売を強化している。
 同製品は、建築や住宅資材、自動車部品などでも活用されている日本製鉄の高耐食性めっき鋼板「スーパーダイマ」を使用しており、錆びにくく、耐久性の高い仕様となっている。サイズ調整やウレタン塗装による色の指定など、顧客の細かな要望に応じたオーダーメイドも可能だ。
 同社は大小各種コンテナ・バッカンを取り揃え、鉄・非鉄スクラップや産業廃棄物の運搬用として幅広く利用されている。北海道から沖縄まで全国に多数の納入実績があり、アフターケアも迅速な対応が評判だ。また同社製コンテナは耐久性だけでなく、上品で綺麗な仕上がりの外観が、常設している得意先からも好評を得ているという。
 同社最大の強みは、レベラー加工からシャーリング、レーザー加工、溶接、塗装まで全ての工程が自社一貫生産体制であること。それにより大幅なコストダウンと短期納期を実現している。先月開催された「2021NEW環境展」にも出展し、注文および問い合わせが急増しているようだ。萬代式紹専務取締役は「価格や仕様、納期などお気軽にお問合せください」と語った。
 製品について詳しくは、同社(電話0595-45-1014)またはウェブサイト(http://yamabata.jp/)で。

4月13日
伸生スクラップ、廃車供養で感謝の気持ち表す
ヤード内の廃車
 使用済み自動車の解体と中古部品の販売事業を展開する伸生スクラップ(本社=堺市美原区、多屋貞一社長)は毎年、8月盆前に河内長野市に寺院を構える観心寺から住職を招き、全社員で廃車の供養式を行っている。
 この供養式は先代社長が車の購入時だけでなく、廃車時も供養するべきという強い思いから始まったもので、50年も続く慣習になる。
 そんな同社が新たなサービスの一環として、今年1月からユーザー向けに個別で廃車供養の受付を新たに開始した。申込手順は車を同社に持ち込み、申込書類を記入し、それを提携先の寺院に渡すだけで完了になり、非常に簡単だ。
 担当の橋本営業部次長は「廃車する車の車内に感謝の花束や手紙が置かれている場合がある。ユーザーにとって乗った年数に関わらず、それほど思い出が詰まっているとうことだ。そうした車への『感謝の気持ち』を形に変えるのも我々の仕事だと思うので、これからもユーザーの思いを車に届けるお手伝いをしていきたい」と意気込みを話す。

4月12日
銅建値、前回比10円下げの1`1030円へ改定
 銅建値が12日、10円下げの1`1030円へ改定された。現在までの月間推定平均は1029.5円。

4月12日
古谷商店、新型コロナ滅菌効果の機器販売
感染防止に期待
新型コロナの
滅菌効果が期待できる
ウイルスエリミネーター
 金属スクラップリサイクル事業者の古谷商店(本社=大阪府東大阪市、古谷康夫社長)はこのほど、住宅用エネルギー機器などの開発・製造を手掛ける動力(本社=愛知県安城市、鈴木竜宏社長)と正規代理店契約を締結。さらには動力が2月より販売している新型コロナウイルスの滅菌効果が実証された「空気強制循環式紫外線空気清浄機ウイルスエリミネーター」の取り扱いを開始した。
 ウイルスエリミネーターはあらゆるウイルスを分解し、体内の増殖を防ぐことのできる空気清浄機。仕組みはサイドの吸引用ファンから空気を取り込み、中では実際の新型コロナウイルスで検証し、滅菌効果が証明された強力な紫外線ランプを当て、99.9999%の不活化されたクリーンな空気を排出するというもの。本体サイズはW400mm×H156mm×D184mmでコンパクト設計。設置方法は壁掛けやテーブルに置くなど自由自在。1台で最大30畳が約1時間半で空気の入れ替えが完了する。また空間へのガスやミストの噴霧がなく、有人環境や食品のある場所での安全稼働が可能なのも特長だ。
 同社では既に病院への納入実績を持ち、また助成金の対象ということで、様々な業界から問い合わせが多く寄せられている。今なら発売記念キャンペーンとして「日刊市况通信を見た」と伝えると、特別価格で提供。問い合わせは06-6727-1414まで。
URL:https://virus-eliminator.mirai-connect.com/

4月12日
三和金属(静岡)がダブンリングシャーを北町機械製へリプレース
導入したダブリングシャ―
 三和金属(本社=静岡県静岡市、柴山勝吾社長)では、このほどダブリングシャ―のリプレース工事が完了し本格稼働へと移行している。
 同社は鋳造原料を中心に製鋼原料や非鉄金属も扱う、有力ディーラーであるが、既存機は導入後年数も経過し老朽化が進んでいたことから更新を図ったもの。
 新設機は北町機械製の「KDLS−1800型」で切断圧は最大500d。主に取引先企業や地域住民から持ち込まれた甲山を中心に加工処理を担う。今回の導入には、国のものづくり補助金を活用した。
 一方で事業の柱である鋳造原料では、新断の発生が伸び悩むとともに、近年進んだ鋼材のハイテン化などから鋳造メーカーの求める品質の原料も少なくなってきている。コロナ禍で発生も安定せず難しい局面を迎えているが、柴山社長は「商いを続けていく中で1番大切なことは信頼関係。メーカーさんからも集荷先からも声がかかり必要として頂ける企業であり続けるべく、品質管理の徹底やサービスの向上など出来ることを愚直にこなし、取引先と共に成長していきたい」と話している。

4月9日
鈴木商会 廃棄漁網リサイクル事業を開始、リファインバースと協業
廃棄漁網
(リファインバース提供)
 鈴木商会(本社=札幌市中央区、駒谷僚社長)はこのほど、リファインバース(本社=東京都中央区、越智晶社長)と協業し、北海道における廃棄漁網のリサイクル事業を開始することを発表した。
 現在、道内の漁業で使用される膨大な量の漁網や漁具はほとんどリサイクルされずに廃棄されている。また、海洋プラスチックが世界中で問題となっているなか、日本国内最大の漁業生産高を有する北海道でもこの問題の解決は大きな課題となっている。
 このため同社は、廃漁網のマテリアルリサイクルに実績とノウハウを有するリファインバースと業務提携契約、および北海道エリアにおける廃棄漁網リサイクル事業化に関するライセンス契約を締結したという。
 事業概要としては、道内の各漁協等から排出された漁網を鈴木商会が回収し、同社が設立する新工場にてリファインバースの有する生産技術や生産設備一式等のライセンスを活用して再生ナイロン樹脂を製造。リファインバースが「REAMIDE(リアミド)」として販売する予定としている。
 新工場の設立は苫小牧市内で、2022年初頭の稼働を予定。年間生産量は1,300dを見込んでいる。

4月9日
愛知製鋼、MIセンサのオリジナルWEBサイトを開設
 愛知製鋼はこのほど、同社のオンリーワン製品である超高感度磁気センサ「MIセンサ」のオリジナルWEBサイトを開設した。
 このウェブサイトは、同社が世界で初めて開発・量産に成功した、磁気インピーダンス効果を応用したMI センサの4つの「超」(超高感度、超高速応答、超低消費電力、超小型)と、それを実現する高い技術力、製品バラエティや幅広い用途例などを写真や図を用いて分かりやすく解説している。また「MI Tube」「MI Seminar」「MI News」などのコンテンツを新たに導入し、動画などを活用しながら順次、最新情報を提供していく予定。
 磁気マーカシステムオリジナルWEBサイトURLはhttps://www.aichi-steel.co.jp/smart/mi/

4月8日
朽木商店、オリジナルボールペンやマスク配布で販促活動
オリジナルボールペン(上)
ショップカード入りマスク(下)
 金属スクラップディーラーの朽木商店(大阪府堺市、朽木徳清社長)はオリジナル性の高い販促活動を行い、リピーターの獲得に繋げている。
 その販促活動は、事業内容や会社概要が記載されているショップカード入りポケットティッシュを配布。同社のキャッチコピーでもある「この町のスクラップ屋さん」を商標登録。昨年においては新型コロナウイルス感染拡大を受けて、「大丈夫。なんとかなる!」のメッセージ付きのオリジナルボールペンを作成し、ユーザーを勇気づけるなど、とてもユーモアだ。
 また今年にはビニールで包装したショップカード入りマスクの配布を開始。ユーザーからは評判が良く、池野副社長は「価格だけが差別化ではない。お客様に寄り添ったサービスを行うことも重要だ。これからも様々なサービスを展開して、リサイクル事業を推進したい」と意気込みを話す。

4月7日
銅建値、前回比20円上げの1`1040円へ改定
 銅建値が7日、20円上げの1`1040円へ改定された。現在までの月間推定平均は1036.0円。

4月5日
橋ボデー スクラップ業界向けコンテナ類を拡販
セミトレーラ
 スクラップ積載用トラックコンテナの製造販売などを手掛ける橋ボデー(本社=静岡県静岡市清水区、橋秀宜社長)は、スクラップ業界向けにコンテナやセミトレーラ類の拡販を図る。
 同社のスクラップ積載用コンテナは、耐摩耗鋼板として知られるスウェーデン鋼のハルドックスを使用している。高い強度と靭性を持つため、積載物のコンテナ本体への食い込みを抑えることができ、優れた耐久性を持つ。また、板厚が薄く重量が軽くなることから、積載量を増やすことが可能で、燃費を大幅に削減することができる。
 同社の橋政貴氏は「中部地区を中心とした多くのスクラップ業者の皆様に当社のスウェーデン鋼を使ったコンテナやセミトレーラを納入している。普通鋼コンテナを使用している事業者の皆様にぜひスウェーデン鋼製の当社のコンテナやセミトレーラの利点を知って頂きたく思い、拡販を図ることとした」と話す。
 こちらのコンテナなどに関する問い合わせは、同社(電話054-345-8385)まで。

4月2日
タカミ(三重)、コベルコ建機製重機を増車
増車したコベルコ建機製重機
「SK125W」
 鉄・非鉄スクラップをはじめ廃プラや古紙などを取り扱う総合リサイクル企業のタカミ(本社=三重県伊賀市、見尚吾社長)は、このほどコベルコ建機製の重機を2台増車した。重機は合計6台となり、さらなる顧客満足度向上や出入荷の体制強化を図る。
 今回導入したのはSK125WとSK135で、同社の重機はすべてコベルコ建機製。アタッチメントはグラップル仕様を採用しており、作業環境によりマグネットタイプにも交換可能。ヒアブでは難しい作業にも対応でき、格段に作業効率がアップした。SK125Wはホイール式ショベルで低振動タイヤを装備し、さらにナンバープレート取得により公道走行が可能で利便性も向上。またホイール式のため顧客先での積み込み作業時に地面の損傷を気にすることなく移動ができるようになり、オペレーションも快適だ。小回りも利き、高い走行安定性により移動もスムーズで機動力が一層高まった。増車対応により、出荷や受入体制強化だけでなく従業員の負担軽減効果も期待している。
 同社は1940年(昭和15年)4月創業で今年81周年を迎えた。敷地面積は約32,000u。2003年にISO14001を認証取得。主な設備は1250dギロチンシャー、1000dダブリンシャーのほか、PAL型プレス機、リフマグ付き7.5d天井走行クレーン1基、60dトラックスケールなどを完備している。

4月2日
日本自動車リサイクル機構、リサイクル設計等の事例集を発刊
 日本自動車リサイクル機構(東京都港区、酒井康雄代表理事)は、国内外の自動車解体業者に向けて自動車メーカーのリサイクル設計や解体業者による好事例などをまとめた「使用済自動車の解体性向上に寄与するリサイクル設計等の事例集」を発刊した。4月1日より同機構のホームページで公開している。
 この事例集は、公益財団法人自動車リサイクル高度化財団の助成事業の一環として製作。当事業では、自動車におけるリサイクル設計の普及等を目的として、自動車メーカーに対するリサイクル設計の事例調査・整理、解体業者へのリサイクル設計の認知度及び有効性に関するアンケート調査、解体業者へのリサイクル設計に関するヒアリング調査を実施し、これらを踏まえた上で本事例集の作成を進めた。助成事業の詳細に関しては、同財団のホームページ(https://j-far.or.jp/)に事業報告書として2021年6月頃に掲載される予定となっている。

4月1日
銅・亜鉛・鉛、4月のスタート建値
 4月スタート建値は、銅が前月末から10円下げの1`1020円、亜鉛が9円上げの364円、鉛が6円上げの276円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
1月平均 870.0 334.2 271.1
2月平均 918.1 340.2 279.0
3月平均 1022.1 354.2 276.4
 
4月1日 1020 364 276

4月1日
K・Mウイング 衝撃に強い新工法コンテナを販売強化
 スクラップ積載用トラックコンテナの製造販売を手掛けるK・Mウイング(本社=栃木県佐野市、亀山賢次社長)はこのほど、衝撃に強い新工法コンテナの販売を強化する。
 新工法コンテナは衝撃への耐性を強化するため、形状を工夫し素材を適切な固さに調整したもので、コンテナの変形を抑制する特長から「キープシェイプ」と命名。同社が2002年に商標を登録した「フラトン」は独自技術により碁盤目状の補強材を減らし耐性を維持した工法で、この2つの工法を組み合わせた「フラトン型キープシェイプ」がこれまで以上に長期間の使用に耐えられるため納入した事業者からの評価も高く、現在では同社の主力製品となっている。
 亀山社長は「昨年から『フラトン型キープシェイプ』のコンテナを多くのスクラップ業の皆様に導入して頂いており評判が良い。頑丈で軽く空気抵抗が少ないため燃費を削減できるという特長も併せ持っているので『良いこと尽くめの製品』と自負している」と話す。
 この「フラトン型キープシェイプ」に関する問い合わせは同社(電話0283-67-1616)まで。

4月1日
4月7〜9日に「名古屋ものづくりワールド2021」開催
 4月7〜9日の3日間、ポートメッセなごやで「名古屋ものづくりワールド2021」が開催される。
 これは「設計・製造ソリューション展」「機械要素技術展」「工場設備・備品展」「航空・宇宙機器開発展」「次世代3Dプリンタ展」「ものづくりAI/IoT展」「計測・検査・センサ展」の7展示会で構成される中部地区最大のものづくり専門展である。
 今年は265社・団体が出展し、新たなものづくりや生産性・品質向上、VA/VE、コストダウンなどを提案する。期間中はブース展示のほか、トヨタ自動車TPS本部尾上恭吾本部長「トヨタが今、改めて取り組むTPS(トヨタ生産方式)の展開」、 オークマ領木正人専務取締役「オークマが考えるスマートマシン、スマート工場の展望」などの講演会やセミナーが行われる予定。
 開催時間は10時から18時(最終日は17時まで)。入場料5,000円(ウェブサイトから無料招待券の申込みが可能)。
 問い合わせは、リードエグジビションジャパン名古屋ものづくりワールド事務局(電話03−3349−8500、https://www.japan-mfg-nagoya.jp)まで。

3月31日
フクナガエンジニアリング 産業車両用ノーパンクタイヤの販売好調
〜大型タイヤの受注も相次ぐ〜
大型サイズのタイヤも
受注好調
 産業車両用のタイヤ販売事業を手掛けるフクナガエンジニアリング(本社=大阪市城東区、福永政弘社長)は、ノーパンクタイヤ「ADVANCE」の販売が好調なほか、直近では金属リサイクル業界から大型タイヤの受注や問い合わせが相次ぐため、対応を強化している。
 同社はフォークリフト、重機車両用のノーパンクタイヤ「ADVANCE」や交換時期が一目でわかる「M2」のほか、リーチ式フォークリフト用、ショベルローダーやホイールローダーなどの大型産業車両用タイヤも取り扱い、年間販売実績は1万本以上を誇る。また、中国のタイヤメーカーから直接仕入れ、中間業者を省くことで低価格を実現。ユーザーが負担する年間のタイヤコストを30〜40%低減させる。品質面でも耐摩耗性の実走行及び試験データは国産純正タイヤと同等の結果を得ており、リサイクル業界をはじめ製鋼メーカーや大手自動車メーカーのフォークリフト構内作業に同社のタイヤが幅広く使用されている。
 また、車両に合ったホイール付きで納品のため、迅速な交換作業が可能なうえ、大型タイヤのホイールも短期間で納品。金属リサイクル業界ではスクラップへの衝突や巻き込みによるホイールの破損事例が多いため、新品ホイールを低価格で提供するサービスも行う。
 同社タイヤグループマネージャー山崎正喜氏によると「フォークリフトの維持管理などはディーラーに一任で適正相場を理解していない方々が大半だと言えます。実際は、本体とタイヤを切り離して考えないと有益ではありません。弊社はお客様にあった様々なコスト削減策を提案し実現いたします」と語る。
 問い合わせ先は(TEL06−6969−7655)まで。【フクナガタイヤ】でも検索可能。Youtubeにタイヤの商品特性や交換方法なども随時UPしている。
 同社は1994年(平成6年)設立。フレコンバック事業とタイヤ事業、ベトナムでの金属リサイクル事業を柱に業務展開している。

3月30日
銅鉄商事(埼玉県) 天井クレーンをリプレース
リプレースした天井クレーン
(京和工業製)
 総合リサイクル企業の青木グループ傘下でスクラップディーラーの銅鉄商事(本社=埼玉県川口市、桑原昭治社長)はこのほど、天井クレーンをリプレースした。リプレースした天井クレーンは京和工業製の天井クレーン。既存の天井クレーンは導入から数十年が経ち、修理の頻度も増えていたことで、今回のリプレースに至った。
 リプレースにあたり桑原社長は「これまで使っていた天井クレーンは8.5dだったが、多くの従業員が操縦できるように5d未満の天井クレーンにした。全従業員が構内作業だけでなく、トラックの運転や天井クレーンの操縦など何でもできる方が良い」と語り、作業の効率化に期待を寄せている。
 桑原氏が社長に就任して5年半が経つ同社は、年々扱い量を増やしている。今後月間の扱い量3,000d以上を目指す桑原社長は、社員が「この会社に入って良かったと思ってもらえるような会社にしたい」と話す。扱い量増加と共に従業員の満足度も充実させる同社に注目したい。

3月30日
鉄リサイクリング・リサーチ林氏が最新レポート発表
オマーン・クウェート・バーレーンの鉄鋼需給の現状と日本の鉄スクラップ輸出ポテンシャル・中近東まとめ
 国内外の鉄リサイクルに関する調査研究を行う鉄リサイクリング・リサーチ(本社=茨城県北相馬郡、林誠一社長)は15日、「オマーン・クウェート・バーレーンの鉄鋼需給の現状と日本の鉄スクラップ輸出ポテンシャル・中近東まとめ」と題した最新リポートを発表した。
 最初にこれら3国の地理、人口、経済について触れ、粗鋼生産動向、鋼材需要と需給の概況について分析。さらに鉄源需給バランスを試算している。終盤には、直近のリポートで取り上げたイラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタールを含めた中近東7カ国についてのまとめもある。現在のところ鉄スクラップ市場としての魅力は薄く、むしろ将来は「世界の還元鉄供給基地として西アジアやトルコなどへ輸出ドライブとなり、鉄スクラップ市場を狭める可能性が高い」と推察している。
 林誠一氏のリポートはこれで通算62件目。同社のホームページにも掲載されている。

3月29日
銅建値、前回比20円上げの1`1030円へ改定
 銅建値が29日、20円上げの1`1030円へ改定された。現在までの月間推定平均は1022.1円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
12月平均 847.8 342.8 275.0
1月平均 870.0 334.2 271.1
2月平均 918.1 340.2 279.0
 
3月1日 1010 346 285
3日 1040    
5日 980 343 279
9日 1030    
10日   352  
12日 1040    
15日   358  
16日     273
17日  1020    
18日   361  
22日 1030    
23日   367  
24日  1010    
26日   355 270
29日 1030    

3月26日
亜鉛建値、前回比12円下げの1`355円へ改定
鉛建値、前回比3円下げの1`270円へ改定
 亜鉛建値が26日、12円下げの1`355円へ改定された。現在までの月間推定平均は354.2円。また、鉛建値が3円下げの1`270円へ改定された。現在までの月間推定平均は276.4円。

3月25日
平林金属グループのヒラキンテック、釜屋にMIX選別ラインを導入
MIX選別ライン
 総合リサイクル企業の平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)のグループ会社であるヒラキンテックはこのほど、かねてより進めていた釜屋の本社工場(本社=福島県須賀川市、近藤宏樹社長)のMIXメタル選別ライン導入工事が完了した。現在は3月中旬より本格稼働している。
 同機はピッキング作業の使い勝手を考慮した選別ラインになり、シュレッダー処理後に発生する非鉄金属を単体分離し、原料の品質確保と付加価値の向上に繋げられる最新設備だ。処理フローは3段階の選別工程を設けている。先ずはトロンメルで粒度選別を行う。次にアーステクニカが販売するTOMRA社製の高感度メタルセンサー、高い解像度と感色性をもつカラースキャンカメラを使った選別技術を備えたコンビセンスで選別し、最後は渦電流選別機で単体分離した高純度の非鉄金属を回収する。
 釜屋ではこれまで、シュレッダー処理後は荒選別に留めて、細かい選別は協力会社に委託していたが、今回の設備導入で終始一貫したリサイクル体制を強化させ、事業の拡充を図っていく方針だ。
 ヒラキンテックはリサイクル用の産業機器の設計、製作、販売、設置及びメンテナンス業務、リサイクルシステムのコンサルティングを手掛ける。リサイクル事業者と同じ目線の技術開発が強みになり、同業他社からの問い合わせが多く、全国の大手リサイクル事業者に機械を導入するなどの実績を持つ。

3月24日
銅建値、前回比20円下げの1`1010円へ改定
 銅建値が24日、20円下げの1`1010円へ改定された。現在までの月間推定平均は1019.5円。

3月24日
「あいち自動車ゼロエミッション化加速プラン」フォーラム配信
 愛知県では、3月26日から31日まで、「あいち自動車ゼロエミッション化加速プラン」キックオフフォーラム(オンライン)をオンデマンド配信する。
 世界の地球温暖化対策が2050年のCO2排出量実質ゼロを目指す方向へ大きく舵を切りつつある中、自動車からのCO2排出ゼロを目指すためには、エネルギーの脱炭素化と並行して、走行時にCO2を排出しないEV・PHV・FCVの普及加速が必要。愛知県では2030年度のEV・PHV・FCVの普及目標と、その達成に向けた取組の方向性を示すため「あいち自動車ゼロエミッション化加速プラン」を今年度新たに策定する。
 内容はトヨタ自動車トヨタZEVファクトリー FC事業領域の濱村芳彦統括部長による基調講演「FCVを始めとした電動化普及へのトヨタの取組み」と愛知県環境局地球温暖化対策課職員の「あいち自動車ゼロエミッション化加速プラン」概要説明、「あいち自動車ゼロエミッション化加速プラン検討委員会」委員へのインタビューが行われる。参加費無料。
 オンデマンド配信は期間中、以下の地球温暖化対策課Webページから講演等の動画が視聴できる。https://www.pref.aichi.jp/soshiki/ondanka/xevforum2021.html
 問い合わせは愛知県地球温暖化対策課自動車環境グループ(電話052-954-6217)まで。

3月23日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`367円へ改定
 亜鉛建値が24日、6円上げの1`367円へ改定された。現在までの月間推定平均は356.3円。

3月23日
扶和メタル 西東京支店のテヅカ製ニューワイドシャーが本格稼働
テヅカ製
ニューワイドシャー
 扶和メタル(本社=大阪市中央区、勝山正明社長)の西東京支店(埼玉県入間市、土井唱平支店長)はかねてから着手してきたテヅカ製ニューワイドシャーの設置工事を終え、2月から本格稼働を開始した。
 同社では19年から新中期経営計画がスタートし、その計画には新拠点開設を盛り込んでいた。新たな支店は最も近い拠点から約1時間の場所に位置するほか、従来以上に集荷エリアを広げることが前提条件となり、複数の候補地を選定した上で、同年10月に西東京支店を開設。首都圏を軸に、南北エリアを強化してきた同社にとって、西東京エリアはいわば未開の地となるが、圏央道の入間ICからわずか5分とアクセスに優れ、3,200uの手頃な敷地面積、近隣に競合企業が少ないなど、同社にとっての全ての条件を満たしたことが開設を決断する後押しとなった。
 今回の設備導入の理由については、土井支店長を始めとした営業努力と各支店との連携強化によって、数量面で設備導入に見合う水準に達したこともある。しかし、それ以上に鉄スクラップは国際商品化がすすみ、中でも、関東地区は短期間での上下動の波が激しく、母材の他支店への転送が上昇時はともかく、下落時には運送や加工処理までに時間を要するため、数量が多くなるほど、相場リスクを大きく受けることとなる。他支店の処理能力も限界に近付き、高効率的な支店運営を目指す上で、相場リスクを最低限に抑えるには母材の加工に取り組むことが不可欠として、加工処理機の導入へと踏み切った。
 新設した加工処理設備はテヅカ製1000dニューワイドシャー。17年から稼働を開始した埼玉支店と同じ仕様となっており、切断スピードが早いのが大きな特徴だ。埼玉支店で機械の性能の良さを熟知するだけでなく、導入後も業界内で高い評価を持つテヅカのきめ細かいアフタフォローやメンテナンスに対する信頼性の高さがテヅカ製シャー導入の決め手となった。本格稼働によって、処理能力は増強を図れつつも、土井支店長の頭の中では扱い量を無理に増やす意図はない。むしろ、炉前スクラップの扱い量を増やせたことに大きな期待を抱いており、「炉前スクラップの扱い拡充によって、あらゆる販路を模索することができる。内陸メーカーに対する販売への提案含め、サイズ、品質面などに強いこだわりを持ち、付加価値向上に努めていきたい」(土井支店長)と強い意気込みを語る(詳細はメタル・リサイクル・マンスリー4月号に掲載)。

3月23日
JX金属 台湾・彰濱リサイクルセンターの能力増強
新設した集荷ヤード
 JX金属は19日、台湾に拠点を構える彰濱リサイクルセンターの集荷・処理能力を増強したことを発表した。集荷ヤードを新設し2棟体制にするほか、破砕機および自動サンプリング設備を導入することで、集荷・処理能力は現状の月間500dから2.4倍の1,200dに拡大。新設備は4月から本格稼働させる予定だ。
 台湾は最先端の電子産業の集積地域であるとともに、リサイクル原料の回収システムが整備されており、今後もEスクラップを中心にリサイクル原料の発生量増加が予想される。
 同社は系列のJX金属製錬佐賀関製錬所でリサイクル原料の増処理に取り組んでいる。台湾でもこれまで培った迅速かつ正確な分析・評価技術を活用し、原料の増集荷を進めていく方針だ。

3月22日
銅建値、前回比10円上げの1`1030円へ改定
 銅建値が22日、10円上げの1`1030円へ改定された。現在までの月間推定平均は1024.7円。

3月22日
メタルリサイクル 本社事務所の落成式を開催
本社新事務所
 総合リサイクル業大手リバーホールディングス(本社=東京都千代田区、松岡直人社長)傘下のメタルリサイクル(本社=埼玉県比企郡川島町、星川晴康社長)は13日、本社事務所の落成式を開催した。関係者ら約20名が参加した。
 落成式冒頭、星川氏は「今日という日を迎えられたことに感謝している。また、当社は今年大きな変化を迎える年になる。7月からリバー株式会社と統合し、より一層大きな組織になる。社員一同気持ちを新たに、新しい事務所と共に努力を重ねてまいりますので、みなさまのご支援をお願い致します」と挨拶した。
 次いで、リバーホールディングス取締役執行役員の中田光一氏が「メタルリサイクルの社員は明るく礼儀正しく、チームワークの良い会社だと感じる。人材も豊富でリバーの社長や中田屋加須工場の工場長は同社出身となっている。新しい事務所と共に一層リバーグループを盛り上げてもらいたい」と祝辞を述べた。
 新事務所は3階建で、1階がメタルスクラップの事務所、2階がELVの事務所、3階が会議室や食堂となっている。壁紙や絨毯、椅子など大部分で女性のアイデアが活かされた事務所になっている。

3月22日
ダイハチ、引き取り作業の動画配信 リサイクル周知にYouTube活用
 金属リサイクル事業者のダイハチ(本社=神戸市東灘区、武本京子社長)はこのほど、初心者向けスクラップ講座を行っているYouTubeチャンネルkyokochanチャンネルで、第5弾となる動画を配信した。
 今回はクレーン車を用いた引き取り作業で、鉄スクラップの積み込みなどの様子を社長の解説付きで配信。また作業の際に使用したアタッチメントについてもイラストで分かりやすく説明している。
 同社は昭和30年3月に創業。兵庫県神戸市に本社を置き、金属スクラップ全般を取り扱う。毎年、海外から多くの視察団を受け入れて工場見学を実施しており、地元以外でも幅広く活躍する。昨年、リサイクルの周知の一環として、全国に環境保全への取り組みを広める目的に公式YouTubeチャンネルを開設。不定期に動画を配信し、国内外に情報発信を行う。
ホームページ URL:http://www.kobe-daihachi.co.jp/
社長ブログ URL:https://ameblo.jp/kyokoz-blog/

3月18日
大阪自動車リサイクル協同組合、組合員にタブレット無償配布
コロナ禍で情報共有に注力
配布したタブレット
 大阪府内の有力自動車リサイクル業者で組織された大阪自動車リサイクル協同組合(埜村岳史理事長、埜村自動車商事社長)はこのほど、コロナ禍における組合活動として情報共有に注力する方針を定め、全組合員にタブレットとルータの無償配布を実施した。
 今後はオンラインシステムZOOMを使ったリモート会議や無料アプリのLINEによって密を避けたコミュニーケーション活動を強化する。
 同組合は昨年9月からリモートで定例会、理事会を開催してきたが、リモートの環境が無いなど組合員の諸事情によって参加しにくい状況であった。そういった課題を解消するため、タブレットとルータの無償配布を決めた。
 タブレットの無償配布について埜村理事長は「ネットを活用して簡単に誰でも定例会、講習会、講演会等に参加して頂くことのできる環境をお作りすることも組合の務めだ。これからはタブレットを使った情報交換などの活動を進めていく。現在、コロナ禍で苦労されているかと思うが、ピンチはチャンスという言葉があるように、苦難の中でも大きなプラスの芽が必ずあると信じている。それが次の発展に繋がる新たな気付きや発見も生まれると思うので、今後も組合が一丸となるための取り組みを行っていきたい」と意気込む。

3月18日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`361円へ改定
 亜鉛建値が18日、3円上げの1`361円へ改定された。現在までの月間推定平均は354.5円。

3月18日
埜村自動車商事、コロナ禍で変化したニーズに対応
解体・プレス工場の
ノムラドーム21
 使用済み自動車の解体と中古部品販売を手掛ける埜村自動車商事(本社=大阪市東住吉区、埜村岳史社長)が新たに行っている中古車販売、レンタカー事業が好調だ。
 昨年、新型コロナウィルス感染拡大を受けて緊急事態宣言が発令されて以降、密になる公共機関の利用を控える傾向にある。そうした状況から密を避けられるとして自動車が注目。なかでもリーズナブルに入手できる中古車、自動車を所有しない一般家庭に最適なレンタカーへの需要が増加しているようだ。埜村社長は「コロナ禍でニーズが変化したと実感している。これからも社会のお役に立つサービス事業を模索していく」と話す。
 また同社は事業だけでなく、コロナ禍による苦境を乗り切るため社員の意識改革にも努めている。その一環として社員同士のコミュニケーションの円滑化を狙って上司、部下に関係なく、役職ではなく「さん付け」で呼称したり、感謝の気持ちを忘れないための「ありがとう運動」を実施するなど独自の取り組みを行う。
 埜村社長は「コロナ禍で命の尊さ、当たり前の日常がいかに貴重であるかを気付くことができ、感謝の気持ちを持てたのは非常に良かった。外を見れば悲観することばかりかも知れないが、社員全員が一丸となってピンチをチャンスに変えられるよう今後も前を向いてチャレンジしていきたい」と力を込めて語る。
 同社は大阪に本社を置き、東大阪市に展開している解体及びプレス加工工場のノムラドーム21は未来都市をイメージしたデザインが評価され、第20回大阪都市景観建築賞府知事賞を受賞。
 また敷地の1/3を植樹して敷地の一部を誰でも通行可能な道路として提供。多目的ルームの一般開放や地域貢献にも積極的だ。

3月18日
ハリタ金属(富山) 一般社団法人循環経済協会を設立
〜アフターコロナ時代を勝ち抜く循環経済型ビジネスの普及・定着を支援〜
 ハリタ金属(本社=富山県高岡市、張田真社長)は16日、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(本社=東京都港区、村林聡社長、以下MURC)と「一般社団法人循環経済協会」を設立したと発表した。限りある天然資源を有効活用しながら、資源効率性の高い持続的に発展可能な経済社会(循環経済社会)の実現を目指すことを理念に、循環経済(サーキュラーエコノミー)型ビジネスの普及と定着に取り組むプラットフォームとして設立し、アフターコロナ時代を勝ち抜くための支援を行なう考え。
 世界各国で廃棄物を大量に発生し続けながら発展する経済のあり方が見直されつつある中、さらに新型コロナウイルス感染拡大による「生活・しごとのデジタル化」の加速が、情報連携の推進や「コト消費(モノを消費するのではなく、機能を消費する)」の追い風になるなど、資源効率性の向上や事業者間連携を実現する新たなビジネスモデルの開発や実装拡大を推進していく狙いがあるという。
 設立年月日は2021年2月26日で、事務所は東京都港区のMURC内。ISO/TC323の国内審議委員会委員長である東北大学の中村崇名誉教授を会長に迎え、同委員会委員である清水孝太郎氏(MURC)や張田真社長が中心となり設立した。事業初年度は同社団法人の周知や新たな会員募集に注力し、第2年度(2021年10月〜)から本格的に事業を開始する予定。また会員に対して循環経済型ビジネスに関する情報提供等を行うほか、会員からの問題提起等を取り入れながら政府への提言、また各種標準化活動への参画を行なう計画だ。
 ハリタ金属は1960年6月創業。鉄・非鉄スクラップをはじめ、産業廃棄物・一般廃棄物の収集運搬・中間処理、そして、家電リサイクル・小型家電リサイクル・自動車リサイクル・二輪車リサイクルなど数々の事業を手掛ける総合リサイクル企業。そのほか、LEDリサイクルや太陽光パネルの大量処理、「世界初」となる鉄道車両に使用されるアルミ部材の水平リサイクルなど、先進的かつ高度なリサイクル技術を独自に確立している。

3月17日
銅建値、前回比20円下げの1`1020円へ改定
 銅建値が17日、20円下げの1`1020円へ改定された。現在までの月間推定平均は1021.3円。

3月17日
トライシクル 2021NEW環境展にブースを出展
 サイクラーズ(旧東港金属グループ)の関連会社でリサイクル全般のインターネットサービスを運営するトライシクル(本社=品川区南大井、福田隆社長)は、17〜19日に東京ビッグサイトで開催される「2021NEW環境展」にブースを出展。同社が現在展開している「ReSACO(リサコ)」と「エコドラフトwithクラウドサイン」を中心に展示する。
 「ReSACO」は、企業間で中古品・不用品を取引する世界初のB2Bサーキュラー・エコノミー対応プラットフォーム。「不用品まるっとおまかせサービス」や「プレミアム無料回収サービス」、「LINE無料回収サービス」などを紹介する。
 「エコドラフトwithクラウドサイン」は、事業系産廃や建廃、一般廃の処理委託契約書を電子化し、作成から契約締結までを一気通貫で行えるSaaS型サービス。ブースでは、PCで実際に契約書作成から契約締結までを体験できるデモンストレーションを行う。
 出展ブースは、西展示棟1・2ホール(西2-090)。

3月16日
鉛建値、前回比6円下げの1`273円へ改定
 鉛建値が16日、6円下げの1`273円へ改定された。現在までの月間推定平均は276.9円。

3月16日
光洋産業(坂出市)、油圧シャーの更新工事が完了
処理能力の向上図る
新しく導入した
モリタ環境テック製
ハイブリッドニューギロ
 金属スクラップリサイクル事業者である光洋産業(本社=香川県坂出市、香月一郎社長)はかねてより進めていた油圧シャーの更新工事が完了し、1月中旬から本格稼働を開始した。更新は既存機の老朽化によるものになり、新鋭機で処理能力の向上を図っていく。
 今回、新たに導入したのはモリタ環境テック製ハイブリッドニューギロ1250型。同機は刃幅が広く、切れ味が抜群の片傾斜カッティング盤を完備し、処理の効率化を実現させた。またサーボモータの採用によって、油圧ポンプの吐出量制御、および駆動用電動機の回転制御を組み合わせて、従来機のスピードと同等で約30%の消費電力の削減が可能だ。導入について香月社長は「新機種で扱い量の増加に繋げていきたい」と話す。
【メタル・リサイクル・マンスリー4月号に詳細記事を掲載】

3月16日
愛知製鋼と徳島大学が環境調和型の次世代肥料を開発
アルカリ土壌畑における
イネへの鉄供給効果
(散布してから4週間後)
鉄剤なし↑
PDMA 使用↑
 愛知製鋼と徳島大学大学院医歯薬学研究部難波康裕教授らの研究グループは、環境調和型の鉄キレート剤「プロリンデオキシムギネ酸(以下、PDMA)」を開発した。
 PDMAは農耕に適さないアルカリ性不良土壌での農耕を可能にするために開発されたもので、イネ科植物が根から分泌する天然の鉄キレート剤「ムギネ酸」の化学構造を改良したもの。既存の人工鉄キレート剤よりも少ない環境負荷で高い効果を発揮することができる。収穫物としてはトウモロコシやオオムギなど全てのイネ科植物、コメに有効であることが示された。
 世界の人口増加は著しく、2050年には100億人に達することが予想されている。また全世界の陸地の7割は不良土壌で、そのうち半分はアルカリ性不良土壌とされている。このため近い将来に深刻な食料難が訪れることが確実視されている。農地を拡大するための森林伐採は地球温暖化を促進させるので、不良土壌の活用で食料生産を増大させることが期待されている。

3月15日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`358円へ改定
 亜鉛建値が15日、6円上げの1`358円へ改定された。現在までの月間推定平均は349.8円。

3月15日
トムラソーティング 2021NEW環境展にブースを出展
 光学選別機メーカーのトムラソーティング(本社=埼玉県さいたま市、河口昌伸社長)は、17〜19日に東京ビッグサイトで開催される「2021NEW環境展」に出展する。
 同社は、昨年6月に発表した新型多機能選別機「AUTOSORT(オートソート)」などの主力製品により、一般廃棄物や廃自動車、廃家電などから出る廃プラスチックや金属廃棄物などを貴重な資源へと転換する選別プロセスを映像や実機を用いて説明する。
 河口社長は「この1年で世界を取り巻く環境は変化し、リサイクル市場ではより複雑かつ高精度な選別が求められている。特に日本のさまざまな消費財は多用途に対応するため、多種にわたるプラスチックが使われており、廃プラスチックの選別にはさらに高い精度が必要となっている。また、金属廃棄物処理においても、非鉄金属をさらに素材別に選別するマテリアルリサイクルが求められている。ブースではCombisense(コンビセンス)のデモ機を用いて、実際にフラクション選別の様子を紹介する」と話す。
 出展ブースは、西展示場1F西1ホール015。

3月15日
メタルリサイクル千葉営業所 LINE公式アカウントを開設
 総合リサイクル業大手のリバーホールディングス(本社=東京都千代田区、松岡直人社長)傘下のメタルリサイクル(本社=埼玉県比企郡川島町、星川晴康社長)はこのほど、同社千葉営業所(千葉県柏市風早)でLINE公式アカウントを開設した。
 同社千葉営業所では、自動車の買取り・解体処理・中古パーツ・タイヤの販売等の事業を展開。自社で破砕施設を所有しているため、他社の査定や下取りで値段のつかなかった事故車や年式の古い車も買い取ることができる。
 LINE公式アカウントを開設することにより、LINEで写真を送ることで簡単に無料査定を行える。また、自動車部品の販売ではカーナビや内外装のパーツ、新品・中古タイヤなど約1万点の在庫を常時用意している。
 同社は今後も車の売却や部品の購入をもっと気軽に検討できるよう、LINEを活用した情報発信を積極的に行っていく。
 【開設日】2020年10月16日(金)。【アカウント名】メタルリサイクル千葉。【LINE ID】@980apkwo◇問い合わせ:同社ELV事業部千葉営業所(電話04‐7192‐2111)

3月12日
銅建値、前回比10円上げの1`1040円へ改定
 銅建値が12日、10円上げの1`1040円へ改定された。現在までの月間推定平均は1030.8円。

3月12日
富士車輌 2021NEW環境展に出展
〜様々なタイプの選別機を実機展示〜
エアナイフ式のエアバイブ
 タケエイグループで環境機器・プラント関連事業等を手掛ける富士車輌(本社=滋賀県守山市、鳥居周社長)は、3月17〜19日に東京ビッグサイトで開催される「2021NEW環境展」に出展する。
 会場ブース(西1ホール012)では、混合廃棄物を軽量物・重量物・細粒物に3種同時選別する「バリスティックセパレーター」や振動により搬送と均一化を行なうエアナイフ式の選別機「エアバイブ」、多段なジグザグ内での重力・空気抵抗による揚力とのバランスで選別を行う多段式の風力選別機「ジグザグエアセパレーター」などを展示する。
 同社は混合廃棄物やスクラップなど各種リサイクルプラントのエンジニアリングから、シュレッダー・スクラップシャー・破砕機・選別機・パッカー車等を製造・販売し、「循環型社会に貢献する環境エンジニアリング企業」として幅広い製品を提供している。
 また本社工場(滋賀県守山市)では、依頼を受けたユーザーのサンプルを持ち込んで破砕から選別・成形まで行なう「リサイクルテストセンター」を完備しており、随時、テストの申し込みを受け付けている。環境展出展の詳細やリサイクルテストセンターについてのお問い合わせは、同社(電話077-583-1235)まで。

3月12日
「知の拠点あいちサイエンスフェスタ2021」の参加者募集
 愛知県では、3月25日にあいち産業科学技術総合センター(豊田市八草町秋合)で開催する「知の拠点あいちサイエンスフェスタ2021」の参加者を募集している。
 フェスタでは小学生を対象に、科学技術を身近に感じ、親しみを持ってもらうため、科学技術分野と新エネルギー分野の実験・工作を行う体験講座や知の拠点あいち施設の見学ツアーを行う。開催概要は以下の通り。
【科学のふしぎ体験講座】(午前の部)▽9時30分〜12時「金属を溶かして鋳物をつくろう〜新東いものキャンパス」協力 新東工業(豊川市)。▽9時30分〜12時「いろいろなエネルギー1〜温度差を音や光にかえよう」協力 名西システム(北名古屋市)。
【科学のふしぎ体験講座】(午後の部)▽13時30分〜16時「金属を溶かして鋳物をつくろう〜新東いものキャンパス」協力 新東工業(豊川市)。▽13時30分〜16時「いろいろなエネルギー2〜温度差を音や光にかえよう」協力 名西システム(北名古屋市)。
【見学ツアー】▽知の拠点あいちの施設見学(体験講座終了後30分程度)。
 対象は小学生(保護者同伴で参加すること)。定員は各講座8名。参加費無料。申込み期限は3月22日(先着順)。申込みは愛知県ホームページから。
 問合せはあいち産業科学技術総合センター管理部管理課(電話0561-76-8302)まで。

3月11日
三立機械工業 2021NEW環境展に出展
「HAS-600型」
 金属リサイクル機械メーカーの三立機械工業(本社=千葉市稲毛区、中根亮一社長)は、今月17〜19日に東京ビッグサイトで開催される2021NEW環境展に出展する。
 今回の環境展で展示するのは同社を代表する4機種。60dの切断圧を持つ最大級アリゲーターシャーリング「HAS-600型」(写真)、コンセントなどの異物を砕く前処理用破砕機を搭載し高精度な選別により銅の高い回収率を実現した小型湿式ナゲットプラント、様々な電線の皮むきに適した剥線機の万能モデル「KOS-MT型」、処理の難しい製紙用紙管を外す紙管処理機「K-2型」のすべての機種を稼働させ実演する。
 中根社長は「サンプルの持ち込みを受け付けている機種もあり、当社を代表する4機種の稼働状況や性能を多くの皆様に確認して頂ける機会と考えている。各種金属の相場が高騰する一方、入荷薄の常態化により選別の重要性が一層高まっているのが現状だと思う。ぜひ当社のブースに立ち寄って頂きたい」と話す。
 同社のブースナンバーは西1ホール-062。出展内容などに関する問い合わせは、同社(電話043‐304‐7511)まで。

3月11日
愛知製鋼陸上競技部、松宮隆行選手が現役引退しコーチ専任に
「ニューイヤー
駅伝2021」
での松宮選手
 愛知製鋼陸上競技部(児玉泰介監督)では、選手兼コーチとして活躍してきた松宮隆行選手(41歳)が現役を引退し、同陸上競技部のコーチに専念することになった。
 松宮選手は男子5000mの元日本記録保持者で、北京オリンピック出場も果たした実力者。2015年にコニカミノルタから愛知製鋼陸上競技部に移籍し、ニューイヤー駅伝やマラソンなど各種長距離種目で活躍。直近では5000mで日本人初となる40歳以上での13分台の記録樹立や、男子初のニューイヤー駅伝通算20回出場など、同部を牽引し、多大な功績を挙げてきた。
 松宮隆行選手は「皆様からの温かい声援によりここまで競技を続けることができました。誠にありがとうございました。今後も、愛知製鋼陸上競技部への変わらぬご声援、どうぞよろしくお願いいたします」とコメントを発表した。

3月10日
亜鉛建値、前回比9円上げの1`352円へ改定
 亜鉛建値が10日、9円上げの1`352円へ改定された。現在までの月間推定平均は349.8円。

3月10日
スターインフォテックが社名を大同ITソリューションズに変更
 大同特殊鋼の連結子会社であるスターインフォテックは、社名を大同ITソリューションズに今年4月1日から変更する。
 同社は2000年4月に大同特殊鋼の情報システム部門から分社化して設立され、システム企画・開発および保守・運用受託事業を行っている。今回の社名変更は設立20周年を迎え、大同特殊鋼グループのIT中核企業としての位置づけを表すのにふさわしい社名とするためのもの。2020年3月期の売上高は48億100万円、資本金4500万円、従業員数は今年2月28日時点で211名。

3月10日
豊田通商、タイで通勤用バスサービス事業のATP30に出資
 豊田通商は、トヨタ・ツウショウ・タイ・ホールディングス・カンパニー(以下TTTH)を通じて、タイで工業団地向けに通勤用バスサービス事業を展開するATP30パブリック・カンパニー、以下ATP30)が実施する第三者割当増資を引き受け、同社に6435万タイバーツ(出資比率9.526%)を出資することを決定した。
 東南アジアで有数の産業国であるタイでは、日系企業を中心とした製造業が生産拠点を構えており、インフラが整備されている工業団地に多くの企業が入居している。一般的に入居している企業は、従業員向けに通勤バスを手配しているが、1社単位での運用では乗客数が少なく、工場休閑期や残業対応時には、空車率が高いまま配車を行うなど、非効率な運用が課題となっている。加えて、交通渋滞とCO2排出量の増加が社会的課題として深刻化している。
 製造業の海外でのものづくり環境をサポートするトヨタ・ツウショウ・テクノパーク(以下TTTP)は、タイ東部にある工業団地向けに通勤用バスサービスを行っている。今回のATP30への出資によりTTTHは、工業団地に入居する企業に対してTTTPと共同で、豊田通商グループのデジタル技術を活用した通勤用バスサービスのソリューションを提供。バス配車計画を自動最適化し、乗車率を向上させることで、コスト削減を図る。通勤バス市場のスマートモビリティ化によりシェア拡大や工業団地の価値向上を目指し、バス運行の効率化でCO2削減と渋滞緩和にも貢献していく方針。

3月9日
銅建値、前回比50円上げの1`1030円へ改定
 銅建値が9日、50円上げの1`1030円へ改定された。現在までの月間推定平均は1024.7円。

3月9日
光洋産業(坂出)、ホームページを大幅リニューアル
採用活動に注力
ホームページのトップ画面
 金属スクラップリサイクル事業者の光洋産業(本社=香川県坂出市、香月一郎社長)は2月10日、ホームページを大幅にリニューアルした。同社では中途だけでなく新卒者を採用するなど、人材確保に積極的に努めている。今回のリニューアルはそうした背景があり、今後は人材不足を解消するため採用活動にも注力する方針だ。
 新しいホームページは白、黒、赤色を基調に上手く組み合わせ、デザイン性が高い仕上がりとなっている。トップ画面にはPR動画を掲載。業務内容、会社概要などは項目毎に大きな写真付きで解説し、視覚的に見やすく、初めてのユーザーや入社希望者にとって分かりやすい構成に工夫している。さらには「NEWS&TOPICS」の項目を新たに設け、アクセスすれば同社の最新動向が確認できる。スマホにも対応しており、場所を問わず閲覧が可能だ。
 またYouTubeでは社長自らが自社の特徴、事業内容などについて解説動画を配信。他には現場で働く作業員、事務員のインタビューを見ることができ、会社の雰囲気や社風を伝わるようにするなど、動画配信を使った採用活動にも積極的だ。

3月9日
豊田通商、高速道路でのトラック後続車無人隊列走行技術を実現
 豊田通商は、経済産業省と国土交通省から受託した「トラックの隊列走行の社会実装に向けた実証」の一環として、2月22日に新東名高速道路の遠州森町PA〜浜松SA(約15km)で、後続車の運転席無人でのトラック隊列走行に成功した。
 今回実現したトラックの後続車無人隊列走行技術は、3台の大型トラックが、時速80kmで車間距離約9mの車群を組んで走行するもので、無人状態で車間距離維持や先頭車追従が可能。
 豊田通商は2016年度から2018年度まで、経済産業省、国土交通省から「高度な自動走行・MaaS等の社会実装に向けた研究開発・実証事業:トラックの隊列走行の社会実装に向けた実証」を受託。2019年度以降も豊田通商が引き続き受託し、政府目標である「2020年度内に高速道路におけるトラックの後続車無人隊列走行技術の実現」を目指して、車両技術の開発と後続車無人システムの実証実験を進めてきた。
 後続車無人システムは、ドライバーが運転する先頭車トラックが、通信で連結された運転席無人の複数台のトラックを電子的に牽引する隊列走行を実現するシステム。有人の先頭車の走行軌跡を、無人の後続車が自動で追従する制御(先頭車追従制御)と、隊列内への一般車割り込みを防止するため、隊列内の車間距離を常に5m〜10m以内にする制御(車間距離維持制御)の2つの制御を使用している。
 愛知製鋼はこのプロジェクトにGMPS(磁気マーカシステム)を提供し、遠州森町PA上り線および下り線、浜松SA上り線に磁気マーカを敷設。高速道路SA/PAの路面でGMPSの使用は初の試みとなった。
 豊田通商では今後さらなる技術開発を行い、2025年以降のトラック後続車無人隊列走行の商業化を目指す方針である。

3月8日
トライシクル 産廃電子契約セミナーを12日に開催
 サイクラーズ(旧東港金属グループ)の関連会社でリサイクル全般のインターネットサービスを運営するトライシクル(本社=東京都品川区南大井、福田隆社長)は、産廃・建廃委託契約書を電子化する「エコドラフト with クラウドサイン」の無料オンラインセミナーを3月12日の14時30分より開催する。
 第4回目となる今回は、電子契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコム株式会社の藤田和樹氏をゲスト講師に招く。リモートワークの進展で急速に普及が広がる電子契約の現状や、進化していくクラウドサインの今後の展望について解説する。
 前回までと同様に福田社長も講師を務め、「エコドラフトwith クラウドサイン」を実際に操作し、契約書作成から契約合意締結までの流れをデモで詳しく紹介。ユーザーの活用事例も交えながら、導入検討に向けてより具体的にイメージしやすい内容で構成する。
 セミナーの詳細や聴講申し込み、問い合わせはトライシクルのホームページまで。

3月8日
大同特殊鋼が「健康経営銘柄2021」、「健康経営優良法人2021」に認定
 大同特殊鋼は3月4日に経済産業省と東京証券取引所が選定する「健康経営銘柄2021」に初めて認定された。これは東京証券取引所に上場している企業の中から原則1業種につき1社、「健康経営」に優れた企業を選定するもの。
 また同社は、経済産業省と日本健康会議が実施する健康経営優良法人認定制度における「健康経営優良法人2021(通称ホワイト500)」に4年連続で認定された。
 同社では創業100周年を迎えた2016年を「健康改革元年」と位置づけ、「安全と健康は幸せの原点」であり「人財は会社の宝」という認識の下、健康経営宣言と健康経営方針を制定し推進してきた。今回の「健康経営銘柄」初認定は、事業場それぞれの特色ある取り組み、また取り組む過程で明らかになった健康課題への改善施策が高く評価された結果であるとの認識を示した。

3月5日
銅建値、前回比60円下げの1`980円へ改定 ほか
5日、非鉄建値が以下の通り改定された。
銅 : 60円下げの1`980円、月間推定平均987.8円。
亜鉛 : 3円下げの1`343円、月間推定平均343.5円。
鉛 : 6円下げの1`279円、月間推定平均280.0円。

3月5日
しんえこ本社工場、再生可能エネルギー100%に
 エンビプログループのしんえこ(本社=長野県松本市、小松茂人社長)は本社工場が使用する電力の100%を再生可能エネルギーとする「RE100工場」になった。オリックス(東京都港区)が供給する電力メニューに切り替えた。
 新たに使用する電力は、風力発電やバイオマス発電等の再生可能エネルギー由来のほか、非化石証書やJ-クレジットが付与されており、RE100イニシアチブが求める電源のトラッキング証明を付与している。
 しんえこが運営する地域循環共生型リサイクル施設「しんえこプラザあづみ野」(長野県安曇野市)では再生可能エネルギーへの切り替えを実施しているほか、屋上にリユース太陽光パネルを用いた発電設備を設定し、再生可能エネルギー電力を発電している。また、しんえこが保有する小宮太陽光発電所(長野県松本市)のFIT電力については、トラッキング非化石証書を付与してグループ会社へ供給している。
 エンビプログループでは、2030年までにRE100を達成することを目標として掲げている。しんえこの電力切り替えにより、グループ全体の電気使用量の約35%が再生可能エネルギーになる見込みだ。

3月5日
鈴木商会 アライアンス・フォー・ザ・ブルーに参画
 鈴木商会(本社=札幌市中央区、駒谷僚社長)はこのほど、海洋プラスチックごみ対策を目的に設立された一般社団法人のALLIANCE FOR THE BLUE(アライアンス・フォー・ザ・ブルー)に参画することを発表した。
 アライアンス・フォー・ザ・ブルーは「企業と生活者の共創により、海の豊かさを守る商品づくりと持続可能な仕組みづくりを実践し、めぐみ豊かな海を次世代に引き継ぐこと」を目的とした連携組織で、複数の企業が協働で商品開発や共同研究等を推進している。
 鈴木商会は持続可能な開発目標(SDGs)の項目14「海の豊かさを守ろう」において、「プラスチックをゴミで終わらせないことで海洋流出を防ぐ仕組みを構築すること」を目標に掲げている。
 漁業の盛んな北海道では現在、廃棄される「漁網」が海洋プラスチック問題における課題となっている。そのため同社は今後、道内の漁業組合等と連携して廃漁網を回収。回収した漁網は、複数の企業と連携して設備等リソース活用をすることでの再資源化を予定している。

3月4日
メイチュウ(豊川)で盗難事件が発生 有力情報には懸賞金
 自動車向けのプレス金型鋳物などを製作するメイチュウ(本社=愛知県豊川市、小早川久美子社長)で、鋳鉄製グレーチングの盗難事件が発生した。
 盗難にあったグレーチングは縦100p×横210p×厚さ15pで重量が620s。期間は、1月〜2月23日までで複数回にわたり合計18枚が盗難された。会社は東西の門が施錠してあったものの、何者かが侵入し持ち去ったと見られる。同社では損失補償以上に犯人逮捕に注力しており、豊川警察署と連携して犯人を確実に逮捕する考え。犯人逮捕につながる有力な情報提供者には20〜100万円の懸賞金も用意する。連絡は豊川警察署(TEL:0533−89−0110)またはメイチュウ大島工場長(TEL:0533−75−2151)まで。

3月3日
銅建値、前回比30円上げの1`1040円へ改定
 銅建値が3日、30円上げの1`1040円へ改定された。現在までの月間推定平均は1037.3円。

3月3日
日本エリーズマグネチックス、金属分析器の出張デモを開始
「X-550」
 金属リサイクル関連機器の製造販売を手掛ける日本エリーズマグネチックス(本社=千葉県浦安市鉄鋼通り、丹野秀昭社長)はこのほど、金属分析器2シリーズの無料全国出張デモを開始する。
 SciAps社製のレーザーベース合金分析計LIBSのZシリーズおよび蛍光X線分析計ScrapperのXシリーズの最新モデルの性能や利便性を広めるのが目的だ。
「Z-200 C+」
 ZシリーズはX線や放射線ではなくレーザーを用い、各種合金や炭素等の軽元素の測定が可能なほか、ランニングコストを大幅に削減できる仕様となっている。Xシリーズは従来機のソフトに加えアルミ合金に特化した分析アプリを搭載し、X線の漏れ防止を強化したほか、本体の軽量化と利便性の向上を実現している。
 丹野社長は「スクラップの細かな選別による高付加価値化が収益向上のために必要不可欠な時代となっている。両シリーズともに最新機能を搭載しているので、他社製の分析器で満足できていない場合や金属分析器を未導入の場合はぜひお申し込み頂き性能の高さを実感して頂きたい。また、ご要望次第で各種選別機等も併せて提案し、収益向上に役立つアイディアをご提供するきっかけとしたい」と話している。
 この出張デモに関する問い合わせは同社本社(電話=047‐354‐6381)、大阪営業所(電話=06‐6397‐2212)、名古屋営業所(電話=052‐776‐3101)まで。

3月2日
中部鋼鈑が近隣小学校に図書寄贈
 中部鋼鈑(本社=名古屋市中川区、重松久美男社長)はこのほど、創業70周年の記念事業の一環として近隣小学校へ図書の寄贈を行った。
 同社は1992年から近隣小学校の工場見学を毎年受け入れてきたが、昨年は新型コロナウイルス感染症拡大に伴い実施することが出来なかった。また、近隣に住む子供達を対象とした70周年記念イベントも計画していたが中止せざるを得なかった。地域と共に発展を目指す為にも何か社会貢献できないかと検討した結果、未来を担う子供達の健やかな成長を願い、近隣の小学校へ図書を寄贈することを決めた。去る2月24日に名古屋市立玉川小学校で贈呈式が行われ、名古屋市からは感謝状が授与された。

3月2日
豊田通商、中東地域でコネクティッドサービス事業を拡大
 豊田通商は、中東地域でモビリティ向けコネクティッドサービス事業を手掛けるトヨタコネクティッド・ミドル・イースト(TCME)の第三者割当増資を引き受け、約2億5000万円を増資して同社株式の51%を取得し、2月1日付けで社名を「トヨタツウショウ・コネクティッド・ミドル・イースト」に変更した。
 豊田通商は中東地域で、リモート空調コントロールやコネクティッドサービスに対応したカーナビゲーションなど、現地ニーズを反映した製品・サービスの企画開発で10年以上の実績を持つ。
 協業先であるトヨタコネクティッドは2013年に豊田通商と共同でTCMEを設立し、中東地域でのコネクティッドサービスの提供や顧客管理・運用サポートを行っている。このほど、トヨタコネクティッドのシステム開発・運用ノウハウと、豊田通商の現地営業体制・販売ノウハウを生かした協業をより発展させるため、増資を行うことを決定した。今後は個人向けサービスの提供支援に加えて、企業が保有する車両や物流・ライドシェア事業者の車両を対象としたサービスの拡充を進めていく方針。

3月1日
銅・亜鉛・鉛、3月のスタート建値
 3月スタート建値は、銅が前月末から10円下げの1`1010円、亜鉛が12円下げの346円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
12月平均 847.8 342.8 275.0
1月平均 870.0 334.2 271.1
2月平均 918.1 340.2 279.0
 
3月1日 1010 346 285

3月1日
鉄リサイクリング・リサーチ林氏が最新リポート発表
〜サウジアラビア・アラブ首長国連邦・カタールの鉄源需給の現状と日本の鉄スクラップ輸出ポテンシャル〜
最新リポート
 国内外の鉄リサイクルに関する調査研究を行う鉄リサイクリング・リサーチ(本社=茨城県北相馬郡、林誠一社長)は2月24日、「サウジアラビア・アラブ首長国連邦・カタールの鉄源需給の現状と日本の鉄スクラップ輸出ポテンシャル」と題した最新リポートを発表した。
 中近東の中ではイランに次いで粗鋼生産規模の多いサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、カタールの鉄源需給の現状を明らかにするとともに、日本の鉄スクラップ市場としてのポテンシャルを探っている。
 最初にこれら3国の地理、人口、経済について触れ、粗鋼生産動向、鋼材需要と需給の概況について分析。さらに鉄源需給バランスを試算している。
 またサウジアラビアとUAEについては、還元鉄の輸出入と鉄鋼蓄積量についての記述もある。
 林誠一氏のリポートはこれで通算61件目。このリポートは同社のホームページにも掲載されている。

2月26日
錦麒産業 和泉営業所第2工場を開設
非鉄に特化し破砕機や選別プラントも稼働計画
広大な敷地面積を誇る
工場内の様子
 錦麒産業(泉大津本社=大阪府泉大津市、斉浩社長)はこのほど、和泉営業所第2工場(大阪府和泉市国分町1722-37)を開設した。同工場ではすでにプレス設備が稼働しつつも、今春を目処に、シュレッダー、非鉄選別プラントの稼働やプレス機の追加導入も計画しており、同社の関西拠点では唯一となる非鉄スクラップに特化した工場として、競争力にさらなる磨きをかける。
 和泉営業所第2工場は同社の関西発祥の地であり、ギロチン加工を行う和泉営業所第1工場から自動車で約3分の場所に位置する。敷地面積は約1万4000uと東西に長く、工場内にはプレス処理されたアルミを始め、銅、ステンレスなどの非鉄スクラップが軒を連ねる。06年に大阪工場を開設した当初は雑品や非鉄スクラップも扱い、数年前からは火災や相場リスクを鑑み、自然と鉄スクラップに軸足を置いていた。しかし、19年からの中国の雑品受け入れ停止以降、ほぼ国内処理されるようになり、これに合わせ、市況が低価格で安定推移したことで、独自の集荷ネットワークを持つ同社にとっても手解体などによって、一定の収益体制を構築してきた。
 同社は母材の加工処理と市中からの炉前スクラップの買い付けを合わせ、月間約2万5000〜3万dを扱うが、既存拠点がすでに鉄スクラップで手狭となり、非鉄スクラップの扱い量を増やすには新たな拠点開設が不可欠として、プレス設備、手解体に比べ処理能力の高い破砕機や非鉄選別プラントを備えた非鉄専門工場の開設に向け、昨年に工場用地を取得した。工場内には60dトラックスケールのほか、プレス機1基、シュレッダー1基、移動式破砕機3基のほか、コンテナ内にフォークリフトへ乗り入れるためのバンニングスロープなどを備える。現時点ではアルミなどのプレス加工を行っているが、すでに購入契約を済ませた風力選別などを備えた非鉄選別プラントの設置と同時に、シュレッダーの稼働を計画している。雑品、非鉄スクラップ合わせて月間扱い量2,000dを目指すが、ユーザーが求める品質を確保するために、スクラップの形状などに合わせて、一次破砕及び二次破砕も行う考えであり、「非鉄スクラップの扱い増と並行して品質面の強化が和泉営業所第2工場のコンセプトであり、シュレッダーと非鉄選別ラインのテストを重ねながら、最適な手段でアルミや銅などの品位を引き上げていく」(斉浩社長)と強い意気込みを語る。

2月24日
銅建値、前回比80円上げの1`1020円へ改定
 銅建値が24日、80円上げの1`1020円へ改定された。現在までの月間推定平均は918.1円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
11月平均 776.1 330.7 258.9
12月平均 847.8 342.8 275.0
1月平均 870.0 334.2 271.1
2月1日 860 319 273
4日 870 328  
8日     276
9日 890    
10日   334  
15日 920   282
16日   355  
17日 940    
19日     285
22日   358  
24日 1020    

2月24日
中部鋼鈑が70年史を発刊
 中部鋼鈑(本社=名古屋市中川区、重松久美男社長)はこのほど、「中部鋼鈑70年史」を発刊した。
 同社では40年史以降、10年ごとに年史を発刊しており今回で4冊目となる。70年史は大きく2部構成とし第1部の「創業から50年までのあゆみ」では、同社の歴史を分かりやすくまとめ、第2部の「100年企業への始動」では、2000年から2020年12月までの取組と成果、出来事について記述するとともに「社長インタビュー」を掲載。「社長インタビュー」では事業の歩みを振り返りつつ、同社の強みや企業文化、100年企業に向けた抱負などに触れている。
 年史の仕様はA4版並製本の200ページ超で、役員・社員、OB、取引先等に配布予定。

2月22日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`358円へ改定
 亜鉛建値が22日、3円上げの1`358円へ改定された。現在までの月間推定平均は340.2円。

2月22日
林氏、最新リポート「イラン・鉄鋼需給の現状と鉄源ポテンシャル」発表
 国内外の鉄リサイクルに関する調査研究を行う鉄リサイクリング・リサーチ(本社=茨城県北相馬郡、林誠一社長)は2月8日、「イラン・鉄鋼需給の現状と鉄源ポテンシャル」と題した最新リポートを発表した。イランの2019年の粗鋼生産量は2561万dと中近東地
 域中で最大の生産量。リポートでは、2017年について世界鉄鋼協会の統計などによる数値をつなげ、全体鉄源バランスを試算している。鉄スクラップの流通量は少なく、補助鉄源という分析だ。電炉は還元鉄の使用が主で、鉄スクラップの輸入の必要性はない、としている。イランの鉄スクラップ輸入量は、18年の推計で33.6千dだった。10年以降は年間1千〜数万dで推移しており、少量だ。
■1月25日には「パキスタン・鉄鋼需給の現状と鉄スクラップ市場の展望」を発表
 また1月25日には、「パキスタン・鉄鋼需給の現状と鉄スクラップ市場の展望」と題したリポートを発表。同国の地理、経済をはじめ、粗鋼生産や鉄スクラップの需給動向について分析している。リポートでは、「老廃スクラップ主体の輸入構造は日本のスクラップ輸出にとっても符合しており、東南アジア地区に替わる次の市場の一つとして注目される」と言及している。
 林誠一氏のリポートはこの2件を加え、通算60件目。同リポートは同社のホームページにも掲載されている。

2月19日
鉛建値、前回比3円上げの1`285円へ改定
 鉛建値が19日、3円上げの1`285円へ改定された。現在までの月間推定平均は279.0円。

2月19日
大阪故鉄、諸福営業所・工場の拡張工事が終了
〜作業安全性と選別精度が向上〜
拡張工事終了によって、
工場としての機能が
さらに強化された
諸福営業所・工場
 大阪故鉄(本社=大阪市住之江区、矢追大祐社長)はかねてから手掛けてきた諸福営業所・工場(大阪府大東市、矢野博之所長)の拡張工事が2月上旬に終了した。
 98年に開設した諸福工場は幹線道路に面し、車輌や人の往来も多いことを理由に、業界内で環境対策の言葉が浸透する以前から防音、防振、防塵など各種工事を取り入れ、開設当初から都市型ヤードとして注目を浴びてきた。08年1月には西側に隣接する2,300uの敷地を取得し、これまで駐車場やバッカン置き場として利用してきたが、工場としての機能をさらに高めるべく、昨年9月から工事に着手。拡張スペースについては既存の屋外ヤードと連携しながら、鉄スクラップを中心とした母材の選別強化を始め、各種スクラップを需要家ごとの在庫置き場として活用していく方針であり、品質面での付加価値向上を目指す。また、隣接部分の防音壁を移設した上で、油水分離槽の増設や鉄板も敷設するなど、環境面には充分に配慮した設計を取り入れている。荷捌き能力の引き上げに向けて、コベルコ建機製の重機も新たに導入し、万全の体制を整えた。工事完了後は既存の4,600uと合わせ、約7,000uの敷地を有する工場として生まれ変わり、従来以上に作業の効率性や安全性が向上している。
 今回の拡張工事は同工場の従業員がプロジェクトチームを立ち上げ、拡張後の活用方法やレイアウトを現場主導ですすめてきた。工場内を熟知する従業員が拡張工事についてのアイデアを自ら考えるのは個々のモチベーションや責任感の向上にも繋がっており、工事を中心となって携わってきた現場主任の杉本雄飛氏は「工場拡張によって、今まで以上に扱い量の増加を目指せる下地が整い、安全面も強化できた。自分の意見を取り入れてもらったことに対する責任とともに、仕事へのやり甲斐も新たに感じられるようになった」とし、現場主導でのリフレッシュ工事は様々な相乗効果を生んでいる。

2月18日
オリンパスの蛍光X線分析計、高評価で広く普及
太陽光パネルリサイクルにも期待
オリンパスの蛍光X線分析計
 オリンパス(本社=東京都新宿区、竹内康雄社長)が販売する蛍光X線分析計VANTAは、材料の成分分析が現場で手軽にできることから、ユーザーから好評を得ている。なかでも金属スクラップリサイクル、鉄鋼業界では、金属材料の仕分けを効率化するツールとして広く普及し、多くの導入実績を持つ。
 また金属以外の様々なリサイクル対象にも活躍の場が広がり、例えば廃プラスチックのリサイクルや固形燃料化したRPFにおいて、人体や環境に影響を与えないように塩素、臭素、硫黄といった特定元素の含有量を調べるために使われている。他では液晶パネルや石膏ボードのリサイクルでも、ヒ素などの有害元素の有無を判別する目的で利用されることが多く、業界を問わず、活躍の場は幅広い。
 さらに最近は2040年に約80万dの廃棄が予想される太陽光パネルにおいても、同機を使ったリサイクルの検討が全国各地で始まっている。特にガラス部品のリサイクル可否の判断の目安になるカリウムやアンチモンなど特定元素、セルシートの貴金属含有量の確認が簡単にできるということで、期待が高まっており、今後の太陽光パネルリサイクルでの活躍に注目だ。
 商品の問い合わせなどはオリンパス0120-58-0414、もしくは販売代理店ナニワプロジェックス0725-20-2801まで。

2月17日
銅建値、前回比20円上げの1`940円へ改定
 銅建値が17日、20円上げの1`940円へ改定された。現在までの月間推定平均は903.1円。

2月17日
かこ川商店、ライン公式アカウント開設 サービス充実化
 金属スクラップリサイクル事業者のかこ川商店(本社=広島県福山市、水主川嘉範社長)は1月23日、無料通信アプリ「ライン」の公式アカウントを開設した。同社では法人のほか、一般向けのリサイクル事業にも注力しており、アプリを通じてサービスの充実化を図る。
 メニューには写真撮影することで説明しにくい、説明に手間が掛かるゴミの処分、簡単な見積もりを見たい時に役立つ「見積り用の写真を送る」、初めてのユーザーでも安心できる「粗大ゴミ回収事例を見る」、事業内容や取り組みなどが分かる「かこ川商店サービス一覧」を設置。また今回から現金だけでなく、ラインpayの支払いに対応しており、現地と離れた場所から支払いを済ますことができる。さらに同社とユーザーとのやりとりはライン上に記録が残り、ユーザーは後で見返すことができるので、非常に実用的だ。
 同社は1974年創業。福山市を中心に金属スクラップ、古紙などのリサイクル、産業廃棄物処理事業を展開。また廃材から地元産業などが学べる一般参加型の「わくわくワークショップ」、日常の活動をブログで情報発信に努め、リサイクルの周知徹底に貢献している。

2月16日
亜鉛建値、前回比21円上げの1`355円へ改定
 亜鉛建値が16日、21円上げの1`355円へ改定された。現在までの月間推定平均は339.5円。

2月15日
銅建値、前回比30円上げの1`920円へ改定
鉛建値、前回比6円上げの1`282円へ改定
 銅建値が15日、30円上げの1`920円へ改定された。現在までの月間推定平均は895.6円。また、鉛建値が6円上げの1`282円へ改定された。現在までの月間推定平均は278.2円。

2月15日
紅久商店(豊橋)が2月5日付けで「紅久」に社名変更
 紅久商店(本社=愛知県豊橋市、三浦裕司社長)は、社名を「紅久」へと変更今月5日に登記を済ませ新社名で新たなスタートを切った。
 同社の創業は江戸時代にまでさかのぼる。7代にわたり当主が吉田藩御用達顔料等紅花製品の製造販売を営んできたのち、1902年に金属リサイクル業を始めた老舗企業であり県東部に4工場を構える大手有力ディーラー。近年は金属リサイクルの高度化を推進し、17年にはリサイクル技術と環境負荷低減効果が評価され「愛知県環境賞−銀賞」や「豊橋商工会議所環境経営賞−最優秀賞」を受賞している。
 こうしたビジネスの近代化に合わせ社名も「江戸時代創業の伝統を重んずるとともに進取の精神に富んだ近代的な会社」を目指すべく「紅久」に変更する。古き伝統を携えていることは、地域社会や業界からの信用に繋がっている。会社の社風も、「単に合理化だけを進めるのではなく、情を持った会社」(三浦社長)を標榜し社員の働き方改革や社内ルールも属人的ではなくシステム化を図り働きやすい労働環境の整備も進める。
 コロナ禍にある現在において三浦社長は「当社には20世紀最大のパンデミックとされ国内でも45万人が死亡したとされるスペイン風邪(1918〜1919年)を乗り越えたDNAが蓄積されている。先行きが不透明な中でも状況に応じた変化は必要になってくるので、今後も大切なものを守りながら新しい道を切り開いていきたい。」と話している。

2月15日
東北大学と愛知製鋼、Dyフリーボンド磁石粉末を高性能化
 東北大学大学院工学研究科杉本諭教授と愛知製鋼はこのほど、Dy(ジスプロシウム)フリーのネオジム系異方性ボンド磁石粉末の高性能化に成功した。
 愛知製鋼はレアメタルのDyを添加しないネオジム系ボンド磁石を「マグファイン」として商標登録している。今回のプロジェクトでは、マグファインの磁石粉末の製造プロセスである合金と水素との反応を利用した複数の熱処理工程において、@水素解砕処理プロセスで熱処理温度と圧力を制御しながら粉末を多結晶状から単結晶状にする技術Ad-HDDR処理(制御された水素雰囲気中で熱処理を施し、高性能の磁石粉末を得る手法)プロセスで粉末内の結晶方位を80%までそろえる高配向度化技術、の2つを共同開発した。これらにより高い保磁力を維持した状態で15%の高磁力化に成功した。
 これによりEV向け電動アクスルを従来比50%にまで小型軽量化し、低コストの実現も可能となる。電動アクスルは電動車に不可欠な減速機とモータを一体化した駆動ユニット。この磁石粉末を用いたDyフリーボンド磁石はEV向け電動アクスルのほか、家電や自動車の補機モータ、ドローン、コンプレッサー、ポンプモータなど、幅広い展開が期待されている。
 愛知製鋼では21年度に磁粉を量産化していく方針。
 この成果は今年3月に開催される日本金属学会春期講演大会で発表する予定。

2月12日
山根商店、ホームページをリニューアル
 金属スクラップリサイクル事業者の山根商店(本社=大阪府堺市、山根義照社長)はこのほど、ホームページを大幅にリニューアルした。今回からスマホに対応し、場所を問わず閲覧可能になった。
 リニューアルしたホームページは目に優しい緑や黄色を基調に、写真を大きく掲載し、分かりやすい構成となっている。トップ画面ではキャッチフレーズである「自然に優しく、明日を変える」を表記。新たに「フォトギャラリー」の項目を設置し、ピックアップされた作業風景、設備、スクラップ、スタッフの写真を選ぶと拡大でき、初めて見るユーザーでも現場の迫力や社内雰囲気が感じ取れるように工夫した。ホームページについて山根卓也専務は「世間ではSDGsによってリサイクルへの関心が高まっているが、我々のようなリサイクルの実務に立っている企業については関心が薄く、知られていないのが現状だ。弊社を通じて、少しでも知識を深めて頂き、興味を持って貰えればと思ってリニューアルを決めた。今回のホームページは自社の従業員でも自由にカスタマイズすることができるようにしている。これからは会社一丸となって、リサイクルの周知徹底に向けた情報発信を積極的に取り組んでいきたい」と話す。また同社ではインスタグラムを開設しており、こちらも随時更新する予定だ。

2月10日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`334円へ改定
 亜鉛建値が10日、6円上げの1`334円へ改定された。現在までの月間推定平均は330.2円。

2月10日
ヒラオカ石油、ウェブサイト刷新 「繋がり」をコンセプトに構成
更新したウェブサイト
 ヒラオカ石油(本社=大阪府岸和田市、平岡顯一社長)はこのほど、ウェブサイトを刷新した。ウェブサイトは「繋がり」をコンセプトに構成。トップ画面には燃料配送事業で使用されるタンクローリーを中心に、周りをユーザーや社員が囲んで「全ての人々にパートナーとして選ばれる企業になる」をスローガンに掲げており、人との繋がりを重視する同社の想いが伝わる。
 内容は写真やイラストなどは大きく掲載しているので、初めてでも社内雰囲気が分かり、とても見やすい。以前は会社概要の説明が主であったが、事業案内の項目を強化し、項目毎に詳細且つ簡潔に分かりやすく掲載。また軽油と比べて燃焼時のCO?の排出量が8.5%削減可能なことから、地球温暖化対策が期待され、様々な業界から注目を集める軽油代替燃料「GTL燃料」の配送事業項目を新たに追加した。
インスタグラムの
QRコード
 さらに今回からはスマホにも対応し、いつでも どこでも閲覧が可能。インスタグラムとも連携しており、社内風景、最前線で働くベテラン・新人社員を随時紹介していく。ウェブサイトについて担当者は「見せ方を変えて、情報発信の強化を図るため更新した。立ち上がったばかりなので、社内アンケートを実施するなどして、改善が必要な箇所を模索しながら、より興味を持ってもらえるサイトを目指す」と意気込みを述べた。URLはhttps://hiraokasekiyu.com/
 同社は昭和35年7月に創業した老舗の燃料販売事業会社になる。大阪府岸和田市に本社を置き、大阪、兵庫、京都、滋賀、愛知、神奈川、東京、埼玉、栃木に支社や営業所を配置。主力である燃料配送事業を中心に活躍。また燃料関連以外にもメガソーラー事業を展開するHUGエナジーをグループ会社に持つ。
【2021年新春特集号56ページに詳細記事掲載】

2月9日
銅建値、前回比20円上げの1`890円へ改定
 銅建値が9日、20円上げの1`890円へ改定された。現在までの月間推定平均は880.6円。

2月9日
鈴木商会、飛沫感染防止用パーテーションを旭川市に寄贈
飛沫感染防止用
パーテーション
 鈴木商会(本社=札幌市中央区、駒谷僚社長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策の支援のため、飛沫感染防止用プラスチック製パーテーションを旭川市に100セット寄贈した。
 新型コロナウイルスの感染収束が見えないなか、道内に拠点を構える企業として、道民や自治体関係者が少しでも安心できる環境づくりの役に立ちたいとの考えから、寄贈を決めたという。
 同製品は、鈴木商会のグループ会社でプラスチック加工販売を手掛けるSTエンジニアリング(札幌市白石区、駒谷僚社長)が製作しており、昨年5月には北海道と札幌市にそれぞれ100セット(計200セット)を寄贈した。今回の旭川市への寄贈では、市庁舎や市内各施設の窓口、相談スペースなどの市民が利用する場所で使用される予定だ。

2月9日
豊通AC、USS東京会場に「UVeye」車両検査システムを導入
 豊田通商のグループ会社である豊通オートモーティブクリエーション(TAC)と中古車オークション最大手のユー・エス・エス(USS)はこのほど、豊田通商が出資しているイスラエル・ユーブイアイ社の車両検査システム「UVeye」をUSSの東京オークション会場に導入し、今月4日から運用を開始した。
 TACとUSSは2020年10月に国内で初めてUVeyeを名古屋オークション会場に導入し、オークション会員向けにUVeyeで取得した出品車両の下部とタイヤ・ホイール側面の高精細画像を提供している。コロナ禍で会場に直接行かなくとも、オンラインで車両状態を見極められるため、インターネット会員に高評価を得ている。
 UVeyeの特長は、@車両下部、外観(ボデー、タイヤ・ホイール)の高度3Dスキャン撮影AAIによる画像解析の2つを組み合わせることで、瞬時に車両の異常を自動検知する。第2弾の導入先となる東京会場では、新たに開発したタイヤ溝の画像撮影機能を追加。人による目視が一般的な車両の検査で、同システムの導入は検査の迅速化と公正化につながる。
 USSの赤瀬雅之専務取締役は「名古屋会場では豊田通商やTACの協力もあり、車両出品に伴う車両撮影のプロセスを大幅に変更することなく、UVeyeを導入することができた。これまで顧客が見ることのできなかった部分を高精細な画像で見える化ができたことで付加価値の向上につながった。今後も豊田通商、TACと協力し、中古車取引におけるDXの推進を通じて、お客様のニーズに応えていきたい」とコメントした。
 今後TACとUSSはUVeyeの他会場への導入を推進していく。また車両検査の効率化を図るため、AIによる画像解析の活用を含めた車両検査システムの評価と、運用の検討を共同で実施していく方針。

2月8日
鉛建値、前回比3円上げの1`276円へ改定
 鉛建値が8日、3円上げの1`276円へ改定された。現在までの月間推定平均は275.2円。

2月8日
徳信鋼鉄(インドネシア)の第二高炉が稼動
第三高炉も建設進める
完成した2基の高炉(工場外観)
 阪和興業は4日、インドネシア中部スラウェシ州モロワリ県の徳信鋼鉄(以下、徳信)が建設を進めていた第二高炉について2月3日に火入れに成功したことを発表した。当初は昨年5月の稼動を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で遅れていた。第二高炉の稼働により、年間生産能力は350万dとなった。
 また、工場が位置する工業園区内では2022年12月の稼動を目指して第三高炉の建設を進めている。完成後の同社の年産能力は合計600万dに増加する予定だ。
 徳信は徳龍鋼鉄グループ(中国)、青山実業グループの上海鼎信集団(中国)、INDONESIA MOROWALI INDUSTRIAL PARK(インドネシア)の合弁で2017年8月に設立した高炉一貫普通鋼メーカー。スラブ、ビレット、丸棒、線材を製造販売している。2020年3月には阪和興業が10%の持分比率で出資参画した。
 同国において徳信は鉄鋼生産の拡大を図っており、600万dの能力を有する同工場に加えて1400万dの生産能力を国内に追加する計画を策定。政府と基本合意しており、現在は候補地の選定を行っている。

2月8日
「2021愛知循環賞」の受賞者を決定 銅賞に豊栄化学
 愛知県では、2005年から産業廃棄物税を活用して、資源循環や環境負荷の低減を目的とした先駆的な事例を募集し、優れた取組みを表彰する「愛知環境賞」を実施。17回目となる今回は企業、団体等から40件の応募があり、選考委員会による審査の結果、金賞1件、銀賞1件、銅賞1件、名古屋市長賞1件、優秀賞10件など15件を選定した。主な受賞者は以下の通り。
<金賞>CKD株式会社(小牧市)=先進的な自動化技術と流体制御 技術による環境負荷低減への貢献
<銀賞>加山興業(豊川市)=循環型・低炭素・自然共生・地域共 生社会を実現する中間処理業の先駆的環境経営モデル。
<銅賞>豊栄化学(豊田市)=国内初の製鋼所向けRPF(IPB)の開発による環境負荷の低減と製造コストの削減。
<名古屋市長賞>興和工業所(名古屋市)=鋼構造物の長寿命化に貢献する高耐食溶融亜鉛−アルミニウム合金めっき(SGめっき〇R)と再生めっき。
 表彰式は2月18日午後3時15分からホテルメルパルク名古屋で行われる予定。

2月5日
荒川(鹿児島)、スクラップローダを更新
〜更なる作業効率・耐久力の向上へ〜
 総合リサイクルを手掛ける荒川(本社=鹿児島市新栄町、荒川直文社長)は、このほど七ツ島事業所(鹿児島市七ツ島)のスクラップローダを更新し、先月より本格稼働を開始している。
 導入したのはオカダNANSEI(南星機械)製の高安定型・省エネタイプの定置式スクラップローダ「HLC-35F」。電動油圧方式により低騒音・低振動・排ガス無で環境にやさしいだけでなく、ディーゼルエンジンよりも稼働コストを大幅に削減できる。また定置式のため耐久性にも優れ、高い位置のキャビンからヤード内が一望できるなど視認性の良さも抜群だ。2019年10月に更新したモリタ環境テック製1250型ギロチンプレスへの受入・投入作業用に対応し、重い処理母材の積み下ろしにも威力を発揮する。
 スクラップローダを導入した七ツ島事業所は鉄スクラップを中心に一般および産業廃棄物の受け入れも行う同社の基幹工場。1250型ギロチンプレスの他、アーステクニカ製750馬力シュレッダー、モリタ環境テック製300馬力プレシュレッダーも備え、5000d規模の船積が可能で、国内外へ迅速に幅広く出荷できる。荒川社長は「従前機は、きめ細かい点検・整備のおかげで、30年以上使用でき、本当に感謝している。七ツ島事業所でのスクラップローダの存在は必要不可欠であり、最新鋭機に更新することで多様化する顧客ニーズに対応し、今後も地元密着で地域に貢献していきたい」と同工場での更なる耐久力と作業効率化、顧客満足度の向上を目指す方針だ。
 同社は昭和29年(1954年)3月設立。鉄・非鉄スクラップをはじめ、一般・産業廃棄物、家電リサイクル、自動車リサイクル、廃プラ、RPF製造など幅広い商材を扱う総合リサイクル企業。七ツ島事業所のほか、非鉄をメインに取り扱う本社工場、家電リサイクルの南栄事業所、RPF製造工場などの拠点を構える。またグループ会社に古紙やびんを取り扱う荒川商店やアルミ再生塊製造工場のサツマアルミリサイクル工業、さらに自動車リサイクルを展開する荒川オートリサイクル、奄美リサイクル、霧島リサイクルなどがある。

2月5日
2月16日に「第4回CASE-MaaSセミナー」オンライン開催
 中部経済産業局では、4回シリーズで自動車産業の最新動向や将来展望などを紹介するCASE-MaaSセミナーを行っている。第4回目は2月16日14時から16時まで、「アフターコロナで加速するモビリティのニューノーマル化を考える」をオンライン開催する。
 自動車産業はCASEやMaaSの潮流により自動車技術の進化や市場の質的変化が進み、100年に一度の変革期と言われている。当日は「アフターコロナにおけるモビリティの最適化とは」をテーマに、ファシリテータとして日立製作所研究開発グループ高田将吾氏、パネリストとして日立製作所鉄道ビジネスユニット・事業推進統括本部浅野浩央氏、MONET Technologies事業推進部小澤拓郎担当部長、愛知県経済産業局産業部産業振興課中野秀紀主査の3人を迎えてパネルディスカッションが行われる。また終了後はオンライン交流会が催される予定である(先着15名)。
 参加費無料。申込み締切りは2月12日。
 申込みはセミナーHP(https://dan-dan.com/case-maas2020-4/)から。問合せはセミナー事務局(ダン計画研究所内、電話06-6944-11173)まで。

2月4日
銅建値、前回比10円上げの1`870円へ改定
亜鉛建値、前回比9円上げの1`328円へ改定
 銅建値が4日、10円上げの1`870円へ改定された。現在までの月間推定平均は868.1円。また、亜鉛建値が9円上げの1`328円へ改定された。現在までの月間推定平均は326.5円。

2月4日
タイヨウ金属 新ヤードで5日から操業開始
 金属リサイクルや建物解体工事を手掛けるタイヨウ金属(本社=埼玉県久喜市、マハディネジャッド・パヤム社長)は、移転を進めていた新ヤードで5日から操業を開始する。
 新ヤードの所在地は旧ヤードから徒歩5分の久喜市菖蒲町下栢間2883‐1で、敷地面積は約1,200坪。50d台貫を新たに設置したほか、油圧ショベル3台などを活用しスクラップの加工処理を行う。
 同社は、イラン出身のパヤム社長が父親の手掛けていたリユース事業に携わることで得たスクラップ業に関するノウハウを活かし、2010年11月に個人事業として創業。2015年10月に法人化し、2016年に解体工事業に進出し扱い量を伸ばしてきた。現在、引き取りと持ち込みを合わせ月間450dのスクラップを扱っており、県内の問屋へ納入している。
 パヤム社長は「ヤード面積が広くなったことで、これまで以上に柔軟な事業運営が可能になったと考えている。懇意にさせてもらっている取引先との関係を大事にしながら、当面は月間700dの扱いを目指したい」と話している。

2月3日
山根商店、リフマグ更新で迅速化と安全確保図る
 山根商店(本社=大阪府堺市、山根義照社長)は1月、老朽化に伴って、天井クレーンのリフマグを新型に更新した。トラックからのスクラップの荷下ろしや積み込み作業の際に使用しており、更新したことで荷捌きの迅速化を図った。
 今回、新しく導入にしたリフマグはシンフォニアテクノロジー社製のLMCK-185HA-7。サイズは円形1850mmφ、質量は約5d。同機はスクラップの吸着時のみに高電圧を流し、吊り量を増加させるオーバーエキサイト制御を採用。使用率は75%まで耐えることができる耐久性を持ち、高頻度の使用が可能だ。また50%EDでの作業時、コイルの温度上昇が少なく、励磁電流の低下が無いため、熱時になっても能力は下がることはない。
 同機は主にトラックからのスクラップの荷下ろしや積み込み作業の際に使用しており、更新したことで荷捌きの迅速化を図ったほか、作業員の安全確保にも繋げた。
 同社は1949年4月個人商店として創業。日本で初めて油圧シャーし、現在は単一ヤードでありながら油圧シャー3基体制を構築。スクラップの高速処理モデルを確立した大阪でも有数の金属スクラップリサイクル事業者。ヤードはストック場所を13区画に分けて入出荷体制を万全に備え、鉄資源の生産性を最大限に効率化させている。

2月3日
愛知県、2月5日に「水素シンポジウム」をオンライン開催
 愛知県では、2月5日13時から15時まで「水素シンポジウム」講演会をオンライン開催する。
 これは2月5〜6日に開催される「SDGs AICHI EXPO2020」の中の水素PRイベント。当日は経済産業省新エネルギーシステム課水素・燃料電池戦略室宇賀山在課長補佐の「未来の社会を創る水素エネルギー」、トヨタ自動車MS製品企画田中義和チーフエンジニアの「MIRAIで切り拓く水素エネルギー社会の未来」、日本エア・リキード水素エネルギー事業本部 寺田健次事業推進部長の「水素エネルギー社会実現に向けた取組み」の3講演が行われる予定。
 視聴方法は「SDGs AICHI EXPO2020」公式サイトから参加。宇賀山氏の講演はオンラインイベント内でのみ視聴可能でZoomアプリが必要。他の2講演は3月7日まで「SDGs AICHI EXPO2020」公式サイトで視聴できる。参加費無料。

2月2日
近畿工業 ハリタ金属(富山)でAI搭載の選別ロボット「V-PICKER」のフィールドテストを実施
〜テストの様子を動画撮影し「2021NEW環境展」で紹介〜
フィールドテストの様子
 破砕機・選別機メーカーの近畿工業(本社=兵庫県神戸市中央区、和田知樹社長)は、このほど総合リサイクル企業のハリタ金属(本社=富山県高岡市、張田真社長)とAI(人工知能)搭載の選別ロボット「V-PICKER(ヴィピッカー)」のフィールドテストを実施した。場所はハリタ金属の射水リサイクルセンター(富山県射水市)で、期間は約1週間。ハリタ金属で破砕処理した対象物の選別効果を測定・検証し、改良・改善を重ねて更なる選別精度向上を図る。
 同機は、小型家電や雑品、廃自動車等の複合廃棄物を破砕処理後、同社で独自開発したAIが銅・真鍮・アルミなどの付加価値の高い非鉄スクラップを識別・選別する。カメラで撮影した対象物を色・形・サイズから瞬時に解析し、ロボットがピッキング。対象物の画像データを蓄積し追加学習することでAIが知識を習得、選別精度が向上する。機種はミックスメタル用の「吸着式」と銅がらみの鉄などを対象とする「磁着式」の2種類。コンパクトかつ軽量で設置もスムーズで、ユニット構造のため増設や2種類の併設も容易にできる。さらに同社の「スーパーシュレッダー」や「V-BUSTER」などの雑品スクラップ専用シュレッダーと組み合わせにより、破砕から選別までのトータルリサイクルも可能だ。
 近畿工業は今回のフィールドテストに際し、大手リサイクル企業で破砕処理したものを使用して、今まで以上の検証結果データを取得できた。
 またハリタ金属は、LEDリサイクルや太陽光パネルの大量処理、「世界初」となる鉄道車両に使用されるアルミ部材の水平リサイクルなど、先進的かつ高度なリサイクル技術を独自に確立し、業界でも一目置かれる総合リサイクル企業。常に次世代リサイクルを追究する中、自社工場内で最新鋭ロボット選別機の性能を確認できた。ハリタ金属の担当者は「効率的な人員の配置、働き方改革の推進、作業環境改善による社員の負担軽減や省人化、労働災害ゼロなど、ロボット導入効果に対する期待は大きい」と述べ、「(高度なリサイクル処理に向け、同機の)更なる選別精度向上にも期待したい」と所望した。
 近畿工業が同機をリサイクル企業に持ち込み、顧客の商材を使用してデータ検証をするのは初の試みで、担当者は「お客様の率直な意見をダイレクトに聞くことができたのは大きな収穫となった。ハリタ金属様には本当に感謝している。(顧客の要望に合わせて)カスタマイズした機械を提案するのが当社の強み。今回の貴重なご意見・ご要望を今後に活かし、更なる高精度なロボット選別機を目指したい」と抱負を語った。
 尚、近畿工業は3月17日〜19日に東京ビッグサイトで開催される「2021NEW環境展」に出展し、自社ブース内で「V-PICKER」を展示するほか、今回のフィールドテストの様子を動画で紹介する。

2月2日
中部国際空港島で運転席無人の自動運転実証実験
運転席無人で走行する
自動運転バス
 愛知製鋼はNTTドコモ、名鉄バス、トヨタ紡織、日本モビリティと連携して前月28〜29日、常滑市の中部国際空港島第2ターミナルで自動運転実証実験を行った。
 この実証実験は空港における省人化を目的に、近い将来の自動運転車両による乗客輸送の社会実装化をめざして行われた。愛知製鋼はMIセンサを使用した「磁気マーカシステム」を提供。「磁気マーカシステム」は車両底部に取り付けたMIセンサモジュールが、走路に沿って敷設した磁気マーカの微弱な磁力を検知して自車位置を高精度に計測し、舵取り装置を制御する自動運転支援システム。今回は新規開発した自動敷設機を用いて、2m間隔でルートに磁気マーカを張り付けた。
 当日は空港の制限区域内の周回ルート(約800m)を、運転席無人の遠隔操作自動運転(レベル4)の小型バスが最高速度25kmで走行した。また、NTTドコモが商用5Gに接続した路側カメラでルート上の模様を遠隔監視席モニターへ放映、トヨタ紡織が遠隔監視席に眠気抑制シートシステム設置などのテストも行われた。

2月1日
銅・亜鉛・鉛、2月のスタート建値
 2月のスタート建値は、銅が前月末から10円下げの1`860円、 亜鉛が9円下げの319円、鉛が据え置きの273円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
11月平均 776.1 330.7 258.9
12月平均 847.8 342.8 275.0
1月平均 870.0 334.2 271.1
2月1日 860 319 273

2月1日
三木鋼業、本社工場に油圧シャーを新設 出荷の効率化図る
新設された三筒産業製
オールマイティーシャー
 三木鋼業(本社=香川県高松市、三木高彦社長)は1月7日、本社工場(高松市)に油圧シャーを新設し、切断加工の処理能力を向上させた。
 本社工場は主に大手通信会社から更新によって発生する電話交換機を扱っており、貴金属などの回収を行っている。またその一方ではギロ材のストックヤードとしても活用。一定数量が溜まれば坂出工場(坂出市)に集約、切断加工して出荷を行っていたが、運搬などに掛かるタイムロスが課題となっていたので、出荷の効率化を図り、集荷力を強化するため、導入に踏み切った。
 今回、新たに導入したのは三筒産業製のオールマイティーシャーE-600型。コンパクトでありながら処理能力は非常に高く、全国に多くの導入実績を持つ同社の人気機種になる。
 導入について三木社長は「近年、スクラップ需要は国内だけでなく、海外にまで広がり、欲している品種は多様化している。弊社はシュレッダー処理を中心としているが、今後は切断処理にも注力し、ユーザーからの様々な要望に対応できる体制を整えていく」と意気込みを話す。詳細はメタル・リサイクル・マンスリー3月号に掲載。

1月29日
ナンセイがリサイクル事業部を分社化、「ナンセイスチール」設立
 鉄スクラップ輸出事業などを手掛けるナンセイ(本社=東京都江戸川区、稻福誠社長)は、2月1日からスクラップ部門のリサイクル事業本部を分社化し「株式会社ナンセイスチール」を設立すると発表した。
 本社を関東湾岸拠点のメタルベイ(千葉県船橋市)に置き、執行役員リサイクル事業本部長の劉国利氏が社長に就任する。稻福社長はナンセイスチールの会長を兼務する。
 ナンセイは1989年に廃棄物収集運搬業として会社設立後、1993年に内装工事解体業に進出、2007年にリサイクル事業に進出し業容を拡大してきた。
 スクラップを扱うリサイクル事業部は、同社の年間総売上約250億円のうち約200億円を占め、年間のスクラップ取扱量は約60万dに達している。分社化を契機に基盤の再構築を図るとともに、スクラップの扱いを一層強化する方針だ。

1月28日
共栄、神戸工場に携帯型成分分析器を導入
神戸工場が導入した
Niton携帯型成分分析計
「XL2-Plus」
 共栄(本社=兵庫県神戸市中央区、久宝利幸社長)の神戸工場(神戸市長田区、石ア智己工場長)は1月中旬にリガクを通じてNiton携帯型成分分析計「XL2-Plus」を導入した。
 金属製品には特性を引き出すために、各種合金などが添加され、金属スクラップとして流通する場合においては電炉メーカーなどの操業に支障をきたす阻害成分が含まれるものも多い。また、同工場では前身の兵庫営業所時代から大手発生元との結び付きが強く、大手企業から排出される金属スクラップは用途に応じて素材の多様化がすすんでいる。電炉メーカーからの品質要求が年々厳しくなるなか、工場からの発生品だけでなく、市中老廃も形状や見た目だけでは成分値を判断しづらい側面を抱えるため、こうした品物については販売先などへサンプルを持ち込み、分析を依頼した上で、成分値を基に、値決めを行ってきた。
 その一方、電炉メーカーにとっては評価の低い品物であっても、非鉄などの需要家にとっての価値観は大きく異なり、適正に品質を管理すれば、販売面での付加価値を引き上げることができるため、「かねてから電炉メーカーへの阻害成分の混入防止含め、成分値に応じた非鉄などの徹底管理を両立したかった」(石ア工場長)とし、共栄では他の工場でも導入実績の多いリガクが販売する携帯型成分分析器の導入を決めた。
 神戸工場では石ア工場長を中心に鉄スクラップは今後も品質管理をより求められていくという強い認識を共有すると同時に、金属素材の複雑化を受け、将来的には主力扱い品種である鉄スクラップもこれまでの厚みに加え、成分も価値観の1つの判断材料になると考えており、「品質管理がより重要性を増してくる。磁性の有無や色で識別するもの以外にどのような成分が含まれるかについて、スタッフと一体となりながら、知識習得に努め、個々のレベルアップにも繋げていきたい」(石崎工場長)と品質管理や社員教育の両面での相乗効果に期待を寄せる。

1月28日
愛知県、「SDGs AICHI EXPO2020」をオンライン開催に変更
 愛知県は、新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、2月5日、6日に予定している「SDGs AICHI EXPO 2020」をオンライン開催に変更して実施する。
 このイベントはSDGsの達成に向けた機運醸成を図る目的で行われるもので、5日がビジネス層向け、6日がファミリー向けの内容。期間中は企業や大学、NGOなどによる取組みを公式サイト内で紹介するほか、5日にジャーナリスト池上彰氏の記念講演「SDGsの成果と10年後に向けた課題」やトヨタ自動車田中義和チーフエンジニアの講演「MIRAIで切り拓く水素エネルギー社会の未来」、日本エア・リキード寺田健次部長「水素エネルギー社会実現に向けた取組み」などのシンポジウム、6日によしもと芸人によるお笑いステージ、ミュージカルやフォーラムなどが催される。
 開催時間は5日が10時20分から17時、6日が10時から。参加費無料。オンラインイベントのうちライブ配信を視聴する場合はZoomアプリが必要。
 オンラインイベントの参加は以下のURLから。
 https://zoom.us/j/98916399299
 詳細は「SDGs AICHI EXPO 2020」公式サイト(https://sdgs-aichi.com/)で。

1月27日
トムラソーティング、独で廃プラ高度リサイクル実証プラント
ポリプロピレンの
リサイクル選別工程
 光学選別機メーカーの世界大手、トムラソーティングソリューションズはこのほど、廃プラスチックの最先端リサイクル設備の実証プラント(ドイツ・ラーンシュタイン)の稼働開始を発表した。オーストリアのポリオレフィンメーカーと共同で、ポリマーペレットの量産を目的とした高度な廃プラリサイクルを行う。
 同実証プラントで、トムラは技術的ソリューションを提供。豊富な専門知識、確立されたプロセスと市場での知見をもとにした高度な収集・選別システムを通じて、循環型経済の実現に貢献する。
 同事業では、生産するポリマーペレットが消費財メーカーや再生加工事業者が求める高い要求基準に適しているかを検証。21年内には適格性評価や検証資料の公表を予定し、高度なポリマーペレットの本格的な商業量産工場の建設につなげる計画だ。

1月26日
亜鉛建値、前回比3円下げの1`328円へ改定
鉛建値、前回比3円上げの1`273円へ改定
 亜鉛建値が26日、3円下げの1`328円へ改定された。現在までの月間推定平均は334.2円。また、鉛建値が3円上げの1`273円へ改定された。現在までの月間推定平均は271.1円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
10月平均 752.3 309.0 253.4
11月平均 776.1 330.7 258.9
12月平均 847.8 342.8 275.0
1月4日 840 334 267
6日 870    
7日   346 273
8日 890    
13日   340  
14日 870    
18日   328 270
21日   331  
26日   328 273

1月26日
光洋産業(坂出市)、地域未来牽引企業に認定
 金属スクラップリサイクル事業者の光洋産業(本社=香川県坂出市、香月一郎社長)はこのほど、経済産業省から地域未来牽引企業に選定された。
 地域未来牽引企業とは地域内外の取引実態、雇用などを考慮し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれ、地域経済のバリュー・チェーンの中心的な担い手が期待される企業になる。
 選定されたことについて香月社長は「様々な業界の大手企業が活躍されている中で、弊社を選んで頂いたことは大変光栄だ。これからも金属スクラップを通じて、地域の活性化に貢献し、環境保全に取り組んでいきたい」と話す。
 同社は1967年に創業。香川県坂出市に本社を置き、金属スクラップのリサイクル事業を展開。船舶やプラント解体を得意とし、その培われた技術を活かして自社で建物解体も行っている。また4千d級の船積み能力を有する広大な岸壁ヤードを完備しており、東南アジアへ輸出するなど、四国地区でも有数のスクラップヤードデイーラーだ。

1月26日
2月10日に「フロン類排出抑制対策に関する講習会」オンライン
 愛知県は2月10日に「フロン類排出抑制対策に関する講習会」をオンライン開催する。
 フロン類はエアコンや冷凍・冷蔵庫などの冷媒として広く使用されてきたが、オゾン層破壊や地球温暖化の原因になることから、使用量の削減や排出抑制が求められている。対象者は業務用冷凍空調機器の管理者、フロン類充填回収業者、冷凍空調機器の設備施工・保守・メンテナンス業者、解体業者、廃棄物・リサイクル業者、その他フロン類に係る関係者など。
 開催方法はWEB会議アプリ(Zoom)によるオンライン講習。当日は日本冷凍空調設備工業連合会事務局の大沢勉次長による講演「フロン排出抑制法について」が行われる予定である。
 開催時間は14時から16時まで。定員300名(申込み先着順)。参加費無料。
 申込み締切りは1月29日午後5時。
 参加申込みは愛知県HPから。問合せは愛知県環境局環境政策部大気環境課(電話052-954-6215)まで。

1月25日
中部経済産業局が「CFPRリサイクルオンラインEXPO」を開催
 中部経済産業局は1月21日に「CFPRリサイクルオンラインEXPO」をWEBで開催した。
 これは再生品市場の創出に向けた取り組みの一環として再生品の用途拡大とサプライチェーン形成を目的に実施されたもので、当日は日本化学繊維協会山口晃司氏による講演「CFRPリサイクルの課題と今後の展望」、同氏と新菱サーキュラーエコノミー部門リサイクル本部橋口正本部長、トヨタ自動車第1材料技術部有機材料室第4有機材料グループ高山晃史グループ長によるパネルディスカッション「リサイクルCFRPの用途拡大に向けて」などが行われた。
 その中で山口氏は炭素繊維の特徴として「強度と弾性率が高く、軽量で、錆びない」点などを挙げ、航空機やドローン、風力発電に多く使用されており、自動車でもスーパースポーツカーから高級車に炭素繊維の使用が増えるなど、今後の需要の拡大が見込まれていると説明した。
 また経済産業省が掲げた「循環経済ビジョン2020」に伴う炭素繊維リサイクルの課題として、樹脂が混入したものとそうでないものの2種類の廃棄物が出てくることを考慮したサーキュラーエコノミーを構築していく必要があると語った。

1月22日
錦麒産業 茨木支店のギロチンが試運転を開始
ギロチンの試運転を開始した
茨木支店
 錦麒産業(泉大津本社=大阪府泉大津市、斉浩社長)は昨秋に開設し、かねてから手掛けてきた茨木支店(大阪府茨木市豊川5-5-5)のギロチン設置工事が完了し、試運転を開始している。南北に長い大阪において、新たに北摂エリアで拠点を開設したことは既存の南部拠点に集中していた加工処理の分散化を図れるだけでなく、集荷エリアの拡大にも繋がり、「本格稼働後は月間3,000〜5,000dの扱い量を目指す」(斉社長)と力を込める。
 同社は鉄スクラップの輸出基地である泉北助松埠頭で荷役業務を手掛ける大都ヤードの工業区域内に泉大津本社を構え、ここでシャー2基体制を構築し、和泉支店第1工場でも切断加工を行う。船積み地に併設する泉大津本社と湾岸に近い和泉支店第1工場の加工拠点を有することはアジア向け輸出販売を主力とする同社にとって、至便な地域である。その一方で、鉄スクラップの集荷量が年々増加しており、足元では加工量だけで月間平均約1万3000dを扱うが、主力拠点の泉大津本社では1日当たり600dの加工処理を手掛けるなど、扱い量拡大に伴い、既存設備の許容能力を超えていたため、処理量の分散を図るべく、新たな拠点開設に向けて着々と準備をすすめてきた。すでに集荷ネットワークは広域に跨っていたことを理由に、京阪神により近い北部での拠点開設を視野に入れ、従来の取引関係にあった非鉄金属などを扱う顧客からヤード用地を買い受け、昨秋に茨木支店を開設。敷地面積は約7,500uで、名神高速道路、近畿自動車道、中国自動車道の吹田ジャンクションから自動車で約10分と京阪神へのアクセスに優れる。同支店の入口を入ってすぐ左側にモリタ環境テック製1250dギロチンプレスを設置。ヘビースクラップ等の圧縮切断に優れる加工処理機械の稼働により、母材の扱い数量増に対応する。さらに定置式スクラップローダーも新規導入する予定で、荷捌きの作業効率向上によるスピーディーな出荷体制の構築を目指す。

1月22日
愛知製鋼、「磁気マーカシステム」オリジナルウェブサイトを開設
 愛知製鋼はこのほど、超高感度磁気センサ「MIセンサ」を用いた自動運転支援技術「磁気マーカシステム(GMPS)」のオリジナルウェブサイトを開設した。
 同サイトでは、電子コンパス用の地磁気センサと比べて100倍の高感度を持つMIセンサモジュールや、道路への設置が容易な磁気マーカの優位性に加えて、これまでの実証実験の成果や今後の活躍フィールドなどを画像や映像を用いて分かりやすく解説している。
 オリジナルウェブサイトURLは次の通り。
https://www.aichi-steel.co.jp/smart/mi/gmps/

1月21日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`331円へ改定
 亜鉛建値が21日、3円上げの1`331円へ改定された。現在までの月間推定平均は334.8円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
10月平均 752.3 309.0 253.4
11月平均 776.1 330.7 258.9
12月平均 847.8 342.8 275.0
1月4日 840 334 267
6日 870    
7日   346 273
8日 890    
13日   340  
14日 870    
18日   328 270
21日   331  

1月20日
シマブンエンジニアリング、溶接技量大会「第4回SBE達人戦」を開催
 シマブンコーポレーションのグループ会社であるシマブンエンジニアリング(本社=兵庫県加古郡播磨町新島41、外島哲彦社長)は、昨年11月の品質月間において溶接の技量を競う大会「SBE達人戦」を開催。協力会社含め計53名が参加した。
 SBE達人戦は今回で4回目となり、昨年10月に完成した従業員の溶接教育、技量向上を目的とした溶接研修施設(SBE Factory)で実施した。今回も顧客からの着目度が高い「溶け込み」と「脚長」を基本テーマに、外観や溶接欠陥、これまでの競技会での成績比較や向上度合いも含め評価を行った。
 また、参加者には全体評価、改善提案、今後の展開についてフィードバックを行うとともに、全従業員に対し情報を展開。今後も溶接研修施設を活用して、更なる会社全体の技能レベル、品質の向上に努めていく考えだ。
 同社は昭和43年に島文製作所として設立後、平成2年に現社名に変更。建設機械の主要フレーム・アタッチメントや大型製缶品、産業機械等の設計製作及び肉盛溶接・溶射を柱に事業を展開している。

1月20日
愛知製鋼、オリジナル特設WEBサイトを開設 1月20日〜2月28日
 愛知製鋼は1月20〜22日の「13回オートモーティブ ワールド」への出展を政府の緊急事態宣言を受けて見合わせた。1月20日から2月28日までの同社オリジナル特設WEBサイト(オンライン展示)は予定通り開設する。
 同サイトでは、同社のジスプロシウム不使用のボンド磁石「マグファイン」と鍛鋼一貫による高強度材料を融合し開発したEV向け電動アクスルの技術説明や実証機による検証の様子を紹介。この電動アクスルは世界最高の最大回転数34,000回転と40%小型軽量化を実現している。併せて安全・安心な自動運転を実現する同社のMIセンサを用いた自動運転支援技術「磁気マーカシステム」について、実証実験の様子やジオラマなどを動画で分かりやすく伝える。
 加速する車の電動化と自動運転の社会実装の早期実現に向けた同社の取り組みは以下URLから。
 URL:https://www.aichi-steel-onlinebooth.com/ 期間は2021年1月20日〜2月28日。

1月19日
双葉貿易 カッパー(銅)マスクの販売が好調、販売累計3万枚を突破
 金属スクラップの輸出事業を中心に太陽光発電やカラコン等のネット販売など、多角的な事業を展開している双葉貿易(本社=新潟県三条市、杉村英馬社長)が昨年5月から取り扱う「カッパーマスク」の販売が好調だ。
 カッパーマスクは銅繊維を使用しているため、高い抗菌作用と消臭効果を実現。国際的なテスト機関の一般財団法人カケンテストセンター提携機関KOTITI試験研究院の抗菌性試験における抗菌活性値は、黄色ぶどう球菌で5.5、肺炎かん菌で5.9となっている(2.0以上の数値で抗菌効果があると認められる)。
 また同機関の紫外線遮蔽率試験では遮蔽率99%、格付け値は紫外線対策としても期待できるUPF50+と評価されている。
 同商品は、水洗いで繰り返し何度も使える経済性と半永久的に続く抗菌効果、全17色のカラーバリエーションなどが好評を得ており、楽天やAmazonなどのネット販売やヴィレッジヴァンガード(一部店舗を除く)での販売累計は3万枚に及ぶ。
 カッパーマスクの注文や問い合わせは、双葉貿易(電話0256-46-8977)、またはHPまで。

1月19日
愛知県、2月5〜6日に「SDGs AICHI EXPO2020」開催
 愛知県は2月5日、6日の2日間、常滑市のAICHI SKY EXPO(愛知県国際展示場)展示ホールAで「SDGs AICHI EXPO 2020」を開催する。
 これはSDGsの達成に向けた機運醸成を図る目的で行われるもので、5日がビジネス層向け、6日がファミリー向けの内容となっている。期間中は企業や大学、NGOなどによるブース展示のほか、5日にジャーナリスト池上彰氏の記念講演「SDGsの成果と10年後に向けた課題」やトヨタ自動車田中義和チーフエンジニアの講演「MIRAIで切り拓く水素エネルギー社会の未来」、日本エア・リキード寺田健次部長「水素エネルギー社会実現に向けた取組み」などのシンポジウム、三菱UFJリサーチ&コンサルティング吉高まり氏の「SDGsとESG投資」セミナー、6日によしもと芸人によるお笑いステージ、ミュージカルやフォーラムなどが催される。開催時間は10時から17時まで。参加費無料(ただし事前入場登録が必要)。
 事前入場登録はSDGs AICHI EXPOホームページ(https://sdgs-aichi.com/)から。問合わせは同実行委員会事務局(電話052-971-6233)まで。

1月18日
亜鉛建値、前回比12円下げの1`328円へ改定
鉛建値、前回比3円下げの1`270円へ改定
 亜鉛建値が18日、12円下げの1`328円へ改定された。現在までの月間推定平均は333.7円。また、鉛建値が3円下げの1`270円へ改定された。現在までの月間推定平均は270.5円。

1月18日
SJリサイクル(和歌山)、新規導入のシャー稼働順調
〜導入効果で扱い量増加〜
新規導入した三筒産業製
オールマイティーシャー
 SJリサイクル(本社=和歌山県紀の川市、樋口真司社長)は、昨年6月に三筒産業製600d油圧シャーを新規導入、順調に稼働している。
 導入したのはオールマイティーシャーE-600型。長尺物、ガサ物などの切断加工に適しており、省スペース設計な上、省コスト・省力化に優れ、さらに取り扱いやメンテナンスも簡単な処理機械だ。油圧シャーの新規導入について樋口社長は「他社との差別化や付加価値向上を図るために決めた。おかげで導入前よりも取扱量が増えただけでなく、販路も拡大できた」と話し、三筒産業製に決めた理由は「機械本体やランニングコストがリーズナブルな上、アフターサービスも丁寧で迅速な対応が有難い」と期待以上の効果と満足感を得たようだ。今後については「これまでお客様やお取引先様などたくさんの方々に支えられ、そして従業員にも恵まれてここまでやってこれた。これからもお世話になった皆様に感謝の気持ちを忘れず、リサイクル業に邁進したい」と語った。また同社は若い従業員が多く、機動力も高いのが強みで「さらに働きやすさや作業効率の向上を図るために積極的な設備投資を継続し、さらなる扱い量の増加や販路拡大を目指したい」と抱負を述べた。
 同社は平成24年(2012年)9月創業、平成28年(2016年)8月に株式会社設立。鉄スクラップをメインに非鉄スクラップおよび様々な商材を扱うヤードディーラー。主な設備は、40dトラックスケール、重機5台、フォークリフト2台、トラック7台など。

1月18日
キャタピラー 燃費保証キャンペーンを継続実施、対象機械を拡大
 キャタピラージャパン(本社=神奈川県横浜市西区)は、2017年4月に開始した業界初の取り組みの「燃費保証キャンペーン」を2021年も対象機械を拡大して引き続き実施する。
 同キャンペーンは、実際の測定燃料消費量が当初提示した燃料消費基準を超えた場合に償還金が支払われるというもの。昨年追加した次世代小型油圧ショベルに続き、ブルドーザやオフハイウェイトラックの機種を追加し、対象は全40機械となる。また、金属リサイクル業で使用されるマグネットやカッターなどを装着した応用機も対象となる。対象機械や詳細は以下。
 ◇対象機械:オフロード法2014年基準適合のCatマシン。〔油圧ショベル〕313GC、313、315GC、315、320GC、320、323、325、326、330GC、330、336GC、336、349F、352F、349、352、374F、390F。〔ホイールローダ〕950GC、950MZ、962MZ、966M、972M、980M、982M。〔ブルドーザ〕D4、D5、D6、D6XE、D8T。〔オフハイウェイトラック〕770G、772G、773、775。〔アーティキュレートトラック〕725C2、725、730、740GC、745。◇キャンペーン期間:2021年1月〜12月末日。◇対象者:期間中に上記対象機械を新車で購入後、60日以内に販売店を通じて申込みしたすべての方。◇問い合わせ:キャタピラー GCI マーケティング イノベーション(電話045-682-3553)。

1月15日
トライシクル、電子契約「エコドラフト」セミナー27日に開催
 サイクラーズ(旧東港金属グループ)の関連会社でリサイクル全般のインターネットサービスを運営するトライシクル(本社=東京都品川区南大井、福田隆社長)は、産廃・建廃委託契約書を電子化する「エコドラフトwithクラウドサイン」の無料オンラインセミナーを1月27日の14時30分より開催する。
 第3回目となる今回は、「電子契約のメリットと不安点払拭について」、「エコドラフトの説明デモと活用事例紹介」、「産廃よろず相談室」といった内容で構成。各セッションのうち、いずれかの聴講でも参加可能なほか、希望者は参加企業と情報交換を行うこともできる。前回までと同様に福田社長が講師を務め、Zoomによるオンライン形式で開催する。
 電子契約サービス「エコドラフト」は昨今のリモートワーク進展に伴い、問い合わせや導入する企業が増加。スクラップ業界でも採用事例が急増している。セミナーの聴講申し込み詳細はトライシクルHPまで。
【日刊市况通信新春特集号に「エコドラフト」詳細記事】

1月15日
大同特殊鋼、世界最高レベルの磁気ノイズ抑制パーマロイ箔を開発
 大同特殊鋼はこのほど、世界最高レベルの磁気ノイズ抑制効果を持つパーマロイ箔「STARPAS」を開発し、1月から販売を開始した。
 近年の情報化社会では移動通信やIoTの普及によりデジタル機器が多く使用されているが、搭載されるICは動作周波数が高く電磁ノイズの影響を受けやすい問題があった。今後普及する自動運転車では大量のデータを高速伝送する必要があり、ノイズ対策の重要性が増している。大同では増加する電磁波ノイズの中で、これまで対策が困難であったkHzからMHz帯以下の磁気ノイズに対し、世界最高レベルのノイズ抑制効果を有したパ−マロイ箔「STARPAS」を開発。これは同社の最高透磁率材MEN PC-2Sを厚み10μm〜30μmに箔化した製品。100kHzの比透磁率4,800以上、1MHzでは1,400以上と世界最高レベルの磁気ノイズ抑制効果を持つ。
 またフープ材、シート形状のため、様々な形に打ち抜き加工が可能な高い形状自由度と耐久性を兼ね備えていることで、電磁波ノイズが発生するデバイスやノイズの影響を回避したい機器に簡単に貼り付けることができる優れた加工性を有し、絶縁材を介した積層シートとしても供給が可能。
 製品ラインナップはSTARPAS-10PC2S(板厚10μm)、STARPAS-20PC2S(同20μm)、STARPAS-30PC2S(同30μm)の3種類。板幅100mm以下。
1月14日
銅建値、前回比20円下げの1`870円へ改定
 銅建値が14日、20円下げの1`870円へ改定された。現在までの月間推定平均は870.0円。

1月14日
小倉商店(兵庫県三木市)、重機を増車
〜コロナ時代を見据えた取り組みを展開〜
増車したコベルコ建機製重機
 小倉商店(本社=神戸市中央区、小倉康弘社長)は、昨年11月下旬に三木店(兵庫県三木市)の重機を増車した。
 今回もコベルコ建機製を導入し、4台の重機とクローラクレーンは全て同社製だ。アタッチメントはトラックへの積み込みやニューギロの作業に有効なマグネットを採用。エレベータキャブによる広い視界が特長で高所からの視認性も良く、低騒音による環境負荷の低減も期待できる。
 重機の増車について小倉社長は「既存車をストックし、故障時の代用としてだけでなく、少しタイミングが遅くなったが、(コロナ禍で需要が高まると想定される)リース事業も展開していきたい」と導入の経緯を語った。さらに「(約6年前の)ニューギロ導入効果で、ギロ材やガス材などの扱い量が2倍以上に増えるなどその取扱い増への対応が急務となっている」と課題を挙げる一方、「今後は扱い量増を目指すだけでなく、ウィズコロナ・アフターコロナの時代を見据え、人材育成を充実し、少人数で最大の効率と効果および利益を上げる企業を目指し、サービス業としてお客さんのニーズに応えながら顧客満足度を高めていきたい」と抱負を述べた。
 同社は昭和30年4月創業。鉄・非鉄スクラップ全般を扱うヤードディーラー。三木店は2008年(平成20年)に神戸市西区から移転。ヤード面積は約4,300坪とエリア内屈指の広さを誇る。主な設備は800dニューギロ、80dトラックスケール、55dクローラクレーン1台、重機4台を保有。

1月14日
愛知製鋼、40%小型軽量化のEV向け電動アクスルを開発
構想中の電動アクスル外観
 愛知製鋼はこのほど、Dy(ジスプロシウム)を添加しない同社のボンド磁石「マグファイン」と鍛鋼一貫による高強度材料を融合させ、EV向け高速回転電動アクスルの小型軽量化を実現する技術実証に世界で初めて成功した。
 電動アクスルは電動車に不可欠な減速機とモータを一体化した駆動ユニット。電動化を加速させるためには小型軽量・省資源で電力消費率に優れた大量の電動アクスルが必要不可欠。開発品はEV向けモータとしては世界初となる最大回転数34,000回転/分で回し、実用域まで高減速化することで電動車に求められるトルクを引き出す。マグファインの高磁力、高電気抵抗、ロータコアへの一体成形という特徴を活かしてモータを小型化。また鍛鋼一貫による高強度材料で構成したトランスアクスルギヤ(現行ギヤ比20%軽量化)を用いて高減速機の小型化を実現化。この組み合わせにより、従来の電動アクスルに比べて約40%の小型化を実現した。
 また資源循環型モノづくりに向けて、磁石のリサイクル技術を開発。マグファインはボンド磁石であるため、磁石使用後に樹脂だけ分解・除去することでネオジムが含まれる磁粉の再利用が可能となる。実証実験では磁粉回収率90%を実現している。
 今後は電動アクスルのさらなる開発を進め、実用化に向けた素材や部品、工法開発を推進。電力消費率向上と資源対策を図り、2031年の実用化をめざす。
 同社では1月20日から22日まで東京ビッグサイトで開催される「第13回オートモーティブワールド(EV・HV・FCV技術展)」に出展し、マグファインと高速EVモータ、高減速ギヤシステム、磁気マーカシステムなどをブース展示する。開催時間は10時から18時(最終日は17時まで)。

1月13日
亜鉛建値、前回比6円下げの1`340円へ改定
 亜鉛建値が13日、6円下げの1`340円へ改定された。現在までの月間推定平均は340.0円。

1月12日
山原商会、設備更新で作業効率化に努める
 山原商会(本社=山口県宇部市、山原一紀社長)は昨年末、重機や運搬車輛など更新した。
 今回、既存機の老朽化に伴うもので、リフトは豊田自動織機製YDN-8FD40、アームがロング仕様の日立建機製ZX240LC-6に更新。運搬車輛については耐久性が高いことから同社にとって初めてになる愛宕自動車工業製のコンテナボックスを採用。容量は60立法メートルで積載量24dに増強し、出荷などの時間短縮を図った。
 同社は金属スクラップ全般のリサイクルを手掛け、月間扱い数量は約5,000d(代納含む)を誇る。近年では油圧シャーの更新やヤード整備に取り組むなど、作業の効率化に努めており、「顧客優先を信条にこれからも設備投資を行っていきたい」と山原社長は意気込みを語る。

1月8日
銅建値、前回比20円上げの1`890円へ改定
 銅建値が8日、20円上げの1`890円へ改定された。現在までの月間推定平均は882.6円。

1月7日
亜鉛建値、前回比12円上げの1`346円へ改定
鉛建値、前回比6円上げの1`273円へ改定
 亜鉛建値が7日、12円上げの1`346円へ改定された。現在までの月間推定平均は344.1円。また、鉛建値が6円上げの1`273円へ改定された。現在までの月間推定平均は272.1円。

1月7日
千代田鋼鉄工業 新電気炉完成し火入れ式
6日から荷受再開
 千代田鋼鉄工業(本社=東京都足立区、坂田基歩社長)は、昨年11月26日から更新工事を実施していた綾瀬工場の新電気炉が完成し、火入れ式を執り行った。垂直稼働を目指す。また、6日8時から鉄スクラップの荷受を再開した。
 完成した新電気炉は大同特殊鋼製の炉体旋回式アーク炉の「STARQ」。容量は60d。従来の電気炉では電極からの距離によって溶解状態が不均一になり、ホットスポットとコールドポットによる熱損失が発生する。「STARQ」は炉体を旋回させることで溶解状態を均一化し、この問題を解消。熱損失を低減し、省エネにつなげる。また、溶解能力の向上で多種多様な鉄スクラップの利用が可能となる。
 同工場の旧電気炉は1971年1月の稼働から約50年が経過。約30年稼働した電源設備とともに、投資総額約30億円をかけて更新。東京都内唯一の電気炉メーカーとして、「鉄の『地産地消』」を実践していく。

1月6日
銅建値、前回比30円上げの1`870円へ改定
 銅建値が6日、30円上げの1`870円へ改定された。現在までの月間推定平均は866.8円。

1月6日
福源商事、奈良県五條市に破砕処理拠点を開設
産業廃棄物処理事業に参入
開設した五條工場
 総合リサイクルディーラーの福源商事(本社=大阪府岸和田市、大原健社長)はこのほど、奈良に最新鋭の破砕機を完備した拠点「五條工場」(奈良県五條市出屋敷町186-56 南大和テクノタウン北字智工業団地5号地)を開設。昨年10月には破砕の中間処理許可を取得し、今年から産業廃棄物処理事業に参入する。
 同社はユーザーから産業廃棄物処理に関する要望が多く寄せられたことがきっかけに、約5年前から工場建設を計画。本社工場から近い距離で広い敷地が確保できたことから、奈良県五條市に建設を決めた。同工場は敷地面積40,010u、建築面積7,068u、延床面積7,156u、構造はS造で地上1階になる。
導入した近畿工業製の
堅型破砕機「V-BUSTER」
 主要設備に近畿工業製の堅型破砕機V-BUSTER(型式VHC-R13)を導入。他には近畿工業が監修のもと、振動コンベヤ、磁選機、ドラム式磁選機、渦電流選別機などの選別ラインを完備している。金銀滓に代表される廃基板など有価物全般のほか、産業廃棄物の扱いにも注力し、高品質の資源供給に努める方針だ。
 同社は2004年に設立し、非鉄スクラップのリサイクル事業を展開。2010年に坂出港置き場(香川県坂出市)に600d油圧シャー、本社工場に800d油圧シャーを導入し、鉄スクラップのリサイクル事業をスタートさせた。また2014年は小型家電リサイクル事業にも参入。本社工場に専用工場を新たに設け、破砕機などを導入し、幅広いリサイクル処理で再資源化を行っている。
詳細はメタル・リサイクル・マンスリー2月号に掲載

1月5日
中部鋼鈑、昨年12月24日に会社周辺のクリーン作戦を実施
 中部鋼鈑(本社=愛知県名古屋市、重松久美男社長)は昨年12月24日、地域社会との共生に向けた取り組みの一環として会社周辺地域の清掃を行う「会社周辺クリーン作戦)を開催し、同社社員や構内協力会社社員ら約100名が参加した。
 同活動は、市街地に立地する電炉メーカーとして地域社会の持続的な発展に貢献するため1998年から毎年開催している。活動に先立ち古村伸治取締役製造所長から「今年当社は創業70周年を迎えたが、新型コロナウイルス感染症の影響で社内イベントがほとんど実施できなかった。今日は今年度初めての全社イベントとなったが、当社の行動理念の一つである『感謝の気持ちで社会に貢献する』という思いで、清掃活動に取り組んで欲しい」と挨拶した。
 参加者は新型コロナウイルス感染対策を実施しながら冬の寒空の下、1時間ほどかけてごみや落ち葉を回収した。

1月4日
銅・亜鉛・鉛、1月のスタート建値
 1月のスタート建値は、銅が前月末から10円下げの1`840円、 亜鉛が12円下げの334円、鉛が据え置きの267円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
10月平均 752.3 309.0 253.4
11月平均 776.1 330.7 258.9
12月平均 847.8 342.8 275.0
1月4日 840 334 267

12月28日
エンビプロ・HD、2050年までにカーボンニュートラル達成へ
 エンビプロ・ホールディングス(本社=静岡県富士宮市、佐野富和社長)は24日、グループ全事業所から排出される温室効果ガスを実質ゼロにするカーボンニュートラルを2050年までに達成すると宣言した。また、消費電力の100%を再生可能エネルギーにする「RE100」の達成目標年度を当初予定から20年前倒しした2030年に設定。エネルギー使用の効率化と脱炭素化を進めていく。
 グループは2018年7月に「RE100」へ加入。各工場や事業所に再生エネルギーの導入を進めている。2019年の使用電力に占めるRE100エネルギーの割合は17.8%と、2018年の2.9%から大幅に拡大した。
 同社は「気候変動への対応策において最も重要な再生可能エネルギーの拡大・促進は、『持続可能社会実現の一翼を担う』というミッションを掲げる当社にとって重要なテーマになっている」としており、脱炭素とサーキュラーエコノミーを実現していく方針だ。

12月28日
大同特殊鋼、脱炭素社会をめざし「チャレンジ・ゼロ」に参加
 大同特殊鋼はこのほど、経団連が策定した「チャレンジ・ゼロ」に参加した。
 「チャレンジ・ゼロ」は経団連が日本政府と連携し、気候変動対策の枠組み「パリ協定」がめざす「脱炭素社会」の実現に向けて企業・団体のチャレンジを後押しするプロジェクト。
 大同ではアーク放電により鉄スクラップを溶解しているが、電極から距離が離れた場所に生まれる不均一な溶融状態のコールドスポットを解消するため、従来の補助バーナー方式から炉体を旋回させる方式に変更。これにより電力原単位の4.9%低減を実現した。同社ではこの技術を導入した炉体旋回式電気炉(商品名STARQ)第一号機を2013年に知多工場に導入。今後更新する電気炉にもSTARQを順次導入し、CO2排出削減に努めていく。
 大同では今年11月、中長期目標と行動計画の策定を目的に「CO2削減プロジェクト」を新設。2030年、2050年に向けてCO2排出削減にチャレンジする。

12月24日
鈴木商会 コロナ禍の巣ごもり生活についてアンケート調査を実施
 鈴木商会(本社=札幌市中央区、駒谷僚社長)はこのほど、札幌に特化した独自のマーケティングリサーチシステム「インサーチ札幌」を運営するインサイト(本社=札幌市中央区、浅井一社長)と共同で、コロナ禍における巣ごもり生活についてのアンケート調査を実施した。
 同調査はコロナ禍における巣ごもり生活実態の把握を目的として、札幌圏内在住の18歳以上の男女を対象に12月7日〜14日の期間で行ったインターネット調査で、有効回答数は500人。
 結果概要は、「コロナ禍以降に在宅時間が増えた」が6割以上、「自宅環境をより快適にしたい」が約6割、「コロナ禍以降に自宅で行ったことは家/部屋の片づけ」が5割以上の回答を占めるなど、コロナ禍の2020年は例年以上に大掃除や片付けを念入りにしたい人が増えているという結果となった。
 鈴木商会は、自宅やオフィス、店舗、工場などの片付けや不用品の撤去・回収・処分を行う「かたづけおせっかい」を道内で展開しており、同調査結果を基に、顧客ニーズに合ったサービスを進めていく方針だ。

12月24日
「コンポジットハイウェイ コンベンション 2020」をWEB開催
 コンポジットハイウェイコンソーシアムと中部経済産業局は12月22日に「コンポジットハイウェイ コンベンション 2020」をWEBで開催した。
 同コンソーシアムは、東海・北陸地域において、炭素繊維複合材量に関する研究開発から生産・加工・組立までを行う一大拠点・産業集積形成を目指して活動している。当日は東レ・カーボンマジック奥明栄代表取締役社長による基調講演「カーボンマジックの20年とこれから」ほか、コンポジットハイウェイアワード1次審査通過企業によるプレゼンテーション、審査結果の発表などが行われた。
 審査結果は、素材部門のグランプリがニッタ「炭素繊維表面へのCNTコーティングによるCFRPの力学的物性の向上」で、準グランプリが米島フエルト産業「ミルフィーユコンポジット立体成型用硬質発泡体“コアフレーク”転写シート」、成形技術部門のグランプリは該当なしで準グランプリが栗本鐵工所「Carbon-LFTD 4ポイント成形機 HR4-10SPの開発」、製品評価技術部門のグランプリはカジレーネ・三ッ星「炭素繊維ワイヤー線芯による軽量・高強力・フレキシブルな電源ケーブル」とサンコロナ小田・アルケリス・大和ハウス工業「世界から立ち作業のつらさをなくす、労働負荷軽減アシストスーツ「アルケリスFX」」、リサイクル部門はグランプリ、準グランプリ共に該当なしとなった。
 奥氏はコンポジット製品の用途分野別見通しについて、高性能車両へは一般化されるが量産車両では極めて限定的な需要に留まるとし、ドローン技術などのエアモビリティに関しては急速な拡大が見込まれる。また医療や介護、パラリンピックに関しては特殊需要も含めて緩やかに拡大していくだろうと語った。

12月23日
銅建値、前回比20円下げの1`850円へ改定
 銅建値が23日、20円下げの1`850円へ改定された。現在までの月間推定平均は847.8円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
9月平均 750.0 311.2 265.5
10月平均 752.3 309.0 253.4
11月平均 776.1 330.7 258.9
12月1日 830 343 276
4日 840    
7日   334  
10日   346  279
11日 860    
16日 850 343  
21日 870    
22日   346  267
23日 850    

12月23日
鉄リサイクル工業会 労働安全衛生講習会を東京で1月26日に開催
全国の会員対象参加者を募集中
 日本鉄リサイクル工業会の業務対策委員会(合川孝史委員長)は、来年1月26日に、東京で労働安全衛生講習会を開催する。全国の会員が対象。また、会員以外の聴講も可能だ。現在、参加者を募集している。
 講師は中央労働災害防止協会技術支援部の専門役で安全管理士の藤井尚則氏。講習テーマは「労働災害事例における原因分析と対策」だ。職場の安全管理に携わる管理者、現場の作業リーダーの聴講を勧めている。
 なお、新型コロナウイルスの感染状況により、オンラインでの講習会の開催も検討している。
<講習会の開催概要>
■開催日時=1月26日(火) 13:30〜15:30 
■開催場所=鉄鋼会館 会議室701号室(7階) 
■定員=30名(先着順) 
■参加費=無料 
■申込期限=2021年1月15日(金) 
■申込方法=参加申込書に必要事項を記入の上、FAXまたはメールで申し込む。
 問い合わせは、工業会本部(電話03-5695-1541)

12月22日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`346円へ改定
鉛建値、前回比12円下げの1`267円へ改定
 亜鉛建値が22日、3円上げの1`346円へ改定された。現在までの月間推定平均は342.8円。また、鉛建値が12円下げの1`267円へ改定された。現在までの月間推定平均は275.0円。

12月22日
大同特殊鋼、光電センサ向け赤色点光源LEDの表面実装部品を開発
MED7P14-SMF-1
 大同特殊鋼はこのほど、世界最高レベルの光出力を持つ赤色点光源LEDの表面実装部品「MED7P14-SMF-1」を開発し、12月から販売を開始した。
 この製品は赤色点光源LED素子(製品名MED7P14、波長650nm)を透明樹脂で封止したもので、製品サイズは幅1.6mm、奥行0.8mm、高さ0.7mm(JIS規格1608M)。光出力5.7Mw(20mA電流注入時)。特長として光電センサや光学式エンコーダの高精度、高分解能を維持しつつ、ユーザーの実装の生産性向上や各種モジュールの小型・薄型化、高密度実装化、省エネ化に貢献する。
 大同の点光源LED素子は照明用の一般的なLEDと異なり、発光部が点状であるため、レンズを通したビームの広がりが狭い特長を持つ。そのため光電センサや光学式エンコーダなどのセンサ光源に適しており、産業機器の高精度化、高分解能化、長寿命化に役立ってきた。従来は点光源LED素子またはCANパッケージをユーザーに提供していたが、現在電子部品の多くが表面実装部品(SMD)となっており、実装の生産性向上、各種モジュールの小型・薄型化、高密度実装化の要求から、点光源LED素子でも表面実装部品が求められていた。同社ではユーザーがより採用しやすい形態での部品供給により、今後需要拡大が見込まれる工場自動化、ロボット、3Dセンシング等への用途拡大を狙う。

12月21日
銅建値、前回比20円上げの1`870円へ改定
 銅建値が21日、20円上げの1`870円へ改定された。現在までの月間推定平均は851.0円。

12月21日
ナベショー 笛路村 餅つき・親睦会を開催
人間交流業関係者らが参加 老若男女問わず村落楽しむ
 ナベショー(本社=大阪市、渡邊泰博会長)は5日、笛路村(兵庫県丹波市山南町)で親睦会を開催し、同社人間交流業の取引関係者らが参加した。
 同会は、4半期毎に定期的におこなわれる親睦会で例年は70名超が参加する催しとなっているが、今年は新型コロナウイルス流行を考慮して、参加人数を20名程度に限定した。同村集会所で参加者の検温測定等のコロナ予防対策をおこない、集団感染の危険性が無いことを確認した上で、各種催し物が開催された。
 同年はあいにく、鹿による獣害により収穫量が少量だったが、同村で栽培する原木椎茸の収穫が実施され、土産の郷土料理とともに参加者らにふるまわれた。
 その後は、餅つきを実施。参加者らは老若男女を問わず餅つきに参加。参加した子供らは、初めての餅つきに苦戦する姿も見られたが、つきたての餅に舌鼓を打ちつつ、のどかな村落風景のなかで歓談を楽しみ、親睦を深めていった。懇親会開催から約3時間後、同村を代表し田中俊雄氏と渡邊会長が親睦会閉会の挨拶をおこない、参加者らに惜しまれつつも閉会した。

12月16日
銅建値、前回比10円下げの1`850円へ改定
亜鉛建値、前回比3円下げの1`343円へ改定
 銅建値が16日、10円下げの1`850円へ改定された。現在までの月間推定平均は845.7円。また、亜鉛建値が3円下げの1`343円へ改定された。現在までの月間推定平均は342.2円。

12月16日
ポニー工業、マスコットキャラクターを制作
名前は社名と
馬をイメージして
「ポニちゃん」。
手に金属リサイクル、
製鋼業界で人気の
金属分析計VANTAを
持つなどポーズは
全部で5種類
 放射線検知器トラックモニターや金属分析計を販売するポニー工業(本社=大阪市中央区、吉荒俊克社長)はこのほど、マスコットキャラクターを制作、広報活動に注力している。
 同社は2年前にホームページをリニューアルした際、初めてのユーザーでも分かりやすく構成し、また同社の最新動向が分かる「お知らせ」、「展示会情報」の一覧を新たに設けるなど、情報発信に努めている。今回もその一環になり、担当者は「検査業界はニッチな側面が大きいので、一般の皆様が触れることのない業界だ。だから少しでも親しみやすく、また認知度の向上に繋がればという思いを込めて、社員がマスコットキャラクターを作った」と話す。今後はホームページなどに活用する予定。
 同社は大阪本社のほか、福島県、茨城県、東京都、千葉県、愛知県、兵庫県に営業所を展開。販売するオリンパス製ハンドヘルド型蛍光X線金属分析計ではトップシェアを誇る。放射線検知器トラックモニターも扱い、多くの金属スクラップリサイクル業者や製鋼所に導入している。

12月15日
マテック 石狩新港事業所を開設、14日に試運転を開始
石狩新港事業所
 マテック(本社=帯広市、杉山博康社長)はこのほど、スクラップ(シュレッダー母材)の入庫量の増加や働き方改革に対応するため石狩新港事業所(石狩市新港東2-8-1、吉田託也所長)を開設。14日に試運転を開始した。
 同事業所は船積み拠点の東埠頭事業所から約2qの好立地で、効率的なスクラップのデリバリーが可能となる。32,000uの広大な敷地には、富士車輌製2000馬力シュレッダーと700馬力プレシュレッダーをメインに設置。鉄スクラップや使用済み自動車の破砕処理を行う。
 シュレッダーの後工程には、磁選機やシュタイナート社製の渦電流選別機と複合センサー選別機を配置し、品質の高いシュレッダー製品を生産するとともに、高精度な非鉄金属の選別を行っていく。
 同社は処理効率の高い設備の導入と精度の高いリサイクル技術により、マテックグループ全体の処理能力向上とリサイクル量のさらなる拡大を目指す。

12月11日
銅建値、前回比20円上げの1`860円へ改定
 銅建値が11日、20円上げの1`860円へ改定された。現在までの月間推定平均は850.0円。

12月11日
カーセブン、ホンダN-BOXが当たるオープン懸賞を開催中
 中古車販売買取のフランチャイズチェーン「カーセブン」を運営するカーセブンディベロプメント(本社=東京都品川区、井上貴之社長)は、簡単なクイズに答えて応募すると抽選で新車のホンダN-BOXが当たるオープン懸賞を開催している。

懸賞の詳細は以下の通り。
◇応募賞品=ホンダN-BOX(新車)。
◇当選人数=1名。
◇受付期間=12月1日〜3月31日。◇応募方法=カーセブンHPより。もしくはハガキに住所・氏名・年齢・電話番号・クイズの答えを記入、「ホンダN-BOX(新車)に応募」と明記し郵送。問い合わせ(電話0120-567-527)。

12月11日
愛知製鋼、新開発の高圧水素用ステンレス鋼が新型MIRAIに採用
車両側水素充填口の使用例
 愛知製鋼はこのほど、トヨタ自動車が今月から販売開始した新型の燃料電池自動車MIRAIの水素充填口などの高圧水素系部品に、新開発の高強度高圧水素用ステンレス鋼「AUS305-H2」の供給を開始した。
 燃料電池自動車は水素ガスをエネルギー源として、燃料電池で発電しモーターで走行する電動車。約700気圧の高圧水素ガスが充填されるため、車載タンク周りの高圧水素用機器の鋼材には安定した強度特性が求められる。「AUS305-H2」(JIS規格のSUS305相当鋼)は高価なレアメタルであるモリブデン不使用の省資源高強度高圧水素用ステンレス鋼。独自の成分設計技術により、初代MIRAIに採用された「AUS316L-H2」と同等の優れた強度と耐水素脆化特性を実現。安価な炭素を用いて耐水素脆化特性を高めることで、高価なモリブデンの不使用を実現。モリブデンを使わないことで製造コストは1割低減した。またイオウを添加することで切削加工性を向上させ、ドリルなど切削工具の寿命が数倍延び、加工コストも低減する。
 愛知製鋼では省資源化と低コスト化を実現させた新開発の「AUS305-H2」により、燃料電池自動車やインフラである水素ステーションの更なる普及に貢献する。

12月10日
亜鉛建値、前回比12円上げの1`346円へ改定
鉛建値、前回比3円上げの1`279円へ改定
 亜鉛建値が10日、12円上げの1`346円へ改定された。現在までの月間推定平均は343.5円。また、鉛建値が3円上げの1`279円へ改定された。現在までの月間推定平均は278.0円。

12月10日
平林金属のテレビCM、TOKYO CREATIVITY AWARDSでファイナリスト入賞


 総合リサイクル事業者の平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)はこのほど同社ブランドムービー第4弾から製作されたテレビCMがACCの主催する2020 60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSのフィルム部門Aテカテゴリー(テレビCM) 中国四国地域においてACCファイナリストに入賞した。
 ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSはテレビ、ラジオCMの質的向上を目的に1961年から開催している広告賞ACC CM FESTIVALを前進としたあらゆる領域におけるクリエイティブを対象にした日本最大級の賞になる。今回の応募総数は全国で2,431本。
 入賞したテレビCMの放送エリアは岡山、香川。放送時間は15秒。内容は同社が展開する一般家庭向けの資源集積拠点えこ便に持ち込まれたダンボールやフライパンなどを使って、ミュージシャンの次田任徳氏が演奏するというものになり、役目を終えた物に「魂」の音を吹き込む様子をイメージした。ロングバージョンもあり、同社のウェブサイト、公式ユーチューブチャンネル「ヒラキンch」で視聴可能。

12月9日
田中商会(倉敷)、破砕・選別工場が本格稼働 万全体制整える
竣工式の様子
 総合リサイクルディーラーの田中商会(本社=岡山県倉敷市、室山敏彦社長)は12月4日、5月から着工していた新工場の工事が完了し、竣工式を行った。式典には地元の建設業者、機械メーカー、同社社員など関係者ら約40名が参加。
 新工場の名称は玉島工場。所在地は工業専用地域で岡山県倉敷市玉島乙島字新湊8264番11、8264番18の玉島ハーバーアイランド内に位置し、広さは敷地面積8,261.06u、延床面積約1,400u。設備にクボタ環境サービス製破砕機KE400、磁力、渦電流、振動選別機などを完備しており、破砕・選別の産業廃棄物中間処理施設になる。雑品などの複合素材形金属スクラップのほか、木くず、廃プラ、がれき類などの産業廃棄物の扱いにも対応しており、月に約1,000dの加工処理が可能だ。
 同社では多様化していくリサイクルのニーズに対応するため、かねてから事業の拡大を図っており、今回の開設はその一環になる。また2018年に起きた西日本豪雨も契機としており、田中剛取締役製鋼原料部長は「当時は災害廃棄物の処理に関する要望が多く、対応できない状況であったため、たくさんの方々にご迷惑をお掛けした。工場を建設したことで、再度災害が起きた時は微力ながら復興に貢献したいと思う」と話す。また今後については「処理に困っておられる廃棄物を受け入れる万全な体制を整え、循環社会を推進していく」と意気込みを力強く述べた。
 同社は1901年に創業。岡山県倉敷市に本社を構え、製鋼原料月間4,000d、製紙原料月間3,000dの取り扱い数量を誇る総合リサイクルディーラー。またリサイクル処理のほかにも鉄鋼製品の加工を手掛けるなど様々な事業を展開している。

12月7日
亜鉛建値、前回比9円下げの1`334円へ改定
 亜鉛建値が7日、9円下げの1`334円へ改定された。現在までの月間推定平均は335.9円。

12月4日
銅建値、前回比10円上げの1`840円へ改定
 銅建値が4日、10円上げの1`840円へ改定された。現在までの月間推定平均は838.4円。

12月4日
12月15〜17日に「IoTセキュリティフォーラム 2020」
 横浜国立大学は12月15日〜17日の3日間、オンライン配信で「第5回 IoTセキュリティフォーラム 2020」を開催する。
 これは「ピンチはチャンスに変えられる〜新たな課題と使える技術への期待〜」をテーマに、IoTセキュリティに関する各部門のエキスパートが最新動向や事例、調査結果や新たな課題と解決策等を紹介するもの。
 当日は経済産業省 サイバーセキュリティ課奥家敏和課長「産業分野におけるサイバーセキュリティ政策」など基調講演のほか、DTSインサイト 事業企画本部近藤芳人本部長「RISC-Vのセキュリティーに対する取り組み」、国立研究開発法人産業技術総合研究所 森彰研究チーム長「構文解析木の変更解析に基づく3-wayマージツールの開発」などの招待講演が行われる予定。
 参加申込みはフォーラムのホームページ(https://academy.impress.co.jp/event/iot-security202012/)から。参加費無料。

12月3日
中部鋼鈑が近隣学区のクリーンキャンペーンに参加
 中部鋼鈑は11月28日、近隣学区主催の「正保学区クリーンキャンペーン」に参加、地域住民と共に地域の美化活動を行った。
 同キャンペーンには、地域との共生を根ざす取り組みの一環として2015年から参加しているが今年も晴天に恵まれ、参加者60名が約1時間、町内の散乱ごみや季節柄多く見られた落ち葉などゴミ袋130袋分を回収した。作業中は、マスク・手袋の着用、参加者同士の十分な距離の確保など新型コロナウイルス感染対策を実施しながら、町内の方々とともに汗を流した。

12月3日
豊田通商、エジプト向け配電システム高度化事業を受注
 豊田通商はエジプトの電機大手Elsewedy Electricと共同で、配電システムの高度化事業を受注した。受注額は約100億円で、日本政府が国際協力機構(JICA)を通じて実施する有償資金協力によって資金供与される。
 エジプトでは近年の経済成長に伴い増加する電力需要を賄うため、この4年で発電設備容量を増強。一方で、旺盛な電力需要に対して安定的に電力供給を行うための送配電設備の増強が急務であり、配電システムの更新・高度化によるエネルギーの効率化が求められている。
 同事業では、主要設備として日立ABBパワーグリッド社製の高度配電管理システムを導入するほか、老朽化した既設の配電設備の更新、および約50万台の電力量計をスマートメーター化する。これにより遠隔での制御・監視が可能となり、大規模停電の軽減と盗電を含む配電ロスの削減効果が期待され、電力供給の安定化と効率化に寄与する。同システムは2023年半ばに稼働予定。

12月2日
親和スチールが第1回社内研修を開催
〜現業社員が「溶解」実習を体験〜
 ステンレススクラップの輸出を手掛ける親和スチール(本社=北九州市、守田幸泰社長)は11月27日、各営業所の現業に携わる社員を対象に同社では初となる本格的な実習研修会を開催した。当日は安全対策やコロナ対策を十分に講じたうえで、守田社長をはじめ計13名が参加した。
 以前より製品品質の向上に取り組んできた同社は、現場社員の品質意識をさらに高めるため、今回の研修テーマに「溶解」を採用。ステンレススクラップに限らずスクラップの評価は成分割合が極めて重要となり、納入先の契約条件の基礎となるため、ペナルティ成分(Cuなど)が混入した場合に出荷製品にどのような影響が出るのかを、「溶解」実習の体験から理解を深めてもらう目的で実施したもの。講師は同社の品質管理責任者である壱貫田課長が務め、SUS304やSUS316、Cuなどを参加者自ら電気で溶解。溶けにくい材質もあり苦労する場面も見られたが、最後に成分分析の結果確認や考察、意見交換を行い有意義な研修となった。
 守田社長は「今回の研修で社員が学んだ『高めた品質意識』を各営業所に落とし込み、日々の業務にアウトプットすることで、業務品質の底上げを図ってもらいたい。研修を終え、弊社の社員は責任感と学ぶ意欲が高いことを強く感じた。今後も様々な研修を計画しており、人材から人財へと社員の育成に注力し、会社としても成長・進化を遂げていきたい」と語る。

12月1日
銅・亜鉛・鉛、12月のスタート建値
 12月のスタート建値は、銅が前月末から20円上げの1`830円、 亜鉛が据え置きの343円、鉛が6円上げの276円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
9月平均 750.0 311.2 265.5
10月平均 752.3 309.0 253.4
11月平均 776.1 330.7 258.9
12月1日 830 343 276

11月30日
12月10日に「ITものづくりブリッジ人材育成セミナー」
 中部経済産業局は12月10日に「ITものづくりブリッジ人材育成セミナー」をオンラインで開催する。
 これは人材育成に向けたセミナーで、ものづくり産業が持続的に成長するためにIoT、AI等のデジタル技術を用い、現場の課題を全体最適で解決し、DX(デジタルトランスフォーメーション)によって新たな価値創造やビジネス革新の一翼を担う「ITものづくりブリッジ人材」についての理解を深めることを目的としている。
 当日は南山大学 理工学部青山幹雄教授による基調講演「ものづくりのDXによる製造業の事業変革」のほか、名古屋工業大学 社会工学科荒川雅裕教授「ITものづくりブリッジ人材育成トライアルの紹介と取り組み」、小林製作所 小林靖弘専務取締役「IoT・ロボット化による当社の改善事例について」、松田電機工業所 松田悠揮取締役管理部部長「リアルな製造現場を持つ中小企業の強みを活かしたIoT/AI導入」などの講演が行われる予定。
 参加申込みは中部経済産業局ホームページ(https://www.chusanren.or.jp/jbank_s/bridge.html)から。
 参加費無料。先着150名。

11月27日
星山商店(熊本)、竹迫工場のリニューアル工事完了
〜産業廃棄物処理の特化と『星山ブランド』の構築〜
リニューアルした竹迫工場の全景
 星山商店(本社=熊本市北区武蔵ヶ丘 星山一憲社長)は、竹迫工場(熊本県合志市)のリニューアル工事が7月に完了し、順調に稼働している。
 今回のリニューアル工事では休憩室を含む計6棟の建屋を建設。新築した延床面積は計4,560u。屋根の高さは内寸約18mあるため建屋内に重機が入り、作業しやすくなった。また近隣の景観等にも配慮し、当初から緑地帯を設置。さらに今回約6mの防音壁を新設し、追加の環境対策に注力した。
 同工場は産業廃棄物の対応に特化した同社の基幹工場として、木くずの処理をはじめ、コンクリート・アスファルトのリサイクル、廃石膏ボード・廃プラ・ゴムなどの受入れなど、今後発生増が見込まれる産業廃棄物や一般廃棄物の処理に対応している。さらに広いスペースを有効活用し、自動販売機や業務用冷蔵庫等の解体作業場としても活躍。同工場の主な設備は400馬力シュレッダー1基、天井走行クレーン5基、油圧ショベル2台など。
 同社は2016年の熊本地震や今年7月の熊本豪雨など、地域の災害対応に尽力・貢献してきた。星山社長は「様々な災害時にも従業員が献身的に対応し、乗り越えることができた。普段から助けてもらうことが多く、優秀な社員に恵まれて本当に感謝している。それに応えるために他の工場もリニューアルするなど、今後も従業員の働きやすい環境を整えたい」と従業員に対する謝意を述べたあと、今期の売上目標は150億円を目指すとした上で「今後や売上や利益追求だけでなく、モラルやコンプライアンスを重視し、業務の効率化を進め、お客様や従業員の満足度向上やさらなる地域の社会貢献活動を充実させていきたい」と抱負を述べ、『星山ブランド』構築に邁進する考えだ。

11月26日
銅建値、前回比20円上げの1`810円へ改定
 銅建値が26日、20円上げの1`810円へ改定された。現在までの月間推定平均は776.1円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
8月平均 728.5 306.3 266.5
9月平均 750.0 311.2 265.5
10月平均 752.3 309.0 253.4
11月2日 316 252
4日  750    
6日   322  
9日 760    
10日     255
11日   331  
12日  770    
16日   328  
17日 780   261
19日   340  
24日 790    
25日   343 270
26日 810    

11月26日
東港金属 千葉工場に住友建機製「SH250-7MP」を導入
 東港金属(本社=東京都大田区、福田隆社長)はこのほど、千葉工場(千葉県富津市)に住友建機製「SH250-7MP」を導入した。工場建屋内の大型シュレッダーへ母材を投入する「工場内で最もタフな現場」(東港金属)で使用している。
 導入したマシンには、外部への送風量を増強する「リバーシブルファン機能」を搭載した。内部に蓄積する埃の量を低減することで、マシンへの負荷を低減するとともに清掃などのメンテナンス性を高める効果が期待されている。
 千葉工場は、プレ破砕機および1000馬力の大型シュレッダーと破砕後の選別ラインを保有。月間5,000dほどの廃棄物の破砕選別処理を行っている。効率的な事業の運営を行う上で、設備への投資も続けており、来年春には住友建機製「SH200LC-7EC」の導入が決まっている。

11月25日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`343円へ改定
鉛建値、前回比9円上げの1`270円へ改定
 25日、亜鉛建値が3円上げの1`343円へ改定された。現在までの月間推定平均は330.7円。
 また、鉛建値が9円上げの1`270円へ改定された。現在までの月間推定平均は258.9円。

11月25日
平林金属・男子ソフトボール部、地元岡山開催の日本男子ソフトリーグで優勝
 総合リサイクル事業者の平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)の男子ソフトボール部は11月13日から15日、地元である岡山県で開催された日本男子ソフトリーグで優勝を飾った。
 同大会は新型コロナウィルス感染拡大を受けて中止となっていた日本リーグの代替で、全国から有数のチームが集まり、日本一を競い合う日本トップレベルの大会になる。平林金属は4試合のトーナメント戦を勝ち上がり、決勝は15日に岡山県総合グラウンド野球場で行われ、日本エコシステムと対戦し、10-9で勝利した。
 同社の男子ソフトボール部は昨年、愛知県で開催された第48回日本男子ソフトボールリーグ決勝トーナメントにおいて2年連続5度目の優勝を果たした全国でも有数な強豪チーム。また世界大会では日本代表チームを準優勝に導くなど多くの功績を納めており、ソフトボール業界の中で存在感は非常に大きい。

11月24日
銅建値、前回比10円上げの1`790円へ改定
 銅建値が24日、10円上げの1`790円へ改定された。現在までの月間推定平均は772.7円。

11月24日
大都(本社=大阪市)、来春から物流倉庫事業に進出
〜定温湿倉庫を自主運営〜
定温湿倉庫の強みを活かし
物流事業に進出
 鉄スクラップの港湾荷役業務などを手掛ける大都(本社=大阪市港区、間口豪社長)は新たに物流事業へ進出する。来春を目処にSBSロジコムが19年に開設した南港物流センター(大阪市住之江区南港南2-5-8)の一部区画を借り受けての事業開始が決定しており、成長の見込める分野において、新たな収益基盤を構築する。
 同センターは阪神高速4号湾岸線の南港中IC、南港南ICから車で約4〜6分、大阪港からも10分程度と物流事業において抜群のロケーションとなっており、保管能力や作業効率を飛躍的に高められる自動ラックも完備している。南港物流センター内での大都の総敷地スペースは約4,300u。保管する商品に応じて、2つのタイプの倉庫を揃え、常温倉庫は約1,500u(バース約200u含む)に対して、12℃〜25℃の温度や湿度を一定に保つ機能を備えた定温湿倉庫はその2倍近くとなる約2,800u(バース約300u含む)も有し、湿気や高温による商品の変形と劣化を防ぐことが可能となる。大都では新事業において、一般的な常温倉庫に比べて、大阪府内でも数少ないとされる定温湿倉庫に着目し、ワインなどのアルコール類や食品類、精密機器といった温度や湿度管理が不可欠な付加価値の高い製品を扱い、他社との差別化を図る。
 大都は鉄スクラップの港湾荷役事業を始め、解体事業のほか、物流センターでの倉庫内作業を請け負う倉庫事業も行い、かねてから南港物流センター内においてもトラックバースでの荷役作業から棚入れ、ピッキングなどを手掛けてきた。こうした様々な事業のノウハウを活かし、数年前から新事業として物流倉庫の自主運営を検討してきたなかで、1階部分の荷主の移転に伴って、同センター内での空きスペースの有効利用を図りたいSBSロジコムとの思惑が一致し、大都独自での物流事業への進出が具現化した。
 ここでは入荷した製品の検品から定温湿倉庫を中心とした保管作業に加え、受注ごとにピッキングや梱包、出荷などの全ての業務を大都側が行う。同社では定温湿倉庫の自主運営を足掛かりに、成長分野のEC市場(インターネット通販)にとって生命線といえる物流事業をさらに強化していく方針にあり、「好立地と高機能倉庫を活かして、早期事業化を図り、収益体制を確立でき次第、所有する自社倉庫の自主運営なども検討していきたい」(畑将人・南港ロジ営業所所長)と力を込める。

■問い合わせ先
株式会社 大都
物流部 WOSチーム(ロジスティクス)
南港ロジ営業所
大阪市住之江区南港南2-5-8 3F
TEL06-6606-8180 FAX06-6606-8179

11月20日
12月8〜11日に「自動車機能安全カンファレンス2020 オンライン」
 インプレスと日本自動車研究所は12月8日から11日に「第8回 自動車機能安全カンファレンス 2020 オンライン」をWEBで開催する。
 これは「自動運転に向けた機能安全とセキュリティ技術の最前線」をテーマに、各分野の専門家による技術解説や事例紹介などを行う4日間のイベント。
 当日はトヨタ自動車株式会社 制御電子プラットフォーム開発部橋本雅人主査「CASE時代に向けた電子プラットフォームの進化」、日本自動車研究所 鎌田実研究所長「JARIにおける自動運転への取り組み」など基調講演のほか、自工会 電子安全性分科会川名茂之分科会長「ついに出た!サイバーセキュリティ法規を解釈すると・・・」、筑波大学 システム情報系伊藤誠教授「自動運転における人間の役割再考」などの招待講演が行われる予定。
 参加の申込みは、ホームページ(https://academy.impress.co.jp/event/afsc202012/)から。参加費無料。

11月19日
亜鉛建値、前回比12円上げの1`340円へ改定
 亜鉛建値が19日、12円上げの1`340円へ改定された。現在までの月間推定平均は330.1円。

11月19日
親和スチール、ホームページを全面刷新
トップページ画面
 ステンレススクラップの輸出を手掛ける親和スチール(本社=北九州市、守田幸泰社長)はこのほど、ホームページを全面リニューアルした(右写真参照)。
 刷新したホームページにはトピックスやニュースなどの項目を追加するとともに、会社の沿革や事業内容、拠点一覧・取扱品目などの情報を増やし、コンテンツのさらなる充実を図った。また、自社スタッフが作成した会社パンフレットもダウンロードが可能なうえ、写真を多用するなど見やすさも追求。魅力的なサイトに改良されている。
 守田社長は「これからも社内IT化の充実を図り、引き続きお客様にお役に立てる情報提供や利便性の向上にも努めていきたい」と意気込みを語る。
 同社の新しいURLは https://shinwasteel.com/

11月19日
大同・中津川先進磁性材料開発センターとダイドー電子見学会を開催
開発した熱間加工磁石と
搭載された駆動モータ
 大同特殊鋼は今月11日、磁石の研究開発と次世代モータの研究を行う中津川先進磁性材料開発センター(岐阜県中津川市千旦林)とダイドー電子(中津川市茄子川)の見学会を開き、報道関係者16名が参加した。
 大同グループは長年にわたり磁石事業を手掛け、研究開発を技術開発研究所(名古屋市南区)、製造販売を子会社のダイドー電子が担ってきた。今年5月、15億円を投資し同センターを設立。磁石の研究・製造、モータ設計・評価を中津川地区に集約することで、産学連携により次世代モータ技術とそれを支える高機能磁石に関する研究開発を推進している。
 大同の西村副社長は「当センターではEV向けで将来需要が伸びる特殊配向(磁力の向き)磁石の開発を行っている。この磁石を搭載したモータは特性が格段に向上する。特殊配向磁石の研究開発と評価ができる設備を整えたことで、一刻も早く製造技術を開発し、量産化に持っていきたい」と挨拶。同センターで研究開発を行う熱間加工磁石は保持力と耐熱性に優れ、レアメタルの使用量を抑制できる。大同は2016年に重希土類不使用で高耐熱性と高磁力のネオジム磁石を開発し、世界で初めてハイブリッド車用駆動モータに採用された。この磁石は形状や配向の自由度が高く、従来の焼結・板形状磁石では困難だったモータ設計が可能となる。モータの小型・軽量化、高効率化を実現できるためユーザーからの期待も大きい。
 ダイドー電子では磁石の量産実用化を行っている。同社ではボンド磁石、熱間加工磁石、焼結磁石の3種類の磁石を製造。ボンド磁石は磁粉を樹脂と練り合わせて成形するため形状自由度が大きく、HDDスピンドルモータや振動モータ、フューエルポンプ用モータなどに使用される。熱間加工磁石は粉砕した粉末を熱間加工し、圧縮して磁場を整える。熱に強く、自動車の駆動モータ用ローターや電動パワーステアリング、電動パワースライドドア、FA用ACサーボモータなどに使用される。焼結磁石は微粉砕した結晶粒をモールドに入れて真空焼結炉で焼き固めるため、最終製品に近い形の磁石が出来るのが特徴。売上の用途比率は自動車向け77%、OA・家電9%、HDD4%、産業機械5%、その他5%。
 ダイドー電子の天野社長は「現在の売上高は200億円で、EV化が進めば300億円。将来的にアメリカで現地生産が実現すれば、500億円となる予想」と語った

11月18日
豊田メタル、12日に廃車供養式 累計760万台を廃車処理
斉藤社長によるお守札焼納
 豊田メタル(愛知県半田市日東町1−6、斉藤尚治社長)は12日、「第43回廃車供養式」を執り行った。
 この廃車供養式は日常生活や産業活動に役立ってきた車に感謝し、交通事故者などの霊を慰め、車社会での交通安全を祈願するもの。当日は豊田メタル関係者、特別参加の豊田通商貸谷社長ら15名が出席し、住吉神社宮司司祭によりおごそかに供養が行われた。
 式後の挨拶で貸谷社長は「今日初めて廃車供養式に参列させて頂いた。我々が取り扱う車の来歴を思い、リサイクルという形で社会に資源を還元していく、大変重要で尊い使命、責任を負っていることを改めて自覚した。トヨタ自動車も毎年信州蓼科で交通安全祈願を行っている。この二つの式に共通するものは祈りと感謝。その二つを胸にこれからも社業の発展に取り組んでいきたい」と語った。
 斉藤社長は「今年は新型コロナウイルスの感染対策のために、日頃大変お世話になっている取引先各位を招待できず、豊田メタル単独で廃車供養式を予定していた。ここに特別に豊田通商貸谷社長の参加を頂き、少人数だが、取引先の気持ちを代弁・代表し、無事廃車の供養と交通安全を祈願した。本年は7月に豊田メタル創業50周年を迎え、廃車供養式も今回で43回目。これもひとえに関係各位とともに長年事業を継続させて頂いているおかげ。当社は1970年の会社設立以来、累計で760万台の車を処理した。使命を終えた車、新しいクルマ社会を創造するためのテスト車両、交通事故で処分される車をリサイクルしている。今回、豊田メタル創業50年に当たり3つのビジョンを制定した。1つ目はリサイクル事業を通じ、次世代社会の幸せに貢献すること。2つ目は新しいモビリティ社会の循環型システムを構築すること。3つ目は社員の成長と幸福を追求し、業界の発展に寄与すること。当社は取り巻く環境の変化、時代の変化に対応し、明日の地球への社会貢献を実現するために努力していく」と力強く誓った。

11月17日
銅建値、前回比10円上げの1`780円へ改定
鉛建値、前回比6円上げの1`261円へ改定
 銅建値が17日、10円上げの1`780円へ改定された。現在までの月間推定平均は770.0円。また、鉛建値が6円上げの1`261円へ改定された。現在までの月間推定平均は257.1円。

11月17日
中倉商店、建機運搬兼用ダンプトラック導入 サービスの拡充図る
新型トラックの導入で
差別化図る
 金属スクラップリサイクル事業者の中倉商店(本社=徳島県吉野川市、中倉茂仁社長)は10月末、土砂や建機の運搬可能なダンプトラックを新たに導入した。同時期に導入しているミニショベルを荷台に乗せ、スクラップの引き取り先での廃棄物と有価物の選別作業を効率化させることで、ユーザーへのサービス拡充を目指す。
 今回、導入したのは三菱ふそうトラック・バス製3トントラック。ボデー部分は新明和工業製のローダーダンプで、徳島県では初めての導入になる。最大積載量2,000〜3,000kg。長さ3,050mm、幅1,600mm、高さ320〜370mm。主な特長は@スライドボデーを採用しており、長い道坂の設置が不要。重機を傷つけず、素早く安全に積み込みができるA荷台が接地するまでスライドするので手積み作業が簡易B建機運搬専用車両と運転手が不要C土砂などの産廃物や建機の運搬可能が挙げられる。
 導入について岡本大介専務は「創業以来、スクラップの発生元である工場様とは長くお付き合いさせて頂いている。有価物だけを引き取るのではなく、産廃物を選別して引き取っていくことで、工場様の生産効率化に寄与できればと思う。今後も多種多様なニーズに対応し、同業他社との差別化を図っていく」と力をこめて語った。

11月17日
11月16日〜12月11日「メッセナゴヤ2020オンライン」開催
 メッセナゴヤ実行委員会では、11月16日〜12月11日の26日間、WEB上で「メッセナゴヤ2020オンライン」を開催する。
 「メッセナゴヤ」は2006年から毎年開催されている業種・業界の枠を超えた日本最大級の異業種交流展示会で、昨年は1,442社・団体が出展し、およそ6万2千人が来場者した。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「メッセナゴヤ」の通常開催を中止し、WEB上での開催となった。今年は576社・団体が展示を行うほか、AIによる最適な商談相手を提案するマッチングサービスやビジネスセミナー、大手・中堅企業への持ち込み提案商談会「メッセBIZ」などで来場者と出展企業に新たな商談機会を提供する。
 会場はメッセナゴヤ2020オンラインWEBページ(URL https://www.messenagoya.jp/)。入場無料。

11月16日
亜鉛建値、前回比3円下げの1`328円へ改定
 亜鉛建値が16日、3円下げの1`328円へ改定された。現在までの月間推定平均は325.6円。

11月16日
平林金属、経済産業大臣賞を受賞
 総合リサイクル事業者の平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)は10月27日、リデュース・リユース・リサイクル推進協議会が主催した令和2年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰の表彰式で、同社が展開する全国初の有人型資源集積施設「えこ便」が経済産業大臣賞を受賞した。
 同社ではえこ便を通じて、市民が持ち込む「場と仕組み」を提供し、小型家電などの一般家庭で不要になったものの再資源化に努め、市民参加型の循環経済、SDGsを目指すモデルケースとして取り組んでいる。また他にも正しいリサイクルの啓蒙活動、女性スタッフが働きやすい清潔感のある職場・施設づくり、環境教室などによる地域コミュニケーション、一般家庭や企業から出る不要になった新聞、ダンボール、チラシ、雑誌などの古紙を回収して、リサイクルする新たなサービスのeポストと商業施設のタイアップによって集客効果を生み出すビジネスモデルを構築。こういった同社を象徴するキーワード「もったいない」を常に心掛けた取り組みが評価に繋がり、受賞となった。

11月13日
アルメック(大府)が、「地域未来牽引企業」及び「はばたく中小企業300社」に選出
 アルメック(本社=愛知県豊明市、星河秀樹社長)は、このほど「地域未来牽引企業」及び「はばたく中小企業300社」に選出された。
 「地域未来牽引企業」は2017年から地域経済への影響が大きく成長が見込まれ、バリューチェーンの中心となり得る企業を、「はばたく中小企業300社」は2014年から生産性の向上やインバウンド需要の取り込み、多様な人材活用など様々な分野で活躍している中小企業をそれぞれ経済産業省が選定する。
 同社は製鋼原料、非鉄金属を扱う有力ディーラーで、加工処理設備は大型シャー、プレス機に加えシュレッダープラントも保有。愛知環境賞を受賞した「非鉄ピックアップライン」をはじめとする各種選別ラインを通して困難な複合物の再資源化も行う。また、社内木鶏クラブ(読書会)や広報誌の発刊、健康経営優良法人の取得など働きやすい職場づくりにも注力、17年には社内向けSNSツール「TUNAG」を導入しコミュニケーション強化による業務効率化も図ったことなどが、選定にあたり高く評価された。
 これまで様々な表彰を受けてきた同社であるが、国が選定する賞の受賞は今回が初めてで、賞の受賞は社員の自信になるとともに、企業の知名度向上、ブランド化へもつながる。
 星河社長は「目に見える成果は、目に見えない地道な活動の積み重ねの上にある。2つの受賞を大きな励みとし、より一層の努力を続けていきたい」と話し、今後は電炉メーカーなどの大手企業の受賞が目立つ愛知ブランド企業やホワイト企業認定、国が主催するSDGSアワードなどにも挑戦していく方針だ。

11月12日
銅建値、前回比10円上げの1`770円へ改定
 銅建値が12日、10円上げの1`770円へ改定された。現在までの月間推定平均は765.0円。

11月12日
トライシクル 電子契約サービス「エコドラフト」のセミナー開催
 東港金属のグループ企業でリサイクル関連のインターネットサービスを運営するトライシクル(本社=東京都品川区南大井、福田隆社長)は、産廃・建廃委託契約書を電子化する「エコドラフト with クラウドサイン」について、電子契約・サービス内容の無料オンラインセミナーを11月25日に開催する。
 セミナーは福田社長が講師を務め、電子契約と委託契約の電子化メリットやエコドラフトの説明、デモンストレーションなどの内容で構成する。9月に開催したセミナーと同様に、Zoomによるオンライン形式で行う。
 電子契約サービス「エコドラフト」はコロナ禍でのリモートワークの拡大に伴い、契約数が大幅に増加。スクラップの大手企業でも導入が増えているという。セミナーの聴講申し込みはトライシクルのHPまで。

11月12日
近畿工業「V-PICKER(ブイピッカー)」の動画配信を開始
 破砕・選別機メーカーの近畿工業(本社=兵庫県神戸市、和田知樹社長)は今月4日からAI(人口知能)搭載型非鉄選別ロボット「V-PICKER(ブイピッカー)」の動画配信を開始した。今夏からの販売開始に合わせ、同機への注目度は高まっているが、その反面、今年は新型コロナウイルスの影響により、デモ機見学の受け入れが困難なため、動画を活用して、業界内外への販促に繋げていく考えだ。
 「V-PICKER」はディープランニングという手法を用い、色や形状が蓄積された大量の画像データを基に、AIを搭載したロボットがカメラで読み取った画像を解析。銅、真鍮、アルミなどを識別した上で、自動的にそれぞれを選別できるシステムとなっている。また、画像データを新たに蓄積していくことで、より高精度な選別が可能となる仕組みだ。「V-PICKER」シリーズは2つのタイプを揃えた。ミックスメタルを対象とした吸着タイプは破砕後に磁選機を経由し、鉄が取り除かれたコンベアラインに流れてくるアルミ、銅、真鍮をカメラが読み込み、その送られてきた画像からデータを蓄積したロボットが銅と真鍮のみを高い精度で選別する仕組みだ。また、磁着タイプは磁選機を経由した後、多種多様の形状をしてラインに流れてくる鉄単体と銅線の噛みこんだ鉄を蓄積された画像データを基に、後者だけを認識して選別するため、後工程で銅線を除去でき、高品質な鉄スクラップの供給が可能となる。同機は設置の自由度が高いコンパクト設計に加え、複数名で選別を行ってきた選別作業をロボットに置き換えることで、人手不足の解消や労働災害リスクの低減にも繋がる。2分超の動画では吸着タイプ、磁着タイプが自動的に選別する映像なども盛り込んでおり、視聴者に把握しやすいのも大きな特徴だ。
 同社では「V-PICKER(ブイピッカー)」をスーパーシュレッダーのユーザーや既存の破砕処理設備を有する企業への単体販売を始め、これから破砕処理機導入を検討する金属リサイクルディーラーに対してプラントでの提案も行いながら、販売強化を目指す構えであり、来年開催の「2021NEW環境展」にも出展を予定している。

各種リサイクル機器への問い合わせ先
兵庫県神戸市中央区栄町通4−2−18
電話078−351−0770

11月11日
亜鉛建値、前回比9円上げの1`331円へ改定
 亜鉛建値が11日、9円上げの1`331円へ改定された。現在までの月間推定平均は327.2円。

11月11日
愛知県、11月27日に「ITSあいち県民フォーラム2020」
 愛知県では、11月27日14時30分から愛知県中村区那古野の名古屋国際センター別棟ホールで開催する「ITSあいち県民フォーラム2020」の参加者を募集している。
 愛知県ではITS(高度道路交通システム)を活用した安全で快適な地域づくりを目指しており、産・学・行政からなる「愛知県ITS推進協議会」を中心に普及活動に取り組んでいる。
 このフォーラムは「モビリティ分野のトレンド」をテーマに、三菱総合研究所スマート・リージョン本部外山友里絵研究員「移動革命で変わる次世代都市交通の未来〜Maas, CASE, そして都市交通DXへ〜」、ソフトバンク先端技術開発本部河村浩彰課長「通信を用いた自動運転・安心安全領域の高度化とソフトバンクの取り組み」の2講演が行われる予定。
 定員100名(先着順)、参加費無料。
 参加申込み・問合わせは愛知県ITS推進協議会事務局(電話052-954-6125)まで。

11月10日
鉛建値、前回比3円上げの1`255円へ改定
 鉛建値が10日、3円上げの1`255円へ改定された。現在までの月間推定平均は254.2円。

11月10日
星山商店(熊本)、本社の新社屋が完成
〜来客・従業員に快適な機能が充実〜
新築した本社社屋外観
 総合リサイクル企業の星山商店(本社=熊本市北区 星山一憲社長)は、かねてより建設を進めていた本社の新社屋が完成し、10月12日から業務を開始している。
 新築した社屋は3階建て鉄骨構造で延床面積は以前の3倍以上となる1,436u。1階部分は顧客対応のための窓口業務や経理部門、商談ルーム(2室)、会長室を、2階は総務・営業部門と従業員の休憩室、倉庫、社長室を、そして3階は最大約150名収容可能な大会議室、約20名収容できる中会議室、書類などを多数保存できる倉庫などを設けた。分散していた事務所を同じフロアに集約することで、業務の効率化向上とコミュニケーション活性化による職場環境改善を整えた。また旧事務所は1階の来客用待合スペースが狭く通路で待機してもらう状態だったが、少ない待ち時間でもゆったりと椅子に座れる快適な空間となっている。また持ち込み顧客の駐車場が近くなり、動線確保によりスムーズな移動が可能となった。また2階の休憩室では靴を脱いでゆったりとくつろげるスペースがあり、従業員の憩いの場としても好評を得ている。屋上は本社工場全体を一望することができ、工場の稼働状況確認だけでなく、来客の見学等にも対応している。事務所内の従業員用トイレだけでなく事務所外にある来客用も同時に広く快適に改良した。さらに近隣の景観等に対する環境改善にも配慮。そして同社社員からは「事務所内にいると作業時の音や(すぐ隣にあるJRの)電車が通過する音などがほとんど聞こえない」と遮音性の高さにも驚いていた。
 旧事務所は40年以上経過による老朽化と2016年の熊本地震時で建物に被害が出たため、建て替えを決めたという。星山社長はコロナ禍にも関わらず、完成が1か月ほど早くなったことに対して謝意を表した上で「小学校の頃から自宅兼事務所だったため、建て替えは寂しかったが、お客様が訪問しやすく従業員が働きやすい快適な環境にしたかった。お客様や従業員に恵まれ、本当に感謝している。今後も様々な職場改善の充実を目指していきたい」と感慨深く述べた。

11月10日
豊田通商、ガーナで日本企業初の車両組立事業者認可取得
生産予定の
トヨタ・ハイラックス
 豊田通商はこのほど、ガーナ共和国で今年6月に設立した車両生産会社「トヨタツウショウ・マニュファクチャリング・ガーナ(以下TTMG)」で、日本企業初の車両組立事業者の認可を取得した。
 豊田通商は2019年1月にトヨタ自動車からアフリカにおける営業業務の全面移管を受けてアフリカでの取り組みを一層強化している。
 今回の取り組みは昨年8月に横浜で行われた第7回アフリカ開発会議で、豊田通商とガーナ政府が締結した「自動車産業の発展に向けた協業に関するMOU」に基づくものである。
 TTMGはケニア、エジプト、ナイジェルア、ルワンダに続きアフリカ5か国目の車両生産拠点。資本金300万米j、株主は豊田通商100%。社長は山田明氏。
 新工場はガーナの首都アクラから30kmのテマ市に約700万米jを投資して建設。生産車種はトヨタ・ハイラックスで、新工場の生産台数は年1,300台。新規雇用は約50人を予定し、2021年中頃に生産開始に向けて準備を進めている。

11月9日
銅建値、前回比10円上げの1`760円へ改定
 銅建値が9日、10円上げの1`760円へ改定された。現在までの月間推定平均は758.3円。

11月9日
中倉商店(徳島)、重機導入で選別作業の効率化 労働環境改善にも取り組む
導入した重機。夫婦で記念撮影
 金属スクラップリサイクル事業者の中倉商店(本社=徳島県吉野川市、中倉茂仁社長)は10月末、選別作業の効率化にともなって新たに重機を導入し、設備増強を行った。
 導入したのはコベルコ建機製ミニ油圧ショベルSK30SRで回転フォークを装着。同機は新型エンジンを搭載し、パワフルでありながら従来機と比較して燃料消費は15%低減。さらに低燃費運転に切り替えれば最大25%の低減が可能になる。機内へのダスト侵入を防ぐiNDrフィルタを備えており、侵入元となるラジエータやオイルクーラーの清掃作業は不要になるので、メンテナンスコストの削減にも繋げられる。
 同社では主品目である新断以外に、自治体などから発生する選別が必要な老廃スクラップを扱っており、重機を活用して選別作業の効率化を図る狙いだ。また同機は特別製で運転席が冷暖房を完備したキャビンになり、岡本大介専務は「弊社は屋外ヤードなので、季節によっては現場作業が過酷になることもある。キャビンにしたことで作業員にとって過ごしやすい環境になれば幸いだ。今後は安全確保のため労働環境の改善にも取り組んでいきたい」と話す。
 同社は創業50年以上で老舗の金属スクラップリサイクル業者。徳島県吉野川市に本社を置き、阿波市に営業所を展開。鉄・非鉄スクラップなど金属全般を扱う。来年、油圧シャーの導入を予定している。

11月9日
環境アライアンス2F4K、オンライン座談会を開催
SDGsについて意見交換
座談会の様子
 リサイクル・産業廃棄物業界の支援団体である環境アライアンス2F4K(本社=大阪府大阪市中央区、寺井正幸代表理事)は10月30日、SDGsに関連したオンライン座談会をZoomを用いて開催。参加者は10名で、産業廃棄物処理会社だけでなく、大手電機メーカーのエンジニアリング会社やコンサルティング会社など様々な業界が集まった。
 冒頭、寺井代表理事は参加者に謝辞を述べ、「硬いものでなく、忌憚のないリラックスした雰囲気で座談会に臨んで貰えたらと思う。今回は『SDGsという変化に静脈産業はどのように向き合うのか?』をテーマに皆様と意見交換をさせて頂きたい」と挨拶。SDGsの紹介では、その影響について触れ、「ダボス会議でSDGsを達成すれば、2030年まで12兆ドルの経済効果と3億8000万人の雇用が創出される可能性の話が出て、経済界でも大きな経済活動高度成長計画に位置づけされている。またSDGsに取り組む企業に対して消費者が前向きに行動していることから、SDGs経営に対して積極的な企業が増えている状況だ。さらに教育の観点からも動きがあり、2020年から学習指導要領にESD(持続可能な開発のための教育)が組み込まれる。そのことでSDGsの教育を受けた10〜20代を中心として次世代が社会に出てくる可能性が出てきた。それらを踏まえたうえで静脈産業ではどのように対処するか、どのように取り組むかを話し合うことは重要と考える」と強調した。
 座談会では産業廃棄物処理やリサイクル事業の理解を深めるためにSDGsの必要性、海外が具体的に大きな動きで積極的に取り組んでいることに対して、日本はブランドとイメージが先行していることの危機感などの議題が挙がり意見を交換した。

11月6日
林氏が最新リポート「ASEAN6カ国の鉄鋼蓄積量推計」を発表
 国内外の鉄リサイクルに関する調査研究を行う鉄リサイクリング・リサーチ(本社=茨城県北相馬郡、林誠一社長)は11月2日、「ASEAN6カ国の鉄鋼蓄積量推計」と題した最新リポートを発表した。
 リポートによると、ASEAN6カ国の2019年末の鉄鋼蓄積量の合計は11億4470万dとなった。日本の14億d、韓国の7億dの間に入る規模で、現在もなお急増中だ。さらに国別では、1位がインドネシアで2億6260万d、2位がタイで2億6040万d、3位がマレーシアで1億7300万d、4位がベトナムで1億7120万dなどとなっている。また過去50年間の推移や、2019年末の老廃スクラップ回収率なども分析している。推計には世界鉄鋼協会およびその前身のIISIのデータを基準とした。
 林誠一氏のリポートはこれで通算58件目。同リポートは同社のホームページにも掲載されている。

11月6日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`322円へ改定
 亜鉛建値が6日、6円上げの1`322円へ改定された。現在までの月間推定平均は321.1円。

11月6日
鈴木商会 森事業所を開設、成田商会の事業を継承
駒谷僚社長(左)と
岡嶋康輔町長(右)
 鈴木商会(本社=札幌市中央区、駒谷僚社長)は2日、道南エリアに森事業所(竹駒哲也所長、茅部郡森町赤井川197-1)を開設。開所式を開催した。
 同地では、かねてよりグループ会社の成田商会が事業を展開しており、その事業を継承するかたちでの開設となる。
 同社の駒谷社長は「人材・システム・物流など、これまで成田商会と鈴木商会で分かれていたものを一元化し、シナジー効果を高めるために森事業所を開設した。道内主要都市近郊に新たな拠点ができたことから、業務がよりスムーズに進み効率化できることを期待している」と話す。

11月6日
豊田メタル、11月12日に「第43回廃車供養式」
 豊田メタル(愛知県半田市日東町1-6)は11月12日午前10時から「第43回廃車供養式」を行う。
 同行事は地元住吉神社宮司司祭により執り行われるもので、日常生活や産業活動に役立ってきた車に感謝し、交通事故者などの霊を慰め、車社会での交通安全を祈願する。
 当日は半田市役所、警察署、消防署などの地元代表をはじめ、株主会社である豊田通商の関係者、豊田メタル会会員、豊通会代表らが出席する予定だ。

11月5日
エコネコル(静岡)が航空機の解体・リサイクルを実施
HPで公開されている
解体シーン
 エンビプログループのエコネコル(静岡県富士宮市、佐野文勝社長)が航空機の解体・リサイクルを実施した。国内における航空機リサイクルは事例が少ないという。同社は昨年に退役した日本国政府専用機「ボーイング747-400」を購入。海外へと販売したことをきっかけに、使用済み航空機に関する一連の取り組みを開始した。
 航空機リユース・リサイクルの流れは大きく分けて「機体を機体として再利用」、「機体を解体して部品として再利用」、「全て解体して素材毎に再資源化」の3つに分類され、取引先の意向や機体の状態、市場ニーズによって選択される。今回は機首部分を展示用リユースとして切り離し、残った機体を重機で車両サイズに加工。エコネコル本社工場の大型シュレッダーラインにおいて素材毎にリサイクル処理を施している。
 尚、エンビプロ・ホールディングスのホームページ上(https://www.envipro.jp/news/topics/news-1630/)で航空機の解体シーンを公開している。
 近年、燃費効率の良い新機種の導入などにより、航空機業界では機体更新のペースが速まり、現役を退く機数が増加。同時に各種資源をリサイクルする必要性も増している。エコネコルは、航空機のリユース、リサイクルを持続可能社会実現に向けた取り組みの1つと位置付けており、今後も技術、ノウハウ、市場の研究を続けて行く方針だ。

11月5日
イボキン シュレッダー後工程の選別ライン設備を更新
〜SDGsの達成に向けて〜
導入した選別ライン設備
 総合リサイクル企業のイボキン(本社=兵庫県たつの市、高橋克実社長)は、後工程選別ラインの設備を更新し、11月から本格稼働を開始する。
 今回更新したのはシュレッダーで破砕後に鉄などを取り除いた後(工程)の選別ライン。同社は昨年6月、シュレッダーを近畿工業製500馬力の竪型破砕機にリプレースし、その能力を最大限活かすための選別ラインが急務となったため設備一式を更新した。導入後の処理能力は破砕機と同じ約1.5倍の月間1,500d。総工費は約5億円。設備の設計等は近畿工業が手掛けた。
 同社の主力事業の一つである解体事業から発生する複合廃棄物や小型家電リサイクル法認定事業者(第7号)として近隣自治体等から回収する小型家電等の電子機器をシュレッダーで破砕。その後、前工程(磁選機)で取り切れなかった鉄およびアルミ・ステンレス・銅・基板などの非鉄金属や廃プラなどを磁選機・アルミ選別機・ふるい機・トムラソーティング製の最新鋭選別機(ファインダー)で選別。ファインダーはコンベア幅2,400mmで従来よりも大型の機械を導入し、ミックスメタルを高精度な原料に加工する選別システムを確立した。機械設備更新により、今後需要増が見込まれる小型家電や複合廃棄物の適切な処理と生産性の向上、さらに各種金属やプラスチック類を永続的に利用できる循環資源に寄与し、同社が取り組むSDGs(持続可能な開発目標)の目標達成に貢献することを目指す。
 同社は鉄・非鉄スクラップをはじめ、解体工事・ELV・小型家電・プラスチック・木屑など、解体撤去からリサイクル・最終処分に至るまで全ての工程をワンストップサービスで展開する総合リサイクル企業。多種多様な資格を持ち、優良産廃処理業者にも認定されている。1999年にはISO14001を取得。2018年8月には東京証券取引所ジャスダック市場に新規上場した。事業所は本社工場をはじめ龍野工場(たつの市)、阪神事業所(兵庫県尼崎市)、東京支店(東京都千代田区)など。さらに今年10月に福島支店(福島県双葉郡富岡町)を新規開設した。

11月4日
銅の11月のスタート建値は据え置き
 銅の11月のスタート建値は、 前月末から据え置きの`750円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
8月平均 728.5 306.3 266.5
9月平均 750.0 311.2 265.5
10月平均 752.3 309.0 253.4
11月2日 316 252
4日  750    

11月4日
CBM、11月から「GO TO TRACON」キャンペーンを開始
 コンピューターシステム機器のCBM(本社=名古屋市中村区)では、今月1日から来年3月31日まで「GO TO TRACON コロナに負けるな!応援キャンペーン」を行う。
 CBMの製鋼・非鉄・製紙原料業、産業廃棄物業向け「TRACON」は40年以上の納入実績を持つトラックスケール連動販売管理システム。計量伝票の発行から日報・月報の管理資料作成、請求書・支払明細書の発行まで一貫で行え、逆有償やダスト処理などの事務処理も簡単にできる優れモノだ。
 同社では「GO TO TRACON コロナに負けるな!応援キャンペーン」と題し、期間中に契約・導入いただいたお客様に、総額1000万円の最適な応援アイテムを還元する。
 お問い合わせはCBM(電話052-561-2131、https://www.tracon.jp)まで。

11月4日
共英製鋼 米国子会社が鉄球事業強化に向け合弁会社設立
 共英製鋼は米国子会社ビントン・スチール(北田正宏社長)は世界最大の鉱山向け鉱石粉砕鉄球の製造・販売企業Molycopグループと鉄球の製造・販売に関する合弁事業を11月2日より開始することを発表した。
 共英製鋼は今年3月にMolycopグループを傘下とするAIP社からカナダのアルタ・スチールを買収し、同グループと鉱山向け鉄球事業の関係強化を図ってきた。同じく、鉄球の製造、販売を手掛けるビントン・スチールの北米における鉄球事業のさらなる強化のため、合弁事業を開始することを決めた。
 合弁会社のビントン・ボール(Vinton Ball LLC、米国テキサス州、代表者=テイラー・スミス)の資本金は10万j(約1050万円)。MolycopグループのGrinding Media Inc.が51%、ビントン・スチールが49%を出資する。ビントン・スチールでは事業開始に伴い、ビントン・ボールに設備、人員を除く鉄球の製造・販売事業を移管する。

11月2日
亜鉛・鉛、11月のスタート建値
 11月のスタート建値は、 亜鉛が前月末から9円下げの`316円、鉛が3円上げの252円となった。

11月2日
「CAFe NAKAI」田口金属本社近くにオープン
 田口金属(本社=東京都新宿区、田口憲昭社長)の田口武会長が店のオーナーを務める「CAFe NAKAI」が10月26日、西武新宿線の中井駅前にオープンした。同社本社ビルからも程近く、妙正寺川沿いに位置している。
 パスタやカレー、おつまみなどのほか、ランチタイム(11:30〜14:30)には飲み物付の日替わりメニューも提供。ドリンクは生ビールや焼酎などのアルコール類も取り揃えている。店内は日差しが差し込むモダンスタイルの明るい内装となっており、お昼どきには地元住民やカップルなどで賑わっている。
 田口会長は「地元の方の希望もあってカフェをオープンすることにした。日頃お世話になっている地域の皆様への恩返しの場所にしたい」と話している。
 営業時間は11:30〜20:30(2020年10月現在)。西武新宿線中井駅南口からすぐ、都営大江戸線中井駅A2出口から徒歩2分。

10月30日
ナベショー渡邊会長 流通科学大学でZOOM講演
ZOOM対談収録をする
渡邊氏と上田教授
 ナベショー(大阪市中央区)の渡邊泰博会長は29 日、「新たな商社のビジネスモデル ナベショープラットフォーム」と題し、流通科学大学(神戸市西区)の学生向けにZOOMにて対談録画講義をおこなった。
 本講演は、渡邊氏と上田義朗教授とのZOOM対談にて進行し14日収録されたもの。上田教授は20年度後期授業「業界研究(商社・卸)」(全15回:10月1日〜21年1月14日、毎木曜日3限目[13時〜14時30分])として商社・物流にスポットを当て、各業界及び国内外で活躍する実務者・経営者らが業界分析、経営戦略や業に掛ける思いを受講学生に向けて語る予定となっている。
 渡邊氏の講演は企業紹介・経歴等を紹介した上で、同氏がこれまで弊紙を含め業界内外向けに発信してきた発言の意図や社会的背景を含めて学生むけに解説。
 日本における商社・物流の在り方と今後、現状の商取引環境・労働環境等に言及し、「私なりに、学生が社会に出て本当に役に立つことを中心に、ありのままに伝えた」(渡邊会長談)と同氏独自の感性で、日本社会及び会社組織における問題や就業の実情を受講学生に伝えていた。

10月30日
東京資源 中国・恒吉集団と業務提携 銅スクラップ供給強化
布村社長
 銅スクラップの輸出事業を手掛ける東京資源(本社=神奈川県横浜市中区、布村文雄社長)はこのほど、中国の大手非鉄企業の恒吉集団(本社=江西省撫州市、楊雪青社長)と業務提携し、日本における原料集荷の拠点となる(株)恒吉を設立した。原料需要が高まる中国企業との協力関係を深め、スクラップの供給体制を強化することで、事業のさらなる拡大を図る方針だ。
 恒吉集団はグループ企業11社で構成し、伸銅品や銅アノード(電極)など多くの非鉄製品を製造する。(株)恒吉は東京資源が日本で扱う銅や真鍮スクラップを恒吉集団へ輸出する関連会社として位置づける。布村社長が旧来から恒吉集団グループ内の社長と取引関係にあった縁で、日本のサプライヤーとして協業するに至ったという。
 中国では環境規制が進み、海外から輸入されるスクラップの数量規模が縮小。現地メーカーは慢性的な原料不足が課題となっている。東京資源はこれまでも中国やマレーシア、3国間貿易などでスクラップ流通の成果を上げてきた実績があり、(株)恒吉は中国への供給に一層注力していく考えだ。
 布村社長は「リサイクル業界の動向に合わせながら、原料が必要な国に価値ある資源を提供することが我々の理念。今回の会社設立はその一環になる」と語る。

10月29日
トムラソーティングが日本法人設立10周年
10周年の記念ロゴ
 光学選別機メーカーのトムラソーティング(本社=埼玉県さいたま市、河口昌伸社長代行)が日本法人の設立から10周年を迎えた。2010年に創立した同社は、日本でのリサイクル光学選別機の年間導入台数350台超(20年3月末時点)を達成。日本のリサイクル業界における存在感を着実に高めている。
 主力製品である高度選別機「AUTOSORT(オートソート)」の導入台数が顕著に増加しているトムラソーティングは、2014年に現在の社名に変更。前身であるティーテック社設立の2010年から現在に至るまで、グローバル市場で培ってきた近赤外線(NIR)をはじめとした様々なセンサー技術を活かしつつ、日本市場に適した選別ソリューションの提案を行い、顧客満足度の向上に繋げてきた。
 河口社長代行は「お客様のビジネスの持続可能な発展と、日本の循環型経済の促進のため、信頼される技術パートナーとして成長を続けていきたい」と今後に向け抱負を語る。

10月29日
トレードワルツへ共同出資 貿易デジタル化とアジア連携強化へ
 NTTデータ、三菱商事、豊田通商、東京海上日動火災保険、三菱UFJ銀行、兼松、損保ジャパンの7社は、貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz〇R」を運営するトレードワルツへの共同出資に合意した。
 ブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用して電子データを共有できる「TradeWaltz〇R」の実用化が実現すれば、貿易に関わる全ての業務を一元的に電子データで管理することができるようになり、貿易業務の作業量を最大50%程度削減できる見込みだ。
 あらゆるモノの流れに付随する貿易業務には、取引の過程で多数の手続きが発生し、書類作成や確認作業に多大なコストがかかっている。また、複数の関係者が取引に介在しており、より正確かつ安全に情報を受け渡す仕組み作りは、業界の垣根を越えた共通の課題となっている。
 合意した7社は密に連携し、将来的には、貿易文書の電子化を検討している国内外の政府機関やサービスプロバイダーと連携し、ASEANをはじめとした世界の貿易業務のデジタル化にも貢献したい考えだ。

10月28日
トムラソーティング 新NIRセンサーでPO選別精度向上
「イノソートフレーク」
 光学選別機のトムラソーティングリサイクリングはこのほど、新たなNIR(近赤外分光)センサーを採用した光学選別ソリューション「イノソートフレーク」の性能が向上し、ポリオレフィン(PO)の一種であるポリエチレン(PE)およびポリプロピレン(PP)の選別精度が一段と高まったことを発表した。
 新たなNIRセンサーは幅わずか2_のPE、PPフレークを正確に選別。PO専用のFLYINGビームセンサーとデュアルCRGBカメラが豊富に素材情報を収集する。前後のカメラが各フレークの色を識別するだけでなく、印字やインクなどの細かな異物も特定。あらゆる残存混入物が除去されるため、POリサイクルの回収率と純度が格段に高まっている。
 フレーク選別はボトル選別の最終段階で、破砕、選別、洗浄、乾燥の後に行われる。従来の同社の選別法は混合プラスチックからのPETフレーク回収が中心だったが、「イノソートフレーク」の性能向上でボトルおよびフレーク双方からのPO選別が可能になる。

10月27日
銅建値、前回比20円下げの1`750円へ改定
鉛建値、前回比6円下げの1`249円へ改定
 銅建値が27日、20円下げの1`750円へ改定された。現在までの月間推定平均は752.3円。また、鉛建値が6円下げの1`249円へ改定された。現在までの月間推定平均は253.4円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
7月平均 721.4 285.0 257.0
8月平均 728.5 306.3 266.5
9月平均 750.0 311.2 265.5
10月1日 750 304 255
6日 730 295  
7日     252
9日   301  
12日 760    
13日     255
15日 750  307  
20日   313  
21日 770    
26日   325  
27日 750   249

10月27日
桃太郎部品、車両を寄贈し豊島の環境保全に寄与
車両を寄贈した
桃太郎部品の岸本社長
 NGP日本自動車リサイクル事業協同組合(佐藤幸雄理事長)加盟の桃太郎部品(岡山県岡山市、岸本恭秀社長)はこのほど、運営する廃車王岡山北店で買い取った車両を整備し、NPO法人瀬戸内オリーブ基金に寄贈した。同法人は有害産業廃棄物の不法投棄事件の豊島事件をきっかけに設立した組織になる。瀬戸内海地区を中心に環境保全に取り組み、また豊島事件の意義と教訓を伝えるため、豊島の見学なども実施している。寄贈した車両は見学者の送迎などに利用される予定だ。
 寄贈した経緯について岸本社長は「NGPがSDGsの取り組みとして行っている豊島の環境保全活動に参加し、現地の担当者から車両不足の話を伺ったことがきっかけになる。自動車リサイクル法制定に深く関わる豊島の環境保全に寄与できることは光栄なことだ」と語った。
 同社は昭和45年3月に創業。取り扱い台数は月間500台、部品点数は約1万点。主要設備にプレス機、ナゲット機、重機などを完備。バンパーなどの専用破砕機を導入して、樹脂のリサイクルにも注力している。

10月27日
トヨタアンゴラアカデミー開校 自動車整備の指導員を育成
 自動車整備士の不足するアンゴラ共和国で、自動車整備の指導員を育成する、トヨタアンゴラアカデミーの開校式が10月16日に行われた。
 同アカデミーは、第7回アフリカ開発会議において、アンゴラ・雇用・職業訓練庁(以下、INEFOP)と締結したMOU(契約前の合意文書)に基づいて設立された。豊田通商グループ会社Toyota de Angoraと独立行政法人国際協力機構(JICA)が連携し、INEFOP傘下のカゼンカ職業訓練センター内に開設した。
 技術指導は、専門家によるオンライン指導で、ブレーキやクラッチの点検・修理など高度なサービスを行う自動車整備・修理の中級技術を指導できるレベルの指導員を育成する。
 同アカデミーでは、今後3年間にわたり、職業訓練センターに在籍する自動車整備の指導員20名に対し、自動車整備士を育成するための技術指導を行っていく。

10月26日
亜鉛建値、前回比12円上げの1`325円へ改定
 亜鉛建値が26日、12円上げの1`325円へ改定された。現在までの月間推定平均は309.0円。

10月26日
日本男子ソフトボールリーグが岡山で初開催 11/13から11/15まで 平林金属出場
岡山県で初開催
 日本ソフトボール協会(三宅豊会長、東京都新宿区)は、日本男子ソフトボールリーグを岡山県で初めて開催する。開催は11月13日から11月15日までの3日間、入場は無料。同大会は新型コロナウィルス感染拡大を受けて中止となっていた日本リーグの代替。今年、最初で最後の1回限りの開催で全国から有数のチームが集まり、日本一を競い合う日本トップレベルの大会だ。リサイクル業界からは平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)が出場。同社は昨年、愛知県で開催された第48回日本男子ソフトボールリーグ決勝トーナメントにおいて2年連続5度目の優勝を果たし、世界大会では日本代表チームを準優勝に導くなど多くの功績を納めている。開催について担当者は「岡山県で初めて開催されるということで迫力あるプレーをお見せできればと思う。また日頃から応援して頂いている地元の皆様のためにも、優勝を狙っていく」と意気込みを語った。平林金属は11月13日13時からHIRAKINライズ球場で試合予定。

10月26日
ケルヒャージャパン、「かながわSDGsパートナー」に登録
港北区役所での贈呈式
 清掃機器の最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人ケルヒャージャパン(本社=神奈川県横浜市、マーク・ヴァン・インゲルゲム社長)は19日、「かながわSDGsパートナー」に登録された。
 「かながわSDGsパートナー」は、神奈川県と県内の登録企業・団体が連携を図りSDGsの普及促進活動に取り組むもの。同社はSDGsに向けた取り組みとして、少子高齢化に伴う人手不足や社会構造の変化、環境問題などの社会課題に対し、生産性を高め、環境にやさしい「清掃ソリューション」を通して持続可能な社会創りを目指すことを掲げている。
 最近の活動では、「令和2年7月豪雨」の被災者支援活動として、社員による汚泥除去後の洗浄支援活動や高圧洗浄機など計107台を被害地域の自治体へ提供。また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、横浜市港北区の放課後児童クラブ(学童保育)全31ヵ所へのスチームクリーナー寄贈などを行っている。
 同社は、今後も清掃機器の最大手メーカーとして各社会問題に向き合いながら、持続可能な社会づくりへの貢献を地域と共に目指していく方針だ。

10月23日
ナニワプロジェックス、創業30周年
感謝の気持ち忘れず安全確保に努める
ゲート型放射線検知機は
全国で150台以上納入している
 放射線検知機専門商社のナニワプロジェックス(本社=大阪府泉大津市、河井雄輔社長)は今年11月に創業30周年を迎える。
 同社は1990年11月に創業。日本で初めてゲート型放射線検知機を製鋼メーカーに納入した放射線検知機の草分けの老舗企業になる。海外、日本製を問わず放射線検知機に関わる様々な機器を取り扱い、製鋼メーカー、金属スクラップリサイクル事業者を中心に全国で150台以上の納入実績を持つ。さらには納入以降のアフターフォローについても注力しており、24時間体制でサポートを行う。さらにゲート型放射線検知機であれば高価な検出部分(シンチレーター)をそのままで何もせずに、基盤などの通信機器、その他の部品など修理や交換するだけで、安く機器を更新ができるメンテナンス“流用型更新事業”を展開。これは豊富な知識と経験で培われた高いメンテナンス技術を持つ同社だからこそできる新しい形のメンテナンスになり、既存のユーザーだけでなく、取引のない新規ユーザーからの問い合わせも多い。またこのほど日本鉄リサイクル工業会の賛助会員に加盟、環境保全の取り組みにも参画している。
 創業30周年に迎えることについて「ここまでやってこれたのも皆様のおかげだ。感謝の気持ちを忘れずに皆様の安全確保に努めていきたい」と同社は感謝の意を表す。詳細はメタル・リサイクル・マンスリー11月号に掲載。

10月23日
愛知県、12月15日「循環ビジネス相談会」の参加者募
 愛知県では環境パートナーシップ・CLUBと共同で、12月15日13時30分から17時まで、名古屋市中区の愛知県自治センター6階第603会議室で「循環ビジネス相談会」を開く。
 この相談会は先導的な循環ビジネスの振興を支援するため、産業廃棄物税を活用し、循環ビジネスの事業化などを考えている人を対象に開かれるもの。循環ビジネスに係る技術・特許、事業の方向性、資金・経営面、法手続きなどを複数のアドバイザーに直接相談し、助言が得られる対話方式。相談内容は循環ビジネスに係る技術・特許、事業の方向性(用途、販売先)、資金面・経営面、法手続きなどである。
 募集事業者数は3〜4社程度(団体、個人事業主も申込み可能)。相談料は無料だが、事前申し込みが必要。申込み方法は愛知県WEBページから。申込み期限は11月13日金曜日(必着)。
 参加申し込み、問い合わせは愛知県環境部 資源循環推進課 循環グループ(電話052-954-6233)まで。

10月22日
アイチ テクノメタル フカウミ、オンライン見本市「燕三条ものづくりメッセ」出展
同社のカトラリーレスト
 愛知製鋼の子会社であるアイチ テクノメタル フカウミ(本社=新潟県燕市)では、10月22日、23日に開催されるオンライン見本市「燕三条ものづくりメッセ2020」に、ペーパーナイフやカトラリーレスト、コースターなどを出展する。
 同社は高度な特殊圧延加工技術を用いて、高級刃物用ステンレス鋼、機械・工具用の高強度ステンレス鋼、異種金属を積層したクラッド鋼の製造や特殊金属材料の受託加工などを手掛けている。また燕市などに拠点がある加工メーカーの協力により、ペーパーナイフやカトラリーレスト、コースターなども製造販売している。今回はオンライン見本市の特徴を活かして、同社の優れた金属加工技術による意匠性の高い製品を動画で紹介。またチャットやオンラインによる名刺交換や商談などを行う。
 「燕三条ものづくりメッセ2020」は10月22日、23日10時から17時開催。
 公式URLはhttps://tsm.tsjiba.or.jp/2020online/

10月22日
ナンセイ、大阪鶴浜工場のトラックスケールを更新
安定集荷で輸出競争力を強化
トラックスケール更新により
集荷力を強化
 ナンセイ(本社=東京都江戸川区、稻福 誠社長)の大阪鶴浜工場(大阪市大正区鶴町)は今月中旬にクボタ計装製60dトラックスケールの更新工事が完了した。加工処理拠点だけでなく、湾岸の荷止め時には炉前スクラップの集荷拠点としての機能を高めることで、安定集荷に磨きをかけ、輸出競争力のさらなる強化を図る。
 同社は昨年夏に大阪市の南港J1岸壁に船積み拠点を設けて以降、コンスタントに輸出を手掛け、今年7月には大阪で初の1船1万dを超える大型船での輸出を実施した。大阪湾岸での輸出量はすでにトップクラスを誇るが、湾岸では在庫や配船状況によって、荷止め措置を取らなければならず、そうした場合は加工処理設備を持つ大阪鶴浜工場が炉前スクラップの集荷対応も行うなど、受け皿としての役割を果たしてきた。しかし、同工場の既存設備である40dトラックスケールではトレーラーのタイプによっては受け入れが行えないことや、可能なトレーラーでも計量器に乗るまでに何度もハンドルの切り返しをしなければならないといった負の側面を抱え、この結果、ほぼ大型トラックに限定しての集荷となり、湾岸の荷止め時には数量面で大きなロスが生じていた。
 今後も大阪で定期的に輸出を行っていくには、湾岸と加工処理拠点のさらなる連携が不可欠であると考え、この課題解決に向けて、60dトラックスケールへと更新。今回、更新したトラックスケールは既設と異なる間口部分の広い方に設置することで、加工処理設備のニューギロやスクラップの在庫置き場により近くなり、作業効率の向上も図れる。今後はトラックスケールと事務所部分の間にあるコンクリートブロックを撤去し、事務作業の効率化も促進していく計画にあり、「どのトレーラーにも対応可能なことで、湾岸の荷止め時にも大阪鶴浜工場でスムーズに集荷を促すことができる。加工処理拠点と集荷拠点として両方の機能を最大限発揮し、扱い量のさらなる増加を目指したい」(許元恩工場長)と力を込める。
 大阪鶴浜工場は18年に開設し、今年からモリタ環境テック製1250dニューギロが本格稼働を開始している。住宅の多い大阪市内で新たに工場を開設するには障壁の高い地域とされるが、同社は近隣や行政の理解を得るべく、高さ5b以上の防音壁でニューギロを取り囲み、その外側に同じ高さのコンクリートブロックを重ね、徹底した防音対策を行っている。

10月21日
銅建値、前回比20円上げの1`770円へ改定
 銅建値が21日、20円上げの1`770円へ改定された。現在までの月間推定平均は756.1円。

10月21日
シマブンコーポレーション、Deco Bull(デコブル)をCEATEC 2020 ONLINEに出展
IT・エレクトロニクス分野でアジア最大の国際展示会
 シマブンコーポレーション(本社=兵庫県神戸市、木谷謙介社長)はアルプスアルパインと協業開発を重ね、今春からサービス提供を開始した、作業者のバイタル情報を取得し、暑熱環境や一人作業、夜間作業での災害発生、重症化リスクの低減化が図れる画期的見守りシステム「Deco Bull(デコブル)」を10月20日(火)〜23日(金)に開催される国際展示会「CEATEC(シーテック) 2020 ONLINE」に出展する。
 今回、CEATECに出展する「DecoBull(デコブル)」は各種センサを組み込んだ本体を現場作業者の既存ヘルメットに装着して、額に接触させたセンサから脈拍や肌温度、O2レベル(血中酸素度相関指標)、独自血圧相関指標などのバイタルデータを取得し、個人毎の項目別閾値判定とAI判定の2種類で体調変化を判定する。また、自己発報ボタンも搭載しており、体調不良の自己申告や挟まれ等のシステム判定以外のアクシデントが即時伝達可能だ。
 15年からアルプスアルパインと協業開発を重ね、過酷な環境下で110万時間の実証実験を経て、高い信頼性を誇るだけでなく、ゲートウェイ(中継機)の使用により、コストミニマムを実現。各企業において労働災害を未然に防ぐ取り組みが重要視されるなか、作業環境を選ばず、ローコストかつ幅広い業界にも対応可能な本システムは今年4月からのサービス提供開始後、大手鉄鋼メーカー、大手産業機械メーカーなど複数企業に導入・実証実績を持つ。「CEATEC 2020 ONLINE」ではニューノーマルテーマエリアの中の医療・ヘルスケアでの出展で、動画による商品紹介を始め、コミュニケーションチャットエリアにおいて、来場者と担当者でマンツーマンでのチャットも行える。
 CEATECは毎年10月に幕張メッセで開催されるアジア最大級の規模を誇るIT技術とエレクトロニクスの国際展示会。昨年には15万人近い来場実績を持ち、今年は新型コロナウイルスの影響を受け、初のオンラインでの実施となった。オンライン会場は新型コロナウイルスによる社会変化に対応するための技術などを展示した「ニューノーマルテーマエリア」のほか、企業展示を行う「企業エリア」、国内外のスタートアップなど100以上の企業や団体が出展する「Co-Creation Park」、基調講演などを開催する「コンフェレンスエリア」や「公式イベントエリア」など5エリアで構成される。

10月20日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`313円へ改定
 亜鉛建値が20日、6円上げの1`313円へ改定された。現在までの月間推定平均は306.3円。

10月19日
ダイハチ、動画で初心者向けスクラップ講座開く
武本社長が分かりやすく解説
 金属リサイクル事業者のダイハチ(本社=神戸市東灘区、武本京子社長)はこのほど、YouTubeチャネンネルkyokochanチャンネル内で初心者向けスクラップ講座の動画配信を開始した。
 動画では武本社長自らが磁石棒を使って鉄と非鉄スクラップの見分け方や天井クレーンのリフティングマグネットで鉄スクラップを吊り上げる様子を分かりやすく解説。また水道蛇口を解体し、真鍮を取り出す解体・選別作業を実演するなど事業内容も公開している。
 講座について武本かやマネージャーは「一般の皆様にとって親しみやすい内容を心掛けている。今後はプレス機による加工作業も配信する予定で、教科書では分からない一歩踏み込んだリサイクルを見て貰えたらと思う。今後は形式だけでなく実際に行っているリアルなリサイクル事業を見て頂き、環境保全の意識を共有していきたい」と語る。
 同社は昭和30年3月に創業。兵庫県神戸市に本社を置き、金属スクラップ全般を取り扱う。毎年、海外から多くの視察団を受け入れて工場見学を実施しており、地元以外でも幅広く活躍。最近では公式YouTubeチャンネルを開設し、国内外に情報発信を行っている。
 ホームページURL:http://www.kobe-daihachi.co.jp/
 社長ブログURL:https://ameblo.jp/kyokoz-blog/

10月19日
「建設技術フェア2020 in中部」に1万人超が来場
 国土交通省中部地方整備局など主催の「建設技術フェア2019 in中部」が10月14日、15日の2日間、名古屋吹上ホールで開催され、1万人を超える来場者で賑わった。
 同フェアは産学官の技術交流の場を提供し、技術開発や新技術の導入を図り、建設技術の魅力を紹介するもの。今年は「『あったらいいな』が原材料 みんなで創る先進技術」をテーマに216企業・団体が出展し、建設分野の新技術・新工法などを紹介。会場では日本製鉄グループが「鋼製スリットダム」「NSSGプレキャスト防潮堤」など防災に強い鋼建材や鉄鋼スラグを原料とした「カルシア改質土」、JFEグループが「テールアルメFS」をはじめとする新工法、栗本鐵工所が「トンネル内消火配管用ダクタイル鉄管」、日本鉄鋼連盟が「国土強靭化に資する鋼構造技術」、鐵鋼スラグ協会・電気炉スラグ普及委員会が「コンクリート用電気炉酸化スラグ骨材」を紹介したほか、建設・測量・点検用の最新ドローンや油圧ショベル専用遠隔操作システムなどに注目が集まった。屋外では油圧ショベルや新型クレーン車などを展示。また同時開催でセミナーやプレゼンテーションが行われた。

10月16日
ダイハチ、YouTubeチャンネル開設 リサイクルの周知に貢献
アイコンには社長のイラスト
 金属リサイクル事業者のダイハチ(本社=神戸市東灘区、武本京子社長)はこのほど、YouTubeチャネンネル『kyokochanチャンネル』を開設した。
 チャンネル内では鉄と非鉄スクラップの解体や選別作業、機械による加工処理の映像を不定期配信する予定。動画はホームページ内のブログ内から閲覧できる。
 同社は金属全般のスクラップリサイクル事業を行う一方、毎年、海外から多くの視察団を受け入れて、工場見学を実施し、リサイクルの周知に積極的に取り組んでいる。現在、コロナ禍で工場見学は中止しており、武本かやマネージャーは「工場見学を中止する中で、環境保全に関わる企業として情報発信は必要と思い、動画配信を決めた。チャンネルでは社長自らが広告塔として出演し、真面目の中にバラエティを含ませた見ていて飽きない面白動画を配信する予定なので、ぜひチャンネル登録して頂きたい。国内外問わずリサイクル業界を知らない皆様に、少しでもリサイクルを身近に感じてもらうためリサイクルの周知に努めていく」と意気込みを話す。
 社長ブログURL:https://ameblo.jp/kyokoz-blog/

10月16日
イボキン(兵庫県たつの市)福島支店を開設
〜東北地方に新拠点〜
 総合リサイクル企業のイボキン(本社=兵庫県たつの市、高橋克実社長)は、福島支店(福島県双葉郡富岡町大字本岡字王塚590番地の16)を開設し、10日土曜日から業務を開始している。同社は関東地区においては東京支店(東京都千代田区)で営業活動をおこなっていたが、北関東および東北地域における営業強化を図るため新たな拠点を設けた。
 同社は鉄・非鉄スクラップをはじめ、解体工事・ELV・小型家電・プラスチック・木屑など、解体撤去からリサイクル・廃棄に至るまで全ての工程をワンストップサービスで展開する総合リサイクル企業。多種多様な資格を持ち、優良産廃処理業者にも認定されている。1999年にISO14001を取得。2018年8月には東京証券取引所ジャスダック市場に新規上場した。事業所は福島支店のほか、本社工場、龍野工場(たつの市)、阪神事業所(兵庫県尼崎市)、東京支店など。

10月15日
銅建値、前回比10円下げの1`750円へ改定
亜鉛建値、前回比6円上げの1`307円へ改定
 銅建値が15日、10円下げの1`750円へ改定された。現在までの月間推定平均は748.5円。また、亜鉛建値が6円上げの1`307円へ改定された。現在までの月間推定平均は303.9円。

10月14日
横山商事、関西拠点ヤード(兵庫県)にプレス機を導入
〜販路拡大、品質強化の徹底を図る〜
導入した
モリタ環境テック製プレス機
 輸出ヤードディーラーの横山商事(本社=川崎市川崎区本町2−5−4、横山哲政社長)はこのほど、関西地区の集出荷拠点ヤード(兵庫県西宮市)に3方締め大型プレス機を導入した。9月下旬から本格稼働を開始している。
 今回導入したプレス機はモリタ環境テック製の地上設置式「35PAL型」で、供給ボックス寸法は幅1,800o×高さ1000o×長さ3500o、主押し能力2.7MN。
 同社はステンレススクラップの集荷力向上を図るため、17年1月に関西地区では初となる拠点ヤードを西宮市内に開設。扱い数量の増加に伴い在庫スペースが圧迫していたほか、海外の需要家からのニーズに応えるため、プレス機の導入を図った。金城取締役は「海外の需要家は工場が内陸部に立地するところも多く、現地での搬出・運搬作業や製鋼時の溶解効率の向上からプレス加工品へのニーズは高い。韓国だけではなくインドや台湾の需要家からも商談がある」としたうえで、「弊社も荷役作業の効率化やヤード内の有効活用、在庫管理の強化が図られる」と述べ、「今後は信用第一で品質管理をさらに強化し、持ち込みのお客様に対しても意識改革を促していきたい」と意気込みを語る。扱い数量も月間1,500〜2,000dを目標に伸ばしていく考えだ。
 同社は平成11年4月に設立。同18年3月に現社名に改称した。中心拠点の川崎埠頭ヤード(川崎市川崎区千鳥町9)では毎週船積みを行っており、鉄スクラップをメインに月間平均2万5000〜3万dを取扱い、韓国やベトナムなどに出荷。また、韓国最大手の特殊鋼ミルとも取引があり、ステンレススクラップを定期的に出荷している。

10月14日
名古屋商工会議所、11月5日に「Withコロナ時代のCASE」講演会
 名古屋商工会議所は11月5日15時から17時まで、同所会議室ABCでシリーズ講演会 自動車産業大変革「Withコロナ時代のCASE」を開く。
 「100年に一度の変革」とも呼ばれる転換期を迎える自動車産業についてのシリーズ講演会「自動車産業大変革」。今回は「Withコロナ時代のCASE」をテーマに、会場とオンラインで開催。新型コロナを受けた自動車産業の構造変化と、CASE(Connected、Autonomous、Shared & Services、Electric)を取り巻く現状と今後について展望する。
 当日はナカニシ自動車産業リサーチ中西孝樹代表アナリストの「Withコロナ時代のモビリティ産業とCASE」、株式会社ティアフォー CSTOフェロー、名古屋大学未来社会創造機構二宮芳樹特任教授の「『自動運転』の最新動向と今後の展望」が行われる予定。
 定員は会場70名、ZOOMによるオンライン100名。参加費無料。申込みは同所WEBページから。申込み締切りは10月29日。
 問い合わせは名古屋商工会議所産業振興部モノづくり・イノベーションユニット(電話052-223-6750)まで。

10月13日
鉛建値、前回比3円上げの1`255円へ改定
 鉛建値が13日、3円上げの1`255円へ改定された。現在までの月間推定平均は254.5円。

10月13日
10月27日にCASE-MaaSセミナー「新たなビジネスモデルと可能性」
 中部経済産業局では、4回シリーズで自動車産業の最新動向や将来展望などを紹介するCASE-MaaSセミナーを開催している。第2回目は10月27日14時から16時30分まで「CASE-MaaSで広がる新たなビジネスモデルとその可能性」をテーマにオンラインで開催する。
 自動車産業はCASEやMaaSの潮流により自動車技術の進化や市場の質的変化が進み、100年に一度の変革期と言われている。
 当日は「スマートモビリティチャレンジ事業」の紹介、名古屋大学森川高行教授「交通不便地域におけるモビリティサービスと自動運転の導入」、MONET Technologies小澤拓郎担当部長「MONET Technologiesの取り組み事例と展望」、特許庁吉田誠審査官「モビリティサービス分野における特許取得のポイント」の講演が行われる予定である。
 参加費無料。申込み締切りは10月23日。
 申込みはセミナーHP(https://dan-dan.com/case-maas2020-2/)から。問合せはセミナー事務局(ダン計画研究所内、電話06-6944-11173)まで。

10月12日
銅建値、前回比30円上げの1`760円へ改定
 銅建値が12日、30円上げの1`760円へ改定された。現在までの月間推定平均は754.2円。

10月12日
エーイーエム 小型高磁力式ドラム磁選機の販売を開始
小型高磁力磁選機
 リサイクル関連機器の製造販売を手掛けるエーイーエム(本社=長野県上田市、加藤嘉幸社長)はこのほど、小型高磁力式ドラム磁選機の販売を開始した。
 同機は破砕ミックスメタルの選別に対応した磁力選別機。磁束密度4,500ガウスの高磁力ネオジム磁石を採用しているため、ステンレス系の選別も可能となっている。
 重量は約120sで軽トラックの荷台に載るコンパクト設計。選別有効幅は300oで、振動供給機やフルイ機能も搭載しており、小型ながら1〜2?/hの選別能力を有する。
軽トラの荷台に積載可能
 同社は顧客の要望する機械の設計・製造を得意としており、同機も「ミックスメタルからステンレスを取り出すことはできないか」との顧客の依頼から設計・製造したという。
 同機についての問い合わせは、エーイーエム(電話:0268-31-0155)。

10月12日
10月14、15日に「建設技術フェア2020 in中部」 吹上ホールで
 国土交通省中部地方整備局、中部経済産業局など主催の「建設技術フェア2020 in中部」が10月14日、15日の2日間、名古屋市千種区の吹上ホールで開催される。
 同フェアは産学官の技術交流の場を提供し、技術開発や新技術の導入を図り、建設技術の魅力を紹介するもの。今年は「『あったらいいな』が原材料 みんなで創る先進技術」をテーマに226企業・団体が出展し、建設分野の新技術・新工法・製品などを紹介する。
 会場では日本製鉄グループが新しい鋼建材技術、JFEグループが鉄の技術・製品による国土強靭化、栗本鐵工所がトンネル内消化配管用ダクタイル鉄管、鐵鋼スラグ協会電気炉スラグ普及委員会がリサイクル資材電気炉スラグ製品を紹介するほか、重機や災害対策車両などが屋外展示される予定。
 また講演会や技術プレゼンテーション、学生のための交流広場なども催される。開催時間は10時から17時(15日は16時まで)。入場無料。
 問い合わせは建設技術フェア中部事務局名古屋国際見本市委員会(電話052-735-4831)まで。

10月9日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`301円へ改定
 亜鉛建値が9日、6円上げの1`301円へ改定された。現在までの月間推定平均は300.6円。

10月9日
梶本商店、クレーン車を更新 引き取り業務強化
更新導入したトラック
 金属スクラップリサイクル事業者の滑*{商店(本社=大阪府貝塚市、梶本篤志社長)はこのほど、老朽化に伴ってクレーン車を更新し、引き取り業務の強化を図った。
 今回、更新導入したのはいすゞ自動車社製平ボデー8トンのグラップル仕様車。アームはパルフィンガー製のエプシロン社を採用。ホース箇所の損傷を防ぐためシリンダーガードが標準装備されて耐久性に優れている。さらに大容量油圧ピストンポンプと高性能ツインコントロールバルプを搭載したことによって、迅速な積み降ろしを実現した。
 梶本社長は「弊社の取り扱いの大半は工場発生で、引き取りが主になる。作業を効率化することで、発生元の様々なニーズに応えていき、サービスの充実化へ繋げていきたい」と話す。
 同社は個人創業を経て、1974年7月に法人化。油圧シャーを完備、自社車両は8台保有。鉄、非鉄など金属スクラップ全般のリサイクル処理を手掛ける。徹底管理によってスクラップの品質は高く、電炉メーカーからは厚い信頼を寄せている。また大阪府泉佐野市に本社を置く産廃物を扱う潟Gコルの運営に携わり、自治体や航空会社から発生する家電、缶、ビン、ペットボトル、古紙などの運搬やリサイクル処理にも取り組み、環境保全に努めている。

10月9日
モビリティ54、東アフリカのアセットファイナンス事業会社に出資
 豊田通商とグループ会社のCFAOは、2019年10月に設立した投資会社「モビリティ54」を通じて、東アフリカで自動車・二輪車などのアセットファイナンス事業を行うトゥゲンデ社のシリーズA第三者割当増資に参加し、400万米ドルを出資した。
 今回の出資は2019年8月に開催された第7回アフリカ開発会議で、トゥゲンデ社と締結したMOUに基づくもの。サブサハラ・アフリカでは個人事業主などの零細・小規模企業が雇用の90%を占めており、経済成長の原動力となっている。ただ、こうした事業主の商業活動を支える社会インフラは脆弱で、金融市場では個人事業主の信用力が適切に評価されにくい状況。トゥゲンデ社はウガンダを中心に2万2000人を超える自動車・二輪タクシー事業などを営む個人事業主に対し、所有権移転型の長期リースを提供している。同社はウガンダで17か所、ケニアで1か所保有する支店網を活用し、顧客への金融リタラシー教育、安全運転トレーニングを行うほか、医療・生命保険とヘルメットなどの安全装備を付与する。
 今後モビリティ54は、トゥゲンデ社の顧客ニーズに合わせた最適な自動車・二輪車・サービスの提供、デジタル技術を使った与信審査システムの活用などで同社の事業拡大を支援していく。

10月8日
愛知製鋼、電気炉排熱を蒸気エネルギーに活用しCO2削減
 愛知製鋼では、省エネルギーなどESG経営を実現する鋼材生産プロセス改革の一環として、電気炉の排熱を蒸気エネルギーとして活用する排熱回収設備を知多工場内に建設し、今月5日に竣工式を行った。
 鋼材生産プロセス改革は、CO2削減を含めた4S(シンプル、スリム、ショート、ストレート)を基本コンセプトとし、生産量の変動にフレキシブルに対応できる、よりスリムな生産ラインを目指す取り組み。これまでPart1.大断面連続鋳造機の更新、Part2.分塊圧延工程の生産能力増強、Part3.精整ライン増設と計画的に実施してきた。
 現在取り組んでいるPart4は、エネルギーを大量消費する製鋼工程の生産プロセス改革で、その第1ステップとして電気炉の排熱を蒸気エネルギーとして回収し、他の製鋼設備である真空脱ガス設備の真空排気用蒸気などに有効活用する仕組みを導入した。これは国内電気炉業界として初の試みで、年間約4,200d相当のCO2削減を実現する。設備投資額は約30億円。

10月7日
鉛建値、前回比3円下げの1`252円へ改定
 鉛建値が7日、3円下げの1`252円へ改定された。現在までの月間推定平均は252.5円。

10月7日
シマ商会、2021年度内定式を開催
内定者に記念品を授与
 自動車リサイクル大手のシマ商会(本社=福島県南相馬市、島一樹社長)は1日、宮城県仙台市内の山口ビルで2021年度内定式を開催した。内定者5名が参加した。
 冒頭の挨拶で島社長は「今年はコロナ禍で就活も大変だったと思う。日本に500万社ある会社中から、こうして出会えたことに縁や運命を感じる。コロナ禍時代の新しいシマ商会で皆さんが台風の目となり主人公になってくれることを期待している」と激励した。経営計画書と記念品の授与が行われた後、内定者一人ひとりが決意表明を行った。
 その後、加藤快都氏が先輩社員としてメッセージを、社員からは動画によるメッセージを内定者に送り閉会した。

10月7日
共栄・衣浦工場(碧南)が重機2台を更新
省エネ・効率化図る
導入したコベルコ製重機
 共栄(本社=兵庫県神戸市、久宝利幸社長)の衣浦工場(愛知県碧南市、徳田安広工場長)はこのほどコベルコ建機製の重機を2台導入した。
 同工場は共栄の基幹工場として昭和57年に開設。通常の市中発生スクラップのほかJFEスチールからの処理加工を請け負うとともに、愛知県内や北陸の港からの船積みも手掛け月間の扱い量は港、代納を含め3万dを超える。
 工場内では計3台の重機を使用しているが、老朽化が進んでいた2台を同時に更新した。コベルコ建機製重機は金沢港やグループ企業の誠美社工業(本社=愛知県瀬戸市、小野仁社長)でも使用している。新しい重機の導入により作業範囲の限られた建屋内で安全でかつ、強化された粉塵フィルターにより故障を軽減することが出来き、さらにはエンジン直結型発電電動機により従来に比べ吸着量が増加する。尚、経済産業省及び市区町村より税制優遇の許可済である。
 竹内俊明取締役は「今回の更新で安全性、作業効率の上昇、コストダウンが見込める。コロナ禍で落ち込んだスクラップの発生も工場発生を中心に戻ってきており、今後も循環型社会のさらなる発展に貢献してゆきたい。」と話している。

10月6日
銅建値、前回比20円下げの1`730円へ改定
亜鉛建値、前回比9円下げの1`295円へ改定
 銅建値が6日、20円下げの1`730円へ改定された。現在までの月間推定平均は732.8円。また、亜鉛建値が9円下げの1`295円へ改定された。現在までの月間推定平均は296.2円。

10月6日
愛知県が小型バスを使った自動運転実証実験を開始
 愛知県では3日、常滑市の中部国際空港島で自動運転実証実験を開始した。愛知製鋼、NTTドコモ、名古屋鉄道、名鉄バス4社が参画し行われたもので、10月3日から18日まで実施する。
 愛知製鋼はMIセンサを使用した「磁気マーカシステム」を提供。「磁気マーカシステム」は車両底部に取り付けたMIセンサモジュールが、走路に沿って敷設した磁気マーカの微弱な磁力を検知して自車位置を高精度に計測し、舵取り装置を制御する自動運転支援システム。実験は@小型自動運転バスを使用A一部区間(計5か所、約1,100m)に磁気マーカを2m間隔で敷設B一般乗客も乗車可能C商用5Gに接続した路側カメラを活用し、ルート上の模様を遠隔監視席のモニターに放映する。
 自動運転バスに試乗した愛知県大村知事は「今日の小型バスを使ったレベル4のドライバー無人の実験は国内で初めて。2025年には実用化に向けて取り組んでいく。公道を使った自動運転が普及するかどうかは県民の理解と社会的重要性が不可欠。安心安全に運行できることを証明して実験を積み重ねていきたい」と話した。

10月5日
ゴトウ、市川営業所の新事務所が完成
 ステンレス原料およびステンレス鋼材を手掛けるゴトウ(本社=東京都墨田区東駒形、後藤守宏社長)は市川営業所の新事務所が完成、9月28日より事務所を移設して業務を開始した。創業から80年以上の歴史を刻む同社の中枢拠点をリニューアルして、新たな体制でステンレス業に貢献していく方針だ。
 市川営業所(千葉県市川市)は昭和42年に開設。日本の経済成長でステンレスの新規用途が拡大していく時代と共に発展を続け、1,500dの油圧シャーなど多くの加工処理設備を持つ拠点として、現在も同社のスクラップおよび鋼材流通事業の中核を担っている。
 旧事務所は老朽化が目立ってきたため、今年4月から隣接する敷地内に新事務所を着工。耐震構造や水害対策なども取り入れた2階建ての社屋はこのほど完成し、先週末に移設作業を終えた。
 後藤雄一常務取締役は「開放感のある新しい事務所で気持ちも新たに取り組んでいく」と清々しく語る。

10月5日
豊田通商、仙台空港で観光型MaaS事業「エアポートCOMS」開始
 豊田通商は10月4日から仙台空港で、超小型電気自動車(EV)「COMS(コムス)」を活用したシェアリングサービス「エアポートCOMS」を開始した。
 このサービスは「旅のたのしみは、すき間時間のたのしみ方で決まる!」をコンセプトに、空港利用者の周辺観光地への移動利便性と空港周辺の回遊性の向上による地域振興が目的。2019年7月から沖縄県久米島でサービスを開始した「久米島Ha:mo」に続く、観光型MaaS事業の第2弾となる。
 仙台空港は仙台市中心部から約15km、名取市と岩沼市の間に位置し、周辺には「名取市サイクルスポーツセンター」「かわまちてらす閖上(名取市)」」「竹駒神社(岩沼市)」などの観光地があるが、空港からの移動手段が少ないのが課題であった。「エアポートCOMS」は名取市や岩沼市の協力の下、事業主体である豊田通商が、仙台国際空港や車両管理・貸出受付を担う豊田レンタリース宮城と連携して運営を行う。「COMS」は乗車定員1名で最高速度60km。利用時間は9時から14時。台数5台。料金は1時間1,000円(税込)。
 豊田通商はCO2排出ゼロで、環境にも優しい超小型EVのレンタルサービスを通じて、空港利用者の利便性と満足度向上、地域振興への貢献をめざす。

10月2日
林氏が最新リポート「韓国・鉄スクラップ輸入の現状と自給化の展望」発表
 国内外の鉄リサイクルに関する調査研究を行う鉄リサイクリング・リサーチ(本社=茨城県北相馬郡、林誠一社長)は9月20日、「韓国・鉄スクラップ輸入の現状と自給化の展望」と題した最新リポートを発表した。
 韓国はこれまで長い期間において日本の輸出市場における最大の仕向け先だったが、近年はややペースが落ちている。こうした中、やがて自給化する可能性が高いことから、同国の鉄鋼業の現状や鉄スクラップ需給を分析し、自給化について考察している。
 最初に、韓国の2019年の鉄スクラップ輸入の状況について触れている。これによると2019年の輸入量は約650万dで、うち日本からの輸入は約400万dと62%を占めた。
 以下、鉄スクラップ輸入と電炉生産について、鉄鋼業の方向性についてなどの分析を行っている。
 さらに、2030年および2050年の鋼材需要、電炉鋼生産予測について触れ、最後に自給化の展望についてまとめている。これによると、品目により需給のアンバランスが存在するため、必要品目の輸入は続く見通しだ。
 林誠一氏のリポートはこれで通算57件目。なお、このリポートは同社のホームページにも掲載されている。

10月2日
飛田テック バングラ向けに1万6千d級輸出
大型船1社1港積みで北陸初
直江津港での船積み
 金属スクラップを中心とした総合リサイクル企業の飛田テック(本社=上越市中箱井、飛田剛一社長)は9月28日、1社1港積みでは北陸地区初となる1万6000d級の鉄スクラップ輸出船積みを上越市の直江津港で開始した。向け先はバングラデシュで、H1/H2(50:50)とシュレッダーの合積み。取扱い商社はエムエム建材となる。
 飛田社長は「直江津港は県内で大型バラ積み船が寄港できる唯一の港。荷役を担う直江津海陸運送の荷役能力も1,200d/日と非常に早く、世界に通用する港だと思う。また、大型船での輸出には物流等で多くの地元企業に協力いただくため、上越市の活性化・発展にもつながる」と話す。
 同社の大型船での輸出は、2016年のバングラデシュ向け輸出(他港との合積み)以来となる。
 「5年、10年先を見据えると輸出事業には大ロットの輸送が必要不可欠」という同社は、今後も相場動向や域内需給動向を注視しながら輸出事業を進めていく方針だ。

10月2日
ミヤザキ・メタルサービス(大阪市)、加工処理設備をリプレース
来夏から工事に着手
 ミヤザキ・メタルサービス(本社=大阪市淀川区、宮崎法峰社長)は既存設備の老朽化に伴い、大阪本社工場の加工処理設備をリプレースする。来年夏から工事に入り、22年1月までの本格稼働を予定している。
 本社工場は発生地と需要地の両方に近く、至便な地域に位置する反面、周辺に住宅や高層住宅が立ち並び、金属リサイクル業を営むには環境面への配慮が大前提にある。このため、同社は営業時間の厳守を始め、工場建屋壁には騒音防止板の設置、さらには早くからミスト装置を導入して防塵に努めるなど、徹底してソフト面の強化を図ってきた。
 一方、既存のシャー設備は導入から32年を経過。これまで定期的にメンテンナンスを行ってきたが、昨年には設備トラブルが発生し、一時的に加工処理の停止を余儀なくされたことで、顧客優先の観点から再発防止に向けてリプレースを決断した。市中老廃スクラップを主力に扱う同社が今回導入する加工処理設備はモリタ環境テック製1000AK型ギロチンプレス。従来機と比べ約25%の省電力化を見込めるほか、横押し能力の高さが判断の決め手だが、「機械が止まれば、その分の損失が大きくなる。リプレースすることで、作業スピードの早まりやランニングコストの低減に対する期待もあるが、それ以上に機械が故障しにくいことへの安心感を生み出せることが何よりも大きい」(宮崎宏一取締役)という。来年夏から導入に向けた工事に入り、本格稼働を開始するまでの間、母材については同業への転売を始め、一時的な仮設ヤードの開設を検討している。

10月1日
銅・亜鉛・鉛、10月のスタート建値
 10月のスタート建値は、銅が前月末から10円上げの1`750円、 亜鉛が3円上げの304円、鉛が6円下げの255円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
7月平均 721.4 285.0 257.0
8月平均 728.5 306.3 266.5
9月平均 750.0 311.2 265.5
10月1日 750 304 255

10月1日
豊田通商など廃ペットボトル再資源化事業の新会社を設立
 豊田通商はウツミリサイクル、中央倉庫などと共同で、廃棄されたペットボトルを再資源化する「豊通ペットリサイクルシステムズ」を今年7月に設立した。
 新会社の所在地は滋賀県蒲生郡日野町大字鳥居平字観音平1680番地。出資比率は豊田通商65%、ウツミリサイクル15%、中央倉庫12.5%、他7.5%。事業概要は廃ペットボトルの選別・粉砕・洗浄、ペレットの製造。代表取締役社長は小坂彦二氏。
 日本で廃棄されるペットボトルは年間約65万dで、これまでその多くは海外に輸出か国内でリサイクルされていたが、昨年中国や東南アジア各国が輸入規制の方針を打ち出し、廃ペットボトルの国内滞留が懸念されている。国内で回収されたペットボトルのうち、ペットボトルへリサイクルされるのは約2割。国内飲料メーカーではペットボトルの再資源化を推進する方針を掲げており、廃ペットボトルの持続可能な国内循環システムの構築が課題となっている。
 豊田通商はリサイクル事業者と国内飲料メーカーとの連携により、関西地区で初めて廃ペットボトルの再資源化に取り組むことになる。
 事業開始は2022年の予定。

10月1日
国内初のLNGバンカリング船「かぐや」が10月から運航開始
 川崎汽船、JERA、豊田通商、日本郵船の4社が出資する合弁会社「セントラルLNGシッピング」は今月16日、川崎重工業坂出工場で建造中の船舶向け液化天然ガス(LNG)燃料を供給するLNGバンカリング船の命名式を執り行った。
 LNG燃料は重油に比べて硫黄酸化物や粒子状物質の排出がなく、NOXやCO2の大幅削減が見込める有力な船舶燃料。国際海事機関は2050年までに国際海運の温室効果ガス排出量を2008年対比で半減させる目標を掲げている。
 「かぐや」はLNG積載容量3,500m3、総トン数4,100d、全長81.7m、全幅18.0mで、国内で稼働する初のLNGバンカリング船となる。同船は川崎汽船明珍幸一社長と日本郵船長澤仁志社長により「かぐや」と命名され、JERA中村直常務執行役員、豊田通商日俊郎機械・エネルギー・プラントプロジェクト本部CEOによる支綱切断が行われた。セントラルLNGマリンフューエルが運航を担い、JERAの川越火力発電所を拠点に、中部地区でShip to Ship方式による船舶向けLNG燃料供給事業を今年10月から開始する予定。

9月30日
伸生スクラップ、重機更新で効率化図る ヤード整備も実施
導入した重機
 伸生スクラップ(本社=堺市美原区、多屋貞一社長)はこのほど、老朽化に伴って重機を更新し、エンジンの分解や配線除去などの作業効率化を図った。
 今回、導入したのは自動車解体機で日立建機製ZAXIS225USRLCMH全旋回式カッター仕様。同機はパワフルでアーム先端に4面補強が施され、耐久性に優れている。クランプアームを完備しており、ミニバンから普通乗用車まで固定可能なので、作業効率の向上が期待できる。
 さらに同社はヤード整備の一環として、幅1.5m、長さ6m、厚み22oの敷鉄板60枚を作業現場に設置。作業員の安全確保に努めるなど労働環境の改善にも積極的だ。
 同社は1964年8月に創業。堺市に本社を置き、使用済み自動車の解体、中古車や中古部品の販売事業を展開する有数の自動車リサイクル事業者になる。日本で初めてシュレッダーを導入したことでも有名で、その細かく綺麗な破砕が可能な縦型シュレッダーによって、生産される高品質の資源は国内メーカーからの評判が高い。また最近では、同機の特長を活かして、まだまだ処理困難物とされる雑品の受け入れを積極的に取り組んでおり、多角的な視点で環境保全に努めている。

9月30日
愛知製鋼、80周年記念のステンレス鋼製時計塔を聚楽園公園に寄贈
除幕式後の記念撮影
 愛知製鋼(本社=愛知県東海市、藤岡高広社長)はこのほど、創立80周年を記念して東海市の聚楽園公園に時計塔を寄贈した。今月23日、時計塔の除幕式が行われ、鈴木淳雄東海市長、花田勝重副市長、町内会長、藤岡社長はじめ愛知製鋼関係者らおよそ30人が参加した。
 時計塔は同社のステンレス平鋼、丸鋼を使用して作ったもので、高さ6m、幅0.6m。直径70cmの時計を3面に配置し、360度どこからでも時刻を確認できる。聚楽園公園(東海市荒尾町)トリム広場に設置し、東海市と市民、愛知製鋼の三者が互いに支え合い、伸びやかに空高く羽ばたくことをイメージしたデザインとなっている。
 藤岡社長は「当社は昭和15年に設立した会社。80年に渡り操業できるのも地域の皆様の温かい支えがあってこそ。モノづくりのDNAとさらに新しい技術を開発して、地域の皆様とともに歩んで行きたい。時計塔は弊社のステンレス鋼を使い、市民の皆様が遊んだりピクニックしたりした時にこれを見て、東海市と愛知製鋼とともに時を刻んでいく、そういう記念になればと思う」と挨拶した。

9月30日
豊田通商、車載ソフトウエア開発のオーロラ ラボス社に出資
 豊田通商はこのほど、車載ソフトウエア開発のサポートツールを提供するイスラエルのオーロラ ラボス社の第三者割当増資を引き受け、シリーズB資金調達ラウンドで約150万米ドルを出資した。車載ソフトウエアのソースコード解析と管理や、車載関連メーカーのソフトウエアプログラミングを支援するサービスの実用化を狙う。
 自動車の多機能化により普及が見込まれるコネクティッドカーでは、販売後の機能追加による商品性向上や不具合発生時の対応として制御ソフトウエアの更新・書き換えを遠隔地から無線通信データ送受信によって行うため、従来以上にソフトウエア管理や更新技術の重要性が高まっている。
 オーロラ ラボス社はソースコード単位でのソフトウエア挙動の自動解析を行い、@不具合や脆弱性を検知A適合性検証BOTAによる更新を最小限にするバージョン管理を行う技術を保有している。この技術により、車載制御ソフトウエアの開発工数低減やソフトウエア更新に必要なデータ量の削減に加え、更新後のロールバック(更新前への復旧)が容易に可能となる。

9月25日
亜鉛建値、前回比15円下げの1`301円へ改定
 亜鉛建値が25日、15円下げの1`301円へ改定された。現在までの月間推定平均は311.2円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
6月平均 659.0 272.2 248.7
7月平均 721.4 285.0 257.0
8月平均 728.5 306.3 266.5
9月1日 750 316 270
4日 740    
8日 760    
9日   307 267
11日 750    
14日   313  
16日 760    
17日   316 261
24日 740    
25日   301  

9月24日
銅建値、前回比20円下げの1`740円へ改定
 銅建値が24日、20円下げの1`740円へ改定された。現在までの月間推定平均は750.0円。

9月24日
若林、プロフレックス油圧ホース用加締機で修理コスト削減
プロフレックスの
油圧ホース用加締機
 総合解体業の若林(静岡県沼津市下香貫汐入2183、若林はる美社長)では、プロフレックス(本社=埼玉県さいたま市、大林広明社長)が製造する油圧ホース製作用加締機を導入し、修理コストの大幅削減を実現している。
 若林は重機20台を保有する地区随一の総合解体業者。2015年2月に油圧ホース製作用の加締機を導入したのは、重機の油圧ホースが破損した際、自社でホースの製作ができるメリットに着目したため。あらかじめ予備のホースを製作して解体現場に持っていくことで、万が一重機の油圧ホースが破損してもすぐ交換できるため、重機停止による時間ロスが大幅に低減する。
 油圧ホース製作を担う同社の水口氏は「ホース販売店に頼めば出張料などで大きいものは5万円ほどかかる場合がある。加締機の導入でホース交換にかかる時間ロスが少なくなり、ホースも1本2万円以下で自作出来るため修理費用も低減した」と語る。若林純太郎取締役は「ホースの交換に年間何百万円の費用がかかる当社では、加締機の導入によりホースを自作することで大幅なコストダウンとなり、初期投資費用を1年半で回収できた」と話す。リサイクル業界で導入が増えている加締機は小型軽量で、100ボルト電源があればどこでも使用できる。
 同機に関する問い合わせは、プロフレックス(電話=048-687-6162)まで。

9月23日
水野産業(刈谷)、北陸から初のバングラディシュ向け輸出実施
輸出船内のスクラップ
 水野産業(本社=愛知県刈谷市、水野雅明社長)は、製鋼原料・非鉄金属などを扱いアルミ二次合金の製造も手掛ける地区大手ディーラーで、中部、北陸、関西の港から船積みを行う有力シッパーでもあるが、このほど北陸地区から初となるバングラディシュ向け輸出を実施した。
 近年、日本の輸出マーケットでは大型船を用いた遠隔地への販路拡大が進んでいる。2015年に本格化したバングラディシュ向けは、2019年に31万8000dが輸出され韓国、ベトナム、台湾に次ぐ国内第4位のシェアへと拡大しているが2020年は7月までに昨年数量を大きく上回る42万8000dの実績が上がっており、日本玉への引合いも高まり続けている。
 大型船は輸送コストを抑えられるメリットがある一方で、必要数量の確保に時間を要すことから流通量の多くない地域での集荷にはリスクも伴うが、コロナ禍で電炉需要が低迷し需給が緩和、港での集荷が進んだこともあり、富山港と伏木港の合積みで実現した。数量は7,400d。
 水野社長は「北陸からの輸出は近場である韓国向けをメインに行ってきたが、伏木港は水深も12bほどと大型船の接岸が可能で機会があれば挑戦したいと考えていた。国内メーカーさんに迷惑をかけてまで集荷するつもりは無いが、地区の余剰玉の調整弁として輸出は今後も必要。韓国向けが縮小するなかで、大型船の活用は重要になってくるし、将来的にインフラの整備が進めば北陸から3万d級の輸出も夢ではない」と話している。

9月18日
SDパートナー支援協会 神奈川県茅ヶ崎市と災害協定を締結
佐藤茅ヶ崎市長(左から3人目)
と協会員
 一般社団法人のSDパートナー支援協会(本部=東京都江東区有明、代表理事=巖本博巖本金属社長)は8日、神奈川県茅ヶ崎市と「地震等大規模災害時における災害廃棄物処理の協力に関する協定」を締結。協定締結式を開催した。
 茅ヶ崎市では現在、地震や大雨等の災害に備え、災害廃棄物を処理するために他自治体や民間事業者との間で各種協定を締結している。しかし近年は全国的に自然災害が多く、大規模災害時において大量に発生した災害廃棄物を処理できない事態が想定されることから、新たな処理ルートの確保を模索。同協会が県内外に複数の処理ルートを持ち、また市内に工場を有するサトウ(本社=茅ヶ崎市萩園、佐藤則夫社長)が正会員であることから今回の締結に至ったという。
 主な協定の内容は、環境事業センターで処理できないがれき類・処理困難物の処理、災害廃棄物の仮置場の提供(サトウ内)、資機材の提供および仮置場の運営、焼却残渣の処理や焼却灰の溶融化・埋め立ておよびその他必要な処理となる。
 同協会は鉄スクラップおよび非鉄金属の専門業者等で構成され、2018年に設立。産業廃棄物の適正処理や汚染防止、リサイクルの促進等の普及啓発活動を実施。また大規模災害時に災害廃棄物の処理支援を行うため、協会員独自のBCP(事業継続計画)を活用し、復旧復興の支援等を通じたCSR(企業の社会的責任)活動を行うことで、業界の社会的認知と地位向上を目指している。現在、正会員企業は33社、賛助会員企業は8社、会員拠点は36都道府県132カ所。今後さらなる会員の加入を目指す。詳細は公式HPまで。

9月18日
豊田通商、環境IT ソリューション事業のJEMSに出資
 豊田通商はこのほど、ITソリューション・情報サービスのJEMS(茨城県つくば市、須永裕毅社長)に出資した。今後、豊田通商から取締役を1名派遣し、リバース・サプライチェーンの最適化や海外展開をサポートしていく。
 JEMSは環境や廃棄物管理に関わるITソリューションを提供する情報サービス会社。廃棄物業界では、廃棄物の収集・運搬・保管・処分・管理に関する厳しい規則に加え、規則について自治体ごとに解釈に違いがあるなど、多くの課題がある。
 こうした課題に対しJEMSは、排出事業者向けの環境コンプライアンスサービスや産業廃棄物処理業者向けの基幹システムを提供し業界トップクラスのシェアを持つ。また公共インフラ事業向けに、災害廃棄物などのトレーサビリティを確保した、輸送管理ITソリューションとオペレーションサービスを提供している。
 豊田通商は長期にわたり資源循環・リサイクル事業に取り組んでいる。特に製造工場などから発生する鉄スクラップなどの有価物のリサイクルについては業界で高いシェアを誇る。2020年度からは中期経営計画の重点分野の一つとして循環型静脈産業を追加。JEMSの環境業界の専門的な知識やIT技術を、豊田通商グループの資源循環・リサイクル事業に生かすことで、新たな付加価値を創造し、顧客に提供していく方針。

9月17日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`316へ改定
鉛建値、前回比6円下げの1`261円へ改定
 亜鉛建値が17日、3円上げの1`316円へ改定された。現在までの月間推定平均は314.2円。また、鉛建値が6円下げの1`261円へ改定された。現在までの月間推定平均は265.5円。

9月17日
「晴耕雨読@R」 中国の輸入通関動向など紹介
 東京非鉄金属商工協同組合の専門部会として、複合素材原料などに関する事案を扱う「リサイクル環境推進部会」(部会長=福田隆東港金属社長)はこのほど、会員向け情報レポート「晴耕雨読@R」の最新号を非鉄全連のホームページ内で公表した。
 今回のレポートでは銅やアルミスクラップなどの輸出統計に加え、中国の輸入通関をめぐる新たな動きについて紹介。有色金属工業協会再生金属分会が8月中旬より海外のサプライヤーを対象に、認定・登録制度の運用を開始した。これは分会独自の制度で政府は関与しないものの、税関から各港へ情報を伝達することで通関がスムーズに行えるメリットが期待されるという。
 ただ、中国の需要家の間ではこの制度の有用性に懐疑的で、様子見ムードも強い模様。今後の動向を注視する必要があるとしている。
 レポートの詳細や会合の模様を収めた動画は、非鉄全連のホームページ内で閲覧できる。

9月17日
愛知県、「エンジンフォーラム2020」の出展企業を募集
 あいち・なごやエアロスペースコンソーシアムでは、10月20〜21日に神戸国際展示場で開催する「エンジンフォーラム神戸2020」の「あいち・なごやパビリオン」に出展する県内企業を募集している。
 「エンジンフォーラム神戸」は航空エンジンやガスタービンエンジン等の国際的な展示会で、15か国およそ150社・団体が参加予定である。
 航空機産業以外の分野の企業も多数出展することから、あいち・なごやエアロスペースコンソーシアムでは県内企業の販路開拓および他産業に積極的に参入し、経営基盤の強化を支援する。
 対象は愛知県内に本社または製造、設計、開発等の拠点を有する企業(グループによる出展も可)。募集数は13社程度。
 支援内容は@出展料3,900ユーロをコンソーシアムが全額負担A事前サポートから会期中の商談、商談後のフォローアップまでを英語も堪能な航空関連ビジネス専門家が支援B専門家の人脈を通じた企業紹介Cエンジンフォーラムで配布するあいち・なごや企業紹介冊子に企業情報を掲載D事務局による各種サポート。
 出展企業負担額は無料。申込み期限は9月25日正午。
 応募・問い合わせは愛知県経済産業局産業部産業振興課 次世代産業室次世代産業第一グループ(電話052−954−6349)まで。

9月16日
銅建値、前回比10円上げの1`760円へ改定
 銅建値が16日、10円上げの1`760円へ改定された。現在までの月間推定平均は755.0円。

9月16日
中島金属 渡辺鉄工製ベーラー機を導入
ALB型ベーラープレス機
 非鉄原料全般を幅広く扱う中島金属(本社=神奈川県川崎市川崎区、岩本興聖社長)はこのほど、同区の塩浜工場に渡辺鉄工製のベーラープレス機を導入した。
 アルミビス付きサッシの梱包を効率化し、高品質の原料を出荷する体制を推進。加工処理の自動化で供給力を高め、取引先からの信頼をより強固にする方針だ。
 ALB型ベーラープレス機は、原料を投入すると自動で素早く圧縮梱包する。ソフト・ハードを問わず整合した荷姿に高速でプレスした上で、樹脂バンドが頑丈に結束するため、国内メーカーだけでなく輸出のコンテナ積みにも対応できることが特長だ。
 多種多様な金属原料を手掛ける中島金属は、同機で主にビス付きサッシの加工処理を行う。岩本社長は「ベーラーで梱包することで品質が上がり、販路を国内にも海外にも広げられる」と導入のメリットを語る。
 中国の輸入規制が進み、複合素材の原料を国内で処理する需要はますます高まっている。同社は「選別加工が必要な原料の入荷が増えたが、供給先の品質基準に応える商品に仕上げていく」(岩本社長)と意気込む。

9月15日
マルサン(三島)、非鉄スクラップ用台はかりを売却希望
 マルサン(本社=静岡県三島市梅名428-1、渡邉俊一社長)では、22年前に購入した2トン台はかりの譲渡先を探している。
 マルサンは鉄・非鉄スクラップ、廃OA機器解体などを手掛ける地区有力ヤード業者。同社では1998年に購入した非鉄スクラップ用アナログ台はかりを取引先の発生工場に貸与していたが、その取引先がこのほどデジタル台はかりを導入したことで、使用していたアナログ台はかりが不要となった。マルサンでは非鉄用の台はかりを既に保有していることで、欲しい方がいれば売却したい意向である。
 台はかりはホクトウスケール製で、計量範囲は50kgから2,000kgまで。定期的に検査を受け、丁寧に使っていたことで状態は良好。譲渡価格は要相談。
 希望者は株式会社マルサン(電話055-977-2047)渡邉社長まで。

9月14日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`313円へ改定
 亜鉛建値が14日、6円上げの1`313円へ改定された。現在までの月間推定平均は313.0円。

9月14日
9月9〜11日「名古屋ものづくりワールド2020」が閉幕
 9月9〜11日の3日間、愛知県国際展示場で「名古屋ものづくりワールド2020」が開催され、多くの来場者で賑わった。
 これは「設計・製造ソリューション展」「機械要素技術展」「工場設備・備品展」「航空・宇宙機器開発展」「次世代3Dプリンタ展」「ものづくりAI/IoT展」「計測・検査・センサ展」の7展示会で構成される中部地区最大のものづくり専門展。今年はおよそ430社・団体が出展し、新たなものづくりや生産性・品質向上、コストダウンなどが提案された。
 会場では山陽特殊製鋼の3Dプリンター用「高機能ガスアトマイズ金属粉末」、新東工業の「高精度微細加工、精密研磨加工技術」、岩本工業の「切削液自動供給装置」、岐阜プラスチック工業の「樹脂・金属粉砕機」などのブース展示のほか、コマツ帯金英文執行役員の「コマツが目指す“ものづくりの姿”」、トヨタ自動車岡田政道執行役員の「人を中心軸に据えた変革の取組み」、日産自動車パワートレイン・EV技術開発本部木賀新一氏の「可変圧縮比エンジン VC-TURBOの将来戦略」などの講演会や各種セミナーが同時開催された。

9月11日
銅建値、前回比10円下げの1`750円へ改定
 銅建値が11日、10円下げの1`750円へ改定された。現在までの月間推定平均は750.5円。

9月11日
川島商会、サービス向上に注力 労働環境・体制を整備
現場社員が主導して
新規導入に至った
各種設備
 自動車部品販売・解体事業をおこなう川島商会(神戸市東灘区、川島準一郎社長)は1日、本社社屋屋上に太陽光発電機(149kw)を新規設置し、社屋電灯をLEDへと総入替工事を完了させ、各構内作業の使用電力削減による固定費削減を図っている。
 自動車解体業は内部素材の変移、ユーザー趣向、技術・商流などの変化が大きい。そのため、同社では「売買ともにお客様あっての商売。サービスの重要度が日々、高まるなかで、社員の質が自社の5年・10年後を大きく左右する」(川島社長談)とし、ユーザーの利便性を向上させつつ、人材育成に注力している。
 人材育成の一環として、同社では社内設備の一部拡充を幹部社員に一任。立案から予算策定・施工に至る全過程を計画し、現場社員とともに協議。設備導入による作業効率の向上だけでなく、社員自らが各作業工程での問題点・改善点を洗い直し、「作業で本当に必要な設備を討論し、予算、作業動線を考え使い勝手が良い設備を導入した。従来に比べ作業効率と安全性が向上した」(今北工場長談)と同社が推進している5Sへの認識向上と理解に繋がった(設備は右写真参照)。
 また、同社では7月に防犯・保全面を向上させるべく、アプリでの遠隔確認が出来る防犯カメラを社内各所に設置したほか、コロナウイルス予防策として1日より来客・社員管理用に非接触設置型検温器を各1台設置。来客用は個人情報保護の観点から検査のみだが、社員用機器は日々の検温データを保管している。
 導入意図は、「水際阻止は当社責任であり、お客様の安全が第一。安心して当社とお取引して頂けるために導入した」(社長談)といい、労働環境や社内体制を整備し、顧客満足度向上に日々、注力している。

9月11日
10月21〜23日に「名古屋オートモーティブワールド」開催
 10月21日から23日まで、ポートメッセなごやで「第3回名古屋オートモーティブワールド」が開催される。
 同展は「カーエレクトロニクス技術展」「EV・HV・FCV技術展」「自動運転EXPO」「クルマの軽量化 技術展」「自動車部品&加工EXPO」で構成される自動車技術の総合展示会で、自動運転、軽量化、EV・HV・FCV、カーエレクトロニクス、コネクティッド・カーなど自動車業界の先端技術を持つ370社が出展。
 期間中はブース展示のほか、経済産業省吉村直泰自動車課長による基調講演「自動車産業の現状と今後の方向性」、ボルグワーナー先行開発本部石原充マネージャーの特別公演「クリーンでエネルギー効率の高い世界へ〜充電システムから駆動システムまで」、トヨタ自動車先進技術カンパニー葛巻清吾フェローの「ズバリ、自動運転の現在地は?」などのセミナーも同時開催される。
 開催時間は10時から18時(最終日は17時まで)。
 入場料5,000円(事前に招待券申込みで無料)。
 詳細はオートモーティブワールドHPで。

9月10日
福田金属、大阪府から感謝状
〜19年間寄付を継続〜
福田会長(右から2人目)と
同社女性スタッフ
 福田金属(本社=大阪市浪速区、福田守社長)は、例年実施している「大阪府福祉基金」に加えて今年は「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」にも寄付し、大阪府の吉村洋文知事からお礼の手紙と感謝状(写真)を受け取った。例年、大阪府庁で贈呈式が行われているが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、送付での対応となった。
 同社は2002年から19年連続で大阪府に対して同額の寄付を継続している。「福祉基金」は大阪府民の寄付金等を財源に障がい者福祉や子育て支援など様々な活動に役立てられている。また「新型コロナウイルス助け合い基金」は医療従事者に対し感謝の気持ちとともに支援金として贈呈される。
 福田誠会長は「(同社本社所在地である)地元大阪の子供たちや障がい者の方たちの福祉に役立ててほしいという思いで毎年寄付を続けている。また今年は新型コロナウイルスの治療や対応に尽力されている医療従事者の皆様に感謝の気持ちを込めて寄付をした。今後も地域の皆さんへ様々な形で恩返しができるように、様々な社会貢献活動に尽力していきたい」と語った。
 同社は昭和63年11月設立。製鋼原料、非鉄金属、解体工事等を扱い、幅広い顧客や取引先、納入先など全国に独自のリサイクルネットワークを構築している。

9月10日
名商、10月13日に「経団連 チャレンジ・ゼロ」セミナー
 名古屋商工会議所では、10月13日16時から17時まで、オンラインと名古屋商工会議所会議室でセミナー「経団連 チャレンジ・ゼロ〜脱炭素社会の実現に向けた取組み」を開く。
 このセミナーは経団連の「チャレンジ・ゼロ」プロジェクトに参加を表明した企業から、脱炭素社会の実現に向けた取組みや新技術を紹介するもの。当日は日本経済団体連合会谷川喜祥チャレンジ・ゼロ推進室長「経団連 チャレンジ・ゼロのご紹介」、東邦ガス中村洸平課長の「潜熱蓄熱材を活用した、高密度蓄熱技術の開発」、トヨタ自動車山戸昌子環境部長「トヨタ環境チャレンジ2050〜CO2ゼロチャレンジの取組み」、日本郵船山本泰グループ長代理「日本郵船のCO2排出削減への取組み―Decarbon ICEプロジェクト他」が行われる予定である。
 参加費3,000円(名古屋商工会議所会員無料)。定員はオンライン200名(Zoom利用)、名商5F会議室20名。申込み締切りは10月5日。
 参加申込みは名古屋商工会議所ホームページで。
 問合せは名古屋商工会議所産業振興部モノづくり・イノベーションユニット(電話052-223-8601)まで。

9月9日
亜鉛建値、前回比9円下げの1`307円へ改定
鉛建値、前回比3円下げの1`267円へ改定
 亜鉛建値が9日、9円下げの1`307円へ改定された。現在までの月間推定平均は309.7円。また、鉛建値が3円下げの1`267円へ改定された。現在までの月間推定平均は267.9円。

9月9日
青南商事、仙台に太陽光パネルリサイクル施設を新設
新設した
太陽光パネルリサイクル施設
 東北6県で総合リサイクルを手掛ける青南商事(本社=青森県弘前市、安東元吉社長)はこのほど、宮城県仙台市に太陽光パネルのリサイクル施設を新設した。
 同施設は、同社仙台工場(仙台市宮城野区)に隣接し敷地面積は約1,000u。導入した太陽光パネルリサイクル設備はエヌ・ピー・シー社製で「省CO2型リサイクル等高度化設備導入促進事業補助金」を活用。同設備では太陽光パネルのジャンクションボックスやアルミフレーム、ガラス、EVA/セルシートを分離することができる。これにより、ガラスと金属の完全リサイクルが可能になった。
 宮城県内で太陽光パネル処理設備を導入したのはSEINANグループが初となる。
 安東社長は「寿命となった太陽光パネルが大量に廃棄される時代に備え、リサイクルされる各素材の販売先の確保、高付加価値化に取り組む」と意気込みを語った。

9月8日
銅建値、前回比20円上げの1`760円へ改定
 銅建値が8日、20円上げの1`760円へ改定された。現在までの月間推定平均は756.5円。

9月8日
豊栄通商、北海道と熊本に敷鉄板の出荷拠点を開設
恵庭市ストックヤード↑
八代港↑
 輸入鋼材販売や金属スクラップの貿易事業を展開する豊栄通商(本社=東京都江戸川区、佐藤海龍社長)は、北海道恵庭市と熊本県八代市(八代港)に敷鉄板の出荷拠点を開設した。8月中旬に製品を搬入し本格的な運用を行っている。出荷拠点は既設の仙台港、船橋港、名古屋港、大阪港を合わせて6カ所となり、全国各地へ向けた輸送体制が拡充した。
 恵庭市の事業所は北海道で初の拠点だ。道内向けの製品は、これまで仙台港から輸送していたが、札幌市と苫小牧市のほぼ中間地にストックヤードを設けたことで、道内ユーザーへの搬送時間が大幅に短縮した。
 八代港は、九州地区における出荷拠点だった北九州港の機能を移設した。吊り孔開けなどの加工作業を行うことが可能となり、ユーザーからのオーダー加工を施して販売する。八代港は九州の中心地に位置するため、南九州地区を含む広域への輸送効率も向上した。
 豊栄通商では2015年から敷鉄板を主力とした鋼材販売事業を本格的に展開。仕入れ時の品質管理の徹底や出荷体制の整備を図りながら、小ロットから大ロットまで対応するカスタマイズ型の受注販売を行っている。
 同社は「関東をはじめ全国各地での顧客ニーズが年々増えている。今後もお客さまにご満足頂けるサービスを続けるように販売体制を強化していきたい」としている。製品やサービスに関する問い合わせは同社(TEL:03-5659-2108)まで。

9月8日
9月18日に「CASE-MaaSの最新動向、戦略」セミナー
 中部経済産業局では、4回シリーズで自動車産業の最新動向や将来展望などを紹介するCASE-MaaSセミナーを開催する。第1回目は9月18日14時から16時30分まで「企業等におけるCASE-MaaSの最新動向、戦略」をテーマにオンラインで開催する。
 CASEやMaaSの潮流により自動車技術の進化や市場の質的変化が進み、100年に一度の変革期と言われている。第1回目のセミナーではCASEやMaaSに関する自動車メーカーの最新の取組みや戦略、「CASE技術戦略プラットフォーム」の内容を紹介し、未来のモビリティ産業や社会を展望する。当日は「CASE技術戦略プラットフォーム」の事業紹介、トヨタ自動車自動運転・先進安全開発部上地正昭部長「すべての人に移動の自由を―トヨタの自動運転の取組」、トヨタ自動車先進技術開発カンパニー先進ボデー開発部 三国敦氏「軽量化等車体技術の現状と今後」の事例紹介が行われる予定。参加費無料。申込み締切りは9月14日。
 申込みはセミナーHP(https://dan-dan.com/case-maas2020-1/)から。問合せはセミナー事務局(ダン計画研究所内、電話06-6944-11173)まで。

9月7日
光洲産業 EEFAの業界トレーニング・コーチングを導入
 廃棄物処理業の光洲産業(本社=川崎市高津区、光田栄吉社長)は、リサイクル業界向けのコンサルティングを行うEEFA(東京都港区、佐々木恵代表)の業界トレーニング・コーチングプログラムを導入した。
 同社が導入したプログラムは新入社員を対象としたもので、新社会人研修やリサイクル業界の現状と理想などの業界トレーニングのほか、仕事上でのコミュニケーションの取り方や仕事の進め方をコーチングする。
 このほど、同プログラムの一環で新入社員3名がSDGs(持続可能な開発目標)17の目標に基づき、「∞無限の可能性を未来に」をテーマに作成した「変わる未来」、「環境に優しい未来」、「新たに挑戦する未来」と題したプレゼンテーションが行われ、光田社長を含む約20名の社員が参加した。
 プレゼン後には3グループに分かれたテーブルにそれぞれ新入社員がつき、各内容に関する光洲産業の可能性や未来について、先輩社員達との意見交換の場も設けられた。
 事業統括本部の光田興熙副部長は「この業界は閉鎖的であると感じることがあり、そのなかで事業展開を進めていくためにはアンテナを高く張り、視野を広げていく必要がある。国内外のリサイクル事業に精通する佐々木氏の豊富な知識と経験を学び、業務に生かしてほしい」と話す。

9月7日
愛知製鋼、同社初の統合報告書「統合レポート2020」発行
 愛知製鋼はこのほど、同社初の統合報告書となる「愛知製鋼統合レポート2020」を発行した。
 この報告書では従来掲載していたESG(環境・社会・ガバナンス)情報や財務情報をさらに充実させ、今年策定した2030年ビジョンを軸に中長期的な企業価値創造およびSDGs達成への取り組みを含めた、持続可能な地球・社会への貢献を実現するための戦略・事業展開を紹介している。
 主な内容は「価値創造の歩み」として同社の歴史・現在・未来を紹介。「トップコミットメント」ではCASEへの対応、基盤強靭化への取り組み、創立80周年を機に制定したブランドスローガン「つくろう、未来を。つくろう、素材で。」に込めた、未来へ向けた思いを藤岡社長が語っている。「2030年ビジョン」では3つの経営指針と、それらを推進するカンパニーとコーポレートオフィスのビジョン、達成に向けた具体的施策を紹介。「重要課題」ではこれまで取り組んできた6つの「愛知製鋼の重要改題」に、新たに2030年ビジョンを組み込んで再構成。ESGの取組みやSDGs達成への取り組みを紹介している。同レポートは愛知製鋼ホームページよりダウンロードが可能。

9月4日
銅建値、前回比10円下げの1`740円へ改定
 銅建値が4日、10円下げの1`740円へ改定された。現在までの月間推定平均は741.5円。

9月4日
カーセブンディベロプメント、「プロキャディ支援+プロゴルファー研修会」を開催
プロキャディの面々
 自動車の小売と販売のフランチャイズチェーン「カーセブン」を展開するカーセブンディベロプメント(本社=東京都品川区、井上貴之社長)は8月21日、茨城県稲敷郡のイーグルポイントゴルフクラブで「プロキャディ支援+プロゴルファー研修会」を開催した。
 同研修会はプロキャディ10名、男子プロ10名、女子プロ10名、アマチュア20名が参加。
 新型コロナウイルスの影響によりトーナメントの中止や延期が続く中、自動車と関係性の高いゴルフ業界を盛り上げることを目的に開催された。
木村彩子プロ
 参加した若手プロゴルファーとアマチュアは、普段アドバイスを受けることが非常に難しいトッププロキャディのラウンドレッスンを受けた。
 また同社は、女子プロゴルファーの木村彩子選手とのスポンサー契約を締結したことも発表した。同社は現在、アン・ソンジュ選手ら3名の女子プロゴルファーとスポンサー契約を結んでおり、木村彩子選手で4人目の女子プロゴルファーとのスポンサー契約になる。

9月3日
テヅカ シンプルで機能的なコンパクトシャーの需要増
リーズナブルで大掛かりな付帯工事不要
テヅカ製コンパクトシャー
 環境リサイクル機器メーカーのテヅカ(本社=福岡県古賀市、下田善吉社長)は、同社が販売するコンパクトシャーの需要が増えており、スクラップ・リサイクル企業からの問い合わせに対応している。
 同機は名前のとおり各ユニットがコンパクトに集約された油圧シャーで、据え付けから数日で稼働できるシンプルな構造と、建築廃材を十分に処理することができる切断能力と機能を両立した機械だ。
 最大の特長は、ホッパーに材料を投入するだけで次々と切断処理が行えること。通常のスクラップシャーは縦方向にカッティング盤を下降して鉄スクラップを切断するのに対し、同機は横方向にスライドして切断する構造。材料は自重で落下して切断部に移動するので機械サイズが送り装置の分小さくまとまった。
 この切断方式とリモコン操作、自動運転機能によりスクラップ投入から切断製品の回収までワンマンコントロールによる操業が可能、必要最小限の人員で作業効率アップと取扱量の増加が見込める。
 切断力400dのもので機械本体が2200万円(税別)〜とリーズナブルで、設置スペースや大がかりな付帯工事を必要としないため、設置場所や導入コストがネックとなるような営業所での導入にも適している。またものづくり補助金の対象機種のため即時償却などの税制優遇も受けられる。詳しくはテヅカ(電話092-941-1311/担当:和田)まで。尚、同社HPでは材料の投入から自重落下による切断、排出までの動きを動画で分かりやすく紹介している(https://tezuka-group.co.jp/)。
 同社はシュレッダープラントからスクラップシャー、そして廃プラスチック処理のベーラーやナゲット機など、スクラップ加工処理機器の設計・製造・販売を幅広く手掛け、高い技術力と迅速な対応、さらにきめ細かいメンテナンスにも定評がある。

9月3日
豊田通商、アフリカ市場でトヨタ・スターレットを販売開始
 豊田通商はこのほど、スズキからインド製小型乗用車のOEM供給を受け、トヨタブランドとしてスターレットを今月中旬からアフリカ市場で販売を開始する。
 豊田通商は2019年1月にトヨタ自動車からアフリカでの営業業務の全面移管を受けている。今回のスズキからのOEM供給は、昨年3月のトヨタ自動車とスズキの合意に基づくもので、今月中旬から南アフリカでの販売を開始し、順次アフリカ47カ国に販売を拡大していく予定。
 アフリカは自動車市場としても急成長が見込まれる地域。豊田通陽は近い将来アフリカで中間所得層が拡大することを見据え、アフリカ全土のトヨタブランドの販売チャンネルを生かした小型車の販売とアフターサービスの強化を図っていく。今後もスズキと連携し、スターレットの販売だけでなく、幅広い顧客のニーズに応えるためSUVやセダンなど小型車ラインナップの拡充を予定している。
 豊田通商ではトヨタ車のアフリカ市場での販売力強化に向けてスズキとの協業を深め、アフリカの顧客に高品質な小型車とサービスの提供を通じて、アフリカでのモビリティ社会の発展に貢献していく方針。

9月2日
オートパーツ伊地知、SDGsを宣言
若手中心に活動開始・地域のイベントでも紹介
地域まるごと共育講座の様子
 オートパーツ伊地知(本社=鹿児島市上福元町、伊地知志郎社長)は、今年4月に持続可能な開発目標(SDGs)の宣言を行い、このほど若手社員を中心にプロジェクトを立ち上げ、活動を本格的にスタートさせている。
 SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標。同社はNGP日本自動車リサイクル事業協同組合に加盟しており、同組合が推進するSDGs活動に賛同し、取り組みを開始。九州地区の組合員では初の宣言企業となった。
 経営理念である「『おかげさまの心』で『自利利他』を実践しよう」をテーマに、17のゴール・169のターゲットから構成された目標から、若手社員による話し合いにより自社で達成可能な10のゴールをセレクト。今後も定期的に議論を重ね、目標達成を目指す方針だ。
 また8月22日は、かごしま環境未来館主催による環境学習講座「地域まるごと共育講座」が同社で開催され、親子10名が参加し、工場内見学とともに同社のSDGsに対する取り組みについて紹介した。
 伊地知社長は「ISOなど環境に対する様々な取組を通じ、その経験を活かしながらSDGs目標達成に向けて尽力し、地域の皆様への周知やNGPグループの九州支部への活動も広げていきたい」と語った。
 同社は1979年創業。自動車・トラックの解体と中古部品の販売を手掛け、中古部品の販売にも注力している。2001年6月にNGPグループで初めて「ISO14001」を取得した。本社工場の他、熊本営業所(熊本市中央区)、トラックパーツ事業部(鹿児島県南さつま市)に拠点を構える。

9月2日
9月9〜11日に「名古屋ものづくりワールド2020」開催
 9月9〜11日に常滑市の愛知県国際展示場で「名古屋ものづくりワールド2020」が開催される。
 「名古屋ものづくりワールド」は製造業の短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウンを目的に、「設計・製造ソリューション展」「機械要素技術展」「工場設備・備品展」「航空・宇宙機器 開発展」「次世代3Dプリンタ展」「ものづくりAI/IoT展」「計測・検査・センサ展」の7つの展示会で構成されるものづくり専門展。昨年は約1,150社・団体が出展し、およそ3万6千人が来場した。
 今年は会場でのブース展示のほか、コマツ帯金英文執行役員の基調講演、トヨタ自動車や日産自動車、SUBARU、三菱重工業、NTTドコモの特別講演、三菱自動車工業、マツダ、日野自動車などの専門セミナーなどが開催される予定。
 問い合わせは名古屋ものづくりワールド事務局(リードエグジビションジャパン内、電話0570-001-887)まで。

9月1日
銅・亜鉛・鉛、9月のスタート建値
 9月のスタート建値は、銅が前月末から10円上げの1`750円、 亜鉛が3円上げの316円、鉛が3円下げの270円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
6月平均 659.0 272.2 248.7
7月平均 721.4 285.0 257.0
8月平均 728.5 306.3 266.5
9月1日 750 316 270

9月1日
ナニワプロジェックス、蛍光X線分析計の販売開始
人気の金属成分分析計
Vantaシリーズ
卓上型アタッチメントの
ワークステーション
 放射線検知器専門商社のナニワプロジェックス(本社=大阪府泉大津市、河井雄輔社長)はこのほど、金属リサイクルや鉄鋼業界から高い評価を得ているハンドヘルド蛍光X線金属分析計VANTA(ヴァンタ)シリーズの販売を開始した。今後は同社製の商品を販売できるほか、現在行っている先着40名限定で、ものづくり補助金の申請支援着手金の無料サービスなどもナニワプロジェックス経由で対応することが可能だ。
 既に大手製鋼メーカーへオリンパス製の金属成分分析計を導入しており、「業界が変化していく中でニーズも多様化している。対応できるように今後も取り組んでいきたい」と担当者は話す。
 同社は放射線検知器を製造・販売する専門企業。ゲート型の導入は東京製鐵などの製鋼メーカーや金属スクラップリサイクル業者を中心に全国で150 台以上の実績を持つ。自社で設置施工( 別途費用)や他社製の既存機種の流用更新を請け負うなど、専門の強みを活かした事業も展開している。問い合せ先は大阪本社 0725(20)2801 まで(担当者:葛西・池本)

9月1日
愛知県、「2021愛知環境賞」のエントリー企業などを募集
 愛知県では、資源循環や環境負荷低減に関する優れた技術や事業などを表彰する「2021愛知環境賞」のエントリー企業などを募集している。
 愛知環境賞は愛知万博を契機に2005年に創設したもので、今回が16回目。資源循環や環境負荷の低減に関する優れた技術・事業、活動・教育の取組みを表彰するもの。こうした事例を広く紹介することで、新しい生産スタイルや生活スタイルを文化として社会に根付かせ、資源循環型社会の形成を促進する。
 募集対象者は企業、団体またはグループ。対象事例は省資源、省エネルギー、新エネルギー及び3Rなど、資源循環や環境負荷低減に関する先駆的で効果的な愛知県内の〈技術・事業〉、〈活動・教育〉。計画段階にある事業についても応募できるが、愛知県内で実施可能性の高いものに限る。賞は金賞、銀賞、銅賞、優秀賞など。募集期間は9月1日〜10月30日(必着)。
 問い合わせは愛知県環境部 資源循環推進課 循環グループ(電話052-954-6233)まで。

8月31日
長崎スクラップセンター、コベルコ製重機を新導入
安全性・効率向上 5S活動の一助に
作業現場で活躍する
SK350DLC
 長崎スクラップセンター(本社=長崎県諫早市津久葉町、本松一則社長)はこのほど、コベルコ建機製スクラップローダー使用機(SK350DLC)を本社ヤードに新規導入し、順調稼働している。
 同社は、数年前まで他社製重機を使用し、当初は1台入替との予定だったが、作業効率、安全性アフターサービス等からコベルコ建機製に随時切り替えており、現在、自動車解体専用機等を含め計4台使用。「稼働状況のデータを『可視化』することで、社員の意識が変わってきている」(吉岡直樹氏談)とし、同社推進・注力する5S活動を影で支え、作業効率化と安全性確保の両立の一翼を担っている。
 長崎スクラップセンターは、県下唯一の破砕処理業者で清本鉄工のグループ企業。清本鉄工及び同グループの九州製鋼へと安定した鉄源供給をおこなっている。
 自動車破砕を主力としつつも、自販機・小型家電等を含めた複合物類、造船くず、金型、小型船舶の中間処理を手掛ける地場密着型の総合リサイクル企業(※同社詳細は9月号掲載)。

8月31日
エコアール、三和会との協働による障がい者雇用開始から5年
 自動車リサイクル大手のエコアール(本社=栃木県足利市、石井浩道社長)は、社会福祉法人三和会(群馬県桐生市、藤澤敏孝理事長)との協働活動として障がいを持った人々の雇用の場を設けてから5年が経過した。
 三和会は「基本的人権の尊重」と「人は差別をしない・されない」という社会作り実現のため、障がい者自立支援法の意図する「福祉から雇用へ」を目指し、障がい者支援施設などの運営を手掛けている。
 エコアールは、障がい者の雇用を地域に貢献する重要なミッションとして捉え、2015年5月に工場内に障がい者が使用済自動車から希少金属などを選別するエリアを設置。今後も地域への貢献の一環として雇用を継続していく方針だ。
 石井社長は「コロナ禍で医療従事者に対する差別などが聞かれ、人を思いやる気持ちが薄れてしまっているように感じる。『助け合い』の気持ちを持ち続けるためにも、今後も協働活動を続けていきたい」と話す。

8月28日
小倉商事、クリーン燃料GTL導入 環境保全を推進
GTLで導入したヤード内の重機
 小倉商事(本社=大阪市西淀川区、小倉清和社長)では、環境保全の一環でヒラオカ石油(本社=大阪府岸和田市)が配達するクリーン燃料GTLの導入を率先して行っている。
 同社は排出されるCO?、NOx、PMが少ないことから環境保全や労働環境の改善に期待が持てるとして、半年程前に解体工事業で使用している重機に初めて導入。
 現在は小野工場を除く工場に完備している全てのユンボやフォークリフトがGTLで稼働しており、今後も同社が掲げる“地球にやさしい環境つくる”を方針に地球保護を会社一丸となって取り組む構えだ。
 GTLとはGas to Liquidの略称で、天然ガスを原料に製造された軽油代替の合成燃料。軽油のJIS規格に合致していながらも、燃焼時のCO?排出量は8.5%削減。また無毒性なので大気汚染の原因となるNOx・PM排出量を抑えることができ、環境配慮型のクリーン燃料として様々な業界から注目されている。
 小倉商事は1936年1月20日に創業、今年で創業84年目を迎えた老舗企業。関西を中心に金属スクラップリサイクルを担う金属再生処理事業、建築物工作物・設備などの解体を行う解体事業を主軸に活動している。他には超重量物、精密機器、医療機器などの機械設備の搬出から据え付けまで一貫して行うテクノエンジニアリング事業、専門資格を技術者によって作業するアスベスト除去事業、不要になったオフィス什器、設備機器などの搬出から運搬・買取・処分をワンストップで実施し、Reduce・Reuse・Recycleを推進する環境ソリューション事業なども展開しており、多種多様なニーズにも応えらえる体制を整えている。

8月28日
グットラックshima、5店舗目の新潟店が新規オープン
 自動車リサイクル大手のシマ商会(本社=福島県南相馬市原町区、島一樹社長)が運営するトラック専門店、「グットラックshima」の5店舗目となる『グットラックshima新潟』が8月20日、新潟市南区に新規オープンした。
 販売するトラックは、オークションと業者、一般から買い取りしている。仕入れ時の査定チェックでは、入庫前後の徹底した不具合箇所チェックを行い、良質なトラックだけを販売している。
 またオープンキャンペーン「新潟グルメ三昧!」として、新潟店でトラックを成約すると、3万円分の新潟名産の食材がプレゼントされる。キャンペーン期間は9月4日から10月31日まで。先着10名。
 店舗の概要は以下の通り。

グットラックshima新潟
 住所:新潟県新潟市南区茨曽根2031-1
 TEL:025-201-9381
 営業時間:9:00〜18:00
 日曜・祝日定休・土曜日は休業の場合あり。

8月27日
銅建値、前回比10円上げの1`740円へ改定
 銅建値が27日、10円上げの1`740円へ改定された。現在までの月間推定平均は728.5円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
5月平均 604.7 267.5 236.0
6月平均 659.0 272.2 248.7
7月平均 721.4 285.0 257.0
8月3日 720 295 258
6日 730    
7日   304 264
14日 710    
18日   310  
19日 740   270
21日   313  
24日 730    
26日     273
27日 740    

8月26日
鉛建値、前回比3円上げの1`273円へ改定
 鉛建値が26日、3円上げの1`273円へ改定された。現在までの月間推定平均は266.5円。

8月26日
ジェトロ岐阜、WEBセミナー「貿易実務講座・入門編」案内
 ジェトロ岐阜では、8月から11月まで開催するWEBセミナー「貿易実務講座・入門編」(全7回シリーズ)の参加者を募集している。
 同講座は初めて海外業務に携わる人や実務知識を再確認したい人など貿易実務の基礎を身につけたい方が対象。貿易実務の基礎知識について各回1時間でわかりやすく解説する。今回はWEBオンラインライブセミナーとしてアプリZOOMを使用して行う。開催時間は15時00分から16時00分(接続開始14時30分〜)。講師はJETRO岐阜アドバイザーの原田喜世子氏。
 スケジュールは△第1回8月27日(木)「貿易実務の流れと貿易制度」△第2回9月10日(木)「取引交渉から契約締結」△第3回9月24日(木)「インコタームズとは」△第4回10月8日(木)「決済手段と金融」△第5回10月22日(木)「輸送手段と船積み書類」△第6回11月5日(木)「保険と通関」△第7回11月19日(木)「関税制度」。
 定員各回20名程度、参加費無料。
 申込み方法はJETRO岐阜ウェブサイトから。
 申込み締切りは各回前々日の17時まで。
 問合せはジェトロ岐阜(電話058-271-4910)まで。

8月25日
山陰資源適正処理協議会、一般向け広報冊子を発刊
リサイクルの周知貢献
発刊した
山陰資源適正
処理協議会通信
 鳥取県と島根県の資源リサイクル事業者で構成し、廃棄物の適正処理と有用な資源リサイクルの推進活動を行っている山陰資源適正処理協議会(牧浦健泰会長、牧浦商店専務)は、リサイクル業界の広報冊子『山陰資源適正処理協議会通信』を作成、6月から一般向けに発刊を開始した。
 同紙は古紙、鉄、雑品、自動車など様々なリサイクル業界の現状課題などを写真付きで掲載しており、初めてのユーザーでも分かりやすくなっている。会員企業で無償配布されており、取引事業者だけでなく、一般住民や教育機関など誰でも手に入ることができる。
 牧浦会長は「リサイクル業界の取り巻く環境は年々厳しくなっているにも関わらず、まだまだ周知されていないのが現状だ。皆様に理解頂き納得して貰うためにも個社ではなく、事業者同士が集まって皆で声を上げることが一番伝わると思い、広報冊子の発刊を決めた。今後も山陰両県の事業者で協調しながら外へ向けた情報発信に取り組み、リサイクルの周知貢献に努めていきたい」と意気込みを話す。

8月25日
「メッセナゴヤ2020」、WEBでのオンライン展示会に変更
 メッセナゴヤ実行委員会では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今年11月4〜7日にポートメッセなごやで予定していた「メッセナゴヤ2020」の通常開催を中止し、WEB上でのオンライン展示会の開催を決定した。
 メッセナゴヤは2006年から毎年開催されている業種・業界の枠を超えた日本最大級の異業種交流展示会。昨年は1,442社・団体が出展し、およそ6万2千人が来場者した。
 実行委員会では、各種展示会ガイドラインに沿った感染防止対策を講じた上での開催を目指して協議を進めてきたが、出展者や来場者、関係者の健康と安全を最優先に考えた結果、今回はやむを得ず通常開催を中止とした。同会ではウィズコロナ時代に対応するオンライン展示会として「メッセナゴヤ2020オンライン」の開催準備を進めている。AIマッチングシステムの活用と会期の拡大により、新たに販路開拓を希望する企業・団体の商談機会を可能な限り創出していく。
 出展募集や開催概要等は後日メッセナゴヤ公式ホームページ等で案内する予定。

8月24日
銅建値、前回比10円下げの1`730円へ改定
 銅建値が24日、10円下げの1`730円へ改定された。現在までの月間推定平均は727.0円。

8月24日
オリンパス・ハンドヘルド蛍光X線金属分析計が貴金属メソッド標準搭載
価格は据え置き
性能が向上した
VANTA Element-s
 オリンパス(本社=東京都新宿区、竹内康雄社長)はこのほど、金属スクラップリサイクルや鉄鋼業界で多くの導入実績を持つハンドヘルド蛍光X線金属分析計VANTA(ヴァンタ)シリーズの最新機種VANTAElement-Sに金、銀、プラチナ、イリジウムなどが分析可能になる貴金属メソッドを標準搭載した。従来はオプションで追加搭載になり、同メソッドは約25万円相当だが、本体価格は変わらず、求めやすい価格となった。
 VANTA Element-Sは米軍規格に準じた落下試験に合格し、防塵・防水性能(IP54規格取得)を完備した堅牢性を兼ね備え、計測スピードが最短で数秒と高速。微細な成分も感知可能な高精度の分析能力を誇る。
 商品の問い合わせなどはオリンパス0120-58-0414、もしくは販売代理店ポニー工業06-6262-6510まで。

8月24日
大舞金属 工場全体のリニューアル工事が完了
〜防音・防塵設備を強化し、近隣の環境負荷低減へ〜
リニューアルした工場建屋
 大舞金属(本社=大阪市西淀川区、大原勝英社長)は4月下旬から着手していた環境対策のためのリニューアル工事が6月末に完了、本格的な都市型ヤードが完成した。
 工事は建屋の基礎部分は残しつつ、遮音効果の高い防音ブロックを壁一面に敷き詰め、建屋西側はトラックが荷下ろし・積み込み時に出入りする箇所以外に大型電動シャッターを設置。シャー切断時などの遮音効果が高まり、近隣への騒音対策に加えて、粉塵の飛散も抑制できるようになった。 
 同社周辺は交通量も多く、店舗・工場・住宅などが混在する地域のため、同社も地元と共生していく中で、就業時間や騒音などに最大限注意を払いつつ、更なる環境対策が急務となっていた。そこで近隣に配慮した『都市型ヤード』への転換に向けて、行政や地元工務店と連携し、住民説明を行いながら、工事を進めてきた。大原智岐専務は今回の工事について「防音・防塵対策が完了し、受入れ体制は充実したが、加工時の騒音には気を配りながら、(加工と騒音の)バランスの取れた作業を心掛けていきたい。また今回の工事は完了したが、ここからがスタートと考えており、今後も近隣や地域との共生・共存をすすめ、『都市型ヤードのパイオニア』として環境負荷低減へ向けた対策を充実させ、常にリフレッシュしたヤードを創っていきたい」と抱負を述べた。

8月21日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`313円へ改定
 亜鉛建値が21日、3円上げの1`313円へ改定された。現在までの月間推定平均は306.3円。

8月21日
ミリオン合金 北関東本店が開設25周年
 ステンレススクラップディーラーのミリオン合金(本社=栃木県佐野市関川町、藤井健一社長)はこのほど、北関東本店が開設25周年を迎えた。独自の集荷体制で業界の注目を集める同社は、少数精鋭での現場対応や徹底したコスト削減、戦略的な設備投資などによる実直な取り組みを貫くことで、スクラップの発生枯渇が深刻化する時代の中でも成長を続けている。
 北関東本店は平成7年8月に開設。北関東自動車道に隣接する利便性の高い土地に、当時は600坪の敷地面積でヤードを構えた。
 現在の月間入荷数量はNi系が1,500d、Cr系が1,500d、鉄スクラップも1,500dを集める。ヤードの総面積は5,500坪に広げ、銅やアルミスクラップも受け入れるなどワンストップ体制を固めている。今年5月には新社屋が完成した。
【日刊市况通信 夏季特集号に詳細を掲載】

8月21日
「コンポジットハイウェイ・アワード2020」の候補者募集
 中部科学技術センターでは、炭素繊維複合材料(CFRP)の優れた技術・製品を表彰する「第3回コンポジットハイウェイ・アワード2020」の候補者を募集している。
 募集は「素材」「成形技術」「製品・評価技術」「リサイクル」の4部門で、それぞれの部門でグランプリと準グランプリを決定・表彰する。
 各部門の審査は@技術レベル(克服技術の困難度)A革新性(新規性・独創性・先導性・従来型との相違)B市場価値(技術・製品の市場価値、新たな市場の創出)C波及効果(他の製品・事業への適用可能性、応用可能性)の評価項目で総合的に判断する。
 受賞案件で欧州の複合材料展示会「Startup Booster 2021」に応募する場合はコンポジットハイウェイコンソーシアムからの推薦がある。
 応募期間は8月3日〜10月16日。表彰式は11月中旬に開催する「コンポジットハイウェイ コンベンション2020」で行う。
 詳細は中部経済産業局同アワード応募要領で。問合せは中部科学技術センター(電話052-231-6723)まで。

8月20日
三木鋼業、古布・古着リサイクル事業を開始
東南アジア向けに輸出
出荷される古着
 三木鋼業(本社=香川県高松市、三木高彦社長)はこのほど、古布・古着リサイクル事業を開始した。古布・古着はじゅんかんコンビニ24で回収し、プレス加工の後にコンテナ積みでマレーシアなどに出荷。現地の提携工場で性別やサイズ別に分類し、プレス加工を再度行って東南アジアやアフリカに輸出される。
 今回、古布・古着の取り扱い量が安定し、インフラが整ってきたことでリサイクル事業を開始。7月下旬には初めてマレーシア向けに約20トンを出荷した。三木社長は「2年前にじゅんかんコンビニ24を開設した当初から、プレス加工用にベーラーを導入するなど、準備を進めていた。当面は2〜3ヶ月に1回で約20トンのペースで出荷していく予定。今後も原料の再資源化に努めて、循環型社会の実現に貢献したい」と話す。
 同社は金属全般のほか、使用済み自動車、古紙、またASRの再資源化に取り組むなど様々なリサイクル事業を展開している総合リサイクルディーラーになる。また一般家庭、企業から排出される不要な古紙類、古布・繊維類、金属製品・スチール缶・アルミ缶などを24時間体制で回収する無人型の拠点じゅんかんコンビニ24を開設し、地域に密着したリサイクルにも注力している。

8月20日
大同特殊鋼、知多・小型圧延工場で累計圧延3000万d達成
 大同特殊鋼の知多工場(愛知県東海市)小型圧延工場では、今年7月29日に累計圧延3000万dを達成した。
 小型圧延工場は主に自動車や産業機械などに使用される棒鋼を製造している。1989年8月に累計圧延量1000万d、2005年7月に2000万dを達成し、1963年3月の稼働以来、57年5カ月を経ての3000万d到達となった。
 小型圧延工場は圧延可能範囲内であれば0.1o単位で圧延サイズをフリーで設定できる。±0.1oの高い寸法精度と、同一製品サイズの圧延を月間最大4回確保する多サイクル圧延などの技術により、顧客に高品質の棒鋼製品を供給している。

8月19日
銅建値、前回比30円上げの1`740円へ改定
鉛建値、前回比6円上げの1`270円へ改定
 銅建値が19日、30円上げの1`740円へ改定された。現在までの月間推定平均は730.0円。また、鉛建値が6円上げの1`270円へ改定された。現在までの月間推定平均は265.8円。

8月19日
柴田産業 近畿工業製スーパーシュレッダーを導入
〜更なる高品位リサイクルと作業効率化の両立へ〜
近畿工業製スーパーシュレッダー
 柴田産業(本社=福岡県久留米市、柴田浩社長)は、このほど大牟田エコリサイクルセンター(福岡県大牟田市)に近畿工業製スーパーシュレッダーを導入した。中国の環境規制に伴う雑品や処理困難物の国内還流を背景に、モーター等の処理を強化する。
 同機は、処理対象物を直接投入でき、素材の分離連続処理が可能。雑品やモーター類などの複合物を事前に分解する必要がない上に、過粉砕を防止し破砕負荷も低減。独自技術により素材の絡みを抑え、品質の良い単一素材の生産性に優れている。柴田社長は「モーターやトランスを適切に破砕処理するために導入した」と述べ、「今後も国内循環を進め、外部購入を視野に月間500dの処理を目指す」と更なる処理能力および作業効率向上に期待を寄せる。
 同社は、昭和29年(1954年)、久留米市で創業。非鉄を中心に展開する九州有数の総合リサイクル企業で非鉄スクラップを中心に、鉄スクラップ、レアメタル、廃プラ、ガラスくずなどの様々な産業廃棄物中間処理も手掛ける。また九州・沖縄に拠点を持つ企業としてはエリア有数の小型家電リサイクル法認定事業者(第20号)で、使用済み小型電子機器等を各工場で回収し、破砕・切断・圧縮・選別まで大型設備を用いてリサイクル処理している。拠点は本社リサイクルセンター、大牟田エコリサイクルセンターの他、一条総合リサイクルセンター(福岡県筑後市)を構える。
【詳細は2020年9月号メタル・リサイクル・マンスリーに掲載予定】

8月19日
「愛知製鋼グループ2030年ビジョン」を策定
 愛知製鋼はこのほど、自動車業界の100年に一度の大変革の時代を生き残り、多様化する社会課題を解決するため、グループが将来目指すべき姿を具体的に示した「愛知製鋼グループ 2030年ビジョン」を策定した。
 これは、愛知製鋼グループのビジョンでもある「Company of Choice Globally」を実現するため、今後10年で到達するべき姿を示したもの。概要は「事業とモノづくり力の変革で収益力を向上させESG経営を実践」を基本方針に掲げ、大幅な事業モデルミックスの変革と、成長投資による地球環境・社会への貢献、従業員がやりがいと誇りをもって生き生きと働ける会社づくりなど、ESG経営のリーディングカンパニーとなるよう、積極的な活動を展開していく。
 「環境変化に対応した事業変革」(分子)と「トヨタ生産方式と品質を中核としたモノづくり変革」(分母)による分数経営を推進すると共に、事業ポートフォリオの変革を行い、ステンレスカンパニーとスマートカンパニーをより一層強化することで収益基盤の強靭化を図る。
 これらの取り組みにより、連結売上高3400億円以上、連結営業利益200億円以上を目指す。

8月18日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`310円へ改定
 亜鉛建値が18日、6円上げの1`310円へ改定された。現在までの月間推定平均は305.2円。

8月18日
鈴木商会、北海道和寒町の「J-クレジット」購入第一号事業者に認定
奥山盛町長(左)と駒谷僚社長(右)
 鈴木商会(本社=札幌市中央区、駒谷僚社長)はこのほど、北海道和寒町が創出する「J-クレジット」を購入。同町における購入第一号事業者として認定され、7月31日に購入証明書贈呈式が行われた。
 「J-クレジット」は、CO2を含む温室効果ガスの排出量削減や吸収量を「クレジット」とみなして国が認定する制度。創出されたクレジットは低炭素社会実行計画の目標達成やカーボンオフセットなど、さまざまな用途に活用できる。
 同社は北海道内に根差す企業として、また資源リサイクルに携わる企業として、道内の環境がより向上するための取り組みに貢献したいと考えており、和寒町の環境活動にも深く共感したことから今回の購入を決定した。購入量は2020年度分としてCO2換算42d相当で、同社が所有するトラック1台のCO2排出量1年分に相当する。
カーボンオフセット対象トラック
 和寒町は以前から一般家庭の太陽光パネル設置に対する町独自の補助制度や植樹祭、環境学習等の取り組みに力を入れている。また、役場や図書館、福祉センターの暖房や給湯で使用していた重油・灯油ボイラーを木質バイオマスボイラーに代替したことで、2020年3月に国の認証を受けJ-クレジット創出者となった。
 鈴木商会は今回のJ-クレジット購入をきっかけとして、今後も環境分野をはじめとしたさまざまな取り組みをパートナーとともに実現していく方針だ。

8月18日
豊田通商、電動車の蓄電池を活用した仮想発電所実証事業を開始
 豊田通商では、今年3年目となる電動車の蓄電池を活用した仮想発電所(VPP)Vehicle to Grid(V2G)の「アグリゲーター実証事業」を開始した。
 2018年と19年の実証では、豊田通商が出資する米ヌービー社のV2G制御システムを使用し、外部からの需給調整指令に基づいて電動車の充放電を管理することで、周波数制御や需給バランスの調整力を提供できることを検証。今年度の実証では、一般送配電事業者からの需給調整指令を想定した需給調整試験サーバーに加え、トヨタ自動車工場内に設置予定しているエネルギーマネジメントシステム(FEMS)をヌービー社V2G制御システムに接続。試験サーバーとFEMSの両方からの指令に基づき、V2G制御システムが電動車20台の充放電を一括管理することで、@製造業の工場内電力需要のエネルギーマネジメント効率化A製造業の工場内の調整力を集約し、需給調整市場へ調整力を提供、が可能かを検証する。
 豊田通商はこの実証を通じて、2021年に開設予定の需給調整市場への参画に要求されるセキュリティ要件などを満たしたシステムを構築し、電動車を管理する法人向けに需給調整市場へ低コストで参画できる仕組みづくりに取り組んでいく。

8月14日
銅建値、前回比20円下げの1`710円へ改定
 銅建値が14日、20円下げの1`710円へ改定された。現在までの月間推定平均は716.5円。

8月11日
〈売りたし〉岩本金属商会、マグネット付きフルクレーン車の売却先募る
 使用済み自動車などの解体事業者で岩本金属商会(本社=山口県宇部市、岩本片一社長)はこのほど、マグネット付きフルクレーン車の売却先を募集している。
 今回、売りたしとなるのは日産ディーゼル社製で1987年式4トントラックCM87Bの900Φマグネット付きフルクレーン車になり、状態は良好だ。発電機を搭載し、電磁リフマグを採用。クレーン部分は加藤製作所製の4.9トン吊りNK70M-Vで、ブームは3段階に伸縮でき、金属スクラップリサイクル、建物の解体事業者にとって利便性が高くて最適だ。車検、クレーン検査付き。走行は68,000km。また発電機とマグネット一式のみの売却も可能。詳細・問い合わせは0836-31-3408または090-7895-7410担当岩本まで。

8月11日
平林金属、小型家電リユース事業を開始インクカートリッジも同時参入
7月16日に
リユース向け小型家電を
初出荷した
 総合リサイクルディーラーの平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)はこのほど、小型家電のリユース事業を開始した。えこ便で回収した炊飯器、電子レンジなどの小型家電の中から再利用できるものを選り分けて、提携先である岡山県内でリユースショップを展開するライフスタイルギャラリーへ販売し、そこで整備してリユース商品に生まれ変わる。また同時に小型家電リサイクル認定事業者協会が構築したプリンタの使用済みインクカートリッジの事業も開始しており、回収したインクカートリッジは、大阪府に本社を置くエコリカへ持ち込まれる。
 同社は鉄・非鉄スクラップ、小型家電、家電、プラスチック、古紙などのリサイクル事業を展開。独自技術によって高品質な原料に再資源化していることから、各業界のメーカーから大きな信頼を寄せている。今回、本格的なリユース事業は初めての試みで、リユース商品の用途不明、国外への流出などの不安要素がなく、流通経路や利用方法が明確だったことが開始の経緯にある。
 今後はリユースに対する知識、目視による検収基準などの強化を図っていき、出荷量の増加に取り組む方針だ。

8月7日
亜鉛建値、前回比9円上げの1`304円へ改定
鉛建値、前回比6円上げの1`264へ改定
 亜鉛建値が7日、9円上げの1`304円へ改定された。現在までの月間推定平均は302.2円。また、鉛建値が6円上げの1`264円へ改定された。現在までの月間推定平均は262.6円。

8月7日
共栄九州(大分県宇佐市)、事務所と外構のリフレッシュ工事完了
職場環境の向上に邁進
社内環境の改善に向け
事務所や入口部分を一新
 共栄九州梶i大分県宇佐市、当舎政雄社長)はかねてから事務所の改築と同時に進めてきた外構工事が完了した。職場や作業環境の向上に力を入れることで、今後も定期的に人材確保を図っていくことが狙いにある。
 同社は1944年創業。2015年に共栄(本社=兵庫県神戸市、久宝利幸社長)が前身である溝江商店の全株式を取得した。19年に現社名に変更するとともに、今後も人材確保に向けて採用をすすめていく上で、職場環境の向上が不可欠との判断の下、老朽化のすすんでいた事務所や工場入口部分のリニューアル工事に踏み切った。今年3月に延床面積約600uの事務所が完成した後、7月には外構工事を終えた。新事務所は2階建てとし、1階部分は事務スペース、2階は社長室のほか、全社員が収容可能な会議室を新たに設置した。
 同社は自動車産業の盛んな九州地域で発生する新断を中心とした工場スクラップを主に取り扱っている。金属スクラップの他にも、約3万2000uの広大な敷地を有していることを活かし、古紙リサイクルや基板の破砕処理、特別管理廃棄物の収集運搬事業といった総合リサイクル企業を展開。将来的な労働力不足の観点から同社では早い段階から人材の積極採用をすすめ、今では当舎社長含めてスタッフ総勢50余名が在籍している。社員の定着率引き上げや人材確保は職場環境の向上が第一にあると考え、「時代も大きく変わり、経営者が社員の視点に立って、労働環境の改善に努めていく必要がある。事務所や入口をリフレッシュすることで、社員のモチベーション向上や面接に来てくれる人にも安心感を与えたい」(当舎社長)と強く意気込む。今後も職場環境の改善には可能な限り力を入れていく方針であり、事務所に隣接するスタッフの休憩室のリニューアルを検討している。

8月7日
愛知製鋼、保安センターが竣工し今月から運用を開始
竣工した保安センター
 愛知製鋼(本社=愛知県東海市、藤岡高広社長)は今月3日、本社正門に建設を進めていた保安センターが竣工し、運用を開始した。
 保安センターは2018年3月の本館、19年10月の厚生会館Ai-Terraceに続いての竣工で、南海トラフ巨大地震や自然災害に備えた事業継続体制の強化、正門周辺の景観向上、保安機能強化を目的に建設されたもの。2階建276.91uの同センターは本館や厚生会館と同色の統一感のあるデザインを採用し、安全・安心・快適を追求した施設となっている。警備機能と景観の向上を両立した守衛所、緊急時にも機能を維持できる非常用電源など、保安の基本機能を重視しつつ関係設備を強化・拡張することで、保安員が働きやすく、より効率的な保安業務が可能となる環境を整えた。

8月6日
銅建値、前回比10円上げの1`730円へ改定
 銅建値が6日、10円上げの1`730円へ改定された。現在までの月間推定平均は728.5円。

8月6日
オリンパス、補助金の申請支援着手金無料サービス開始
先着40名まで
人気機種の
ハンドヘルド蛍光X線分析計
VANTAシリーズ
 オリンパス(本社=東京都新宿区、竹内康雄社長)はこのほど、ものづくり補助金の申請支援着手金の無料サービスを開始した。これは提携するコンサルタントが申請書類の作成に係る労力や費用を軽減するというもので、補助金を利用する際は利便性の高いサービスになる。申し込みは先着40名まで。同社のものづくり補助金の対象は金属スクラップリサイクルや鉄鋼業界で多くの導入実績を持つハンドヘルド蛍光X線金属分析計VANTA(ヴァンタ)シリーズになる。ものづくり補助金の補助上限は1000万円で、対象経費は1/2〜2/3を補助する。
 VANTAシリーズは米軍規格に準じた落下試験に合格、防塵・防水性能(IP54規格取得)を完備しているのなど堅牢性と耐久性に優れており、計測スピードが最短で数秒と非常に速い。また高いX線カウントレートによって高分解能を発揮し、独自技術である低ノイズの設計なので、微細な成分も感知可能な高精度の分析能力を誇る。
 商品の問い合わせなどはオリンパス0120-58-0414、もしくは販売代理店ポニー工業06-6262-6510まで。

8月6日
金沢工業(静岡)、遊び心持たせたモダンな新事務所完成
新事務所全景
 金沢工業(静岡県駿河区丸子6丁目1−5、金澤知幸社長)は、今年1月から行っていた新事務所の建設工事が完了し、このほど業務を開始している。
 同社では従業員の増加に伴い旧事務所が手狭になっていたことで、新事務所の建設に着手、鉄骨造2階建て、建築面積125.71u、延床面積251.43uの新事務所は1階が事務所と社長室、2階が更衣室と休憩・会議室となっている。
 金澤社長は「当社は従業員同士の仲が非常に良い。扱い量はスクラップが発生品である以上、景気に左右されるが、チームワークはどんなものにも左右されない。その従業員に働きやすい職場を提供できるように、みんながくつろげる空間を作りたかった。」と話すように、採光のいい設計に加え、休憩室には掘りごたつやカウンターキッチンも設置し遊び心を持たせ、女性専用室も完備した。また、社長室にあるアロワナやガーパイクなど古代魚、大型魚が回遊する大型水槽は名物ともなりつつあり一見の価値がある。
古代魚が回遊する大水槽
 同社は製鋼原料を中心に鋳造原料、非鉄金属、自動車リサイクルを手掛ける有力ヤード業者で、モリタ環境テック製ギロチンプレス、同スクラッププレスなどの設備を持つ。今回、事務所新設とあわせ近隣の防音対策強化の為、防音壁を7bの高さまで嵩上げする工事や、防犯カメラの設置も実施した。今後も、働き手にも地域住民にも地球にも優しいリサイクル企業として循環型社会への貢献を続けていく。

8月5日
近畿工業、新工場「TOMOE FACTORY」を建設
刃物の製造・再生に特化し競争力を強化
本格操業を開始している
新工場「TOMOE FACTORY」
 破砕機・選別機メーカーの近畿工業(本社=兵庫県神戸市中央区栄町4丁目2番18号、和田知樹社長)はかねてから建設をすすめてきた新工場の「TOMOE FACTORY(トモエファクトリー)」が完成し、4月から本格操業を開始している。
 新工場では高度化・多様化する廃棄物処理・リサイクルニーズに対応すべく、二軸式破砕機用刃物の製作及び再生を手掛けるが、大部分の工程はロボット活用による自動化を取り入れている。
 TOMOE FACTORY(トモエファクトリー)は同社の主力製造拠点である三木工場(兵庫県三木市別所町巴20、敷地面積約3万u)と同じ工業団地内にあり、同工場から自動車で3分ほどの場所に位置する。総敷地面積は約9,400u、建屋面積約5,200uで昨年3月から建設工事に着工し、今年4月から本格稼働を開始している。製造工程や動線の設計を専門家へ依頼し、徹底的に無駄を省いたレイアウトとなっている新工場の完成とともに、トモエプラント(兵庫県三木市)で手掛けてきた二軸せん断式破砕機の刃物製作及び摩耗した使用済み刃物の再生事業を移管・集約する。新工場ではロボット活用によって、省人化を図るとともに、24時間体制での自動化生産を確立。生産能力の飛躍的な向上と高品質化を駆使し、競争力のさらなる強化を図る。

8月5日
VOLTAが産業廃棄物処分業許可を取得
リサイクル工場
 エンビプロ・ホールディングス(本社=静岡県富士宮市、佐野富和社長)の子会社であるVOLTA(本社=静岡県富士宮市、オ・ミンジェ社長)はこのほど、使用済みリチウムイオン二次電池等(以下「廃電池」)の処理に対応した産業廃棄物処分業の許可を取得した。
 一般的に廃電池は焼却処理されているが、同社では火災の原因となり危険物である廃電池の安全な適正処理を可能とした施設で、乾燥・破砕・選別しコバルト、ニッケル含有物を生産することで再資源化を行っている。これまでは希少金属を多く含有する有価物の廃電池のみを取り扱ってきたが、産業廃棄物処分業の許可取得によって、希少金属含有率の低い廃電池の扱いが可能となり事業領域が拡大した。
 今後急速に拡大するリチウムイオン二次電池市場に対し、更なる技術革新により循環リサイクル(クローズドループ)を実現させ拡大させることが同グループの成長戦略の柱であり、引き続き実現に向けた取り組みを強化していく。

8月4日
山根商店、油圧ショベル更新荷捌きや選別作業の強化図る
導入した新型重機
 金属スクラップリサイクル事業者の山根商店(本社=大阪府堺市、山根義照社長)は7月17日、ヤード内で使用している油圧ショベルを老朽化のため更新。アタッチメントに旋回式フォーククローを装着させたことで、使用済み自動車やマグネットで扱えない非鉄スクラップの荷捌き、細かく解体するなどの選別作業の強化を図った。
 今回、導入したのは住友建機製油圧ショベルSH120。大幅な低燃費を可能にしたクリーンエンジンSPACE5αを搭載、尿素SCRシステムによって燃費や動力性能の向上を実現した。サイドとバックに設置した3台のカメラで270度の後方視界を確認でき、また撮影した映像を解析することで、周囲に人が居るとモニター表示と音でオペレーターに知らせる周囲監視装置FVM2を完備。
 さらに同社の特注で稼働時の周囲への注意喚起として、稼働すれば点滅する回転灯を後方部に据え付けたことで、安全の確保にも繋げている。
 導入について春木常務は「長く使う機械にとってメンテナンスなどアフターフォローが重要。迅速かつ丁寧な対応が導入の決め手となった。重機は弊社にとって欠かせない存在なので、今後も老朽化した設備を取捨選択し、資源リサイクルを推進していきたい」と語る。

8月4日
ヒラオカ石油、主力の燃料配送事業が好調
業界初のシステム導入
環境配慮型燃料で稼働している
小倉商事の重機
 ヒラオカ石油(本社=大阪府岸和田市、平岡顯一社長)の主力である燃料配送事業が好調で、利用者や問い合わせが増加しているようだ。
 燃料配送事業は区域内を巡回して直接給油サービスを行うパトロール給油になる。タンクローリーには無線機を完備。商品受注センターがGPS管理で位置を把握しているので、急な注文時には迅速に対応することができる。さらにはタンクローリーの自社保有数は関西最大という強みを活かすことで、配送料金の無償化を実現した。また業界で初めてのシステムとして、給油伝票のオートメーション化を導入。従来は給油の納入量は口頭などで伝え、ユーザーとの信頼で成り立っていた部分が大きく、新規ユーザーの獲得に繋げにくいデメリットがあった。このシステムを導入したことによって、給油したその場で納入量を明確にできるので、ユーザーにとっては安心だ。
 一方では環境保全事業に注力しており、環境負荷の低減に効果があるクリーン燃料の販売を開始している。
 関東や関西地区では既に切り替えを図っている大手金属スクラップリサイクル事業者もいるようで、直近だと金属スクラップリサイクルと解体工事を主軸とする関西では有数の小倉商事(大阪市西淀川区)が切り替えを図った。商品や価格などの問い合わせは072-438-8800(代)まで。
 同社は昭和35年7月創業。大阪府岸和田市に本社を置く。他には大阪、兵庫、京都、滋賀、愛知、神奈川、東京、千葉、埼玉、栃木に支社や営業所を配置。自社で配送車、備蓄設備、油槽所を備えており、大阪全域で約100台のタンクローリー、関西全域の燃料備蓄設備は約5,000キロリットルの保有を誇る。主力である燃料配送事業を中心に、災害時に燃料供給を行う緊急時給油事業、潤滑油の販売事業などを展開。またグループ会社でメガーソーラー事業を行うHUGエナジー、金属スクラップをリサイクル処理するメタルステーションの運営もしている。
URL【https://hiraokasekiyu.com】

8月3日
銅・亜鉛・鉛、8月のスタート建値
 8月のスタート建値は、 銅が前月末から10円下げの1`720円、 亜鉛が6円上げの295円、鉛が据え置きの258円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
5月平均 604.7 267.5 236.0
6月平均 659.0 272.2 248.7
7月平均 721.4 285.0 257.0
8月3日 720 295 258

7月31日
伊藤忠エネクス、軽油代替の環境配慮型燃料が注目
 石油やガスなどの販売事業を展開するエネルギー商社の伊藤忠エネクス(本社=東京都千代田区、岡田賢ニ社長)が取り扱うロイヤル・ダッチ・シェルグループのShell MDS社(本社=マレーシア)から輸入しているGTL燃料は、環境に配慮されているとして金属リサイクル、産業廃棄物処理、解体、建設事業者など様々な業界から問い合わせが多く寄せられ、注目を集めている。
 GTLとはGas to Liquidの略称。天然ガスを原料として製造された軽油代替の合成燃料になり、その技術は国土交通省が運営する新技術情報提供システムNETISにも登録されている。
 性質は石油由来の軽油と同等でありながら、燃焼時のCO?排出量は軽油対比で8.5%削減。硫黄分、金属分
 芳香族分がほぼ含有していない無毒性の燃料であり、大気汚染の原因となるNOx・PM排出量が抑制でき、環境負荷の低減や労働環境の改善にも繋がる。また貯蔵の安定性が非常に高く、石油連盟は備蓄の注意喚起について軽油は6ケ月、重油は3ケ月の保存期間が目安としているが、GTL燃料は4〜6年と長期。品質は3号軽油に相当し、寒冷地でも凍結の心配はなく、保存場所に困らない。
 軽油仕様の設備であれば金属リサイクルスクラップヤード内で動いているユンボ、フォークリフトなど重機類のほか、発電機にも利用できる。さらに設備投資は不要で既存のエンジン・設備で利用可能なので、容易に導入できるのも特徴だ。GTL燃料についての問い合わせは03-4233-8073産業ビジネス部門環境ビジネス部GTL室まで。

7月31日
ヒラオカ石油、GTL燃料の販売開始環境保全に貢献
GTL燃料を導入した山根商店
 ヒラオカ石油(本社=大阪府岸和田市、平岡顯一社長)はこのほど、伊藤忠エネクスと販売協力店の契約を結び、天然ガス由来の軽油代替燃料であるGTL燃料の販売を開始した。
 GTL燃料は軽油と比べて燃焼時のCO?の排出量が8.5%削減可能。その性質はパラフィン系燃料であるため、石油由来の軽油に含まれる硫黄分や金属分などを取り除いて無毒性を実現。排出されたガス中のNOx、PM量が減少できるので、労働環境の改善が期待できる。
 また軽油仕様ならどの設備にも利用可能で、さらに既存設備を投資不要で切り替えられる。
 関東や関西地区の金属スクラップリサイクル事業者を中心に、誰でも簡単に始められる環境保全ということでGTL燃料が浸透してきており、最近では関西でも山根商店(大阪府堺市)が同社経由で導入を図っている。
 価格や商品の詳細などの問い合わせは072-438-8800(代)まで。
 同社は昭和35年7月に創業。今年で創業61年目を迎えた老舗の燃料販売事業会社になる。
 大阪府岸和田市に本社を置き、大阪、兵庫、京都、滋賀、愛知、神奈川、東京、埼玉、栃木に支社や営業所を配置。
 主力である燃料配送事業を中心に活躍。またメガソーラー事業を行うHUGエナジー、金属スクラップをリサイクル処理するメタルステーションがグループ会社にあり、環境保全事業にも積極的に取り組んでいる。

7月31日
金城商事、ブリケットなど盗難被害 注意促す
盗難被害にあった
バッカン(↑)とブリケット(↓)
 金属スクラップリサイクル事業者の金城商事(本社=大阪府河内長野市、金城信榮社長)はこのほど、美原営業所(堺市美原区)に保管していた鉄粉のブリケット約16トン、鉄粉約3トン、ピカ線約1トンが盗まれたことを公表した。被害額は約300万円相当。
 同社によれば覆面の二人組の犯行で、時刻は防犯カメラの映像から7月18日の夜から未明と分かった。手口は裏手の金網フェンスから乗り越え、防犯カメラの方向をずらし、倉庫へ侵入。同社が所有するフォークリフトと4トントラックの鍵を盗み、車両などを使用して、ブリケットは社名有りや無しの鉄製バッカン29個、鉄粉はフレコン、ピカ線はバッカン1個に保管していたところ、バッカンとフレコンごと運び出したようだ。
フレコンに入った鉄粉も盗難に
 またその際はフォークリフトのバックライトとブレーキライトを割って目立たなくし、さらにバック走行時のブザーを鳴らさないように配線を切断するなど周到手口で、プロによる犯行の可能性が高い。
 金城社長は「同業他社様にも同じような被害にあわないよう注意して貰いたいと思い、公表させて頂いた。
 今後は万全な盗難防止に努めていきたい。また怪しい人物、似たスクラップの持ち込み、犯人に心当たりのある目撃情報など些細なことでも何でもいいのでご一報頂けると幸いだ」と話す。
 連絡先は河内長野営業所0721-54-1555戟A美原営業所 072-289-7100撃ワで。

7月31日
愛知製鋼、中国・磁石加工会社に増資し連結子会社化
 愛知製鋼では、中国における磁石事業の強化を目的に出資している浙江愛智機電有限公司(本社=中国浙江省平湖経済開発区)の生産拡大に伴う2回目の増資引受を行い、連結子会社化する。
 愛知製鋼では中国市場における磁石製品の需要拡大を背景に2018年に浙江愛智に初出資し、翌19年には生産能力増強のため1回目の増資引受を実施。今回650万元(約1億円)の追加増資引受により、浙江愛智の資本金は4150万元(約6.4億円)となり、愛知製鋼の出資額は2350万元(約3.6億円)、出資比率は56.6%となる。
 浙江愛智は愛知製鋼から磁粉の供給を受け、重希土類不使用のDy(ジスプロシウム)フリーボンド磁石「マグファイン」を一貫生産している。製造したボンド磁石は中国国内の自動車用シートやサンルーフ、電動工具、電動ベッドなどの各種モータに使用されている。今回の増資によりマグファインの生産能力は月産140万個から160万個へ約14%増加する見込み。
 愛知製鋼では、浙江愛智とマグファインの販売会社である愛知磁石科技(平湖)有限公司との連携強化により、今後需要拡大が見込まれるEVモータ市場への参入を視野に入れた生産体制の強化と市場開拓を図っていく方針。

7月30日
近畿工業 AI搭載の非鉄選別ロボット「V-PICKER」を開
銅、真鍮などを高精度で自動的に選別
「V-PICKER」吸引タイプ
「V-PICKER」吸引タイプ
 破砕・選別機メーカーの近畿工業梶i本社=兵庫県神戸市、和田知樹社長)はかねてから研究、開発をすすめてきたAI(人工知能)搭載の非鉄選別ロボット「V-PICKER(ブイピッカー)」が完成し、今夏からの市場販売を計画している。
 あらゆる産業において、人手不足が話題に挙がるが、その中でも、金属リサイクル業界は重労働の観点から働き手不足が深刻な問題となっている。こうした背景を受け、同社ではこれまで金属リサイクル事業の作業過程において、従来から人手を要してきた非鉄スクラップの選別作業に着目。19年の「2019NEW環境展」において、開発段階にあった自動選別ロボットの実演を行ったところ、見学者から高い評価が得られたことを後押しに、AI搭載の非鉄選別ロボットの開発をすすめ、同社製スーパーシュレッダーで破砕処理した後のミックスメタルを対象に、何度も試作を重ねながら、漸く完成に至った。産業廃棄物処理業界を対象にした混合廃棄物の自動選別ロボットは開発、普及されつつあるが、その一方でコンベアを流れるミックスメタルから銅、真鍮、アルミなどの付加価値の高い非鉄金属スクラップに特化するだけでなく、応用技術を駆使し、高い確率で抽出するAI(人工知能)搭載の非鉄選別ロボット「V-PICKER」は金属リサイクル業界で大きな注目が集まりそうだ。
 「V-PICKER」はディープラーニングという手法を用い、蓄積された大量の画像データを基に、AIを搭載したロボットがカメラで読み取った画像を解析。銅、真鍮、アルミなどを識別した上で、自動的にそれぞれを選別できるシステムとなっている。また、画像データを新たに蓄積していくことで、より高精度な選別が可能となる。
 今回、「V-PICKER」シリーズは2つのタイプを揃えた。吸引タイプはミックスメタルを対象としており、コンベアに流れるアルミ、銅、真鍮に対して、ロボットが銅と真鍮のみを吸引し、それぞれが見事に選別されていく仕組みだ。磁着タイプは破砕処理後の銅線が噛み込んだ鉄を対象物としている。こちらも磁選機を経由した後、多種多様の形状をしてコンベヤベルトに流れてくる鉄単体と銅線の噛みこんだ鉄をそれぞれ蓄積された画像データを基に、後者だけを認識し、選別できるため、高品質な鉄スクラップの供給と銅線の取り出しが可能となる。これにより、従来、複数名で選別を行ってきた選別作業はロボットによる自動化もしくは省人化が実現可能となり、安全対策の強化にも繋がる。かねてから業界内で開発に対する要望の高かった非鉄選別ロボット「V-PICKER」は工業系雑品処理に特化した同社製スーパーシュレッダーのユーザーや既存の破砕処理設備を有する企業への単体販売を始め、破砕処理機導入を検討している金属リサイクルディーラーに対してプラントでの提案を行い、販売強化を目指していく構えだ。なお、新型コロナウイルスの影響により、工場見学が困難なことから、動画投稿サイトYou Tubeを用いて「V-PICKER」のPRも検討している。

7月30日
大同特殊鋼、「名演奏家シリーズ2020」に今年も単独協賛
 大同特殊鋼は、社会貢献・芸術文化活動支援の一環として「名演奏家シリーズ2020」に単独協賛する。
 このコンサートはCBCテレビの企画・主催で今年が34回目。演奏者と一体感を味わえる中小ホールならではの個性あふれるリサイタルシリーズとして、地域の音楽文化の向上に貢献し、好評を得ている。大同が単独協賛してからは30回目となる。今年は国際的なコンクールで才能と実力が認められたピアノとチェロの若手アーティスト2人、クラシックにとらわれない幅広い選曲で人気を博する異色の弦楽四重奏の3公演が予定されている。公演スケジュールは次の通り。
 △9月15日(火)18時45分開演「藤田真央 ピアノ・リサイタル」三井住友海上しらかわホール、入場料S席5,000円、A席4,000円△10月23日(金)18時45分開演「佐藤晴真 チェロ・リサイタル」電気文化会館ザ・コンサートホール、入場料4,000円△12月10日(木)18時45分開演「YAMATO Strings Quartet 弦楽四重奏コンサート」電気文化会館ザ・コンサートホール、入場料4,800円
 チケットは8月1日(土)販売開始予定。問合せは大同特殊鋼総務部広報室(電話052-963-7503)まで。

7月29日
銅建値、前回比20円下げの1`730円へ改定
 銅建値が29日、20円下げの1`730円へ改定された。現在までの月間推定平均は721.4円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
4月平均 584.0 259.5 243.6
5月平均 604.7 267.5 236.0
6月平均 659.0 272.2 248.7
7月1日 690 274 255
7日 700    
9日   283  
10日 720   258
14日 740 295  
17日 730    
20日   289  
22日 750    
29日 730    

7月29日
カネミツ金属、三筒産業1000dオールマイティーシャー導入
新設した
オールマイティーシャーと
金光社長
 カネミツ金属株式会社(本社工場=愛知県豊橋市東細谷町字一里山90-799、金光浩社長)では、飛島工場(海部郡飛島村梅之郷字中梅12-1)に三筒産業(香川県高松市、筒井敏司社長)ギロチンシャーを導入し、順調な立ち上がりを見せている。
 同社は愛知県内に3工場(本社工場、飛島工場、弥富工場)と豊橋港ヤードを持つヤードディーラー。工場や解体現場、建築現場などから発生する鉄・非鉄スクラップをはじめ工業機械などの雑品、自動車用・工業用などの廃バッテリーを取り扱っている。
 新設したのは、三筒産業オールマイティーシャー「E-1000」。供給ボックス寸法2,000(W)×9,000(L)×1,200(H)_。切断シリンダー能力1,000d、切断部開口寸法2,000(W)×600(H)_。圧縮シリンダー能力500d、圧縮部開口寸法2,000(W)×1,500(H)_。幅寄シリンダー能力200d。
 今回のギロチンは、以前使用していた中古ギロチンの加工能力不足で仕事が追い付かなくなっていたため、新設機の導入を決めたもの。三筒産業を選んだのは2015年、豊橋本社工場で三筒のプレス機を設置し、機械トラブルもなく順調に稼働していることで、質実剛健のものづくりに対する姿勢に共感したことが一番の理由。(詳細は8月12日発行の夏季特集号に掲載予定)

7月29日
大阪故鉄、安全衛生研修会をオンラインで実施
〜今後を見据えた新しい取り組みへの挑戦〜
オンラインによる研修会の様子
 大阪故鉄(本社=大阪市住之江区、矢追大祐社長)は18日、毎年継続している安全衛生研修会をオンラインで実施した。例年は全社員が集合して行なっているが、今年は新型コロナウイルス感染症対策により、本社工場、諸福営業所・工場(大阪府大東市)の各拠点をリモートで繋いでの開催となった。 
 同研修会は同社が毎年開催しているもので、今年で14回目となる。毎月の安全会議や毎日の朝礼での先取ハット活動、新入社員研修などの定期的な会議に加え、年1回全社員を集めて安全衛生教育を実施することで、社員の安全に対する更なる意識向上に努めている。毎年6月の第一または第三土曜日の午後を臨時休業して実施してきたが、今年はコロナ禍の影響により、約1ヵ月遅れの開催となった。講習は中央労働災害防止協会・近畿安全衛生サービスセンターから毎年講師を招いており、今年は安全管理士の平田八郎氏を迎え、「歴史に学ぶ安全管理、フォークリフトの事故防止」をテーマに講演が行われた。忠臣蔵の有名な史実と現在の企業の安全管理を照らし合わせた説明でリーダーシップ・実地調査・チームワーク・備えの重要性を学んだ。またフォークリフト事故事例をもとにした事故原因や対策では、普段の行動に一手間かけることや思いやりを持って取り組むことの重要性を再認識した。さらにチャット機能で講師への質疑応答も行われた。
平田八郎氏の
オンラインによる講演
 矢追社長はオンライン研修会の実施に際し、「コロナ禍の現状では『変化し挑戦すること』と『変化に負けず日常を守ること』の相反する2つのことが求められる。そんな中、“毎年実施し、安全環境を維持する”と“今後を見据えた新しい取り組みへの挑戦”という目的のもとリモートという形に変化しながらも研修会を開催できたことは大変意義のあることと考えている」と言及し、社員に対しては「普段からの安全作業に加え、感染症対策という新たな『危険』に対して日頃からの備えや対策に感謝している。今後も安全な職場環境を作る努力をしていきたい」と謝意と抱負を述べた。

7月28日
誠美社工業 コベルコ製産廃仕様機が順調稼働中
同機導入は国内初  作業効率が向上
SK75SRD-7
 誠美社工業(本社=愛知県瀬戸市、小野仁社長)はコベルコ建機製SK75SRD-7(産廃リサイクル専用機)を今年1月から導入し、順調に稼働している。なお、産廃リサイクル専用機の導入は誠美社工業が初。
 誠美社工業は、愛知県に2拠点を構え、建設系廃棄物処理を主軸業務とし、廃プラ、木、紙、がれき類、金属くず、蛍光灯等の各種産業廃棄物処理や瀬戸市の一般廃棄物処理等をおこない、各自治体から優良産廃処理業者として認定を受ける優良企業。16年7月より共栄(神戸市中央区、久宝利幸社長)のグループ会社となっている。
 同社は大手ゼネコン複数社を初めとし、県内外建築業者からの指定処理先として安定した母材搬入を誇る。国内初号機となるSK75SRD-7の使用環境に関して作業現場からはメンテナンス時間削減等が聞かれたほか、「管理システムで無駄な待機時間が可視化でき、固定費削減が図れた」(小野社長談)という。
(※同社事業内容及び各種詳細は夏季特集号「コベルコが切り開く」に掲載)

7月27日
平成商会(大阪市大正区) 事務所兼工場建屋のリニューアル工事が5月に完了
 兜ス成商会(大阪市大正区鶴町4丁目1-5、柳隆一社長)は昨年から着手してきた事務所兼工場建屋のリニューアル工事を5月に完了した。
 同社はかつて港区に本社を置き、20数年前に現在の場所を事務所ごと居抜きで買い取り、当初は置き場として活用した後、しばらくして本社機能をここへ移していった。経年により、事務所の老朽化がすすんでいたなかで、一昨年に大阪を襲った台風21号の影響により、事務所が損傷したため、リニューアルを決断。総敷地面積7,000uのうち、約1,300uの部分に2階建て事務所兼工場建屋を建設。外観はマットブラックを取り入れ、遠目から見ても目立つ存在となっている。事務所1階部分は社員の休憩室や応接室、2階部分は多目的スペースを設けたほか、事務所と繋がり、内部で往き来の可能な工場建屋は金属リサイクルなどの既存事業とは別の新たな柱を立てるべく、現在、構想段階にあるという。また、事務所のリニューアルに並行して、新たにカメラを16機導入しており、これは防犯への観点のほかに、事務所内から社員がどの場所にいるかを把握して、業務の効率化を図ることが狙いにある。リニューアル工事を終えた柳社長は「職場環境の改善は社会からの要請であると同時に、当社は20〜30代の若手スタッフが在職する以上、気持ちよく仕事してもらうために、事務所や休憩室を一新する必要があった。これを機に、社員を始め、顧客から喜んでもらえる会社を目指したい」と力を込める。
 兜ス成商会は1989年創業。鉄、非鉄スクラップの売買のほか、雑品スクラップの全盛時代には単独で輸出を行うなど、時代に合わせてその都度、業容を拡大してきた。現在も一般的な鉄・非鉄スクラップ以外に、ガス切り材などの大型構造物も積極的に取り扱っている。また、中古の鋼材や機械、部品も買い取り、独自で構築した海外バイヤーとのルートを通じて輸出販売も手掛ける。工場内には同社の特色ともいえるガス切り材や出荷を待つ中古の鋼材や機械など大型構造物が常時、所狭しと積み上がっており、広い視野と扱い品目の多さを駆使して、他社との差別化を図り、個性溢れる企業として同業からも高い信頼が寄せられている。

7月27日
豊田通商とJOLED、有機ELディスプレイ「デモルーム品川」開設
 豊田通商と有機ELディスプレイ製造販売のJOLEDはこのほど、商談用の「JOLEDデモルーム品川」を豊田通商東京本社内に開設した。
 JOLEDは効率的な生産が可能な印刷方式で有機ELディスプレイの製造を行う、世界で唯一の企業。2019年末に量産ラインの稼働と顧客へのサンプル出荷を開始している。
 これまでのパイロットラインから新しい量産ラインへの移行により、中型・高精細の有機ELディスプレイの製品ラインナップ拡充と市場投入を計画しており、顧客への提案を強化する。
 デモルームではJOLEDの有機ELディスプレイパネルの製品を一堂に集め、薄型・軽量で高コントラスト、広い視野角、高速応答などの有機ELディスプレイの特長を実際に見て体験できる。
 豊田通商はグループ会社の広いネットワークを生かして有機ELディスプレイの活用提案・販売拡大に取り組んでおり、両社は「JOLEDデモルーム品川」を活用し、有機ELディスプレイに関心のある企業に向けて導入促進を図っていく方針。

7月22日
銅建値、前回比20円上げの1`750円へ改定
 銅建値が22日、20円上げの1`750円へ改定された。現在までの月間推定平均は724.2円。

7月22日
K・Mウイング、新工法コンテナ「キープシェイプ」を開発
フラトン型キープシェイプ
 スクラップ積載用トラックコンテナの製造販売を手掛けるK・Mウイング(本社=栃木県佐野市、亀山賢次社長)はこのほど、コンテナ製造の新工法「キープシェイプ」を開発した。
 同社がこれまで製造してきた「フラトンシリーズ」に同工法を取り入れ、衝撃等への耐性を強化した新製品「フラトン型キープシェイプ」として販売していく。
 スクラップ積載用コンテナは碁盤目状の補強材で衝撃や積載物の重量への耐性を持たせたものが主流だが、フラトンシリーズはスウェーデン鋼を使い、独自技術で補強材を減らし、頑丈で軽く空気抵抗が少ないため燃費を削減できるという特長を持つ。
 キープシェイプは、素材の固さを独自に調整し、コンテナ本体を衝撃に強い形状に加工することにより、亀裂や破損を発生しにくくした新工法。フラトンシリーズにキープシェイプの工法を加えることで、これまで以上に長期間の使用に耐えるコンテナとなることから、同社は今後の主力製品として位置づけている。
 この「フラトン型キープシェイプ」に関する問合せは同社(電話0283-67-1616)まで。
【日刊市况通信・夏季特集号に詳細記事】

7月22日
大同特殊鋼、健康経営活動のシンボル「健康ロゴマーク」制定
大同特殊鋼
健康ロゴマーク
 大同特殊鋼はこのほど、健康経営活動のシンボルとして「健康ロゴマーク」を制定した。
 今回のロゴマークは、オレンジ色のグラデーションが特殊鋼鋼材の熱せられた時の発色をイメージして作られた。躍動感のある人の形を中心に配置し、健康で生き生きと仕事とプライベートに取り組む姿を表現している。
 同社は2016年に「安全と健康は幸せの原点」であり「人財は会社の宝」という認識の下、2020中期経営計画に「健康経営体制の推進」を盛り込み、社員の健康保持・増進に取り組んでいる。従来からの健康経営への取組みが評価され、経済産業省と日本健康会議が選定する「健康経営優良法人(ホワイト500)」に2018年から3年連続で認定を受けている。同社では社員一人ひとりの健康意識向上のため、@感染予防・疾病予防AフィジカルB受動喫煙防止対策Cメンタルの「4つの柱」を設定。これからも健康で働くことができる環境を整え、産業保健スタッフと職場が一丸となり、社員とその家族の健康をサポートしていく。

7月20日
亜鉛建値、前回比6円下げの1`289円へ改定
 亜鉛建値が20日、6円下げの1`289円へ改定された。現在までの月間推定平均は285.0円。

7月20日
やまと商事、リサイクル工場の敷地を拡張
〜駐車場確保やトラックスケール増設で利便性向上〜
駐車場を確保し
トラックスケールを増設
 総合リサイクル企業の鰍竄ワと商事(本社=石川県金沢市、山田真生社長)は、リサイクル工場(石川県白山市旭丘3-28)の南側敷地を取得、駐車場の確保やトラックスケールの追加設置など、さらなる顧客や従業員の利便性強化を図った。
 新規取得した土地は約1200坪。昨年秋頃から整備を進め、このほど完成した。既存のヤード約3300坪と合わせて合計約4500坪の敷地面積となった。また設置したトラックスケールは通常よりも左右が50cm広い3.5m幅の計量器を設置。特殊車両等の計量にも対応でき、その上東西の道路からも出入りが可能になり、運転手の利便性に配慮した。また従業員の車や保有するトラックの駐車場(普通車約50台・トラック約20台駐車可能)としても利用。既存の来客用駐車場が広く使えるようになり、従業員の出勤にも便利になった。また入口には芝生を植えるなど近隣周辺の環境美化にも配慮した。山田社長は「お客さんに来てもらいやすい環境を整備したのはもちろん、従業員の利便性にも配慮した。今後も顧客満足度向上ならびに社員の働きやすさに配慮した職場環境改善を続けていきたい」と話した。
 同社は1976年(昭和51年)創業。鉄・非鉄スクラップ等の金属リサイクルから事業を開始し、現在では石川県内はもとより富山・福井を含む北陸地区で一般・産業廃棄物等を扱う大手ヤードディーラー。主な設備は、1250dマウントシャー、プレス機2基、60dトラックスケール、ジュース缶選別機、被覆線剥離機、自動シャーリング(可鍛コロ製造)など。尚、廃プラプレス機はリプレースを予定している。石川県でいち早くISO14001を認証取得するなど、環境パフォーマンス向上への意識も高い。さらに能登地区でメガソーラー事業も展開している。また山田社長は7月2日、永年にわたる産業廃棄物の適正処理や不法投棄防止の啓発活動に尽力し、さらに(一社)石川県産業資源循環協会の理事として業界の発展に精励した功績により、令和2年度の「ふるさと石川環境保全功労者」として知事表彰を受けた。

7月20日
愛知製鋼本館が「第8回カーボンニュートラル賞」を受賞
受賞した愛知製鋼本館
 愛知製鋼(本社=愛知県東海市、藤岡高広社長)はこのほど、建築設備技術者協会が主催する「第8回カーボンニュートラル賞」で、同社本館を設計・施工した竹中工務店と連名で「カーボンニュートラル賞」を受賞した。
 この賞は建築関連分野で低炭素社会実現に貢献する優れた取り組みを表彰するもので、今回の「カーボンニュートラル賞」の中では東海地方で唯一の受賞。本館は執務エリアのメイン棟が免震構造8階建の7,971u、ホール棟がビジターセンター(展示室、ガイダンスホール)と大ホールから成る2階建の1,613u。建設ではZEB Ready(消費エネルギーを従来比で半減)達成を目標に、社員の知的生産性の向上と省エネルギーの両立を目指した。生体リズムに合わせた照明制御や自動設備による採光、自然の熱と外気を活用する建物一体型の空調設備など、先進技術を取り入れた設計により、エネルギー消費量を旧本館比で半減し、環境に優しいオフィスを実現している。

7月17日
銅建値、前回比10円下げの1`730円へ改定
 銅建値が17日、10円下げの1`730円へ改定された。現在までの月間推定平均は718.5円。

7月17日
大阪鋼業 重機のレンタル事業を開始
〜鉄鋼業に特化しニーズを創出〜
 大阪鋼業(本社=大阪市港区海岸通3丁目7番1号、牛田貴夫社長)はスクラップ企業を中心とした鉄鋼業界全般を対象に、重機のレンタル事業を開始している。
 同社は1956年(昭和31年)に創業し、牛田社長が経営権を親族から譲り受けた2015年から本格的に鉄スクラップビジネスへ参入し、早い段階で月間扱い量1万d台へ乗せるまでに成長した。これを支えたとされるのが同社の荷捌きの早さであり、鉄スクラップを始めとした鉄粉や大型構造物など、その用途に応じて効率良く重機を駆使したことが扱い量の拡大に大きく寄与してきた。また、処理量拡大による本社工場の能力が許容範囲を超え、本社業務を分散させるために、18年には海上出荷も可能な北港ヤードを開設している。
 同社は重機の故障リスクなどを鑑みて、ストックヤードにかねてから多数の重機を有する。その一方、金属リサイクル業界や鉄鋼業界で使用する重機、アタッチメント類は建機メインの一般的な重機レンタルでは調達しづらいほか、レンタル契約の際に審査を要することもあり、企業規模によっては契約できないケースや貸し出しの遅れも見受けられる。同社では業界特有のリフティングマグネットやスクラップグラップルなどのアタッチメントを装備した油圧ショベルなどの用途や目的、現場状況に応じて様々なタイプの重機が揃っていること、さらにはこれまで数々の顧客との取引を通じて、現金商売が一般的な業界内は他に比べて与信面に不安がない点などに着目し、重機のレンタル事業に乗り出した。
 既存機の修理・メンテナンス期間中の数日間や数ヶ月単位の長期間での貸し出しが可能であり、需要動向に応じて突発的に重機を追加したい場合などの必要な時だけ利用できることで、コストを抑制できるほか、全国対応も可能なため、迅速に対応できる強みを持つ。同社湾岸拠点の北港ヤードでは大阪港埠頭ターミナルが荷役を行うが、ここで使用されるトラックからの荷卸しや船積みまでの重機とクレーンは大阪港埠頭ターミナルが同社を通じてレンタルされている。大阪鋼業では金属スクラップの扱い量については安定軌道に乗せつつも、市況に左右されにくい経営体質を目指す上での新たな事業を常に検討しており、「鉄鋼業界といっても幅広く、個々で重機の用途も異なるため、ラインアップの拡充で事業を強化していき、新たな収益基盤を確立させたい」(牛田社長)と強い意気込みを語る。

7月16日
古谷商店、廃プラ油化装置の工場見学会を実施
リサイクルや産廃事業者が参加
投入後の電線
炭は簡単に取り除くことができる
投入前の電線
 古谷商店(本社=大阪府東大阪市、古谷康夫社長)は6月19日と7月7日、廃プラスチックを油分化する過熱蒸気分解再生資源回収処理装置URBANRIG(アーバンリグ)の工場見学会を実施した。今回は金属スクラップリサイクル、産業廃棄物処理事業者が参加。
 6月19日は岡山県の製造拠点で行われ、古谷社長や開発元であるワンワールド・ジャパンの伊藤智章社長が機械や仕組みについて説明。その後はデモ機を使い、電線を投入して、処理工程などを見学した。7月7日は機械を導入している静岡県のプラスチックリサイクル会社で見学会を開催。実機の稼働ということで参加者らは写真撮影やメモをとるなど非常に興味を持っている様子であった。
 同機は特許技術の過熱水蒸気処理でペレット化や廃棄が困難されているPVC(ポリ塩化ビニル)、混合塩ビ系などプラスチックを選別不要でどんな素材も油化できるリサイクル装置になる。被覆付き雑電線を投入して分別処理することで、抽出された油は燃料、金属スクラップは有価物としても販売可能だ。
 古谷社長は「機械を知って貰えたことは何より嬉しい。また参加者からニーズを聞くことで、課題点や新たな機械の可能性を発見でき、非常に良かった。次の見学会では大手高炉系の企業様もエントリー頂いている。様々な業界からのニーズに応えるため、今後も見学会は随時開催していく予定だ」と話す。
 同社は昭和26年に創業の老舗金属スクラップリサイクル事業者。昨年に金属スクラップリサイクル業界で初めてワンワールド・ジャパンと正規販売代理店契約を結び、装置の販売を開始した。販売や見学などの問い合わせは06-6727-1414まで。

7月16日
「マッチングフェアinなごや2020」の受注企業を募集
 岐阜県産業経済振興センター、あいち産業振興機構、三重県産業支援センター他では、10月8日10時から16時35分まで、ウインクあいち展示場7階・8階で開催する「マッチングフェアinなごや2020」の受注企業を募集している。
 これは東海地区最大規模の広域商談会で、愛知・岐阜・三重などから99社の発注企業が参加し、これら発注企業と1対1で商談や情報交換をすることができるもの。募集対象は愛知・岐阜・三重県内に事業所を有する中小企業等。発注企業と受注企業の個別面談形式で、面談回数は最大10回、1回25分。発注側と受注側双方の希望をふまえ、事前に面談相手とスケジュールを決定する。
 参加費無料。先着300社。申込み期限は8月7日(金)17時。
 問い合わせ・申込みは岐阜県産業経済振興センター経営支援部取引課(電話058-277-1092、https://www.gpc-gifu.or.jp/topics/2020071001/index.asp)まで。

7月15日
中部鋼鈑がホームページをリニューアル
 中部鋼鈑はこのほど自社ホームページを全面リニューアルした。
 今回のリニューアルではシンプルで分かりやすいデザインに見直し、すべてのページをスマートフォンやタブレット等の携帯端末での表示にも対応させた。また、携帯端末からの閲覧において待ち時間が短くなるような設計変更を行い利用者の利便性向上を図った。
 内容についてはIR情報とCSR情報を充実させるとともに、新たに購買情報を掲載しホームページを通じてサプライヤーとのより良いコミュニケーションが図れるような工夫を凝らしている。

7月14日
銅建値、前回比20円上げの1`740円へ改定
亜鉛建値、前回比12円上げの1`295円へ改定
 銅建値が14日、20円上げの1`740円へ改定された。現在までの月間推定平均は722.8円。また、亜鉛建値が12円上げの1`295円へ改定された。現在までの月間推定平均は287.3円。

7月13日
名古屋商工会議所、8月から「オンライン形式商談会」を開始
 名古屋商工会議所では、中小モノづくり企業の取引拡大を図るため、8月からオンライン形式の商談会を開始する。
 これは加工の外注や材料・資材の仕入れ、業務委託・提携などの発注案件を持つ大手・中堅メーカー(発注企業)の担当者に対し、中小モノづくり企業(受注企業)が自らの技術や製品を直接PRし、新たなマッチングを図るもの。発注企業には、受注企業からの申込み情報を事前に提供し、商談可否を判断した上で商談調整を行うため、具体的で密度の高い商談が可能。
 この商談会はテレビ会議アプリ「Zoom」を利用して行うもので、パソコン、カメラ、ヘッドホン等の機材は自社で用意すること。参加費は同所会員無料、非会員1万円となっている。同所では今後月1回のペースで開催する予定である。
【現在エントリー受付中の商談会】
△8月25日(火)豊和工業株式会社との商談会。商談分野は加工の外注。締切7月27日17時。
△9月17日(木)新東工業株式会社との商談会。商談分野は加工の外注。締切8月18日17時。
 問い合わせは名古屋商工会議所産業振興部モノづくり・イノベーションユニット(電話052-223-6750)まで。

7月13日
9月9〜11日「名古屋ものづくりワールド2020」の出展者募集
 9月9〜11日に常滑市の愛知県国際展示場で開催する「名古屋ものづくりワールド2020」では、出展者を募集している。
 「名古屋ものづくりワールド」は製造業の短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウンに寄与することを目的に、「設計・製造ソリューション展」「機械要素技術展」「工場設備・備品展」「航空・宇宙機器 開発展」「次世代3Dプリンタ展」「ものづくりAI/IoT展」「計測・検査・センサ展」の7つの展示会で構成されるものづくり専門展である。
 昨年は約1,150社・団体が出展し、3万6千人を超える来場者で賑わった。
 今年は会場でのブース展示のほか、コマツ帯金英文執行役員の基調講演、トヨタ自動車や日産自動車、SUBARU、三菱重工業、NTTドコモの特別講演、三菱自動車工業、マツダ、日野自動車などの専門セミナーなどが開催される予定。
 問い合わせは名古屋ものづくりワールド事務局(リードエグジビションジャパン内、電話03-3349-8506)まで。

7月10日
銅建値、前回比20円上げの1`720円へ改定
鉛建値、前回比3円上げの1`258円へ改定
 銅建値が10日、20円上げの1`720円へ改定された。現在までの月間推定平均は711.4円。また、鉛建値が3円上げの1`258円へ改定された。現在までの月間推定平均は257.0円。

7月9日
亜鉛建値、前回比9円上げの1`283円へ改定
 亜鉛建値が9日、9円上げの1`283円へ改定された。現在までの月間推定平均は280.4円。

7月9日
山根商店(堺市)、クリーン燃料導入で環境保全に取り組む
GTL燃料で動くヤード内の重機
 金属リサイクル事業者の山根商店(本社=大阪府堺市、山根義照社長)はこのほど、ヤード内で稼働する重機類の燃料をヒラオカ石油(本社=大阪府岸和田市)が販売する環境負荷の少ないGTL燃料の切り替えを進めて環境保全に努めている。  
 GTLとは天然ガスを精製した軽油代替えが可能な環境配慮型燃料として、金属リサイクル、産業廃棄物処理、建設業など様々な業界から注目されている。重機以外では発電機にも利用することができ、燃料が軽油仕様なら全て適応可能。軽油と同等の性質を持ちながらCO2排出量は8.5%削減できる。
 担当の春木昌範常務は「環境保全の一環で燃料の切り替えを図った。今後もGTLの導入を進めて、環境負荷の少ないリサイクル事業を推進していく」と話す。
*GTLは他の油種と混合は不可。また公道を走行する自動車の燃料として使用できない(ヤードや私有地内は使用可)。

7月9日
小谷商事(名古屋)が港工場を開設 産廃処理の専用工場へ
開設した港工場
 名古屋市内の有力ディーラーである小谷商事(本社=名古屋市中川区上流町、小谷謙二社長)はこのほど、新拠点として産業廃棄物処理専用の港工場(住所=名古屋市港区河口町)を開設、3日に取引先などへの内覧会を実施し6日から本格稼働を開始した。
 同社は昭和47年から現本社工場である名古屋市の中心部で金属リサイクル業を行ってきた。平成20年には800dシャーを導入し業容を拡大しており、市街地に立地することから周辺住民との共存に細心の注意を払い振動、騒音面などへの対策にも注力してきた。
 一方、近年は金属スクラップに加え産業廃棄物の取り扱いも増加、本社工場には手狭感もあったことで移転を検討していたが、市内に居抜きで利用できる建屋付きの土地を取得出来たことで同工場の開設を決めた。
 港工場は敷地面積約2,650uで330uの建屋2棟に3階建て事務所で構成し、名古屋の都心部へも近く利便性が高い。建屋では1つを廃プラや木くずの処理工場、もう1つを蛍光管破砕、ナゲット加工工場とした。また、事務所は全面リフォームし1階を計量室、2階を事務所、3階を応接室、福利厚生室などとした。年内には専用破砕機も導入予定で総投資額は土地、建屋取得含め約3億5000万円程度を見込む。
 港工場の稼働で、本社工場は金属リサイクルに特化させ効率化を図るが、将来的に港工場の隣接地が取得出来れば集約する構想も描く。
 小谷謙二社長は「創業時から金属リサイクルに携わってきたが排出事業者からの要望に応える形で総合リサイクル業へと転身してきた。近年はリサイクルの重要性も認知されてきたことで我々の活躍の舞台は広がると思う。今後もリサイクルの高度化を進め顧客サービスの向上を図りつつ社会貢献していきたい」と話している。

7月8日
近畿工業 スーパーシュレッダーなどが補助金交付の対象機に
補助金認定機の
スーパーシュレッダー(上)と
太陽光パネルリサイクル処理設備
「ReSola」(下)
 令和2年度省CO2型リサイクル高度化設備導入促進事業の公募が6月5日に締め切られた。近畿工業梶i本社=兵庫県三木市別所町巴20番地、和田知樹社長)が開発・販売を手掛ける雑品専用のスーパーシュレッダーと太陽光パネルのリサイクル処理設備「ReSola(リソラ)」はこれまで同事業を活用した導入実績が豊富とあって、今年度も多くの民間事業者が応募したようだ。
 同事業は@プラスチックリサイクル高度化設備緊急導入事業A太陽光パネルリサイクル設備導入事業B非鉄金属高度技術・選別設備導入事業C「低炭素型3R技術・システム実証事業」、「低炭素製品普及に向けた3R体制構築支援事業」または「省CO2型リサイクル等設備技術実証事業」において実証された設備についての導入事業を補助対象設備としており、民間事業者がこれらの設備導入に必要な経費の1/2もしくは1/3の補助金を受けられる仕組みを持つ。平成28年度から補助金制度がスタートとなり、第1次応募では金属リサイクルを手掛ける大手2社が非鉄金属高度破砕設備導入事業として、近畿工業製スーパーシュレッダーで応募し、公益財団法人廃棄物・3R研究財団から補助金認定の採択を受けた。これを皮切りに、毎年にわたり、この制度を利用した同社製設備の導入が目立っている。
 業界初となる工業系雑品の破砕処理に特化し、各種複合物の分離性を高めた「スーパーシュレッダー」は単重30sまでのコンプレッサーなどモーター類を中心とした鉄・非鉄の複合物から銅含有率の高い高付加価値スクラップを抽出する。太陽光パネル処理設備「ReSola(リソラ)」の主な処理フローは端子ボックスを取り外した後、アルミ枠解体機へ投入。センサーがアルミ枠の位置を感知し、1枚当たり120秒のペースで自動でアルミ枠のみが分離される。つづいて、アルミ枠を外したパネルはガラス剥離機へと投入され、自動的に数回にわたってロール状の刃物で剥離することで、85%以上のガラス剥離が可能となる。ガラス剥離機は運転モードを3回剥離と5回剥離のどちらかに選択し、3回剥離であれば1枚当たり95秒、5回剥離の場合は同120秒と剥離時間を長くすることで、より剥離率を高めることができる。設備全体の処理能力は1日当たり8時間、1枚20sと仮定すれば、1日約4.8dを処理できる計算となり、将来的に大量廃棄が予測される太陽光パネルのリサイクルに対応が可能だ。
【各種リサイクル機器への問い合わせ先】
近畿工業
兵庫県神戸市中央区栄町通4−2−18
電話078−351−0770
【応募に関する詳細や問い合わせ先】
公益財団法人廃棄物・3R研究財団 事業支援部

7月7日
銅建値、前回比10円上げの1`700円へ改定
 銅建値が7日、10円上げの1`700円へ改定された。現在までの月間推定平均は698.0円。

7月7日
巖本金属 本社・京都工場の第二期工事が完了
環境・美観対策を取り入れイメージ一新
環境対策に加え、
夜間には本社ビルや工場が
ライトアップされる
美観対策も取り入れている
 巖本金属(本社=京都市南区、巖本博社長)はかねてから本社・京都工場ですすめてきた第二期工事が完了した。
 今回の工事では昨秋に完成した非鉄スクラップ専用工場と鉄スクラップ工場を隔ててきた壁を取り除き、工場内での往来を可能にした。非鉄工場の建屋内には工場壁3階の高さに見学ブースを設置することで、京都工場と新設した非鉄工場全ての加工ラインが360度で一望でき、需要家を中心とした取引先に一連の処理工程を間近に見てもらうことで、“製品”への満足度や安心感を引き上げる狙いがある。また、鉄・非鉄スクラップ工場の中間に位置する場所に現場スタッフ専用の休憩室を設けた。冷房を効かせ、冷蔵庫内に各種ドリンクを常備した休憩室を工場から最大限近付けることで、熱中症対策を行っている。非鉄専用工場の入口部分には12b、鉄スクラップ専用工場には全国の金属リサイクル業界を見渡しても他に類を見ない20bの大型グリルシャッターをそれぞれ設置。これ以外にも、鉄スクラップ加工処理工場に新たに設けた建屋側壁部分は鉄板内側に吸音パネルを張り付けることで、非鉄スクラップ専用工場と同様に、外部への騒音を完全にシャットアウトし、加工処理や金属スクラップの落下音が漏れない徹底した遮音対策を施している。
 近年、金属リサイクル業界では工場周辺の住宅化などが進行しているが、中でも、本社・京都工場では観光・文化都市である京都市に位置するため、自動車や人の往来も多く、業の継続には環境対策は当然のこと、美観対策が求められている。このため、工場周囲は広範囲にわたって緑地帯を設け、桜の植樹も行ったほか、夜間に本社ビルや工場入口などに数ヶ所掲げられた社名プレート始め、工場内及び周辺がライトアップされた姿はまさに圧巻であり、防犯への観点だけでなく、企業としてのイメージ向上に繋げている。本社・京都工場の作業効率向上と同時に、時代に即した環境・美観対策を存分に取り入れた第二期工事を振り返り、「時代も大きく変わり、京都市で金属リサイクル業を営むには様々な人の意見を取り入れ、工場の再構築を図る必要があった。環境や美観対策が求められれば、それは将来に必要な投資として出来る限り応えていき、金属リサイクル業界の負のイメージを払拭したい」(巖本博社長)と力強く語った。

7月7日
愛知製鋼が「あいち・なごや生物多様性ベストプラクティス」を受賞
中新田緑地での
植樹活動の様子
 愛知製鋼は今月3日、同社が行っている生物多様性保全活動が、愛知県の主催する「あいち・なごや生物多様性ベストプラクティス」に選ばれた。
 「あいち・なごや生物多様性ベストプラクティス」は愛知県内で生物多様性の保全や、そこから得られる食料、資材、景観の恵みを持続的に利用する優れた取組みを表彰するもの。今回はグッドプラクティスが123件、ベストプラクティスが20件選出された。
 同社は地域・社会の持続的な発展を目指し、知多半島の地域の行政・NPO・企業等との連携を図りながら、生物多様性保全・自然共生活動に積極的に取り組んでいる。2012年から知多半島生態系ネットワーク協議会「命をつなぐPROJECT」に参画し、中新田緑地で「カブトムシのすむ森づくり」を推進。また美浜町や東浦町の竹林や里山整備、長野県王滝村での森林整備などを継続して行っている。

7月7日
愛知県、エコアクション21認証取得講習会の参加者募集
 愛知県、名古屋商工会議所などでは、「エコアクション21」の認証取得を希望する事業者を対象に講習会を開催する。
 「エコアクション21」は環境省が策定、普及を進める中小企業でも容易に取り組めるよう工夫された環境マネジメントシステムで、環境面だけでなく経費の削減や生産性の向上など経営面での効果も期待できる。
 開催日は第1回8月4日(火)、第2回8月20日(木)、9月10日(木)、10月1日(木)の全4回で、開催時間は13時30分から16時30分。会場は第1回が愛知県環境調査センター第1会議室、第2〜4回が愛知県産業廃棄物協会3階会議室。内容はエコアクション21の概要説明、特色とメリット、認証取得・登録までの手順と費用、環境経営レポートの作成と公表、審査申込み及び審査・認証取得まで。定員は先着20者、参加費無料。申込み期限は7月30日。
 参加申し込み、問い合わせはエコアクション21地域事務局あいち(NPO法人愛知環境カウンセラー協会内、電話052-471-7477)まで。

7月3日
エンビプロHDの貿易企業「NEWSCON」が業務開始
 エンビプロ・ホールディングスは1日、4月に設立した同社グループのNEWSCON(東京都港区、妙見英樹社長)がエコネコルよりグローバル資源循環事業を継承し、同日より事業を開始したことを発表した。グループにおけるリサイクル資源の輸出入事業の窓口としての役割を担う。
 NEWSCONの社名は「New Material(新素材)」、「Energy(エネルギー)」、「Waste(廃棄物)」、「Scrap(スクラップ)」、「Connect & Construct(繋ぎ・構築する)」と東西南北の頭文字でグローバルを意味する「NEWS」が組み合わさったもの。世界を舞台にビジネスを創造するという思いが込められている。

7月3日
ダイドー電子、高特性ネオジム磁石で「新GNT企業100選」に
重希土類完全
フリーネオジム磁石
 大同特殊鋼の完全子会社であるダイドー電子ではこのほど、経済産業省の「新グローバルニッチトップ(GNT)企業100選」に選定された。
 これは経済産業省が世界市場のニッチ分野で勝ち抜いている企業や、サプライチェーン上の重要性を増している部素材等の事業を有する企業などを選定する制度。ダイドー電子は製造する「重希土類完全フリーのネオジム磁石」が戦略性、競争優位性、収益性、国際性の評価項目で高評価だったことで、「素材・化学部門」の24社の一つとして「新GNT企業100選」に選ばれた。
 「CASE」に象徴される自動車の自動化・電動化などの進展により、高性能な駆動用モータが要求され、その多くに世界最強の磁力を持つネオジム磁石が使われている。高い耐熱性が要求される磁石にはレアメタルである重希土類を従来添加していたが、近年は資源の囲い込みによる高騰などにより安定的な調達が難しくなっていた。ダイドー電子では重希土類を一切含まない、高耐熱性と高磁力を持つネオジム磁石を開発し、大同特殊鋼や自動車メーカーとともにハイブリッド車用駆動モータに適用し、実用化を推進している。

7月3日
豊田通商、次世代型リチウムイオン電池開発のAPBに出資
 豊田通商はこのほど、次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」の開発製造、販売を行うAPB株式会社(本社=東京都千代田区)の第三者割当増資を引き受け、出資した。
 APBは部品点数が少なくて済むバイポーラ積層型リチウム電池である全樹脂電池の製造・販売を行うスタートアップ企業。全樹脂電池は電極をはじめ、ほぼ全ての部材を樹脂で形成した次世代リチウムイオン電池で、正極や負極も樹脂製とすることで、従来のリチウムイオン電池よりも製造工程を短縮することができる。独自の製造プロセスで製造コストやリードタイム削減を図り、高い安全性と高エネルギー密度を実現。樹脂により電極の厚膜化が容易にでき、セルの大型化など形状を自由に変えることも可能。豊田通商は今回の出資により、APBの世界初の全樹脂電池商業化を支援する。

7月2日
巖本金属 サナースが販売の大型マテリアルハンドリング機を導入
SENNEBOGEN 830
 巖本金属(本社=京都市南区、巖本博社長)はこのほど、環境機械の輸入販売を手掛けるサナース(本社=神奈川県横浜市、海老原豊社長)が取扱う独・ゼネボーゲン社製の大型マテリアルハンドリング機「SENNEBOGEN 830」を愛知川工場(滋賀県愛知郡愛荘町)に導入した。
 同機はロングアームを有する電気式クローラータイプのシュレッダー投入機で、母材を効率よく投入することが可能。また、緊急用の小型エンジンを積んでいるため、万が一の場合は自走可能な仕様となっている。
 巖本金属の川ア忠司次長は「サナースは関西にも拠点があり、メンテナンスやアフターサービスが迅速で丁寧。国産部品にも汎用性があるため便利かつ安心」と話す。また、機械についても「高さやアームの長さなど細かい要望に対し柔軟に対応してくれるカスタムオーダーが可能で、使い勝手が良い機械に仕上げてくれる」と言う。
 愛知川工場は、約1万坪の敷地面積に2200馬力の大型シュレッダープラントや選別プラント、1600dスクラップシャー、プレス機などを完備する同社の基幹工場の一つ。2018年には自動車リサイクル法に基づくASR再資源化施設の指定引き取り場所として認定を受けており、シュレッダーおよび選別処理の作業に対するウエイトも大きく、今回導入した「830」のほか、「マルチローダー305」などサナースの取扱う機械3台が作業効率の向上に貢献している。
 また、ゼネボーゲン社製機械は大阪工場(大阪府豊中市)でも使用されており、今後は京都工場(京都市南区)にも納入される予定だ。

7月2日
愛知製鋼が「新グローバルニッチトップ企業100選」に選出
 愛知製鋼はこのほど、独自開発のネオジム系異方性ボンド磁石「マグファイン〇R」により経済産業省の「新グローバルニッチトップ企業100選」に選ばれた。
 これは経済産業省が世界市場のニッチ分野で勝ち抜いている企業や、サプライチェーン上の重要性を増している部素材等の事業を有する企業などを選定する制度。「マグファイン〇R」はジスプロシウムやテルビウム、コバルトなどのレアメタルを使用せず、ネオジム系異方性ボンド磁石の中で最も強い磁力を持つ。高い形状自由度で最適な磁石設計を可能とする一体射出成形により、モータの高性能化・小型軽量化に貢献する。
 これまでマグファイン〇Rは自動車のシートモータ、充電式草刈機やチェーンソー、産業用ドローンなどのモータに採用されている。愛知製鋼では現在、電動車の主機モータの一体開発に取り組んでいる。

7月1日
銅・亜鉛・鉛、7月のスタート建値
 7月のスタート建値は、 銅が前月末から10円上げの1`690円、 亜鉛が据え置きの274円、鉛が3円上げの255円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
4月平均 584.0 259.5 243.6
5月平均 604.7 267.5 236.0
6月平均 659.0 272.2 248.7
7月1日 690 274 255

7月1日
STエンジニアリング 飛沫防止用パーテーションの新製品を販売開始
 鈴木商会(本社=札幌市中央区、駒谷僚社長)のグループ会社でプラスチック加工販売を手掛けるSTエンジニアリング(札幌市白石区)はこのほど、新製品の飛沫防止用ダンボール型パーテーションの製造販売を開始した。
 同製品は、STエンジニアリングと道内のダンボール製造会社が共同開発したもの。外枠はダンボール製、中央部分はプラスチック素材で作られているため軽量で、設置場所の変更も容易だ。また、廃棄の際にはダンボールをリサイクルできるなど、環境にも優しい製品となっている。
 同社はオールプラスチック製パーテーションをかねてより販売しているが、学校や学習塾、飲食店、公共施設など多数のパーテーションが必要な場所からコストや設置についての問い合わせが多くあったことから、リーズナブルで持ち運びも簡単な同製品の開発に至ったという。
 同製品の注文や問い合わせは、STエンジニアリング(電話011-846-5577)。

6月30日
山根商店、フォークリフト更新 ダスト処理効率化図る
新しく導入した
フォークリフト。
上はダストの
積み込み作業風景。
特注で最大5mまで
持ち上げが可能。
 山根商店(本社=大阪府堺市、山根義照社長)は6月22日に老朽化のためフォークリフトを更新、新たに住友ナコフォークリフト販売社製QuaPro3.5トンタイプを導入した。
 同機はトップクラスの荷役スピードと走行性能でありながら、低燃費でクリーン性能を兼ね備えている。また迅速な油圧制御なので操作性が優れているのも特徴。
 従来、山根商店では自社で発生したギロチンダストの積み込み作業を油圧ショベルで行っていたが、バケットが小さいので少量しかすくえず、タイムロスとなっていた。今回、導入した同機は特注の大型バケット(容量0.8?)を装着しており、ギロチンダストを一度で大量にすくえるので、積み込み作業の効率化に繋げられる。
 更新について春木昌範常務取締役は「ギロチンダストだけでなく、天井クレーンが故障した際に代わりとしてダライ粉などの細かいスクラップの積み込みや磁性のないステンレスのダライ粉の積み込みにも使用していく。弊社は創業時より機械の能力を活かしたリサイクル処理が強みになる。金属リサイクル業界は人手不足によって、一人あたりの負担は重くなっていく一方だ。だから今後も引き続き、機械化を進めて従業員の安全確保に努め、職場環境の充実化に繋がるような設備投資を行っていきたい」と話す。
 同社は日本で初めて油圧シャーを導入した創業70年以上の老舗ヤードディーラー。積極的な設備投資を行い、単一ヤードでありながら油圧シャーを3基完備している。

6月30日
豊通オールライフ、リハビリ施設でオンライン相談サービスを開始
 豊田通商グループの介護ヘルスケア事業会社である豊通オールライフは今月、オーダーメイド型のリハビリ施設「AViC THE PHYSIO STUDIO(エービック ザ・フィジオ・スタジオ)」で、利用者を対象としたテレビ電話および電話を利用したオンラインリハビリ相談サービスを開始した。
 日本では脳卒中などの脳血管疾患や整形疾患などの後遺症に対するリハビリの需要が増加しているが、医療・介護保険で実施するリハビリでは日数や時間、方法などに制限があるため、満足なリハビリを受けることができない「リハビリ難民」が多数存在している。
 AViCは2018年2月に東京・世田谷で1号店をオープンして以来、東京都に2店舗、神奈川と千葉に1店舗ずつ出店。科学的根拠に基づくリハビリ理論と最先端のリハビリ機器を用いて、一人ひとりの「なりたい自分」の実現に向けたオーダーメイド型リハビリサービスを首都圏近郊の人々に提供している。
 その後、利用者から「遠隔地から施設に通っているため、継続的に店舗に通うのが難しい」「自宅でも質の高いリハビリを継続したい」などの要望が寄せられたことで、オンラインリハビリ相談サービスを導入することにしたもの。
 このサービスは株式会社リハサクが提供するクラウド型WEBサービスを活用し、500種類以上の運動メニューの中から、利用者ごとにオーダーメイドでトレーニングメニューを作成。利用者はスマートフォンやタブレット端末で運動メニューの動作を確認しながら自宅でリハビリをすることができる。利用者から送信される運動メニューの消化状況をセラピストが確認、自宅での運動定着に向けた働きかけを行う。セラピストはテレビ電話などでリアルタイムに繋がり直接助言するため、自宅でも効果的なリハビリが可能となる。
 対象はAViC店舗利用者で、同サービスの申込者。料金は月額2,980円(税抜き)。

6月29日
共栄大阪工場 TCM製ショベルローダを導入
〜安全性と作業効率が向上〜
 共栄(本社=兵庫県神戸市)の大阪工場(大阪市西成区津守3丁目8−93、上野宏治工場長)は5月にTCM製ショベルローダ「SD25-3」を導入した。
 既存機の老朽化に伴い、今回、新たに導入した「SD25-3」は優れた環境性能、扱いやすい操作性と信頼の安全性を兼ね備える。燃費の大幅改善の実現によって、従来車に比べて約8%のランニングコスト低減が図れるほか、メーターパネルで簡単に切り替え可能なエコモードを選択すれば、エンジン回転数やアクセル開度を制御し、対標準モードで約20%の燃費低減を見込める。走行・荷役インターロック機構を標準搭載し、オペレーターが正しい操作姿勢にある時のみ走行・荷役操作が可能になるため、不安定な姿勢での作業防止のほか、誤操作による事故を未然に防ぐことができる。車体を動かさずにバケット移動が可能なことで、狭い場所での積み降ろしなどに抜群の効果を持ち、素早いバケット上昇スピードにより、共栄の求める安全性の高さと効率のよい作業を実現する。
 共栄大阪工場は00年12月に開設。総敷地面積は6,224u。工場敷地内には長さ90b、奥行き21.5bの建屋内には1,600dスクラップシャー、プレス機などの加工設備を有し、大型重量物の作業場や保管場として1,900uのオープンヤードを設けている。また、開設時には通常の2倍以上となる60pのコンクリートを敷いたことに加え、建屋壁面下部(高さ5b)全体を分厚いコンクリートで包み、早くから防音・防振対策を施すなど、環境重視型となる都市型ヤードの設計を取り入れている。大阪市内では取得が難しいとされる産業廃棄物中間処分業の許認可を早くから取得し、金属スクラップだけでなく、それに付随して発生する廃棄物も幅広く扱うなど、他社との差別化を図りながら、共栄の各拠点の中でも存在感を発揮している。

6月29日
「マニュファクチャリング・インドネシア」の出展企業を募集
 愛知県では、「マニュファクチャリング・インドネシア2020」に出展する愛知県内の中小企業を募集している。
 インドネシアはASEAN最大の人口と経済規模を誇り、今後の継続的な内需拡大も期待されることで日系企業の進出先として注目されている。
 この展示会は12月2日から5日までの4日間、インドネシアのジャカルタ・インターナショナルEXPOで開催される工作機械、周辺機器、工具、測定機器などインドネシア最大の国際展示会。昨年の来場者は35,485人、出展社数1,542社。
 愛知県では「アジア展開支援事業実行委員会」を設立し、「マニュファクチャリング・インドネシア」の「ジャパン・パビリオン」に出展する県内中小企業に支援を行う。募集数は7ブース(1ブース3×3m)。申込み期限は7月10日。
 申込み・問合せは愛知県アジア展開支援事業実行委員会事務局(愛知県経済産業局産業立地通商課海外展開支援グループ、電話052-533-6650)まで。

6月26日
銅建値、前回比10円上げの1`680円へ改定
 銅建値が26日、10円上げの1`680円へ改定された。現在までの月間推定平均は659.0円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
3月平均 605.7 259.4 249.2
4月平均 584.0 259.5 243.6
5月平均 604.7 267.5 236.0
6月1日 620 268 240
3日 640    
4日   274  
5日     249
8日 660    
9日   277  
11日 670    
12日   268  
16日 660    
17日     252
19日   274  
23日 670    
26日 680    

6月26日
ポニー工業、金属分析計のアタッチメントを販売
高機能が卓上で使用可能に
卓上で分析可能になる
ワークステーション
 ポニー工業(本社=大阪市中央区、吉荒俊克社長)はこのほど、卓上で金属分析ができるオリンパス製ワークステーションの販売を開始した。
 同機はオリンパスの人気機種であるVANTAシリーズを装着することで、ハンドヘルド蛍光X線金属分析計の高機能が机やテーブルなどの卓上でも使用可能になるアタッチメント。使用方法は専用容器に対象物を入れて、分析計を装着し、専用容器の底から分析する。
 特徴は@バッテリー駆動に対応しており、持ち運びが可能Aサイズはコンパクトで分析場所を問わないB液体、粉などのほか、微量な金属でも分析可能C耐久性に優れ、インターロック機能を搭載しているので安全などが挙げられる。価格は税別45万円。商品の問い合わせなどは06(6262)6510まで。

6月26日
カーセブンディベロプメント、ホンダN-BOXが当たる懸賞を開催
 中古車販売買取のフランチャイズチェーン「カーセブン」を運営するカーセブンディベロプメント(本社=東京都品川区、井上貴之社長)は、簡単なクイズに答えて応募すると抽選でホンダN-BOXが当たるオープン懸賞を開催している。
 カーセブンHP上で出題されるクイズに答え、必要事項を明記すると誰でも応募ができる。
 懸賞の詳細は以下の通り。
 ◇応募賞品=ホンダN-BOX。◇当選人数=1名。◇受付期間=2020年6月1日〜9月30日。◇応募方法=カーセブンHPもしくは官製はがきに住所・氏名・年齢・電話番号・「ホンダN-BOX(新車)に応募」など明記し郵送。オープン懸賞の問い合わせは、カーセブンキャンペーン事務局(電話0120-567-527)まで。

6月25日
プロフレックス 油圧ホース製作用「加締機」の販売が好調
コンパクトなホース加締機
ホースや金具も提供
 油圧ホースや口金具、各種配管パーツの製造販売を手掛けるプロフレックス(本社=埼玉県さいたま市、大林広明社長)が製造する油圧ホース製作用「加締機」の販売が好調だ。
 同機を導入することで、油圧ホースが破損した際にホース販売店へ製作を依頼せず、自社でホースの製作ができるようになる。ホース購入に掛かるコストのほか、短時間で製作できるためホース破損による重機の停止時間も大幅に削減できる。
 ホース製作作業は非常に簡単で、ホースを適切な長さに切り、口金具を挿入し加締機で組み立てるだけ。所要時間は約10分。特別な技術や資格は必要なく、ホースの製作方法や加締機の取り扱いは同社スタッフが丁寧にフォローする体制を整えている。
 リサイクル業界で導入が増えている加締機「S2-AC」は軽量で持ち運びが容易なほか、100ボルト電源が確保できれば場所を選ぶことなく使用できる。
 同機に関する問い合わせは、同社(電話=048‐687‐6162)まで。
 【メタル・リサイクル・マンスリー7月号に詳細記事

6月25日
富士興産、大阪市西成区に第2倉庫を新設
 レアメタルやレアアース、特殊金属全般を取り扱う富士興産(本社=大阪市浪速区、赤嶺和俊社長)はこのほど、大阪市西成区に第2倉庫として「木津川倉庫」を新設。5月上旬から本格稼働を開始している。
 同社の主力ヤードである大正工場・倉庫(大阪市大正区三軒家東、敷地面積約1,330u)は、近年取扱い数量やアイテム数の増加により在庫スペースが狭小化。
 選別・検収作業のスピードアップを図り在庫の回転率を高め対応してきたが、入出荷の際に在庫の配置換えを強いられるケースがおきるなど、作業効率の面や現場社員の負担増が課題となっていた。そのため、在庫の分散化を視野に入れ、数年前から新たな倉庫用地を確保すべく検討を重ねてきた。
 開設した木津川倉庫(大阪市西成区北津守1−8−8)は鉄骨造り平屋建て585u。大正倉庫とは直線距離で約200mの至近距離に位置し、急な荷物の移動など両倉庫で連携が図り易いことも用地選定の決め手となった。
 倉庫内には台秤、フォークリフト、ユニットハウスなどを設置。ごく短期的なモノから中期的に保管する商材の在庫置き場とするほか、通常の入出荷作業も取り行い、手狭となっている大正倉庫の第2倉庫的な役割として活用していく考えだ。
 併せて、近年大型車での引取り依頼が増えていたこともあり、新車の13d大型トラックを追加導入。これにより同社は13d車2台、6d車1台、3d車1台の計4台体制となり、集荷能力を一段と向上させた。
 赤嶺社長は「木津川倉庫の開設で、大正工場の作業効率が向上してきている。今後も地に足を付けて、筋肉質な企業体質づくりを目指していきたい」と語り、将来的には「本社事務所とヤード機能が一体となった拠点施設を大阪市内に設けたい」との構想を抱く。
 同社はニッケル、コバルト、チタン、タングステンなどの特金や、2次電池屑、工具鋼、ネオジム磁石スクラップなどを幅広く取り扱う関西地区を代表する大手問屋。ステンレス特殊鋼メーカーに原料を納入するほか、海外販路も幅広く持つ。

6月24日
小島鉄工所、ギロチン切断刃の肉盛溶接技術で業容拡大
肉盛溶接で再生したギロチン刃
 小島鉄工所(本社=愛知県東海市南柴田町ヲノ割457-17、小島正浩社長)では、ギロチン刃を再生する肉盛溶接事業が、立ち上がりから順調な成長を見せている。
 同社は東海事業所と常滑事業所の2拠点を持ち、鋳鍛鋼品、圧延鋼材の機械加工や鍛造用治工具の製作・補修、特殊溶接による肉盛補修及びギロチンシャー刃の肉盛補修を手掛けている。
 同社は「シャーナイフ刃の再生処理方法及び再生シャーナイフ」で特許を持ち、取引のあった豊栄溶工が後継者難であったことから、2017年に同社をM&Aで子会社化し、東海事業所に溶接係を新設。切断刃の肉盛溶接では紹介や口コミで徐々に得意先が広がり、現在およそ50社の顧客を持つ。再生刃は新刃と同等以上の耐久性に加えて新刃より割安であるため、依頼や問合せが多い。
 同社では3名の従業員で肉盛溶接の作業を行っている。手順は、納品された刃の状態をチェックし、どの程度の作業が必要か、顧客に確認をしてから作業に入る。摩耗した刃は焼鈍炉で余熱されたあと、アーク溶接などで溶材を肉盛再生し、焼鈍炉で再び加熱される。その後、自然冷却し、仕上げの表面切削と研磨作業が施され、検査を経て再生刃が完成する。万が一、納品後に刃こぼれや割れなどが発生した場合は事故に繋がるため、どの工程も慎重な作業が要求される。溶接など多くの工程は手作業であるため、顧客の短納期の要望に応えることが難しいが、工程などを見直して生産性を向上させ、現在は納期まで3カ月程度に短縮している。
 今後はさらなる顧客満足度と生産性向上のため、ロボット溶接の導入も視野に入れ、事業展開を図っていく方針である。
 問合せは小島鉄工所本社(電話052-604-1526)まで。

6月24日
山崎鋼商、創業60周年でホームページ開設 スマホにも対
開設したホームページトップ画面
 鉄スクラップを中心に金属リサイクル事業を展開する山崎鋼商(本社=大阪府東大阪市、山崎勇治社長)はこのほど、創業60周年を機にホームページを開設した。
 トップ画面では同社のキャッチコピーでもある『豊かな未来に繋げる、その架け橋へ』が大きく表示され、その背景に本社の外観、ヤード内の作業風景などの写真スライドを起用した。
 買取品目は鉄スクラップ、非鉄金属スクラップ、雑線・モーター類の種類別に掲載。品種を選択すれば、写真付きでサイズや素材について詳細に知ることができ、初めての新規ユーザーにとって分かりやすく安心だ。またスマホにも対応しており、いつでも場所を問わず、簡単に検索することができるので利便性も高い。
 開設について山崎社長は「皆様のおかげで創業60周年を迎えることができ、記念事業の一環としてホームページを開設した。今後も弊社を利用して頂けるように、様々なニーズに応えるために取り組んでいきたい」と話す。
 同社は東大阪市で1960年2月創業した老舗のヤードディーラー。設備は油圧シャーを完備。2004年に現住所へ移転し、本社工場を新設。
URL http://yamazaki-kosyou.co.jp

6月23日
銅建値、前回比10円上げの1`670円へ改定
 銅建値が23日、10円上げの1`670円へ改定された。現在までの月間推定平均は657.7円。

6月23日
紙藤(西尾)、トレーラーなどの待機場所として駐車場を整備
 紙藤(愛知県西尾市吉良町岡山石流1-5、藤田和也社長)では、今年4月から建設を進めていた本社工場北側の駐車場がこのほど完成し、今月17日から運用を開始した。
 紙藤は鉄スクラップを中心に非鉄金属スクラップなどを扱う西三河地区の有力ヤードディーラー。同社では早朝トレーラーなどが道路上に待機することもあり、近隣の迷惑となっていたことで、待機するための駐車場の整備工事に着手。本社工場北側の約1,400uの土地にコンクリートを敷設し、周囲にアルミ製擁壁を建設。粉じんなど周辺環境に配慮した対策を施した。駐車場の完成によりトレーラー、トラックの待機場所の確保に加え、自社トラックや従業員の車の置き場としても活用を図っていく方針。

6月22日
テヅカ 本格仕様の乾式ナゲット機の最新モデルを期間限定特別価格で販売
〜税別280万円より〜
フレキシ造粒機
K-Sシリーズ
 環境リサイクル機器メーカーのテヅカ(本社=福岡県古賀市、下田善吉社長)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による緊急対策・応援キャンペーンとして今年9月30日までの期間限定で、イタリアSeltec社のブランド乾式ナゲット機「Stokkermill」の最新モデルを特別価格で販売している。
 対象となる機器はフレキシ造粒機「K-Sシリーズ」。一般的な銅・アルミのケーブルや電話線、電子機器ケーブルなどの細かい電線だけでなく、前処理後のモーターコイルやラジエーターなど、幅広い電線や破砕物などに対応できる。主な特徴として@乾式のため、水回り工事の必要なしA機械がコンパクトかつ電源接続のため直ぐに使用でき、設置コストがかからないBメンテナンスが簡単C同機種導入後、扱い量増加や処理困難物対応における精錬装置・前処理機械等の追加にもカンタンに対応できる設計になっている、など。
 価格はフレキシK-85S(投入量80〜100kg/時間)が280万円〜、フレキシK-130S(投入量100〜130s/時間)が320万円〜。いずれも消費税、送料、設置費が別途必要となる。詳しくはテヅカ(電話092-941-1311/担当:宮ア)まで。
 同社はシュレッダープラントからスクラップシャー、そして廃プラスチック処理のベーラーやナゲット機など、スクラップ加工処理機器の設計・製造・販売を幅広く手掛け、高い技術力と迅速な対応、さらにきめ細かいメンテナンスにも定評がある。

6月22日
シーパーツ、自動車リサイクル部品専門オークションサイトを開設
〜自動車解体工場の滞在型外国人バイヤーをオンラインへ〜
自動車リサイクル部品専門オークションサイト
GAPRAS(ギャプラス)
シーパーツのWebサイト内から閲覧できる
 使用済み自動車解体、リユース部品販売事業を展開しているシーパーツ(本社=山口県岩国市、岡本明宏社長)はこのほど、自動車リサイクル部品専門オークションサイトGAPRAS(ギャプラス)を開設し、運営を開始した。
 同サイトはGlobal Auto Parts Recycle Auction Systems(国際的な自動車リサイクル部品販売システム)の略称。サービス内容は経済産業省認定スマートSMEサポーターに登録。出品者は古物商や自動車解体業など専門資格の所有者に限定しており、商品の品質や安全性が高く、初めてでも安心して購入できる。主な特徴は@チャット形式の商談を採用し、言い間違いや聞き間違いを防止A動画で商品情報を掲載することでエンジン音や白煙の具合など説明しにくい情報を得られるB誰でも出品車両や部品を閲覧できるため、自社の販売地域、自社取引先のバイヤーが買わないような潜在在庫の売り先が発見できるなどが挙げられる。
 また表記は日本語のほか、英語に対応しているので、外国人バイヤーが簡単に利用できる点も大きな特徴だ。
 通常では工場に外国人バイヤーを滞在させて対面で商談、コンテナの積み込みを行う形式が主流だが、同サイトを使えばインターネットオークション上で商談を済ませて、あとは商品を工場で受け取り、精算するだけなので、スピーディーに取引を進めることができる。さらに来日することなく部品販売も可能で、利便性が非常に高い。
 運営にともなって担当者は「自動車リサイクル業界はコロナ禍で滞在バイヤーの帰国、新規バイヤーが来日できず、自動車リサイクル部品の販売ルートの確保が難しい状況にある。今後、新しい販売スタイルと販路が要求される中で、オンライン型オークションサイトでの国内外販路開拓を推進し、自動車リサイクル業界の発展に努めていきたい」と今後の意気込みを語る。
 サイトについての問い合わせは0827(84)5115まで。
 GAPRAS(ギャプラス)URL:https//gapras.com

6月19日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`274円へ改定
 亜鉛建値が19日、6円上げの1`274円へ改定された。現在までの月間推定平均は272.2円。

6月19日
トムラソーティング、「AUTOSORT」のモデルチェンジなど発表
「AUTOSORT」
 光学選別機の世界トップシェアを誇るトムラソーティングリサイクリングはこのほど、新たにモデルチェンジした「AUTOSORT」と、その追加機能である「AUTOSORT SPEEDAIR」の詳細をオンラインで発表した。また、トムラ初のロボット「AUTOSORT CYBOT」の発売計画も説明。最新の選別ソリューションを全世界に向けて発信した。
 モデルチェンジした「AUTOSORT」は従来の多機能に加え、レーザーオブジェクト検出テクノロジーから生まれた新機能のDEEP LAISERをオプションで設定可能。業界初の完全統合型ディープラーニングシステムのひとつで、人工知能を活用しているため、原料を正確に認識でき、より細かな選別が可能になる。
 「AUTOSORT SPEEDAIR」はプラスチック製フィルムや紙などの軽量素材が高速コンベヤ上で安定して選別されるように設計。より高い処理能力を実現し、選別品質を向上させる。
 「AUTOSORT CYBOT」はNIR(近赤外分光)、VIS(可視光分光)、DEEP LAISER、電磁センサーの4つの技術をセンサー構成に組み合わせた業界初のロボットだ。

6月19日
今林、船見工場にコベルコ建機リフマグ付き重機を増設
 今林(名古屋市港区船見町、今林尋幸社長)では、船見工場にリフマグ付き重機を増設し、順調な立ち上がりを見せている。
 同社は製鋼原料を中心に扱う有力ヤード業者。メイン工場である船見工場で4月下旬に積み下ろし、荷さばき用にリフマグ付き重機を増設した。導入したのはコベルコ建機SK260DLCで、低燃費と排気ガスクリーン化を両立した環境性能に優れた重機。エレベーターキャブ式で高所からの視界を確保でき、トラックへの積み下ろしが容易となる。
 同社では重機のブーム部分に従業員や家族の名前を入れ、重機に愛称を付けている。同機には今林輝久会長の孫であるオペレーター今林駿介氏の長男長女の名前「りょうま」と「ふうか」が入れられ、納入直後からフル稼働の活躍を見せている。

6月18日
田口金属、コベルコ建機の重機と日本ニューマチック工業のアタッチメントを導入
筑波工場に導入した
重機とアタッチメント
筑波工場に導入した
重機とアタッチメント
 非鉄金属やミックスメタルを扱う大手スクラップディーラーの田口金属(本社=東京都新宿区、田口憲昭社長)は11日、茨城県内の筑波工場と丘里工場にコベルコ建機製の重機を、筑波工場には日本ニューマチック工業製のアタッチメントも導入した。
 筑波工場に導入した重機はスクラップローダー仕様のSK350DLCで、アタッチメントは鉄スクラップ処理や解体作業に強いM−38K。運転席をポリカーボネート板で囲むことで、埃や飛散物などから運転手を守る仕様になっている。
 丘里工場に導入した重機はマルチ解体機で小回りの利く、SK135SRD。ヤード内の細かな作業に適している。
 同社は、コロナウイルスの影響を受けつつも、強みである機動力を生かし当初の計画通り設備投資を継続して行う予定だ。

6月18日
鈴木商会 HASSYADAI.socialとのコラボレーションムービーを公開
 鈴木商会(本社=札幌市中央区、駒谷僚社長)はこのほど、同社の公式YouTubeチャンネルでHASSYADAI.socialとのコラボレーションムービーを公開した。
 HASSYADAI.socialは「全ての若者に自分の人生を自分で選ぶ力を」をコンセプトに、学歴や地域、情報、経済の格差から生じる若者の選択格差を是正するために全国の高校や児童養護施設、少年院などでキャリア教育プログラムを行う一般社団法人で、連携企業でのインターンシッププログラムなども提供している。
 また、若者たちにさまざまな情報や体験を提供しながら社会への啓蒙活動なども行っており、その活動は年間4万人以上に届けられている。
 鈴木商会は同法人の取り組みに共鳴し、北海道で唯一のサポート企業として道内の高校での講演会共催やインターンの受け入れを行っている。
 同社は今後もHASSYADAI.socialとの協働により、道内を中心に多くの若者に対して、自身の可能性に気付くきっかけとなる取り組みを実現していく考えだ。

6月17日
鉛建値、前回比3円上げの1`252円へ改定
 鉛建値が17日、3円上げの1`252円へ改定された。現在までの月間推定平均は248.7円。

6月17日
ポニー工業、オリンパス製最新ハンドヘルド蛍光X線金属分析計の販売開始
VANTA
Element-S
 ポニー工業(本社=大阪市中央区、吉荒俊克社長)はこのほど、オリンパスの人気機種であるハンドヘルド蛍光X線金属分析計VANTA(ヴァンタ)シリーズの最新機種VANTA Element-Sの販売を開始した。
 VANTA Element-Sは米軍規格に準じた落下試験に合格し、防塵・防水性能(IP54規格取得)を完備した堅牢性を兼ね備え、計測スピードが最短で数秒と高速。微細な成分も感知可能な高精度の分析能力を誇る。
 今回、販売する同機は、金属スクラップリサイクル事業者、製鋼メーカーを中心に多くの導入実績を持つVANTAシリーズのエントリーモデルであるVANTA Elementをベースとして高感度検出器を搭載し、検出性能を高めた。マグネシウムからの軽元素に対応が可能な機種としては従来よりも求めやすい価格帯に設定されている。価格は税別450万円(金属分析用)。商品の問い合わせなどは06(6262)6510まで。

6月16日
銅建値、前回比10円下げの1`660円へ改定
 銅建値が16日、10円下げの1`660円へ改定された。現在までの月間推定平均は655.0円。

6月16日
ハリタ金属 世界初「新幹線から新幹線へ」のアルミ水平リサイクルを実現
 ハリタ金属(本社=富山県高岡市、張田真社長)は13日、新幹線の廃棄車両から新規製造の新幹線車両部材へ原料を供給する水平リサイクルシステムを構築したことを発表した。安全性が重視される高速鉄道事業の運転車両に水平リサイクル部材が実装される「新幹線から新幹線へ」「展伸材から展伸材へ」の実現は世界初となる。
 同社はこれまで経済産業省実証事業およびNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業開発機構)の実証事業において、アルミ水平リサイクルの研究を進めてきた。その成果を基に、東海旅客鉄道、日本車輛製造、日立製作所、三協立山の各社と共同で新幹線に使用されるアルミ部材の水平リサイクルを実現。2020年7月から運行を開始する東海道新幹線の新形式車両「N700S」にリサイクル材が使用される。
 鉄道分野でも軽量化のためアルミ使用率が高まっているが、車両の部位により使用されるアルミ合金系列が異なるなど合金系別の選別が難しいため、廃アルミ材料はアルミ屑として売却され、鋳物やダイカストなどへカスケードリサイクルされていた。そこで同社では世界初となるレーザーでアルミ合金系統別に選別するLIBSソーターを関係機関と共同で開発。鉄道車両から解体された車両アルミをシュレッダーラインに投入し、LIBSでアルミ合金系別に固体選別する。選別後の溶解試験では車両由来の5000系、6000系ともにJIS規格の規定成分内に収まっていることが確認されたという。さらに一次溶解せずアルミ合金製造にそのまま使用できるようになり、アルミ溶解時に必要な膨大なエネルギーが不要となり、結果として大幅な省エネ効果やCO2削減効果が期待できるようになった。
 同社は「今後はこの新幹線アルミ水平リサイクルシステムと技術の高度化を実現し、適用部材の拡大など更なるリサイクルの高度化を目指していく。またこれからの社会システムは線形経済(Linear Economy)から循環経済(Circular Economy)への転換が求められており、同事業の素材は主にアルミ合金が対象だが、鉄や銅など他の資源への応用も研究している。この循環システム・リサイクル技術はほかの素材・使用済み製品へ展開が可能であり、将来の大きな循環経済(Circular Economy)システムの構築に繋がる。資源の効率的な利用により最大限の付加価値を生み出し、環境負荷を軽減しながら経済成長を継続させる『持続可能な社会』の実現を目指す」と述べた。
 同社は1960年6月創業、今年創業60周年を迎えた。鉄・非鉄スクラップをはじめ、産業廃棄物・一般廃棄物の収集運搬・中間処理、そして、家電リサイクル・小型家電リサイクル・自動車リサイクル・二輪車リサイクルなど数々の事業を手掛ける総合リサイクル企業。そのほか、太陽光パネルリサイクルやプラスチックの新たなリサイクル技術についても開発を進めている。

6月15日
三木鋼業、破砕機を増設 ダストの再資源化率向上
増設した一軸破砕機
 総合リサイクル事業を展開する三木鋼業(本社=香川県高松市、三木高彦社長)は5月18日、坂出工場に破砕機を増設、本格稼働を開始した。
 新たに導入したのは廃棄物の破砕機製造を得意としているSSI社(本社=アメリカ)の一軸破砕機SR900で、日本では初めての導入になる。出力は300馬力。処理能力は月あたり1,000d。
 坂出工場はシュレッダーや最新鋭の選別機などを完備。破砕や選別ラインなどは社長自らが指揮を執って構成した四国で初めてのASR再資源化施設になる。生産された固形燃料はセメント会社に供給しており、品質は非常に良質で、ユーザーからの信頼は厚く、供給の要望が多く寄せられている。
 導入について三木社長は「良質な燃料を多く生産する目的で導入した。これからもASRをエネルギー代替品として供給していき、スクラップや廃棄物のリサイクルに貢献したい」と意気込みを話す。
同社は昭和40年に設立。香川県高松市に本社を置き、鉄・非鉄スクラップ、使用済み自動車、レアメタル、小型家電など多種多様なリサイクル事業を展開している。

6月15日
愛知県、「国際フロンティア産業メッセ2020」の出展企業を募集
 愛知県では、今年9月3〜4日に神戸国際展示場で開かれる「国際フロンティア産業メッセ2020」の愛知県ブースに、自社の3R製品や資源循環・省エネ等の優れた環境技術を出展する企業を募集している。
 国際フロンティア産業メッセは西日本最大級の産業総合展示会で、昨年は522社・団体が出展し、約3万人が来場した。
 愛知県では環境ビジネスの普及・促進を図るため、産業廃棄物税を活用して大型展示会にブースを確保し、優れた環境技術を有する県内企業などに広報・宣伝の機会を提供している。
 応募資格は愛知県内に本社、支社もしくは営業所を有する事業者、または事業者が複数で構成するグループ。自社で開発した3R製品や資源循環・省エネ等の優れた環境技術の普及を図る意欲のあるもの。
 募集者数は12者程度。1者当たりのスペースは1小間4u(2m×2m)。出展負担金は36,700円(通常の出展料のおおむね半額に相当)。
 募集期間は6月8日〜6月30日。
 申込み・問合せはあいちの環境ビジネス発信事業運営事務局(電通名鉄コミュニケーションズ内、電話052-459-0527)まで。

6月12日
亜鉛建値、前回比9円下げの1`268円へ改定
 亜鉛建値が12日、9円下げの1`268円へ改定された。現在までの月間推定平均は270.0円。

6月12日
シーパーツ、タイヤ品質評価装置を開発し販売開始
誰でも簡単に測定できる
 使用済み自動車の解体、リユース部品販売を中心に事業展開しているシーパーツ(本社=山口県岩国市、岡本明宏社長)はこのほど、タイヤの品質を測定できる装置GT−Portableを開発した。
 同機はこれまで目視で判定していたタイヤの品質をカメラやセンサーを組み合わせて数値化し、5段階で測定できるというもの。主な特徴は@タイヤの溝の深さ、劣化具合を5段階評価し、その結果をレポート形式で自動出力するのでタイヤの状態を客観的に捉えることができるA車両にタイヤが装着されたまま測定が可能なので、作業の効率化が図れるなど。
 これまで業界内ではリユースタイヤの販売金額と安全性は販売者の目視によって判断されてきた。そのため根拠があまり分からないまま、タイヤを交換しているユーザーは少なくない。同社はそんなユーザーに安心してタイヤを使用できるようにするため、同機で測定することで販売者、ユーザーともに同じ品質基準を持つことを目的として2013年からタイヤ品質評価技術の開発をスタートさせた。
 今後の展望について担当者は「装置を使用することでリユースタイヤに品質評価付きという付加価値を付けることできる。これによって、例えばまだ利用できていたリユースタイヤの廃棄量削減、測定レポートを元に販売金額の設定やタイヤの交換の判断が可能になる。
 タイヤは自動車リサイクル部品の中でも新品志向が強い商品だ。今後、ユーザーの皆様には安全にリユースタイヤを利用頂くために、これまでなかったタイヤの品質評価基準の一助になることを目指す」と話す。
 同装置のサイズは本体装置550mm×140mm×80mm、電源装置200mm×300mm×150mm。重量は本体装置2.5kg、電源装置3.5kg。品質表示は溝深さ(mm)、溝部ひび度合5段階評価(S〜D)。インタフェースはLAN〔有線/無線〕、Bluetooth、USB。希望価格180万円(税別)。
 商品の問い合わせは0827(84)5115まで。

6月12日
カーセブンディベロプメント、ビィ・フォアードとの提携で販路拡大
 中古車販売買取のフランチャイズチェーン「カーセブン」を運営するカーセブンディベロプメント(本社=東京都品川区、井上貴之社長)はこのほど、中古車販売や輸出入を手掛けるビィ・フォアード(本社=東京都調布市、山川博功社長)と中古車の在庫連携の提携を発表した。
 今回の提携で、カーセブンが運営する中古車共有在庫サービス「業販マーケット」の輸出可能な中古車をビィ・フォアードが運営する越境ECサイト(インターネット通販サイトを通じた電子商取引)の「beforward.jp」で掲載することになる。
 「beforward.jp」は海外からのアクセス数が月間6000万PVを誇る日本随一の越境ECサイト。
 これにより「業販マーケット」の中古車が、国内のみならず世界200の国と地域に販売・輸出が可能となり販路が拡大する。

6月11日
銅建値、前回比10円上げの1`670円へ改定
 銅建値が11日、10円上げの1`670円へ改定された。現在までの月間推定平均は660.0円。

6月10日
平林金属、鳥取県に家電リサイクル指定引取場所を開設
新たに開設した
家電リサイクル指定引取場所
 総合リサイクルディーラーの平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)は5月1日、山陰工場(鳥取県米子市)の隣接倉庫を改装して、新たに家電リサイクル指定引取場所を開設した。
 同社は2001年4月に家電リサイクル法の施行以降、家電4品目再商品化施設のリサイクルファーム御津では、使用済み家電の入荷台数が今年2月10日で1000万台を突破した実績を持つ。同工場は屈指のリサイクル技術によって金属やプラスチックなどあらゆる原料を高品質の素材へと転換させることから、家電メーカーから素材供給に指名されるほど厚い信頼を寄せている。 
 今回、家電メーカーから立地の利便性や家電リサイクルの実績などが評価され、開設の依頼を受けたことが経緯にあり、同社の指定引取場所責任者である岡山工場の難波工場長は「ご依頼をお受けした以上、家電メーカー様とお持ち込み頂いた皆様から信頼される拠点となるように努めて、資源リサイクルに取り組んでいく」と意気込みを話す。
 開設した家電リサイクル指定引取場所は敷地面積5,127u、フォークリフト2台、人員2名を配置。山陰工場のヤード内と繋がっており、工場間で移動可能のほか、人員の補充もスムーズにでき、業務効率の向上を図っている。

6月10日
山根商店、増トントラックに更新で運送効率化
更新導入した増トン車
 山根商店(本社=大阪府堺市、山根義照社長)は6月2日、引き取り専用車両を老朽化のため、増トントラックに更新した。
 今回、新たに導入したのは日野自動車製で、サイズは長さ763cm、幅241cm、高さ261cm。最大積載量7,500kgと大容量の積載が可能だ。コンテナボックスは東洋コンテナ商事が製造。軽量で高い強度を誇るスウェーデン鋼を使ったHARDOX仕様になる。
 更新について設備担当の春木昌範常務は「積載量を増やすことで過積載を防ぎ、さらにピストンを省略化できる。また小回りが利くので解体現場だけでなく、工場への引き取りも可能なので、運送効率も向上した。今後も法令順守に努め、お客様のニーズにお応えし、環境保全と地域貢献に取り組んでいく」と話す
 同社は日本で初めて油圧シャーを導入し、スクラップの切断加工処理の基礎を作った老舗のヤードディーラー。単一ヤードでありながら油圧シャーを3基完備しており、在庫を13ブロックに分けた専用枡で区分管理するなど徹底した作業の効率化を行っている。

6月9日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`277円へ改定
 亜鉛建値が9日、3円上げの1`277円へ改定された。現在までの月間推定平均は275.4円。

6月9日
千葉製鋼 新事務所が完成し業務開始
 総合資源循環型企業グループのスギモトホールディングス(本社=東京足立区、杉本義幸社長)の金属リサイクル・再生砕石加工販売を担う千葉製鋼(千葉県船橋市)が、昨年10月から建設を進めていた新事務所がこのほど完成し業務を開始した。
 新事務所は、旧事務所の経年劣化が進み、手狭になっていたことにともない建設した。職場環境の改善も目的としており、1階が259.15平方b、2階が161平方bで、延べ床面積は420.15平方b。この新事務所のほかに約107.65平方bの休憩所も新設した。
 猪野一世常務は「新事務所の完成で社員の気持ちも新たなものになっていると思う。現在、シャワー室も建設しており、一層の福利厚生の充実と業務効率の改善に取り組んでいく方針だ。このほか、砕石プラント部門のロッカー兼休憩室のリニューアル工事も進めており、今後も世の中や取引先の変化に応じて体制を整えていきたい」と話している。

6月9日
豊田通商、アフリカで新型コロナウィルス感染拡大防止を支援
 豊田通商とグループ会社のCFAO SAS(以下CFAO)は、アフリカにおける新型コロナウィルス感染拡大防止のため、国連機関や各国政府・公的機関に対してトヨタ車のメンテナンス部品、フェイスシールド、消毒用アルコール、食料品などの提供・支援を行う。
 豊田通商グループはアフリカに深く根差し、「WITH AFRICA FOR AFRICA」を理念として事業を展開している。今回の取組みは新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、日夜尽力している医療従事者や政府・自治体などの人々にトヨタグループが支援する「ココロハコブプロジェクト」の一つ。欧米では新型コロナウィルス感染症が徐々に収束している一方で、アフリカでは感染が拡大しており、今後、同地域での深刻な経済停滞や医療環境、食料問題の悪化が懸念されている。
 豊田通商とCFAOはトヨタ自動車の協力の下、国連機関が保有するトヨタ・ランドクルーザーを対象に、車両メンテナンス部品を今後1年間無償提供していく他、トヨタグループで製造しているフェイスシールドを7月から提供する。またアフリカ各国のトヨタ代理店と連携し、各国政府や自治体などに対して車両無償リースやメンテナンス部品の供給や、コートジボワールとコンゴ共和国で保有するビール工場などの施設を活用し、消毒用アルコールの生産と提供を行っている。

6月8日
銅建値、前回比20円上げの1`660円へ改定
 銅建値が8日、20円上げの1`660円へ改定された。現在までの月間推定平均は653.6円。

6月5日
鉛建値、前回比9円上げの1`249円へ改定
 鉛建値が5日、9円上げの1`249円へ改定された。現在までの月間推定平均は247.4円。

6月5日
シマブンコーポレーション尾上工場、モリタ環境テック製800型ニューギロが本格稼働
本格稼働を開始した尾上工場の
モリタ環境テック製ニューギロ
 シマブンコーポレーション(本社=兵庫県神戸市、木谷謙介社長)の尾上工場(兵庫県加古川市尾上町池田2065番地の1)は3月26日にモリタ環境テック製800型ニューギロの新設工事を終え、本格稼働を開始している。今回の加工処理設備導入は生産能力の向上や将来的な人手不足への対応を目的としたものであり、安定供給と省人化によって、さらなる競争力の強化を目指す。
 尾上工場は敷地面積約8,000uで、鉄鋼メーカーから発生する鉄スクラップの加工・販売及び建機向け部品の製造・販売を手掛けている。主要設備は今回新設したモリタ環境テック製800型ニューギロの他、20d天井走行クレーン1基、10d天井走行クレーン3基、26d油圧ショベル2台などで、年間取扱量は約6万dにのぼる。同社の加工処理設備導入は17年に呉工場(広島県)にモリタ環境テック製1250型ハイブリッドニューギロを導入して以来となる。
 今回の800型ニューギロ新設によって、同社では切断ロス軽減による歩留まり向上や切断メニューの拡大を見込んでおり、今後は各取引先への安定供給体制の確立と省人化による製造コスト削減を図り、高い競争力を兼ね備えた工場として存在感を発揮する。また、余力ができれば市中鉄スクラップも取り扱う予定。
 シマブンコーポレーションは昨年10月に創業110周年を迎え、高炉メーカーの構内作業のほか、商社兼スクラップヤードディーラーとして全国に9ヶ所の集荷・営業拠点を設け、19年の鋼材及び鉄スクラップ販売量は168万3000dと国内屈指の扱い量を誇る。

6月4日
亜鉛建値、前回比6円上げの1`274円へ改定
 亜鉛建値が4日、6円上げの1`274円へ改定された。現在までの月間推定平均は273.2円。

6月4日
鈴木商会 飛沫感染防止用パーテーションを北海道と札幌市に寄贈
河村成彦保健福祉部
健康安全局長(左)と
駒谷僚社長(右)
川上佳津仁市民文化局長(左)
 鈴木商会(本社=札幌市中央区、駒谷僚社長)は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策の支援のため、飛沫感染防止用プラスチック製パーテーションを北海道と札幌市に計200セット寄贈。5月28日に札幌市役所と道庁で贈呈式を行った。
 新型コロナウイルスの感染予防対策がますます重要となる中、同社は道内に拠点を構える企業として、また「ほっかいどう応援団会議」の参画企業として、道民や日々奮闘している自治体関係者に対して、少しでも安心できる環境づくりの役に立ちたいとの考えから、寄贈を決めたという。
 同パーテーションは、鈴木商会のグループ会社でプラスチック加工販売を手掛けるSTエンジニアリング(札幌市白石区、駒谷僚社長)が製作しており、今回の寄贈分は道内全域の保健所や札幌市内の各区役所等で利用される予定だ。

6月4日
古谷商店(東大阪)、廃プラ油化装置の見学会を再開
 古谷商店(本社=大阪府東大阪市、古谷康夫社長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大によって休止していた廃プラスチックを油分化する過熱蒸気分解再生資源回収処理装置URBANRIG(アーバンリグ)の見学会を6月19日から再開することを決めた。
 販売開始以降、日本各地のリサイクル・産業廃棄物処理事業者からの問い合せや見学希望者が急増するなど、多くの関心を寄せている同機は特許技術の過熱水蒸気処理でペレット化や廃棄が困難されているPVC(ポリ塩化ビニル)、混合塩ビ系などプラスチックを選別不要でどんな素材も油化できるリサイクル装置になる。
 さらに被覆付き雑電線を投入すれば油と金属スクラップが分別処理でき、抽出された油は燃料、金属スクラップ有価物としても販売可能だ。
 再開について古谷社長は「休止中もリサイクル、産業廃棄物処理業界からたくさんのお問い合わせを頂いたほか、大手電力会社や大手電機メーカーなどからも工場見学のご依頼をお受けした。様々な業界から注目して頂いていると改めて実感している。今後も環境保全を推進する立場として、多くの方々に機械を知ってもらえるように努めていきたい」と意気込みを話す。
 古谷商店は昭和26年に創業の老舗金属リサイクル者。鉄、非鉄スクラップ全般を取り扱う。長年の経験と人脈の広さを活かし、地域に密着した事業は厚い信頼を寄せる。昨年に金属リサイクル事業者で初めてワンワールド・ジャパンと正規販売代理店契約を結び、装置の販売を開始した。販売や見学などの問い合わせは06-6727-1414まで。
【装置の詳細は2020年新春特集号73ページに掲載】

6月3日
銅建値、前回比20円上げの1`640円へ改定
 銅建値が3日、20円上げの1`640円へ改定された。現在までの月間推定平均は638.1円。

6月3日
金山商会(各務原)、石川機械製作所シャーリング機を増設
新設した25馬力
シャーリング機
 金山商会(岐阜県各務原市那加前洞新町1−7、金山久徳社長)では4月20日、シャーリング機を増設し、本格稼働を開始している。
 同社は製鋼・鋳造原料を中心に扱う有力ヤードディーラー。長年使用した鋳物用シャーリング機が故障したことで新機の導入を図ったものである。
 導入したのは石川機械製作所製25馬力シャーリング機で、稼働直後から順調な立ち上がりを見せている。故障したシャーリング機は修理して使用する予定。
 新しいシャーリング機の導入により同社のハンドシャーは3台体制となり、機械トラブルの際にも慌てることなく、スムーズな加工作業が可能となった。

6月3日
千代田鋼鉄工業 三井住友銀行から「SDGs推進融資」
 電炉メーカーの千代田鋼鉄工業(本社=東京都足立区、坂田基歩社長)はこのほど、三井住友銀行から「SDGs推進融資」を受けた。同融資は、融資実行時に同行と日本総合研究所が企業のSDGsに関する現状の取組状況を確認した上で、本業を通じたSDGs貢献への道すじ(ロジック)を分析し、SDGsの取組推進に向けたアドバイス等を提供する融資商品。
 千代田鋼鉄工業の実施している事業の、@都市型電炉メーカーの立地を生かした鉄の地産地消、Aカラー鋼鈑事業における環境配慮型製品の開発、の2つがSDGsの目標達成に向けた貢献が期待できると判断され、今回の融資となった。
 「都市型電炉メーカーの立地を生かした鉄の地産地消」は、SDGsの17目標のうち、目標8(働きがいも経済成長も)、目標9(産業と技術革新の基礎をつくろう)、「カラー鋼鈑事業における環境配慮型製品の開発」は、目標12(つくる責任、つかう責任)、目標13(気候変動に具体的な対策を)の達成に貢献する。

6月2日
潮来工機の池田孝氏 鹿島労働基準協会から優良従業員表彰を受賞
西谷社長(左)と池田孝氏(右)
 スクラップディーラーの潮来工機(本社=茨城県神栖市居切、西谷年弘社長)の社員の池田孝氏が5月25日、(一社)鹿島労働基準協会から「優良従業員表彰」を受賞した。同表彰は、従業員の勤労意欲と福祉の増進を図り、あわせて会員事業場の発展に資することを目的に、同協会が実施している制度だ。
 池田氏が同社で長年にわたり業務に励み、事業の発展に寄与し模範となる働きをしたことが評価された。
 池田氏は昭和44年11月14日生まれで平成3年7月に同社へ入社。来年で在職30年となるベテラン社員で、現在は大型車による引き取り業務のほか、クレーンやギロチンのオペレーターとして活躍している。
 今回の表彰を受け池田氏は「このような栄誉を受け大変光栄。私だけでなく後輩社員を含めた仲間たちのモチベーションの向上に結び付けば嬉しい。今後も取引先各社や地域の発展につながるよう業務に邁進したい」と話している。

6月1日
銅・亜鉛・鉛、6月のスタート建値
 6月のスタート建値は、 銅が前月末から10円上げの1`620円、 亜鉛が据え置きの268円、鉛が3円上げの240円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
3月平均 605.7 259.4 249.2
4月平均 584.0 259.5 243.6
5月平均 604.7 267.5 236.0
6月1日 620 268 240

6月1日
シマブンコーポレーション、見守りシステム「DecoBull(デコブルTM)」の提供開始
 シマブンコーポレーション(本社=兵庫県神戸市、木谷謙介社長)はかねてからアルプスアルパインと共業開発を進めてきた、作業者のバイタルデータを取得し、暑熱環境下や一人作業・夜間作業での災害発生・重症化のリスクを低減させる画期的見守りシステム「DecoBull(デコブルTM」のサービス提供を開始した。
 同システムは各種センサを組み込んだ本体を現場作業員の既存ヘルメットに装着して、額に接触させたセンサから脈拍や肌温度、O2レベル(血中酸素度相関指標)、AGV-Index(独自血圧相関指標)などのバイタルデータを取得し、個人毎の項目別閾値判定とAI判定の2種類で体調変化を判定する。また、気温や湿度から算出した推定WBGT(暑さ指数)も判定に加味する。さらに3軸加速度センサを用いて墜落・転倒に加え、体動が全くない状態も検知できる。作業員の体調不良や異常を検知すれば、本人・周辺作業者の額に接触させたセンサが振動する。管理監督者にはWeb画面でポップアップ通知し、スマホ・携帯・PCにメールを送信して気づきを与える。バイタルデータの「見える化」により客観的判断が可能となり、管理監督者の負担を軽減できる。また、自己発報ボタンも搭載しており、体調不良の自己申告や挟まれ等のシステム判定以外のアクシデントを即時伝達可能となっている。
 15年からアルプスアルパインと協業開発を重ねてきた同システムは、過酷な環境下で110万時間の実証試験を経て高い信頼性を誇る。またスマートフォンではなくゲートウェイ(中継機)を使用することにより、コストミニマムを実現。契約プランは正式契約とお試しプランの2種類を用意(詳細は右下に記載)。正式契約の場合、1人1日当たり270円弱(30日/月換算)の低コストでの導入が可能となっている。お試しプランはすでに高炉メーカー1社が採用している。
 昨今では各企業において労働災害を未然に防ぐ取り組みが重要視されるなか、シマブンコーポレーションではローコストかつ幅広い業界にも対応可能なこの見守りシステムの営業を強化し、拡販を目指していく考えだ。
■本システムに関する問い合わせ先
IoT事業推進部 見守りサービス推進室
電話079−423−5867

5月29日
ミリオン合金 新社屋が完成、29日より営業開始
 ステンレススクラップディーラーのミリオン合金(本社=栃木県佐野市関川町、藤井健一社長)は2月より着工していた新社屋が完成、事務所を移設して29日から営業を開始した。開設25周年の節目を迎える現本社で、コンピューターや台貫システムなどを新たに整備。業務の効率化を推進するとともに顧客の利便性を高め、事業基盤を強化している。
 新社屋は広さ約88uで、旧事務所に隣接するスペースに建設。同社は昨年、大型台風に伴い発生した洪水により、事務所が床上浸水の被害を受けた。近年はそうした自然災害の多発で対策の必要性が高まる中、現本社である北関東支店は今年8月に25周年を迎えることもあり、社屋の新設を計画した。
 リニューアルした受付は、持ち込みトラックの計量から伝票発行、現金の受け取りをスムーズにできる動線を意識した。来客の休憩スペースも広げるなど、事務処理の効率化と顧客満足度の両面を充実させた設計を施している。
 スクラップの流通量が減退する昨今、同社は独自の集荷体制で原料の安定供給を実践する。新社屋の完成により事業基盤はさらに強固になった。藤井社長は「従業員の士気を高めるための環境整備でもある」と語る。

5月29日
西川商会(鳥取市)、町にマスク1,000枚寄贈 コロナ対策支援に貢献
寺谷町長(左)にマスクを渡す
西川社長(右)
 自動車リサイクル及び自動車中古部品販売事業を手掛ける西川商会(本社=鳥取県鳥取市、西川正克社長)はこのほど、西川社長の出身地である八頭郡智頭町にマスク1,000枚を寄贈した。マスクは福祉施設などに配布する予定。
 寄贈について西川社長は「業務でマスクは大量に使うので、毎年補充している。確保していたマスクで出身地のコロナ対策支援に貢献できればと思い寄贈させて頂いた。少しでもお役に立てれば嬉しい」と話し、寺谷誠一郎町長は「とても有難い。必要なところに行き渡らせたい」と感謝の意を表した。

5月28日
田子金属、ミックスメタル選別プラントを導入
粒度選別で
4種サイズに分けて投入
 非鉄原料問屋の田子金属(本社=東京都墨田区向島、田子政夫社長)はこのほど、守谷営業所(茨城県守谷市)に選別プラント設備を導入し、ミックスメタルの選別事業を開始した。複合原料を素材ごとに分ける仕組みを整え、高品位の再生原料に仕上げて国内外に供給。時代の流れを捉えた高度リサイクルを推進している。
KSSコンビネーションソーター
 選別ラインの中心には、独シュタイナート社の選別機「KSS コンビネーションソーター」を据えた。国内で初導入となるX 線センサーとカメラを搭載した同機は、2段階で複合的に原料の素材を判別。X線が銅とアルミ、カメラが銅と真鍮を高い精度で選別する。
 前工程にはミックスメタルをサイズごとに分ける粒度選別機なども新設。プラント全体の投資額は約2億円で、選別機本体の購入には3R研究財団の補助金を活用した。
 当面は処理目標を月間200dに掲げる。田子智章取締役は「業界動向を見据え、銅原料だけでなく新たな需要を取り込む決心をした」と意気込む。今後も幅広くミックスメタルを集荷していく方針だ。

5月28日
大同特殊鋼、「中津川先進磁性材料開発センター」が開所
 大同特殊鋼は今月25日、磁石の研究開発と次世代モータの研究を行う「中津川先進磁性材料開発センター」(松本康志センター長)を開所し、運用を開始した。
 大同グループは長年にわたり磁石事業を手掛け、研究開発を技術開発研究所(名古屋市南区)が、製造販売を子会社のダイドー電子(岐阜県中津川市)が担ってきた。同社は高耐熱性と高磁力の重希土類不使用のネオジム磁石を開発し、世界で初めてハイブリッド車用駆動モータに採用されている。
 今回、ダイドー電子がある岐阜県中津川地区に同センターを設立し、磁石の研究・製造、モータ設計・評価を集約することで、次世代モータ技術とそれを支える高機能磁石に関する産学連携の研究開発を推進する。名古屋工業大学元学長の松井信行名誉教授を技術顧問に迎え、研究開発の指導や技術者の人材育成を行っていく。
 センター所在地は中津川市千旦林字坂本1417-26で総面積約24,000u。土地建物購入と研究開発設備など総投資額は約15億円。人員は24名(開所時)。

5月27日
カーセブン、6月3日と18日にウェブセミナーを開催
 中古車販売買取のフランチャイズチェーン「カーセブン」を運営するカーセブンディベロプメント(本社=東京都品川区、井上貴之社長)は、6月3日と18日に「カーセブンWEBセミナー」を開催する。
 「カーセブン」のフランチャイズは全国に約170店舗にまで広がっている。そこには仕組化された独自のフォロー体制があり、ここまでの展開を可能にした。今回は、その成功事例や売り上げ確保に欠かせない部分を公開する。また「コロナ禍における中古車市場の現状」など複数の講演も予定している。
 今回のウェブセミナーに関する問い合わせなどはカーセブン(03-5436-7735)まで。

5月27日
豊田通商、国内全事業所で使用電力の再エネ化100%を実現
 豊田通商はこのほど、国内すべての事業所で使用する電力の全量を実質的に再生可能エネルギー電力にした。再生可能エネルギー発電由来のJ-クレジットを活用し、2019年1月から11都道府県18か所の事業所の使用電力をCO2フリーにすることで実質100%の再エネ化を実現した。
 豊田通商は国際社会の動向を踏まえ、経営戦略に基づき注力していく社会課題を明確にするため、2018年3月にサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)を特定した。
 今回の取組みはその重要課題の一つである「グリーンエネルギーや革新的技術を活用し、自動車/工場・プラントCO2を削減することで、低炭素社会移行に貢献」する活動の一環である。
 同社では今後J-クレジットによる実質再エネ化の取組みに加え、同社とグループ会社の再生可能エネルギーを活用したCO2削減を推進し、低炭素社会への移行に貢献していく方針。 

5月26日
鉛建値、前回比3円上げの1`237円へ改定
 鉛建値が26日、3円上げの1`237円へ改定された。現在までの月間推定平均は236.0円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
2月平均 667.0 285.3 270.0
3月平均 605.7 259.4 249.2
4月平均 584.0 259.5 243.6
5月1日 234.0
7日 590.0  262.0  
12日 610.0  271.0 240.0
15 600.0  265.0  
18     234.0 
20 610.0  271.0  
25   268.0  
26日     237.0 

5月25日
亜鉛建値、前回比3円下げの1`268円へ改定
 亜鉛建値が25日、3円下げの1`268円へ改定された。現在までの月間推定平均は267.5円。

5月25日
愛知県「新型コロナウィルス感染症対策緊急小口つなぎ資金」
 愛知県では、新型コロナウィルス感染症の影響を受けた中小企業への資金繰り支援の拡充のため、新たに「新型コロナウィルス感染症対策緊急小口つなぎ資金」を創設する。
 融資対象となるのは、新型コロナウィルス感染症の影響を直接的または間接的に受け、直近1か月の売上高または売上高総利益額が前年同月または2年前同月の売上高等に比べて減少している中小企業者など。資金使途は運転資金で、融資限度額500万円。融資期間2年以内、利率年1.1%(愛知県が全額補助)。信用保証料は無料(愛知県が契約時の額を全額負担)。据置期間は1年以内。担保は原則無担保、保証人は法人代表者以外の連帯保証人は不要。融資枠は1,000億円。
 実施期間は5月18日から12月31日保証申込受付分まで。取扱金融機関(申込み先)は県内の県融資制度取扱金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、商工組合中央金庫の47金融機関)。
 問合せは愛知県中小企業金融課 融資・貸金業グループ(電話052-954-6333)まで。

5月22日
アースサポート、LOD機能搭載のトムラ選別機を導入
 廃棄物のリサイクル・中間処理を中心とした資源循環事業を手掛けるアースサポート(本社=島根県松江市、尾ア俊也社長)はこのほど、トムラソーティングの「LOD機能搭載オートソート」を導入した。最先端の判別能力を備えた選別機によって、リサイクル率の向上と省力化を実現している。
 同機には新技術のLOD(レーザー・オブジェクト・ディテクション)機能が追加搭載。近赤外線技術では特定できない黒色プラスチックやガラス、廃棄物などを立体的に検出することが可能となった。
 佐藤将吾業務管理課長は「良質なRPF製造には塩素系廃棄物を取り除くことが必須となる。黒色プラスチックは塩素系が多いため、除去の自動化は作業効率の向上やコスト削減に大きく貢献している」と話す。
 導入後は、手選別に必要な人員を8〜10名から2〜3名に削減でき、人材育成の幅も広がったという。
メタル・リサイクル・マンスリー5月号に詳細

5月22日
東京製鉄、2年連続でSクラス取得 省エネ法事業者クラス分け評価制度
 東京製鉄はこのほど、省エネ法事業者クラス分け評価制度(2019年度報告分:2018年度実績)で、Sクラス(努力目標達成:5年間平均原単位を年1%以上低減)を取得した。2年連続のSクラス評価となった。
 資源エネルギー庁は、平成28年度から工場等でエネルギーを使用する事業者に対し、さらなるエネルギーの使用の合理化を促すため、「事業者クラス分け評価制度」を開始。事業者クラス分け評価制度は、同法の定期報告を提出する全ての事業者(工場等)をS、A、B、Cの4段階へクラス分けし、Sクラスは省エネ優良事業者として、経済産業省ホームページ内で事業者名を公表している。
 同社は「今後も低炭素・循環型社会の実現に向け、『Tokyo Steel EcoVision 2050』を推進していく」としている。

5月21日
なごや環境大学、公開講座「それはごみ?それとも資源?」開催
 なごや環境大学では、8月26日から5回の公開講座「それはごみ?それとも資源?〜リサイクルの歴史から学ぼう〜」を開く。
 講座内容は△8月26日(水)10時〜12時「地球上にあふれるプラごみとリサイクル」、講師 竹谷裕之名古屋大学名誉教授、定員48名、受講料無料△9月2日(水)10時〜12時「日本人はもともとリサイクル人」、講師 ごみ減量ネットワーク北井弘代表、定員24名、受講料600円△9月16日(水)10時〜11時30分「古紙の森」を訪ねて〔会場 福田三商(南区)〕講師 福田三商社員、定員24名△9月23日(水)10時〜11時30分「家電製品の行方を訪ねて」〔会場 グリーンサイクル(港区)〕、講師 グリーンサイクル社員、定員24名△9月30日(水)10時〜12時「今日からあなたも3R名人!」、講師 中部リサイクル運動市民の会会員、定員24名。
 受講申し込み・お問い合わせは北生涯学習センター(電話052−981−3636)まで。

5月20日
銅建値、前回比10円上げの1`610円へ改定
亜鉛建値、前回比6円上げの1`271円へ改定
 銅建値が20日、10円上げの1`610円へ改定された。現在までの月間推定平均は604.7円。また、亜鉛建値が6円上げの1`271円へ改定された。現在までの月間推定平均は268.4円。

5月20日
太洋マシナリー製「フィンガースクリーン」、ダスト選別機の引き合い急増
ギロチンダスト選別ニーズの高まりが背景に
フィンガースクリーン
 ギロチンダスト処分費の高騰による自社での選別作業の高まりを背景に、各種リサイクル処理設備の製造・販売を手掛ける太洋マシナリー(本社=大阪市大正区、渡辺兼三社長)の高振幅振動ふるい機「フィンガースクリーン」が業界から注目を集め、見積り案件含め、納入実績も着実に増加している。
 同社は1997年に環境リサイクル機器分野に進出し、用途に合わせた各種選別機やRPF製造設備などを設計・開発している。その中でも、選別の核となる高振幅振動ふるい機「フィンガースクリーン」はダスト類や廃プラなどをふるい分けする『前処理』に欠かせない機械であり、これに磁選機やアルミ選別機、光学式選別機等を組み合わせることで選別精度が格段に向上する。ASR(シュレッダーダスト)再資源化施設の認定を受けた大手金属リサイクル企業や産業廃棄物処理業界で豊富な納入実績を持つ「フィンガースクリーン」の主な特長は@目詰まりがしにくいA投入材を充分にほぐす効果がある大きなストロークB異なるふるい目で多様な選別が可能C厚鋼板のフィンガーで頑丈かつ耐久性に優れるDメンテナンスが容易−といった利点が挙げられる。これ以外にも顧客視点に立ってモノづくりをすすめる同社は敷地面積の制約によって既成サイズ以下のコンパクト化や能力の重視といったユーザーの希望に沿ったオーダーメイドでの機器開発を行い、機械のみならず、こうした決め細やかな配慮も納入の決め手ともなっている。
 問い合わせは西部営業部(電話06-6394-1101)、東部営業部(電話03-5445-2771)まで

5月20日
カーセブンディベロプメント、コロナ対策活動資金を日本赤十字社へ寄付
 中古車販売買取のフランチャイズチェーン「カーセブン」を運営するカーセブンディベロプメント(本社=東京都品川区、井上貴之社長)はこのほど、新型コロナウイルスの感染症対応に際し、日本赤十字社へ活動資金として寄付を行った。寄付金額は1,000万円。
 同社は、寄付を通じ「新型コロナウイルス感染者の治療にあたっている医療従事者の皆様に感謝を申し上げる」とともに、かつてないほどの深刻な状況の中、日本の医療を応援するために1,000万円の寄付を行うことを決定。新型コロナウイルスの感染拡大防止をはじめ、全国で医療や災害救護など「いのちを救う」活動を行う日本赤十字社に寄付を行った。

5月18日
鉛建値、前回比6円下げの1`234円へ改定
 鉛建値が18日、6円下げの1`234円へ改定された。現在までの月間推定平均は235.3円。

5月18日
愛知製鋼、公式ウェブサイトに「ブランドサイト」開設
 愛知製鋼はこのほど、公式ウェブサイトのトップページに「ブランドサイト」を開設した。
 このサイトは、同社の企業としての個性や将来のありたい姿を広く社会に発信する目的で作成された。「BRAND SITE」のバナーをクリックすると、今年3月に制定したブランドスローガン「つくろう、未来を。つくろう、素材で。」がポップアップ。自動車産業の草創期、国産大衆車生産のためにハガネをゼロからつくる決意からスタートした同社。素材とはモノづくりの礎で、今後も人と社会のために「モノづくりのまんなかを、社会のまんなかを支えていく」ことを宣言している。
 自動車産業は100年に一度の大転換期を迎えており、同社では価値観・行動規範としてAichi Wayを策定。未来の可能性を広げる製品や技術を紹介しながらモノづくりの可能性を伝えている。
 同社ブランドサイトはhttps://www.aichi-steel.co.jp/brand/

5月15日
銅建値、前回比10円下げの1`600円へ改定
亜鉛建値、前回比6円下げの1`265円へ改定
 銅建値が15日、10円下げの1`600円へ改定された。現在までの月間推定平均は600.0円。また、亜鉛建値が6円下げの1`265円へ改定された。現在までの月間推定平均は265.5円。

5月15日
平林金属、本社ビル1階を大幅リニューアル
HIRAKIN FIELDとは
同社が運営している
ソフトボールチームなどの
スポーツのイメージから命名。
床には人口芝生を敷くなど、
個性的な内装。
 平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)は4月27日、本社HIRAKINビル1階をコミュニケーションスペース「HIRAKIN FIELD」に大幅リニューアルした。
 同スペースは2022年卒以降の新卒者は通年採用の対象になることから、学生といつでもコミュニケーションが取れる環境作りを心掛けた。カフェ風のテーブル、イスなどの他にリサイクル原料やヤード内のパネル写真、同社が運営しているソフトボール部のユニフォームやトロフィーなどの関連品を展示。さらには150インチのプロジェクタースクリーンも完備しており、会社説明ムービーの視聴もその場でできるので、初めて訪れた学生にも仕事の内容や社風が伝わり易いように工夫されている。
 また、今春立ち上げたスポーツ推進課と広報チームが連携して発信している公式YouTubeチャンネル「HIRAKIN SOFTBALL TV」のスタジオや、3月に設立した農業を主軸とする葉豆瑠農園(ばずるのうえん)株式会社のワークスペースとしても活用している。

5月15日
日本初のLNGバンカリング船が進水 今秋に中部地区で運用開始
進水したLNGバンカリング船
 川崎汽船、JERA、豊田通商、日本郵船の4社は、セントラルLNGシッピングとセントラルLNGマリンフューエルを通じて、中部地区のLNG(液化天然ガス)燃料供給事業を推進している。このほどセントラルLNGシッピングが発注し、香川県の川崎重工業坂出工場で建造中のLNGバンカリング船(船舶向けLNG燃料を供給するための船)が進水した。
 LNG燃料は重油に比べて硫黄酸化物や粒子状物質の排出が約100%、窒素酸化物は最大80%、二酸化炭素は約30%の削減が見込め、国際的に強化される船舶の排出ガス規制への対応で、重油に代わる有力な船舶燃料として位置づけられている。同船のLNG積載容量は3,500m3。総トン数4,100d、全長81.7m、全幅18.0m。
 今後、エンジンをはじめとした各種機器を搭載する工程を経て、今年9月末に国内で初めて稼働するLNGバンカリング船として竣工する予定である。営業開始後はJERAの川越火力発電所を拠点として、Ship to Ship方式による船舶向けLNG燃料供給を行っていくとのこと。

5月14日
なごや環境大学、びん・缶・ペットボトルのリサイクル工場見学会
 なごや環境大学では、7月31日に共育講座「びん・缶・ペットボトルのリサイクル」を開く。
 なごや環境大学は市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が協働でつくる環境活動のネットワークで、今年も多くの共育講座が催される。今回の講座は愛知県再生資源団体連合会の企画運営で、資源回収されたびん・缶・ペットボトルを選別する現場の見学と、DVD鑑賞、クイズなどを通してリサイクルや環境問題について学習する。
 受講対象は小学生から一般まで。会場は石川マテリアル緑リサイクルセンター(名古屋市緑区鳴海町字杜若20)。開催時間は13時30分から14時30分まで。定員30名(小学生は保護者同伴のこと。定員になり次第、募集締め切り)、受講料無料。
 受講申込み・問合せは愛知県再生資源団体連合会(電話052-533-2371、URL http://aishiren.org/)まで。

5月13日
広島工業(名古屋)が作業の効率化図りコマツ製重機導入
 広島工業(本社=名古屋市港区、坂野登社長)はこのほど、本社工場にコマツ製マグネット付きユンボを導入した。
 同社は、鋳造向け原料の加工・販売を行っている。2015年には名古屋市港区の再開発及び大商業施設の建設に伴い、再開発に協力する形で移転し新工場でスタートを切った。従来は天井クレーンのみで荷捌きを行ってきたが、不慮の故障時などに作業を中断せざるを得ず重機の必要性を感じていた。
 坂野社長は、「鋳造原料は製鋼向けに比べ規模は大きくないが、緻密な管理を必要とする。鋳物でしか作れない物も多く今後も鋳物がこの世から消えることはない。新断などの材質の変化もあり鋳造向けに利用できない物も増えてきているが、品質管理を徹底して商いを継続させていきたい」と話している。

5月13日
愛知製鋼、自動運転支援技術「磁気マーカシステム」のブランドロゴを制定
 愛知製鋼はこのほど、超高感度磁気センサ「MIセンサ」を用いた自動運転支援技術「磁気マーカシステム」のブランドロゴを新たに制定した。
 新しいロゴは、同システムの英訳「MPS(Magnetic Positioning System」に、「Global」とMIセンサの海外名称であるGMIセンサの「G」を頭文字に配置し、「GMPS」とした。
 「磁気マーカシステム」は車両底部に取り付けたMIセンサモジュールが、走路に沿って敷設した磁気マーカの微弱な磁力を検知して自車位置を高精度に推定する、愛知製鋼が独自開発した自動運転支援システム。2017年から全国で実施している自動運転実証実験で、MIセンサを用いた「磁気マーカシステム」を提供し、実用化を目指して開発に取り組んでいる。
 同社では今後も「磁気マーカシステム」実用化に向けた取組みを進め、安全・安心な次世代モビリティ社会に貢献していく方針。

5月12日
銅、亜鉛、鉛の建値が上昇
 銅、亜鉛、鉛の建値が12日に改定された。改定内容は以下の通り(カッコ内は月間推定平均)。
銅建値 20円上げ、1`あたり610円(606.4円)
亜鉛建値 9円上げ、1`あたり271円(269.4円)
鉛建値  6円上げ、1`あたり240円(238.7円)

5月12日
新興刃物、ホームページを刷新 〜「切るを創る」をわかりやすく紹介〜
 工業用機械刃物メーカーの新興刃物(本社=大阪市西淀川区、中薗春美社長)は、このほどホームページを大幅にリニューアルした(写真)。デザインを一新し、主力製品である工業用刃物の製造風景や各種製品、製造工程、そして同社製の刃物が自動車や家電等の加工用機械やスクラップ破砕機など様々な業種での使用をイラストや写真を使用してわかりやすく紹介。またスマートフォンにも対応し、一般の方にも見やすく身近に感じられるようなサイトに改良されている。
〔URL https://shkjp.com/
 同社は1954年(昭和29年)の創業当初から工業用機械刃物の専門メーカーとして展開。リサイクル関連では、金属スクラップはもちろんゴミ処理破砕にも適した環境用刃物を製造。摩耗度が少なく、強度にも優れているなどの特長があり、刃替えのサイクルも長く、顧客のトータルコスト削減にも貢献している。
 また同社の金属せん断刃物は、高炉や電炉、非鉄金属、鋼板加工機械の各メーカーならびにコイルセンター、シャーリング加工等で幅広く使用されている。オリジナル鋼を多種取り揃え、様々なせん断ものに対応し、抜群の切れ味と耐摩耗性で高いシェアを誇る。
 さらに刃物以外にも、工作機械、産業機械に向けた高精度な精密機械部品の製造も手掛けており、国内だけでなく海外にも広く展開している。

5月12日
愛知製鋼、岐阜工場で電動車部品の第2ラインが竣工
 愛知製鋼はこのほど、岐阜工場(岐阜県各務原市)に電動車のインバーター用放熱部品「パワーカード用リードフレーム」の第2ラインを建設し、前月30日に竣工式を行った。
 HVやEVなどの電動車はモータの電力制御を行うパワーカードが搭載されている。その主要部品である「リードフレーム」は異形断面形状の銅板を高精度にプレス加工し、厚さ数ミクロンのニッケルめっきや部分的に金めっきを施した複雑形状の接点・放熱部品。
 今回の第2ラインは4S(シンプル、スリム、ショート、ストレート)にこだわり、生産性を2割向上させた一貫自動ライン。更なる需要の増加を見据え、形状の多様化や量の変化に柔軟に対応しながら、多品種の製品を高品質かつタイムリーに生産できるライン設計とした。
 これにより岐阜工場の生産能力は2018年に設置した生産ラインと合わせて2倍の月産360万個(車輌12万台分)となり、知多工場を含めた同社のリードフレーム生産能力は2017年比の約3倍となる。
 設備投資額は約15億円。

5月8日
STエンジニアリング 感染防止パーテーションを展開
カスタマイズ加工にも対応
↑窓加工設置
↓H型(立席対面を想定)
 鈴木商会(本社=北海道札幌市中央区、駒谷僚社長)のグループ会社、STエンジニアリング(本社=札幌市白石区、駒谷僚社長)は、新型コロナウイルス対策商品として飛沫防止用のプラスチック製パーテーションを販売している。規格品の「スタンド脚付型」と「H型」に加えて、このほどカスタマイズ製品の販売を開始。高さや幅を自由に決められるほか、穴あけ、窓開けなど、用途に合わせた加工が可能になっている。不要となった際は回収サービス(別途見積もり)も行う。
 透明なアクリルパーテーションは、対面でのコミュニケーションを妨げずに飛沫を防止する効果がある。規格品はS、M、Lの3サイズを展開。『スタンド脚付型パーテーション』は会議室など着席型で対面するテーブル上の設置を想定。『H型パーテーション』は受付や案内コーナーなど立席型の卓上の設置を想定したモデルとなっている。
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、オフィスや店舗等においては感染防止の様々な対策が進んでいる。こうした中でSTエンジニアリングにも4月に1,000件以上の問い合わせがあったという。設置場所などパーテーションの使用スタイルが多様化しているため、カスタマイズ対応を強化した。
 製品に関する問い合わせは、STエンジニアリング(電話011-846-5577、https://www.st-engineering.co.jp/)まで。商品紹介動画はYouTube(https://www.youtube.com/watch?v=fVI2KKletoI)で公開している。

5月8日
住友建機 衝突軽減システム搭載「FVM2+(プラス)」の販売を開始
旋回時の制動イメージ
 住友建機(本社=東京都品川区、数見保暢社長)はこのほど、衝突軽減システムを新搭載したお知らせ機能付周囲監視装置「FVM2+(フィールドビューモニター2プラス)」を20tクラス標準機SH200-7のオプションとして販売を開始した。
 同機は3Dセンサーを活用した反射物検知方式により、旋回・後進・走行中に危険エリア内の安全ベストを着用した人を検知すると、機械が自動的に減速・停止する機能。埃や雨などによる誤検知を低減し、盛土などにも作動しない高精度な警報を実現しており、安全性と作業効率を両立している。
 住友建機は2011年に3台の車載カメラ画像を合成したワイドな後方視界を俯瞰画像で表示する「FVM」、2017年には画像解析により機械周辺の人の形を認識してモニター画面への表示とお知らせアラームでオペレーターに注意を促す「FVM2」を市場に投入。オペレーターの安全確認サポートの分野にいち早く取り組んでいる。
 今回の「FVM2+」は、機械周囲の「人」の安全に着目し開発しており、同社は油圧ショベルの接触事故リスクのさらなる低減を推進していく方針だ。
 同機についての問い合わせは、住友建機販売・営業企画部(電話03-6737-2614)

5月7日
銅・亜鉛・鉛、5月のスタート建値
 5月のスタート建値は、 銅が前月末から据え置きの1`590円、 亜鉛が3円上げの262円、鉛が6円下げの234円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
2月平均 667.0 285.3 270.0
3月平均 605.7 259.4 249.2
4月平均 584.0 259.5 243.6
5月1日 234.0
7日 590.0 262.0  

5月7日
アビヅ トムラ選別機でリサイクル最適化
自動選別機2台を備えた
選別ライン
 廃自動車リサイクルを主体に、金属やプラスチックなど幅広いリサイクル事業を手掛けるアビヅ(本社=愛知県名古屋市港区、瀬田大社長)はこのほど、選別プラント内にトムラソーティングの自動選別機を2台導入した。従来は水や重液による湿式設備で行っていた非鉄選別を、最新鋭の技術を搭載した自動選別機で素材別に処理する体制に切り替えている。
 プラントを統括する小渕光一・製造部次長は「海外への輸出に頼っていたミックスメタルが国内向けの再生材として供給できるようになった」と導入の成果を語る。付加価値を高めた原料を素材ごとに国内循環させる仕組みが整ったという。
 11万uを超える国内有数のリサイクル工場は、時代の流れを先取りしながら最適化の歩みを進めていく。
【メタル・リサイクル・マンスリー5月号に詳細】

5月7日
シマブンコーポレーション、飛沫拡散防止板を自社制作
自治体に寄贈し地域貢献
ウイルスシールド
 シマブンコーポレーション(本社=兵庫県神戸市、木谷謙介社長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大を受け、飛沫感染を防ぐための飛沫拡散防止板(ウイルスシールド)を独自に制作し、社内で利用している。また、兵庫県庁及び神戸市市役所へ各100台を寄贈した。
 ウイルスシールドは対面の打ち合わせなどの際、飛沫防止に効果的で、さらに下部分に10mm程の隙間を設定しているので書類のやり取りがスムーズに行えるなど利便性が高い仕様となっている。サイズは横長タイプが幅910mm、高さ620mm、奥行400mm、重量2.7kg(写真左側)、縦長タイプが幅600mm、高さ900mm、奥行400mm、重量3.0kg(写真右側)の2種類。材質はアクリル板かPET板と木材。外販も予定しており、商品に関する問い合わせなどは078-871-5181か総務部まで。

4月30日
ナニワプロジェックスが関東に営業所開設
サービス向上・新規開拓注力
 放射線検知機メーカーのナニワプロジェックス(本社=大阪府泉大津市、河井雄輔社長)はこのほど、埼玉県入間市に東京営業所を開設した。今後は東日本エリアの顧客対応の迅速化や新規開拓に注力していく考えだ。
 同社は放射線検知機を製造・販売する専門企業。ゲート型の導入は東京製鉄などの製鋼メーカーや金属スクラップリサイクル業者を中心に全国で160台以上の実績を持つ。自社で設置施工(別途費用)や他社製の既存機種の流用更新を請け負うなど、専門の強みを活かした事業も展開しており、ユーザーへの配慮は万全だ。検知機以外では非鉄スクラップの成分検査に使用される金属成分分析計で、オリンパス製ハンドヘルド型蛍光X線分析計の販売を行っている。
■東京営業所
 住所:埼玉県入間市狭山台4-1-1
 電話:080(1458)9574(担当者:葛西)
 問い合わせは大阪本社0725(20)2801まで(担当者:葛西・池本)。

4月28日
平林金属ソフトボール部、YouTubeチャンネル開設
 総合リサイクルディーラーの平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)のソフトボール部はこのほど、公式YouTubeチャンネル「HIRAKIN SOFTBALL TV」を開設した。
チャンネル内では投手が投げる直球や変化球の紹介、総合スポーツメーカーのミズノとミズノブランドアンバサダー契約を結んだ男子ソフトボール部の松田光選手がライズボールについて解説している。
今後はバッティング、守備、走塁技術などの紹介や解説、ソフトボールの試合映像も随時更新する予定。国内や字幕を付けて海外にも情報を配信していく方針だ。
開設について同社は「ソフトボールの普及と発展のため、チームの独自技術などの情報を包み隠さず公開している。ソフトボールはまだまだマイナーなので、楽しさや面白さを感じて欲しい。また現在、新型コロナウイルス感染拡大により、全国のソフトボール選手は自粛を強いられているので、少しでも練習の参考になれば幸いだ。これからも情報発信に努めていき、全てのソフトボール選手にとっての教科書になるようなチャンネルにしたい」と話す。
同社の男子ソフトボール部は昨年のソフトリーグで2年連続5度目の優勝を飾り、5タイトルのうち3タイトルを獲得して3冠達成するなど、トップクラスの実力を誇る。昨年の世界大会では男子ソフトボール部から4名、監督がコーチとして参加。日本代表チームを準優勝に導き、19年ぶりの銀メダル獲得に貢献した。

4月28日
異業種交流展示会「メッセナゴヤ2020」の出展企業募集
 メッセナゴヤ実行委員会では、今年11月4〜7日にポートメッセなごやで開催する「メッセナゴヤ2020」の出展企業を募集している。
 メッセナゴヤは業種・業界の枠を超え、活発なビジネス交流を創出する日本最大級の異業種交流展示会。昨年は1,442社・団体が出展し、6万2千人を超える来場者で賑わった。今年は「繋がりが創る、新たなビジネス 商機創造」をテーマに、「機能・性能の高度化」「コスト低減・小型軽量化・効率化」「環境配慮・エネルギー」「信頼性・安全性」「最新技術・独自技術」「経営支援・働き方改革」「デザイン性」「地域資源活用、産学・企業連携」などの分野で出展者を募集する。
 出店料は基礎小間(3×3×2.7b)155,000円+税、土間小間(3.0×3.0b)139,000円+税、野外事業小間(3.6×2.7b)51,000円+税など。出展申込み締切日は募集予定小間数に達し次第、受付終了する。
 詳細はメッセナゴヤ公式ホームページ(http://www.messenagoya.jp/)まで。

4月24日
林氏が最新リポート「ベトナム・ビレットSGは23年まで延長」発表
 国内外の鉄リサイクルに関する調査研究を行っている鉄リサイクリング・リサーチ(本社=茨城県北相馬郡、林誠一社長)は22日、「ベトナム・ビレットSGは23年まで延長」と題した最新リポートを発表した(SG=セーフガード)。
 最初に、日本の輸出市場においてベトナムが韓国に次ぐ2位の位置につけていることを貿易統計のデータなどから分析。次に、ベトナム自体の輸入量全体について考察。2019年の輸入量は約567万dで、ほぼ前年並みだった。うち日本からの輸入は約220万dだった。
 次に、主要テーマのビレット輸入とセーフガード(SG)について考察。中国の安価なビレット輸出に端を発したベトナムのセーフガードは当初、2020年3月22日以降は0%となる予定だったが、ベトナム商工省はこれを3年間延伸し、2023年3月22日以降を0%とすると発表したことなどについて述べている。
 同氏のリポートはこれで通算56件目。なお、このリポートは同社のホームページにも掲載されている。

4月24日
三木資源(徳島)、ウェブサイト刷新 コミュニケーションに活用
 三木資源(本社=徳島県徳島市、三木康弘社長)は4月11日、自社のウェブサイトを刷新した。
 新しいウェブサイトはトップ画面で同社のロゴマークとキャッチフレーズ、作業場、ヤード内などの映像を流し、下にスクロールすれば会社紹介の動画も見ることができ、誰が見てもイメージできるように工夫している。
 また今回から会社概要の基本情報に加えて、新たに作成したカテゴリーの企業情報内では決算報告書、資格、許認可などを詳細に掲載している。三木社長は「時代に沿ってホームページを更新した。業界が日本と世界の構造変化や事業継承の課題が顕在化している中、私たち業界人がそれぞれの生き方をコミュニケーションしていく媒体として活用したい」と話す。
 同社は1927年に三木商店を創業、1952年に法人化。金属スクラップ全般、使用済み自動車のリサイクルのほか、産業廃棄物処理業を展開する総合リサイクルディーラー。
ホームページアドレス:http://www.sansi.co.jp/

4月23日
銅建値、前回比10円下げの1`590円へ改定
亜鉛建値、前回比3円下げの1`259円へ改定
 銅建値が23日、10円下げの1`590円へ改定された。現在までの月間推定平均は584.0円。また、亜鉛建値が3円下げの1`259円へ改定された。現在までの月間推定平均は259.5円。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
1月平均 706.3 312.4 271.9
2月平均 667.0 285.3 270.0
3月平均 605.7 259.4 249.2
4月1日 570.0 262.0 249.0
6日   256.0  
7日     243.0
8日 580.0    
10日 259.0  
15日 590.0    
17日 262.0  
20日 600.0    
23日 590.0 259.0  

4月23日
K・Mウイング コンテナの迅速な納入のため対応を強化
ダンプセミトレーラ
 スクラップ積載用トラックコンテナの製造販売を手掛けるK・Mウイング(本社=栃木県佐野市、亀山賢次社長)は、顧客への迅速な納入のための対応を強化している。
 同社のコンテナの納入先は近年、スクラップ業が50%、運送業が30%、林業が10%、その他が10%でスクラップ業の比率が非常に高い。
 亀山社長は「日頃から早めの納入を心掛けているが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により部品等の供給に支障が出ている例が他の製造業で目立ってきている。スクラップ業でコンテナは毎日使う重要なもの。『部品が入荷しないため納入できない』では大きな影響が出る。リピーターや口コミによる注文が多いこともあり、迷惑を掛けないように部品調達に力を入れ、迅速に納入するための対応に取り組んでいる」と話す。
 スクラップ積載用コンテナは碁盤目状の補強材で積載物の重量や衝撃への耐性を持たせたものが主流だが、同社が商標を登録している「フラトン」はスウェーデン鋼を使い、独自技術で補強材を減らし、空気抵抗が少なく頑丈で軽く燃費を削減できるという特長を持つ。
 同社のコンテナ「フラトン」などに関する問合せは同社(電話0283-67-1616)まで。

4月23日
かこ川商店(福山)、社会貢献活動に注力
簡単にできる
ハンカチマスク
 かこ川商店(本社=広島県福山市、水主川嘉範社長)は、金属スクラップ、古紙などのリサイクル事業で環境保全に取り組んでおり、また一方では社会貢献活動に積極的で地域住民から厚い信頼を寄せているリサイクル事業者になる。
 その活動は廃材を通してモノ作りが体験できることからファミリー層に人気の一般参加型イベント企画わくわくワークショップを開催、地元の学校ではリサイクルについての講演を実施し、昨年には台風被害のあった被災地で災害支援活動に参加するなど幅広い。また国内だけに留まらず、リトアニア共和国やスウェーデンに赴いて、わくわくワークショップを催し、国際交流やリサイクルの周知にも努めている。
 最近では、新型コロナウィルス感染拡大によるマスク不足を受けて、自社のウェブサイトで飛沫拡散防止の効果が期待できるとして、比較的入手しやすいハンカチでマスクを作成する動画を掲載。動画では水主川社長が実践しており、約45秒で子供から大人まで誰でも簡単に作成できる。
ウェブサイトのアドレスはhttps://kakogaward.jp/

4月23日
豊田通商グループ、インドネシアでPCR検査を開始
 豊田通商が出資する「イノラボ・サインス・インターナショナル(所在地=インドネア ジャカルタ市、以下ISI)」はこのほど、インドネシア保健省の公式要請を受け、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、同国でのPCR検査を開始した。
 ISIは豊田通商と保健科学研究所、東南アジア最大手の製薬会社カルベ・ファーマグループが共同出資する受託臨床検査事業会社。今回のPCR検査は、ISIが運営する臨床検査センター「カルゲン・イノラボ・クリニカルラボラトリー」で実施していく。

4月22日
扶和メタル所属、植手桃子プロがサンケイスポーツ大阪レディスオープン優勝
扶和メタルと
所属契約を結ぶ
植手桃子プロ
 扶和メタル(本社=大阪市、勝山正明社長)と所属契約を結ぶ女子ゴルフ選手の植手桃子プロが先月14日に開催されたサンケイスポーツ大阪レディスオープン(アートレイクGC)で優勝を果たした。
 扶和メタルは社会貢献活動の一環として、プロスポーツ振興事業にも力を入れ、女子ゴルフ界の発展に向けてこれまで数々の女子プロゴルファーの支援を行ってきた。植手選手は1997年9月10日生まれ。兵庫県出身。小学2年生からゴルフを始め、高校時代は兵庫県高等学校ゴルフ選手権で優勝した実績を持つ。今回の優勝について、「所属先の扶和メタル様をはじめ、スポンサーの方々の力強い応援、ご支援に心より感謝申し上げます。プロになって活躍することが、私にできる恩返しだと思い、この優勝を弾みに、ステップアップできるよう、今後より一層精進していきます」と語った。

4月22日
豊田通商、イラク電力省向け変電所建設工事を受注
 豊田通商はこのほど、エジプトのエンジニアリング会社であるエルスウェディ社と共同で、イラク電力省から固定式変電所1か所の建設工事を受注した。
 イラクでは一日6時間以上の停電が発生するなど電力供給が常態化している。電力供給の安定化のため、発電所の新設や改修が進められているが、発電量の増加に伴い、変電施設の増設も急務になっている。今回の事業では、首都バクダッドの南120kmに位置するバービル県ニューバービルに400/132kV固定式変電所を建設。豊田通商は変電所の主要機器であるガス絶縁開閉装置、変圧器を東芝エネルギーシステムズから調達。エルスウェディ社は設計、補機の調達、建設工事を担うことになる。
 この変電所稼働により人口約190万人を擁するバービル県一帯の電力供給の安定化に貢献する。
 完工時期は2022年3月の予定。
 豊田通商は1970年代に日本企業として初めてイラク電力省からガスタービン発電所建設契約を受注。以降、変電所の建設や港湾荷役設備などの事業を展開し、イラクにおけるビジネス基盤を構築している。

4月21日
共栄・神戸工場 富士車輌製プレス機が本格稼働
〜発生元や需要家ニーズに対応〜
4月から本格稼働を開始した
富士車輌製
スクラップベーラー
 共栄梶i本社=兵庫県神戸市中央区、久宝利幸社長)の神戸工場(兵庫県神戸市長田区、加藤忠則・取締役工場長)は3月末に産業廃棄物中間処理業の圧縮許可を追加取得したのに合わせて、富士車輌製プレス機が4月から本格稼働を開始している。旧葺合工場(神戸市中央区)で手掛けてきたプレス処理の機能を補完することで、シャー、プレスを併用した工場として競争力の強化を図っていく。
 15年9月に葺合工場を兵庫営業所に統合すると同時に、現名称に改めた神戸工場は事務所リニューアル、省電力化・省エネルギー化によるランニングコストの低減に向けた既設加工処理機のダウンサイジング化、工場外壁の外装、騒音・粉塵対策や油水分離槽の改修といった周辺環境の負荷軽減にも積極的に乗り出し、ヤード内の照明についても全てLEDへ切り替えるなど、時代ニーズに合致した都市型ヤードとして新たなスタートを切った。
 一方、葺合工場で従来から手掛けてきたプレス加工については、統合を機に、神戸工場の敷地面積の制約などを踏まえ、設備導入を見合わせていた。しかし、運搬効率や需要家の求める品質ニーズへの対応を理由に、約2年前にプレス導入を決断。本社と神戸工場のスタッフが連携を取り合いながら、3月30日に産業廃棄物中間処分業の圧縮許可を取得し、2月末に設置工事を終えていたプレス機の稼働体制が整った。

4月20日
銅建値、前回比10円上げの1`600円へ改定
 銅建値が20日、10円上げの1`600円へ改定された。
現在までの月間推定平均は586.0円。

4月20日
桜井 大阪支店を開設 シュレッダープラントを新規稼働へ
新設された
シュレッダープラント
(モリタ環境テック製)
 日本有数の解体処理台数及び国内部品販売額を誇る桜井(本社=兵庫県尼崎市西向島町、桜井日出男会長)は大阪支店(大阪市大正区南恩加島)を開設。3月27日に中間処理(破砕業)認可を取得し、営業を開始している。
 大阪支店は敷地面積が約2,500坪。モリタ環境テック製シュレッダー750馬力、富士車輌製プレシュレッダー300馬力、定置式ローダや天井クレーンのほか自動車処理に関する一連の処理設備を保持。同支店は工業区分で24時間操業が可能で港湾にも隣接し、1000d級内航船での配送対応も可能となっている。
 シュレッダープラントを開設した意図は、「一元処理に対する昔からの夢もあるが、自動車プレスの受け入れ制限など、環境がひっ迫したという理由が一番大きい。排出制限時にはヤード稼働が不可になり入荷制限をせざるを得ず、お客様にご迷惑がかかる」(桜井会長談)という。同社は同業他社からの廃車取得に関しては、「自社の処理に注力するため断っている」(同)とし、本社工場との2拠点体制を整えていき、「月間5000台へと扱い量拡張を目指す」(同)という。

4月20日
「命をつなぐPROJECT」が緑化推進運動功労者内閣総理大臣賞
 愛知製鋼、大同特殊鋼などが参加する「命をつなぐPROJECT」が15日、「令和2年度緑化推進運動功労者内閣総理大臣賞」を受賞した。
 「緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」は、緑化推進運動の実施に顕著な功績のあった個人または団体に対し、関係各省庁からの推薦に基づき、内閣総理大臣が表彰を行うもの。
 「命をつなぐPROJECT」は学生と企業、民間団体が協働し、愛知県の知多半島臨海部等に点在する企業緑地を様々な方法で繋ぐことによって、生物多様性の向上と生態系ネットワークの形成を目指すプロジェクト。2011年から学生実行委員会を中心に、知多半島臨海部に立地する企業緑地を再生することに取り組んでいる。今回の受賞は、連携企業12社の企業緑地を地域本来の自然に再生するため、企業とともにビオトープや生きものの住処を整備するなどの緑地管理に取り組み、地域の生物多様性の向上や生態系ネットワークの形成に貢献していること、また活動を通じて地域の魅力発掘やフリーペーパーなどによる積極的な情報発信などが高く評価されたもの。

4月17日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`262円へ改定
 亜鉛建値が17日、3円上げの1`262円へ改定された。現在までの月間推定平均は260.1円。

4月17日
グローバルメタルシンコウ(京都)、非鉄選別ラインをリニューアル
〜高品質な原料を生み出す加工・選別システムを再構築〜
自社独自で手掛けた
新しい非鉄選別ライン
 グローバルメタルシンコウ(本社=京都市南区、中村年男社長)は、非鉄の選別ラインをリニューアルし、3月中旬より本格稼働を開始している。同社は黒モーター・工業用モーター、モーターコア、トランスなど、廃家電や設備機械等から出る大小あらゆるサイズのモーターの破砕・選別に特化した事業を展開。非鉄選別機の刷新で、高精度・高純度な原料を生み出す加工・選別システムを再構築した。
 今回のリニューアルはシュレッダーで破砕後に鉄を取り除いた(上工程)後の非鉄選別ライン(下工程)。上工程で取り切れなかった鉄を磁選機で除去。続いて銅・真鍮・アルミ等を選別後、高磁力ドラムでステンレスを選別し、最終製品である銅を抽出。高品質な原料に仕上げ、需要家からの品質重視の要望にも十分に応える体制を整えた。
 また機械のレイアウト・設置は全て同社独自で手掛け、破砕後に運ぶベルトコンベアもオリジナル仕様に仕上げた。さらに新しく集塵機も増設し、従業員の労働環境にも配慮。従来5〜6人が必要だった作業工程を、導入後は2〜3人で対応可能となり、余剰人員を他の作業に配置できるなど、人件費削減と作業工程の効率化、さらに作業環境改善による付加価値向上へのシナジー効果が見込まれる。
 中国の廃棄物輸入規制後、モーター・雑品類などの複合系解体物において国内処理のニーズが非常に高まっており、業界内外から同社に対する期待も大きい。今回の導入に際し、中村匡宏専務は「従前機より品位は確実にアップしており、需要家からの厳しい品質要求にも応えることができるようになった。さらに従業員の負担も軽減でき、作業効率も大幅に向上した。今後も設備投資や職場環境改善の計画があり、一つずつ着実に取り組みながら、引き続きお客様のお困りごとやニーズ、要望に対してスピーディーな対応を心掛け、選別加工業者としてさらに当社の強みを伸ばしていきたい」と語った。
 同社は昭和17(1942)年創業。早くからモーター類に特化したリサイクル事業に取り組み、その過程で培ったシュレッダーのノウハウで事業を拡大。また今後増加が見込まれる電気自動車のモーターに対する取り組みも視野に入れ、既に実証実験も終えており、受入れ体制も万全となっている。

4月16日
住友建機 新型油圧ショベル「LEGEST」SH75X‐7の発売を開始
「LEGEST」SH75X-7
 住友建機(本社=東京都品川区、数見保暢社長)はこのほど、特定特殊自動車排出ガス規制(以下オフロード法)2014年基準に適合した7.5dクラス後方超小旋回油圧ショベル「LEGEST」SH75X-7、同超小旋回油圧ショベル「LEGEST」SH75XU-7の発売を発売した。
 SH75X-7およびSH75XU-7は、特定特殊自動車排出ガス規制(通称:オフロード法)2014年基準に適合し、新エンジンシステム「SPACE5α」(スペースファイブアルファ)と独自の油圧システム「SIH:Sα」(シーズアルファ)の採用により、スピード作業と低燃費とを高次元で両立させることを実現。特に燃費については、同社現行機比7%の低減(*1)を達成。また、国土交通省が運営するデータベース「NETIS」(新技術情報提供システム)にも登録された、お知らせ機能付き周囲監視装置「FVM2(フィールドビューモニター)」を標準装備した。「FVM2」は、後方230度をモニターで確認できる従来の「FVM」に加え、機械周辺の人の形を認識し、人が居ると判断した場合に、モニター画面への表示と音でオペレーターに知らせる装置。さらに、見やすい液晶モニターやサスペンション付きハイバックシート、座面シートのチルト化など、充実の快適性能も実現した。(*1:当社試験場における同一モードでの燃費比較(SH75X-7 SPモード vs SH75X-6A SPモード)、作業条件により異なる。)
 問い合わせなどは住友建機販売・営業企画部(電話 03-6737-2614)まで。

4月16日
豊田通商、ミャンマーの水力発電所改修プロジェクトを受注
 豊田通商はこのほど、ミャンマー電力エネルギー省 電力発電公社から、セダウジ水力発電所の改修プロジェクトを受注した。受注額は約43億円で、日本政府が国際協力機構(JICA)を通じて行う有償資金協力によって資金供与される。
 ミャンマーは経済発展に伴い電力需要が増加しており、供給力確保が急務となっている。同国の電力の約6割は水力発電で賄われているが、設備の老朽化による出力低下が多く発生し、定常的に計画停電が行われている状況が続いている。
 今回改修するセダウジ水力発電所はミャンマー第2の都市マンダレーの北東約100kmに位置し、同都市の電力需要の約10〜15%を担っている。同発電所は年間発電量130GWhで1989年の運転開始後、一度も改修されないまま30年以上稼働しており、主要機器の劣化と損傷が目立っていた。
 このプロジェクトでは水車・発電機などの主要機器と水門の改修を実施し、2024年2月の完工を目指す。水車と制御装置は東芝エネルギーシステムズから、発電機は明電舎から調達。水門関連機器は日立造船に発注。この工事によって同発電所の出力が回復し、今後も安定的な電力供給が可能となる。

4月15日
銅建値、前回比10円上げの1`590円へ改定
本日15日、銅建値が10円上げの1`590円へ改定された。
現在までの月間推定平均は582.5円。

4月15日
日本鉄リサイクル工業会、コロナウイルス関連情報を随時発信
 日本鉄リサイクル工業会は、ホームページで新型コロナウイルスに関連する各種情報を随時発信している。 緊急事態宣言が4月8日から5月6日までの間、7都府県を対象に発令されるなど事態が深刻化する中、同工業会は金属リサイクル関連企業に有益な情報をピックアップし「お知らせ・トピックス」ページで掲載中だ。先週から今週にかけては「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を受けた在宅勤務等の推進について」「『経済産業省新型コロナウイルス関連サイト』および『支援策をまとめたパンフレット』について」などの情報を新しく掲載している。

4月15日
愛知県「新型コロナウィルス感染症対策緊急つなぎ資金」創設
 愛知県では、新型コロナウィルス感染症の影響を受ける中小企業への資金繰り支援として「新型コロナウィルス感染症対策緊急つなぎ資金」(経済環境適応資金融資制度)を創設する。
 融資対象となるのは、新型コロナウィルス感染症の影響を直接的または間接的に受け、直近1か月の売上高または売上高総利益額が前年同月比または2年前同月の売上高等に比べて減少している中小企業者。資金使途は運転資金で、融資限度額5000万円。融資期間3年、利率年1.2%。信用保証料は無料(愛知県が契約時の額を全額補助)。据置期間は原則1年。担保は原則無担保、保証人は法人代表者以外の連帯保証人は不要。融資枠は2000億円。
 実施期間は3月9日から8月31日まで。取扱金融機関(申込み先)は県内の県融資制度取扱金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、商工組合中央金庫の47金融機関)。
 問合せは愛知県中小企業金融課 融資・貸金業グループ(電話052-954-6333)まで。

4月14日
サヤミット(廿日市市)、ウェブサイト開設 スマホにも対応
 サヤミット(本社=廿日市市宮内1-3-7、八尾康秀社長)はこのほど、ウェブサイトを開設した。
 サイトのトップ画面ではドローンで撮影した本社を含む各ヤード内の動画が流れている。さらに金属スクラップの取り扱い品目を写真付きで詳細に掲載、初めての新規ユーザーにとっては安心だ。またスマホにも対応しているので利便性が高い。
 同社は廿日市市に本社を置き、大型油圧シャーを有する金属リサイクルヤードディーラー。他には金属リサイクル業だけでなく建造物の解体・撤去や産業廃棄物処理業も請け負っており、様々な事業を展開している。3月に旧社名の金山・商店から現社名に変更した。

4月14日
新型コロナウィルス感染症にかかる雇用調整助成金の案内
 厚生労働省では、新型コロナウィルス感染症により影響を受ける事業主を支援する為、4月1日から6月30日の緊急対応期間中、全国で全ての業種の事業主を対象に、雇用調整助成金の特例措置を実施する。
 雇用調整助成金は、経済上の理由で事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成するもの。対象となるのは、新型コロナウィルス感染症の影響を受ける事業主で、今年4月1日から6月30日までの休業等に適用される。@休業を実施した場合の休業手当または教育訓練を実施した場合の賃金相当額の助成率は(1)新型コロナウィルス感染症の影響を受ける事業主=中小企業5分の4、大企業3分の2(2)新型コロナウィルス感染症の影響を受ける事業主で、かつ解雇等をしていないなど上乗せ要件を満たす事業主=中小企業10分の9、大企業4分の3。A教育訓練を実施したときの加算額で、教育訓練が必要な被保険者に、教育訓練(自宅でインターネット等を用いた教育訓練を含む)を実施=中小企業2,400円、大企業1,800円。
 詳細は厚生労働省ウェブページ(https://www.mhlw.go.jp)で。

4月13日
モリタ環境テック 破砕設備用の爆発抑制装置「ハイパーガード」1号機を納入
ハイパーガード
 スクラップ加工処理機メーカーのモリタ環境テック(本社=千葉県船橋市、中野中経社長)はこのほど、シュレッダープラントの爆発抑制装置として開発した「ハイパーガード」の1号機をフジメタルリサイクル(本社=東京都大田区)に納入したと発表した。
 このハイパーガードは、シュレッダー内に紛れ込んだ可燃性ガスや油、塗料などの爆発原因となる微小な圧力を瞬時に検知する機構と、モリタ環境テック独自の高速開放機構を備え、シュレッダー本体や集塵機の爆発による被害を低減することができる。
 また、これまでの爆発抑制装置は使用後に専門工場で消火剤を詰め替える必要があったが、同装置は設置現場で消火剤を詰め替えることができ、容器弁を繰り返し使用することも可能だ。このためシュレッダープラントの操業停止期間を大幅に短縮できる。
 同装置は他社製のシュレッダーにも取り付けることができるため、シュレッダーを保有する事業者にとって安全性の向上を実現する有効な装置となる。

4月10日
亜鉛建値、前回比3円上げの1`259円へ改定
 亜鉛建値が10日、3円上げの1`259円へ改定された。現在までの月間推定平均は258.9円。

4月10日
富士車輌 持続可能な開発目標(SDGs)を発表
 タケエイグループで環境機器・プラント関連事業等を手掛ける富士車輌(本社=滋賀県守山市、鳥居周社長)は、持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた同社の取り組みを4月1日、ホームページで発表した。
 SDGsとは2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。同社の経営ビジョンとリンクした『社会やお客様と共に成長し、リサイクル分野と高圧容器でSDGsに貢献する』と『社員一人ひとりが切磋琢磨し、自己実現できる職場作りを目指す』をテーマに掲げ、17のゴール・169のターゲットから構成された目標から9つのゴールをセレクトし、目標達成を目指す方針だ。
 同社の取り組みとしては、得意とする高圧容器製造技術によりLPG等のエネルギーを安全で効率的に輸送する車輌を生産し、今後さらに進むエネルギーの分散・ガス活用の多様化に対するためにケミカル容器製造を積極的に推進することやリサイクル処理設備を提供し、資源循環型社会の実現とクリーンで住みやすい美しくて豊かな街づくりに貢献することなどがある。また社内の対応では、社員研修や社員教育を通じた従業員の人材育成や働きやすい職場づくりに努め、性別に関係なく皆が活躍できる職場を提供するなど様々な取組を進めている。
 この取り組みに対して鳥居社長は「働き方改革に準拠した人事制度の導入を機に、社会の課題を認知することで企業自身の経営リスク低減につながるとともに社会貢献を果たすことができると考え、(SDGsの取り組みを)推進した。また当社のこれまでの取り組みはSDGsに多く該当していることを社員に認知してもらい、同社として社会貢献に取り組むことは大事だと考えている」と語った。
 同社のSDGsに対する取り組みなど詳細は同社ホームページ(https://www.fujicar.com)で。

4月9日
住友建機 FVM2搭載油圧ショベルがNETISに登録
FVM2 モニター
 住友建機(本社=東京都品川区、数見保暢社長)は、12〜50tクラスの油圧ショベルLEGEST(レジェスト)7型シリーズが「お知らせ機能付周囲監視装置FVM2搭載油圧ショベル」として、3月16日に国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されたと発表した。
 お知らせ機能付周囲監視装置「FVM2」は、3台の車載カメラで標準機は270度(後方超小旋回機は230度)のワイドな後方視界をカバー。画像解析により機械周辺の人の形を認識して人が居ると判断した場合、距離に応じた2段階のモニター表示とお知らせアラームでオペレーターに注意を促す。
 また、スマートフォン並みの高画質で防眩機能を高めた新型モニターの採用により、視認性も格段に向上している。
 油圧ショベル「LEGEST」7型シリーズは、すでに低燃費油圧システム「スプールストロークコントロール」搭載油圧ショベルとしてNETIS登録技術の評価情報に掲載されており、低燃費による経済性や環境配慮から安全性まで同社独自の多様な新技術が採用されている。

4月8日
銅建値、前回比10円上げの1`580円へ改定
銅建値が8日、10円上げの1`580円へ改定された。現在までの月間推定平均は577.5円。

4月8日
親和スチールと晋商ロジスティックス、川崎埠頭に新ヤードを共同開設
互いの強みを生かし、
コンテナ輸出の増量を図る
 ステンレススクラップの輸出を手掛ける親和スチール(本社=北九州市、守田幸泰社長)はこのほど、スクラップの国際複合物流・通関業務などを手掛ける晋商ロジスティックス(本社=横浜市中区、梶川晋太朗社長)と共同で、川崎埠頭に新ヤードを開設した。両社それぞれの強みを活かし、コンテナ輸出の連携強化を図っていく方針だ。
 新ヤードは、川崎市川崎区千鳥町(川崎市営埠頭C-108)の敷地面積2,150u(保税蔵置場)。コンテナローダーを設置し、4月から本格運用を開始している。親和スチール側は安定した出荷先が見込め、晋商ロジスティックス側は取扱量の増加を図られることから、計画を進めてきたもの。
 国内の物流複合輸送や通関業務を中心に事業を展開し、スクラップの輸出・コンサルティング業務に強みを持つ。梶川社長は港湾荷役会社での実務経験があり、台湾やインドネシアをはじめ東アジア諸国のスクラップ取引に精通。現在、ステンレススクラップや鉄スクラップなどの取扱量は月間約5,000dに上る。輸出業務に関する問い合わせ先は本社TEL045−222−8112まで。WEBサイトhttp://www.shinsho-logi.co.jp/

4月8日
大同特殊鋼 知多第2工場が稼働 高機能ステンレス鋼設備増強
 大同特殊鋼はこのほど、知多第2工場(愛知県知多市北浜町)を開所して、今月3日に安全祈願祭を執り行った。
 大同は機能材料における競争力強化策の一つとして高機能ステンレス鋼や高合金などの高付加価値製品の生産能力を増強している。昨年9月、IHIの工場跡地を取得し、知多第2工場として新設備の導入工事に着手。同工場では高機能ステンレス鋼の二次加工ラインを新設する。今回稼働したのは高機能ステンレス棒鋼のピーリング設備(皮剥ぎ設備1ライン、月産能力1,000d)。今後は熱処理設備の新設と星崎工場からピーリング設備移設による2ライン化(2020年度中)、超音波探傷機の新設(2021年度)を予定している。
 この一連の生産能力増強により、自動車用ステンレス鋼などの製品を高い品質で安定供給する体制が整う。設備投資額は約30億円。

4月7日
鉛建値、前回比6円下げの1`243円へ改定
 鉛建値が7日、6円下げの1`243円へ改定された。現在までの月間推定平均は244.1円。

4月7日
トヨタ、中電、豊田通商が「トヨタグリーンエナジー」を設立
 トヨタ自動車と中部電力、豊田通商の3社は3日、「トヨタグリーンエナジー有限責任事業組合」を共同で設立することに合意した。
 トヨタグリーンエナジーは、国内の再生可能エネルギー電源の取得、運営を行い、将来的にトヨタグループへの電力供給を目指す。設立は今年7月の予定。所在地は名古屋市中村区名駅4丁目7番1号のトヨタ自動車名古屋オフィス内。出資割合はトヨタ50%、中部電力40%、豊田通商10%。
 トヨタは「トヨタ環境チャレンジ2050」に基づき、クルマの環境負荷をゼロに近づけるとともに、人とクルマと自然が共生する社会を目指している。中部電力はSDGsの課題解決に向けて再生可能エネルギーの利用拡大に取り組んでいる。豊田通商は風力・太陽光発電を中心に発電所開発から運営まで30年以上にわたり、再生可能エネルギー事業を手掛けている。
 3社は今回の事業運営を通じて、再生可能エネルギー電源の自立化に向けたコストダウン、設備の長寿命化、リプレースなどを通じたサステナビリティの確保に協力して取り組んでいく方針。

4月6日
亜鉛建値、前回比6円下げの1`256円へ改定
 亜鉛建値が6日、6円下げの1`256円へ改定された。現在までの月間推定平均は256.9円。

4月6日
平林金属男子ソフトボール部の松田光選手がミズノとアンバサダー契約締結
左から平林社長、松田選手、
久保田執行役員。
ピッチャーとバッターの
二刀流選手ということで、
グローブには岡山県にゆかりのある
二刀流の剣豪・宮本武蔵の
刀が刺繍されている
 総合リサイクルディーラーの平林金属(本社=岡山県岡山市、平林実社長)の男子ソフトボール部に所属する松田光選手が4月1日、総合スポーツメーカーのミズノとソフトボール用具などに関するミズノブランドアンバサダー契約を締結した。男子ソフトボール選手としては初となり、2日に同社本社ビル5階で調印式が行われた。契約アイテムはグラブ、バット、シューズ、バッティング防具、バッティング手袋、アパレル全般、シューズ。松田選手は投手と打者の二刀流選手で、日本人としては大谷翔平選手に続き4人目の快挙となる2019年度WBSC(世界野球ソフトボール連盟)最優秀選手賞を受賞し、また日本リーグでは本塁打王、MVPに選ばれるなど数多くのタイトルを獲得している。
 調印式は平林社長、松田氏、ミズノの久保田憲史執行役員が出席。契約書を取り交わし、久保田執行役員は「松田選手はピッチャーとしても超一流、バッターとしても超一流で男子ソフトボールのスーパースター。これからご活躍して頂けるように最善の商品を提供していく所存だ。松田選手が素晴らしいプレーヤーになっていくと共にミズノのブランド価値を上げて頂けることへ大いに期待している」と述べ、松田選手は「小学1年生からソフトボールを始めているが、25年間ミズノ社のグラブを使っている。凄く馴染みのあるメーカーと契約させて頂いて大変嬉しい。2020年のシーズンが始まったらこの素晴らしい用具と共に活躍できるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。
 質疑応答後、中締めで平林社長は「世界的なスポーツメーカーのミズノとWBSC最優秀選手の松田選手が色んな形で活躍できるようにアシストしていく。これから岡山には男子ソフトボールがあると言われる画期的な日が訪れるためにも頑張っていくので、皆様にも気に留めて貰い、男子ソフトボール、ミズノ、松田選手を支えて頂きたい」と挨拶し、調印式は閉会となった。

4月6日
カーセブンディベロプメントがJPUC「適正買取店制度」に認定
中古車流通全国チェーンで初
 中古車販売買取のフランチャイズチェーン「カーセブン」を運営するカーセブンディベロプメント(本社=東京都品川区、井上貴之社長)がこのほど、一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)が定める「適正買取店制度」の認定を受けた。全国に展開する中古車流通チェーンとしては初の認定になった。
 一般消費者が安心できるサービスの提供を目的とした同制度は、JPUCが実施する「適正買取店研修」の修了者が1名以上在籍していることや、使用している自動車売買契約書がJPUC標準モデル約款の内容に適合していることなど、10の要件を満たした買取店が認定される。
 カーセブンの井上社長は「10の要件には、営業電話の回数制限も規定されている。お客さまにとって本当に良いサービスの提供を続けるためにも、制度認定への申請を決めた」と話す。
 カーセブンは事業間の相乗効果が高いリサイクル業との提携を積極的に推進しており、近年は金属リサイクル事業者の店舗展開が進んでいる。なお、現在は新型コロナ問題による事業環境の変化に対応するため、幅広い施策を行い、対策を図っている(メタル・リサイクル・マンスリー5月号に関連記事を掲載予定)。

4月3日
東京資源・布村社長、マレーシア通関停止をYouTube動画で解説
動画「リサイクルオタクチャンネル」
 アジア全域に銅スクラップの輸出事業を手掛ける東京資源の布村文雄社長は、リサイクル業界の動向に関する情報発信として、YouTube動画「リサイクルオタクチャンネル」の製作に注力している。動画では雑線スクラップ輸出の現地事情などを交えながら、最新の動向を解説。業界関係者の注目を集めている。
 布村氏が3月下旬に公開した動画では、マレーシア向けスクラップ輸出をめぐる新型コロナの影響についてコメント。マレーシアでは3月18日からすべての公共機関が停止し、輸入通関ができなくなった。このため、日本からコンテナを輸送しても現地では陸揚げされたまま通関が切れない状態が続いている。
 これについて布村氏は「置きっぱなしのコンテナの所有者は船会社になるため、スクラップの輸入者が延長料金を支払う必要が生じる」と指摘。その上で「日本からは通常どおり出航できるが、現地の公共機関の停止が長引くことで、需要家の購入意欲が落ちていく可能性がある」と先行きに警戒感を示した。
 布村氏は動画について「自ら情報発信することで会社のPRになり商売にもつながる。5分程度でコンパクトに視聴できるよう心掛けている」と前向きに話す。

4月3日
東邦チタニウム茅ケ崎に触媒新工場、PP生産増強
 東邦チタニウムは31日、茅ヶ崎工場(神奈川県茅ヶ崎市)に触媒新工場を建設し、生産能力を増強すると発表した。自動車向けポリプロピレン(PP)の需要拡大に伴う生産能力の引き上げで、主要事業のひとつである触媒事業をさらに拡充させる方針だ。
 新工場の着工は今年5月で、2022年11月の稼働開始を予定する。世界のPP需要は中長期的に年率3〜4%伸びていく見込み。特に自動車向けでは使用比率がさらに高まるとともに、PPの高速成形や軽量化への触媒技術の貢献が期待されている。

4月2日
三光埼玉、X線選別機をトムラ製に更新
X線選別機「エクストラクト」
 アルミを中心とした非鉄金属のリサイクル事業を手掛ける三光埼玉(埼玉県北葛飾郡、黒川幹仁社長)はこのほど、非鉄選別プラント内のX線選別機を更新、トムラソーティングの「エクストラクト」を導入した。メーカーからの品質要求を高い水準で満たしながら、「サッシto サッシ」の取り組みを推進している。
 同社の選別プラントでは2007年から、トムラソーティングの前身であるティテック社製のX線選別機が稼働していた。長年の稼働でも目立った劣化は見られなかったが、交換部品の入手が困難になったことから、昨年12月に「エクストラクト」に更新した。
 原料事業部の田島武尊主任は「手選別では分けきれない細かな異物もピンポイントで抽出できる。安心して原料を流せるラインになった」と手応えを話す。従来は破砕後の選別が難しかった7000系のアルミスクラップも自動で判別して分けられるようになり、ラインの生産効率は格段に向上したという。
 同社はリサイクル事業を多角展開する「川島グループ」の系列会社。取扱いの約8割をアルミ原料が占める。
【メタル・リサイクル・マンスリー4月号に詳細】

4月1日
銅・亜鉛・鉛、4月のスタート建値
 4月のスタート建値は、 銅が前月末から10円下げの1`570円、 亜鉛が据え置きの262円、鉛が10円上げの249円となった。
非鉄地金建値推移(円/kg)
亜鉛
1月平均 706.3 312.4 271.9
2月平均 667.0 285.3 270.0
3月平均 605.7 259.4 249.2
4月1日 570.0 262.0 249.0

4月1日
阪和興業が徳信鋼鉄(インドネシア)に出資参画
 阪和興業は30日、中国・徳龍鋼鉄グループが同・青山実業グループの上海鼎信集団およびINDONESIA MOROWALI INDUSTRIAL PARKとの合弁で設立した徳信鋼鉄有限公司(インドネシア・スラウェシ州)に対して10%の持分比率で出資参画したことを発表した。
 徳信鋼鉄有限公司は2017年8月に設立した高炉一貫普通鋼メーカー。生産能力は350万dを予定し、スラブ、ビレット、丸棒、線材を製造する。2020年3月29日には第1高炉の出銑に成功しており、5月には第2高炉が稼働する予定だ。現在インドネシアが輸入している半製品500〜600万dの代替需要の補足を中心に一部輸出も目指す。また、プロジェクトには生産能力を500万dへ増強する計画があるという。
 阪和興業は、最低100万dの製品および半製品を取り扱うほか、合金鉄等の製鉄原料の供給を行う方針だ。
 同社は中期経営計画で「第二の阪和を東南アジアに」をコンセプトとした地域戦略を推し進めている。今回の出資参画も戦略の一環となる。

4月1日
豊田通商、革新的モーターコイル技術のアスター社に出資
 豊田通商では、革新的モーター技術を持つアスター(本社=秋田県横手市、本郷武延社長)の第三者割当増資を引き受け、昨年6月に同社に出資した。
 電動化の進展によりモーターの需要が拡大しているが、モーターを効率よく駆動させるエネルギーの効率化が課題であった。
 アスターではこの課題を解決するため、従来の巻線コイルではない、形に自由度を持たせたASTコイル技術を開発。これによりモーター内の導体占積率を飛躍的に向上させることが可能となり、従来の技術では対応が難しかった高出力化・小型化・低抵抗化による高効率のモーター設計が可能となった。
 アスターでは昨年6月、横手市に新工場を建設し、ASTコイルの量産体制を構築している。
 豊田通商ではネクストモビリティ戦略の一つとして「電動化の加速への対応」を推進している。今回の出資により同社では、ASTコイルの本格的な事業化支援で次世代車載モーターへの搭載を進め、自動車をはじめとした高性能モーターの安定供給に加え、産業用モーターへの展開を図っていく方針。

掲載されている記事・写真等の無断転載を禁じます。
著作権は日刊市况通信社に帰属します。
(C)Nikkan Shikyo Tsushinsha Co,ltd All rights reserved.
MRNavi
企業名・都道府県検索
所在地マップ
加工処理機械メーカー
行政・関連団体
メーカー・商社

メール速報サービス

月曜日〜金曜日更新
(祝日除く)
MicroSoft InternetExproler6.0で動作確認しています。
会社概要 English 問い合せ 出版物案内 購読申込 TOP METAL RECYCLING JAPAN 日刊市況通信